Mailinglist Archive: opensuse-ja (30 mails)

< Previous Next >
Re: [opensuse-ja] Re: openSUSE 10.3でのLaTeX関連作業について
  • From: sugaht@xxxxxxxxxxxxxxxx
  • Date: Sun, 08 Jun 2008 20:41:04 +0900 (JST)
  • Message-id: <20080608.204104.886714142455283369.sugaht@xxxxxxxxxxxxxxxx>
菅原です.

TeX に関し, openSUSE は 10.3 で基本となるパッケージが tetex から
texlive に変更となりました (tetex のメンテナンスが停止されたため). こ
れに伴い従来提供されていた ptex (ASCII 日本語 TeX) は提供されなくなっ
てしまいました.

現在 openSUSE 10.3 が提供するパッケージだけで日本語の LaTeX を処理する
には texive 用の CJK パッケージを追加インストールする必要があります.
texlive に CJK パッケージを追加した CJK LaTeX は, ptex (pLaTeX) とのソー
ス上の互換性が一部無く, 更に CJK (Chines, Japanes, and Korean) を処理す
るためにはちょっとした追加のマクロが LaTeX 文書のソース中に必要となりま
す (必要とされるマクロに関しては, CJK パッケージ附属のドキュメントを読
めば書いてあったと思います).

少しだけ texlive ベースの CJK LaTeX を試した際に, 作成されるフォントが
不足しているのか \maketitle で作成されるタイトルが正常に出力されない問
題に遭遇しましたことがあります.

個人的には, 私も金子さんが上げた URL 先の patch をあてて作った pTeX を
RPM パッケージ化して使用しています. また, URL 先の作者, 土村さんが開
発している texlive ベースの 下記の ptexlive の RPM パッケージ化ができ
ればそちらに移行したいと思っています.

http://tutimura.ath.cx/ptexlive/

土村さんの提供される ptetex3 および ptexlive には, 大変感謝しています.
--
---------------------------------------------------------------------
To unsubscribe, e-mail: opensuse-ja+unsubscribe@xxxxxxxxxxxx
For additional commands, e-mail: opensuse-ja+help@xxxxxxxxxxxx

< Previous Next >