Mailinglist Archive: opensuse-ja (187 mails)

< Previous Next >
Re: [opensuse-ja] Re: [opensuse-ja] かんな RPM の Authersの件
At Wed, 17 Jul 2013 23:03:15 +0900,
ribbon wrote:

On Wed, Jul 17, 2013 at 12:38:13PM +0200, Takashi Iwai wrote:

------------------------------------------------------------------
Canna Project (http://sourceforge.jp/projects/canna/)
これが適切のようですね。openSUSE殿への依頼よろしくお願いします。
------------------------------------------------------------------

ということにして欲しいとのことでした。

Authorsに関しては、最近は単に削除する方向にありますので、変更よりは削っ
ちゃってください。

これはBugzilla登録でいいんですよね。

この程度ならbugzillaなしでも構わないと思いますよ。
changelogに "Remove obsoleted authors section" とか書いとけばOKでしょ
う。

と書かれても、パッケージメンテナでない人がどうやってchangelogをいじれるのでしょう?

うーん、ここら辺に根本的な誤解があるようですね。

OBSでは(登録してる)ユーザーなら誰でも好きなパッケージを自分用にブラ
ンチ、修正、ビルドできます。その後、元にマージするように申請(submit)
すると、パッケージまたはプロジェクトのメンテナーがそれをレビューし、良
さそうなら変更部分が元のパッケージに還元される、という具合です。

で、changelogは*.changesというファイルに保持していて、これに追加するに
は "osc vc" というコマンドを使います。

流れとしては、

0. osc パッケージを自分のシステムにインストール
% sudo zypper in osc

1. canna パッケージをブランチする
% osc branch -c openSUSE:Factory/canna

これで自動的に devel project (M17N) からブランチされ、
home:xxx:branches:M17N/canna ディレクトリ以下に展開されます。

2. canna.spec を変更する
% cd home:xxx:branches:M17N/canna
% vi canna.spec
... Authors: 以下の部分の削除

3. canna.changes のアップデート
% osc vc
... 変更箇所の記述を加える

4. ローカルなビルドテスト
% osc build

まあ、今回は必要ないですね。

5. 変更分のコミット
% osc commit

6. OBS サーバー上でビルドのチェック
% osc results

7. ビルドしたパッケージの取得およびテスト
% osc getbinaries openSUSE_12.3 x86_64

これで binaries ディレクトリが作成され、ビルドされたパッケージがその
下に展開されます。後はこのパッケージをインストール、テストします。
今回は単に "rpm -qpi canna*.rpm" でチェックすれば良いでしょう。

8. パッケージの申請
% osc submitreq

これで変更したパッケージが M17N プロジェクトに申請されます。
後はメンテナーがこれをチェックして、大丈夫なら M17N/canna パッケー
ジに還元します。通常は、この時点でメンテナーがopenSUSE:Factoryにも
申請します。

申請したパッケージの状況は
% osc rq show $SRID

で見ることができます。$SRID は申請番号で、上記の "osc submitreq"
時に表示されます。もしくは、パッケージのディレクトリ上で
% osc rq list

とすると表示されます。


ちなみに、上記のワークフローの多くの項目は build.opensuse.org の web
interface からでも可能です。

--
Takashi Iwai <tiwai@xxxxxxx>
--
To unsubscribe, e-mail: opensuse-ja+unsubscribe@xxxxxxxxxxxx
To contact the owner, e-mail: opensuse-ja+owner@xxxxxxxxxxxx

< Previous Next >