Mailinglist Archive: opensuse-ja (12 mails)

< Previous Next >
LiveEvalでの日本語入力
  • From: S.Matsumoto <helios_reds@xxxxxxxxxxxxx>
  • Date: Wed, 15 Jan 2003 14:50:00 +0900
  • Message-id: <20030115145000.6fdfb269.helios_reds@xxxxxxxxxxxxx>
はじめまして、松本と申します。

普段はVineを使っているのですが、最近CD-R/RWドライブに乗せ換えたのを機に、
かねてより心惹かれていたSuSEを試してみたくなり、本家より
SuSE8.1-LiveEval-i386をダウンロードしてCD-Rに焼付け、使ってみました。
噂通り、YaST2は分かり易いですね。気に入りました。
ただ、一つ残念なのは、日本語入力ができないということでしょうか。CD一枚に
収めるという容量的な制約があるのでしかたないことだとは思いますが、
Localeには日本語が入っているので、口惜しいです。
素直にSuSEをインストールすればいい話なんでしょうけれど、どうにかして
LiveEvalで日本語を入力する方法はないものでしょうか? 可能であるならば、

1)isoイメージそのものにIM関連のパッケージを組み込んだ上でCDに焼き付ける。

2)起動させると/dev/hda1に作成されるsuselive.810、suselive.userにIM関連の
パッケージを組み込む。

…などの方法をとることはできないものかと考えています。
実際に試してみたor多分こうすれば可能、という情報をお持ちの方がいらっしゃ
いましたら、ヒントだけでもいただけませんでしょうか。

まっとうなSuSEユーザーではないので恐縮ですが、よろしくお願いします。

#「Linuxに興味はあるが、なかなか導入までには踏み切れない」知人などにデモ
#ンストレートするには、最近注目されているKNOPPIXよりも(日本語入力さえで
#きれば)分かり易い1CD-Linuxになりそうな気がするのですが…。

--
_/_/_/_/_/ S.Matsumoto _/_/_/_/_/
_/_/ helios_reds@xxxxxxxxxxxxx _/_/

< Previous Next >
List Navigation
This Thread
  • No further messages