Mailinglist Archive: opensuse-translation (179 mails)

< Previous Next >
Re: [opensuse-translation] Translation for front-page needed
  • From: Satoru Matsumoto <helios_reds@xxxxxxx>
  • Date: Thu, 17 Nov 2011 00:21:28 +0900
  • Message-id: <4EC3D4F8.80207@gmx.net>
Hmmm, some unnecessary spaces have been inserted with UTF-8 encoding. So I(m going to attache a text file for Japanese. ;-)

Satoru Matsumoto wrote:
Andreas Jaeger wrote:
On Wednesday, November 16, 2011 13:29:56 Andreas Jaeger wrote:

And if your language only has an English text when you go to:
http://www.opensuse.org/<yourlanguage>

Please translate as well:

Here's Japanese.

<h2>コミュニティに参加し、仲間になろう!</h2>
<p>熟練の Linux 開発者であろうと、Linux をいじり始めたばかりのエンドユー
ザーであろうと、openSUSE プロジェクトに参加する方法はいろいろあります。
openSUSE についての助けを求めたり、困っている人を助けてあげたいなら<a
href="http://forums.opensuse.org/";>フォーラム</a>に参加しましょう。バグ
を見つけたら<a href="http://en.opensuse.org
/openSUSE:Submitting_bug_reports">バグ報告</a>しましょう。<a
href="http://doc.opensuse.org";>ドキュメント</a>を見直してみたり、新しい
パッケージや機能についての<a href="http://features.opensuse.org";>要望
</a>を挙げたり、<a href="http://build.opensuse.org";>パッチ</a>を作って提
出したり、それ以外の生産的な方法を見つけて貢献してみるというのもいいです
ね。何をするにしても、他のユーザーと openSUSE についてちょっと話し合って
みて、openSUSE コミュニティのアクティブなメンバーになっていってくださ
い。<a href="http://en.opensuse.org/Portal:How_to_participate";>さらに詳
しく知りたい方はこちらをご参照ください</a>。</p>


<h2>Participate and join the community!</h2>
<p>Whether you're an experienced Linux developer or an end user just
getting started with Linux, there are many ways for you to participate
in the openSUSE project. Join a<a
href="http://forums.opensuse.org/";>forum</a> to get help or help
others with openSUSE, find and<a
href="http://en.opensuse.org/openSUSE:Submitting_bug_reports";>report
bugs</a>, review the<a
href="http://doc.opensuse.org";>documentation</a>, send your<a
href="http://features.opensuse.org";>wish list</a> for new packages and
features, create and submit<a
href="http://build.opensuse.org";>patches</a>, or find other creative
ways to contribute. Whatever you do, take a few minutes to discuss
openSUSE with other users and become an active member of the openSUSE
communities.<a
href="http://en.opensuse.org/Portal:How_to_participate";>Would you like
to know more?</a></p>


--
_/_/ Satoru Matsumoto - openSUSE Member - Japan _/_/
_/_/ Marketing/Weekly News/openFATE Screening Team _/_/
_/_/ mail: helios_reds_at_gmx.net / irc: HeliosReds _/_/
_/_/ http://blog.zaq.ne.jp/opensuse/ _/_/
<h3>openSUSE 12.1: オール・グリーン!</h3>

<p>
2011年11月16日、ミラーサイトの同期は完了しました。皆さんにお届けしましょう: <a
href="http://software.opensuse.org/";>openSUSE 12.1</a> です!
このリリースは、世界に広がる我らコミュニティの8ヶ月以上にわたる作業の成果であり、フリーソフトウェアがもたらしてくれる最上のものをあなたにお届けいたします。以下、注目の改善点をいくつか挙げてみましょう
- 最新の GNOME 3.2 デスクトップ、さらに KDE、XFCE、LXDE もそれぞれ最新版を収録; mirall で簡単に ownCloud
に接続; Snapper でファイルシステムのスナップショットを; もちろん、まだまだこれだけじゃありません。(<a
href="http://news.opensuse.org/";>続きを読む</a>)</p>

<p>
<a href="http://en.opensuse.org/Product_highlights";>新しくなった点について知りたいならこちら</a>、<a
href="http://software.opensuse.org/";>ダウンロードはこちら</a>、<a
href="http://upgrade.opensuse.org";>アップグレードするならこちら</a>へお進みください!</p>



<h2>コミュニティに参加し、仲間になろう!</h2>
<p>熟練の Linux 開発者であろうと、Linux をいじり始めたばかりのエンドユーザーであろうと、openSUSE
プロジェクトに参加する方法はいろいろあります。openSUSE についての助けを求めたり、困っている人を助けてあげたいなら<a
href="http://forums.opensuse.org/";>フォーラム</a>に参加しましょう。バグを見つけたら<a
href="http://en.opensuse.org/openSUSE:Submitting_bug_reports";>バグ報告</a>しましょう。<a
href="http://doc.opensuse.org";>ドキュメント</a>を見直してみたり、新しいパッケージや機能についての<a
href="http://features.opensuse.org";>要望</a>を挙げたり、<a
href="http://build.opensuse.org";>パッチ</a>を作って提出したり、それ以外の生産的な方法を見つけて貢献してみるというのもいいですね。何をするにしても、他のユーザーと
openSUSE についてちょっと話し合ってみて、openSUSE コミュニティのアクティブなメンバーになっていってください。<a
href="http://en.opensuse.org/Portal:How_to_participate";>さらに詳しく知りたい方はこちらをご参照ください</a>。</p>
< Previous Next >
Follow Ups