Mailinglist Archive: opensuse-translation-commit (158 mails)

< Previous Next >
[opensuse-translation-commit] r95947 - branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po
Author: keichwa
Date: 2016-07-04 10:44:36 +0200 (Mon, 04 Jul 2016)
New Revision: 95947

Added:
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/journalctl.ja.po
Modified:
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on-creator.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/audit-laf.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/autoinst.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/base.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/bootloader.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ca-management.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cio.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cluster.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control-center.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/country.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dhcp-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dns-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/drbd.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/fcoe-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/firewall.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/firstboot.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ftp-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/gtk.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/http-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/inetd.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/installation.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/instserver.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/iplb.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/iscsi-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/iscsi-lio-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/isns.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/kdump.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ldap-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ldap.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/linux-user-mgmt.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/mail.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/migration.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/multipath.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/network.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/nfs.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/nfs_server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/nis.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/nis_server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ntp-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/online-update-configuration.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/online-update.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/packager.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/pam.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/printer.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/product-creator.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/proxy.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/qt-pkg.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/qt.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/rdp.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/registration.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/reipl.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/relocation-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/s390.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/samba-client.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/samba-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/samba-users.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/scanner.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/security.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/services-manager.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/slp-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/snapper.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/sound.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/squid.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/sshd.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/storage.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/sudo.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/support.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/sysconfig.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/tftp-server.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/tune.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/update.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/users.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/vm.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/wol.ja.po
branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/yast2-apparmor.ja.po
Log:
from SLE12-SP2 plus Factory

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on-creator.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on-creator.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on-creator.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: add-on-creator\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -435,8 +435,12 @@

#. error popup (input validation failed)
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:726
-msgid "The value of NAME may contain only\nletters, numbers, and the
characters \".~_-\"."
-msgstr "NAMEの値には、\n文字、数字、およびキャラクター「.~_-」しか使用できません。"
+msgid ""
+"The value of NAME may contain only\n"
+"letters, numbers, and the characters \".~_-\"."
+msgstr ""
+"NAMEの値には、\n"
+"文字、数字、およびキャラクター「.~_-」しか使用できません。"

#: src/include/add-on-creator/complex.rb:756
msgid "LABEL"
@@ -558,8 +562,12 @@

#. error popup
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:1090
-msgid "Enter the values for these items:\n%1"
-msgstr "これらの項目の値: %1を\n入力する"
+msgid ""
+"Enter the values for these items:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"これらの項目の値: %1を\n"
+"入力する"

#. table item
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:1148
@@ -676,8 +684,12 @@

#. error popup (correct name is 'packages.*')
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:1909
-msgid "The package description file is named incorrectly.\nChoose another one."
-msgstr "パッケージ記述ファイルの名前が不正です。\n別の名前を選択してください。"
+msgid ""
+"The package description file is named incorrectly.\n"
+"Choose another one."
+msgstr ""
+"パッケージ記述ファイルの名前が不正です。\n"
+"別の名前を選択してください。"

#. popup for file selection dialog
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2044
@@ -686,8 +698,12 @@

#. error popup
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2054
-msgid "The file '%1' does not exist.\nChoose another one."
-msgstr "ファイル「%1」は存在しません。\n選択し直してください。"
+msgid ""
+"The file '%1' does not exist.\n"
+"Choose another one."
+msgstr ""
+"ファイル「%1」は存在しません。\n"
+"選択し直してください。"

#. frame label
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2090
@@ -743,8 +759,12 @@

#. error popup (see Name, Comment, Email Adress text entries
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2189
-msgid "Name, comment, and e-mail address values are empty.\nYou must enter at
least one of them to provide user identification.\n"
-msgstr "名前、コメント、電子メールアドレスの値が空白です。\nこれらの少なくとも1つを入力してユーザIDを指定する必要があります。\n"
+msgid ""
+"Name, comment, and e-mail address values are empty.\n"
+"You must enter at least one of them to provide user identification.\n"
+msgstr ""
+"名前、コメント、電子メールアドレスの値が空白です。\n"
+"これらの少なくとも1つを入力してユーザIDを指定する必要があります。\n"

#. feedback popup headline
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2197
@@ -753,8 +773,12 @@

#. feedback message
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2199
-msgid "If it takes too long, do some other work to give\nthe OS a chance to
collect more entropy.\n"
-msgstr "時間がかかりすぎる場合は、別の作業を行い、\nOSがエントロピーを収集できるようにします。\n"
+msgid ""
+"If it takes too long, do some other work to give\n"
+"the OS a chance to collect more entropy.\n"
+msgstr ""
+"時間がかかりすぎる場合は、別の作業を行い、\n"
+"OSがエントロピーを収集できるようにします。\n"

#. dialog caption
#: src/include/add-on-creator/complex.rb:2217
@@ -853,8 +877,12 @@

#. popup message
#: src/include/add-on-creator/dialogs.rb:79
-msgid "A file with this name already exists.\nChoose a different one."
-msgstr "この名前のファイルは既に存在します。\n別の名前を選択してください。"
+msgid ""
+"A file with this name already exists.\n"
+"Choose a different one."
+msgstr ""
+"この名前のファイルは既に存在します。\n"
+"別の名前を選択してください。"

#. dialog caption
#: src/include/add-on-creator/dialogs.rb:98
@@ -1004,13 +1032,21 @@

#. Build dialog help
#: src/include/add-on-creator/helps.rb:36
-msgid "<p><b><big>Creating the Add-On</big></b><br>\nPlease wait...<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>アドオンを作成しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Creating the Add-On</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>アドオンを作成しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Write dialog help
#: src/include/add-on-creator/helps.rb:40
-msgid "<p>Writing the add-on configurations<br>\n</p>\n"
-msgstr "<p>アドオン設定を書き込んでいます<br>\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Writing the add-on configurations<br>\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>アドオン設定を書き込んでいます<br>\n"
+"</p>\n"

#. help text for start menu
#: src/include/add-on-creator/helps.rb:44
@@ -1119,8 +1155,12 @@

#. help text for patterns, cont.
#: src/include/add-on-creator/helps.rb:120
-msgid "<p>Check <b>Required pattern</b> to mark the selected pattern as
required for\nthe add-on product. Such a pattern will be automatically
preselected when the installation of the add-on product is started.</p>"
-msgstr
"<p>[<b>必要パターン</b>]をオンにすると、アドオン製品に必要なパターンとしてマークを\n付けることができます。このようなパターンは、アドオン製品のインストールの開始時に自動的に事前選択されます。</p>"
+msgid ""
+"<p>Check <b>Required pattern</b> to mark the selected pattern as required
for\n"
+"the add-on product. Such a pattern will be automatically preselected when the
installation of the add-on product is started.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[<b>必要パターン</b>]をオンにすると、アドオン製品に必要なパターンとしてマークを\n"
+"付けることができます。このようなパターンは、アドオン製品のインストールの開始時に自動的に事前選択されます。</p>"

#. help text for the 'various settings' dialog
#: src/include/add-on-creator/helps.rb:124
@@ -1229,8 +1269,12 @@

#. popup message
#: src/include/add-on-creator/patterns.rb:150
-msgid "Such a pattern already exists.\nChoose a different name or
architecture.\n"
-msgstr "この設定のパターンはすでに存在します。\n別の名前またはアーキテクチャを選択してください。\n"
+msgid ""
+"Such a pattern already exists.\n"
+"Choose a different name or architecture.\n"
+msgstr ""
+"この設定のパターンはすでに存在します。\n"
+"別の名前またはアーキテクチャを選択してください。\n"

#: src/include/add-on-creator/patterns.rb:198
msgid "&Description"
@@ -1251,8 +1295,12 @@

#. popup message
#: src/include/add-on-creator/patterns.rb:257
-msgid "A key with this name already exists.\nChoose a different one."
-msgstr "この名前の鍵は既に存在します。\n別の名前を選択してください。"
+msgid ""
+"A key with this name already exists.\n"
+"Choose a different one."
+msgstr ""
+"この名前の鍵は既に存在します。\n"
+"別の名前を選択してください。"

#. dialog caption
#: src/include/add-on-creator/patterns.rb:319
@@ -1281,8 +1329,12 @@

#. error message
#: src/include/add-on-creator/patterns.rb:601
-msgid "Such a pattern already exists.\nChoose a different architecture.\n"
-msgstr "この設定のパターンはすでに存在します。\n別のアーキテクチャを選択してください。\n"
+msgid ""
+"Such a pattern already exists.\n"
+"Choose a different architecture.\n"
+msgstr ""
+"この設定のパターンはすでに存在します。\n"
+"別のアーキテクチャを選択してください。\n"

#. busy message
#: src/include/add-on-creator/wizards.rb:53
@@ -1539,8 +1591,12 @@

#. help text for 'Ico' pattern key
#: src/modules/AddOnCreator.rb:420
-msgid "If unspecified, the pattern name is used \n instead (with blanks in the
name replaced by underscores). If the filename does not include a .png or .jpg
extension, .png is appended. If no path is specified, icons are searched for in
the theme icon path (first /usr/share/YaST2/theme/current/icons/32x32/apps/
then /usr/share/YaST2/theme/current/icons/48x48/apps/). Absolute and relative
paths (to the theme path /usr/share/YaST2/theme/current/) are allowed."
-msgstr
"ファイル名が指定されていない場合は、代わりにパターン名が使用されます\n(名前のブランクは、アンダースコアに置き換えられます)。ファイル名に拡張子、.pngまたは.jpgが付いていない場合、.pngが追加されます。パスが指定されていない場合は、テーマアイコンパス(first
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/32x32/apps/ then
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/48x48/apps/)で、アイコンを検索します。絶対パス、または(テーマパス、/usr/share/YaST2/theme/current/に対する)相対パスが許容されます。"
+msgid ""
+"If unspecified, the pattern name is used \n"
+" instead (with blanks in the name replaced by underscores). If the filename
does not include a .png or .jpg extension, .png is appended. If no path is
specified, icons are searched for in the theme icon path (first
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/32x32/apps/ then
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/48x48/apps/). Absolute and relative paths
(to the theme path /usr/share/YaST2/theme/current/) are allowed."
+msgstr ""
+"ファイル名が指定されていない場合は、代わりにパターン名が使用されます\n"
+"(名前のブランクは、アンダースコアに置き換えられます)。ファイル名に拡張子、.pngまたは.jpgが付いていない場合、.pngが追加されます。パスが指定されていない場合は、テーマアイコンパス(first
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/32x32/apps/ then
/usr/share/YaST2/theme/current/icons/48x48/apps/)で、アイコンを検索します。絶対パス、または(テーマパス、/usr/share/YaST2/theme/current/に対する)相対パスが許容されます。"

#. label for 'Ord' pattern key
#: src/modules/AddOnCreator.rb:429
@@ -1589,8 +1645,12 @@

#. help text for 'Obs' pattern key
#: src/modules/AddOnCreator.rb:473
-msgid "When this pattern is installed, it uninstalls any \nother patterns
marked as obsolete here."
-msgstr "このパターンがインストールされている場合、ここで古い、とマークされた\n他のパターンはアンインストールされます。"
+msgid ""
+"When this pattern is installed, it uninstalls any \n"
+"other patterns marked as obsolete here."
+msgstr ""
+"このパターンがインストールされている場合、ここで古い、とマークされた\n"
+"他のパターンはアンインストールされます。"

#. label for 'Rec' pattern key
#: src/modules/AddOnCreator.rb:481
@@ -1860,12 +1920,18 @@

#. error report
#: src/modules/AddOnCreator.rb:2730
-msgid "Failed to install obs-productconverter package.\nRelease package will
not be generated."
-msgstr "obs-productconverterパッケージのインストールに失敗しました。\nリリースパッケージは生成されません。"
+msgid ""
+"Failed to install obs-productconverter package.\n"
+"Release package will not be generated."
+msgstr ""
+"obs-productconverterパッケージのインストールに失敗しました。\n"
+"リリースパッケージは生成されません。"

#. error popup
#: src/modules/AddOnCreator.rb:2923
-msgid "Build of release package failed with\n'%1'."
+msgid ""
+"Build of release package failed with\n"
+"'%1'."
msgstr "リリースパッケージの構築が「%1」で失敗しました。"

#. error label
@@ -1880,8 +1946,12 @@

#. ask for pw now %1 is key id, %2 user name
#: src/modules/AddOnCreator.rb:3857
-msgid "Enter passphrase for GPG key %1\n(%2)"
-msgstr "GPG 鍵 %1 のパスワードを入力してください\n(%2)"
+msgid ""
+"Enter passphrase for GPG key %1\n"
+"(%2)"
+msgstr ""
+"GPG 鍵 %1 のパスワードを入力してください\n"
+"(%2)"

#. AddOnCreator Build dialog caption
#: src/modules/AddOnCreator.rb:3879
@@ -1982,4 +2052,3 @@
#: src/modules/AddOnCreator.rb:3978
msgid "Cannot create the output directory structure."
msgstr "出力ディレクトリ構造が作成できません。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/add-on.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: add-on\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -16,8 +16,38 @@

#. TRANSLATORS: commandline help
#: src/clients/add-on.rb:41
-msgid "\nAdd-on Module Help\n------------------\n\nTo add a new add-on product
via the command-line, use this syntax:\n /sbin/yast2 add-on URL\nURL is the
path to the add-on source.\n\nExamples of
URL:\nhttp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\nftp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\nnfs://server.name/directory/SDK1-SLE-i386/\ndisk://dev/sda5/directory/Product/CD1/\ncd://\ndvd://\n";
-msgstr
"\nアドオンモジュールのヘルプ\n------------------------\n\nコマンドラインからアドオン製品を追加するには、次の構文を使用します。\n
/sbin/yast2 add-on
URL\nURLにはアドオンソースのパスを指定します。\n\nURLの例:\nhttp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\nftp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\nnfs://server.name/directory/SDK1-SLE-i386/\ndisk://dev/sda5/directory/Product/CD1/\ncd://\ndvd://\n";
+msgid ""
+"\n"
+"Add-on Module Help\n"
+"------------------\n"
+"\n"
+"To add a new add-on product via the command-line, use this syntax:\n"
+" /sbin/yast2 add-on URL\n"
+"URL is the path to the add-on source.\n"
+"\n"
+"Examples of URL:\n"
+"http://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\n";
+"ftp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\n";
+"nfs://server.name/directory/SDK1-SLE-i386/\n"
+"disk://dev/sda5/directory/Product/CD1/\n"
+"cd://\n"
+"dvd://\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"アドオンモジュールのヘルプ\n"
+"------------------------\n"
+"\n"
+"コマンドラインからアドオン製品を追加するには、次の構文を使用します。\n"
+" /sbin/yast2 add-on URL\n"
+"URLにはアドオンソースのパスを指定します。\n"
+"\n"
+"URLの例:\n"
+"http://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\n";
+"ftp://server.name/directory/Lang-AddOn-10.2-i386/\n";
+"nfs://server.name/directory/SDK1-SLE-i386/\n"
+"disk://dev/sda5/directory/Product/CD1/\n"
+"cd://\n"
+"dvd://\n"

#: src/clients/add-on.rb:64
msgid "Target file name ('xmlfile' option) is missing. Use
xmlfile=<target_XML_file> command line option."
@@ -115,8 +145,12 @@
msgstr "アドオン製品のインストールを中止してよろしいですか?"

#: src/clients/inst_language_add-on.rb:260
-msgid "There are no selected languages to be installed.\nAre you sure you want
to abort the installation?"
-msgstr "インストールする言語が選択されていません。\nインストールを中止してよろしいですか?"
+msgid ""
+"There are no selected languages to be installed.\n"
+"Are you sure you want to abort the installation?"
+msgstr ""
+"インストールする言語が選択されていません。\n"
+"インストールを中止してよろしいですか?"

#. TRANSLATORS: multiselection box item, %1 stands for 'ar', 'mk', 'zh_TW'
#. it used only as a fallback
@@ -144,13 +178,21 @@
#. VENDOR: vendor cd contains wrong data
#: src/clients/vendor.rb:130 src/clients/vendor.rb:145
#: src/clients/vendor.rb:202
-msgid "Could not find driver data on the CD-ROM.\nAborting now."
-msgstr "CD-ROMにドライバのデータが見つかりませんでした。\n中止します。"
+msgid ""
+"Could not find driver data on the CD-ROM.\n"
+"Aborting now."
+msgstr ""
+"CD-ROMにドライバのデータが見つかりませんでした。\n"
+"中止します。"

#. VENDOR: vendor cd doesn't contain data for current system and linux version
#: src/clients/vendor.rb:177
-msgid "The CD-ROM data does not match the running Linux system.\nAborting
now.\n"
-msgstr "CD-ROMのデータは現在実行中のLinuxに適合しません。\n中止します。\n"
+msgid ""
+"The CD-ROM data does not match the running Linux system.\n"
+"Aborting now.\n"
+msgstr ""
+"CD-ROMのデータは現在実行中のLinuxに適合しません。\n"
+"中止します。\n"

#. VENDOR: dialog heading
#: src/clients/vendor.rb:262
@@ -159,8 +201,12 @@

#. VENDOR: popup if installation of driver failed
#: src/clients/vendor.rb:273
-msgid "The installation failed.\nContact the address on the CD-ROM.\n"
-msgstr "インストールに失敗しました。\nCD-ROMに記載されている連絡先に連絡してください。\n"
+msgid ""
+"The installation failed.\n"
+"Contact the address on the CD-ROM.\n"
+msgstr ""
+"インストールに失敗しました。\n"
+"CD-ROMに記載されている連絡先に連絡してください。\n"

#. VENDOR: message box with number of drivers installed
#: src/clients/vendor.rb:287
@@ -169,8 +215,12 @@

#. VENDOR: message box with error text
#: src/clients/vendor.rb:292
-msgid "No driver data found on the CD-ROM.\nAborting now."
-msgstr "CD-ROMにドライバのデータが見つかりませんでした。\n中止します。"
+msgid ""
+"No driver data found on the CD-ROM.\n"
+"Aborting now."
+msgstr ""
+"CD-ROMにドライバのデータが見つかりませんでした。\n"
+"中止します。"

#. table cell
#. table cell
@@ -217,8 +267,14 @@

#. help text
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:389
-msgid "<p><big><b>Software Repository Selection</b></big><br>\nMultiple
repositories were found on the selected medium.\nSelect the repository to
use.</p>\n"
-msgstr
"<p><big><b>ソフトウェアリポジトリの選択</b></big><br>\n選択したメディアには複数のリポジトリがあります。\n使用するリポジトリを選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>Software Repository Selection</b></big><br>\n"
+"Multiple repositories were found on the selected medium.\n"
+"Select the repository to use.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>ソフトウェアリポジトリの選択</b></big><br>\n"
+"選択したメディアには複数のリポジトリがあります。\n"
+"使用するリポジトリを選択してください。</p>\n"

#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:399
msgid "Repositories &Found"
@@ -259,8 +315,14 @@

#. help text
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:720
-msgid "<p><b><big>Product Selection</big></b><br/>\nMultiple products were
found in the repository. Select the products\nto install.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>製品の選択</big></b><br/>\nリポジトリ内には複数の製品があります。インストールする製品を\n選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Product Selection</big></b><br/>\n"
+"Multiple products were found in the repository. Select the products\n"
+"to install.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>製品の選択</big></b><br/>\n"
+"リポジトリ内には複数の製品があります。インストールする製品を\n"
+"選択してください。</p>\n"

#. message popup
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:788
@@ -269,8 +331,16 @@

#. Help for add-on products
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:910
-msgid "<p><big><b>Add-On Product Installation</b></big><br/>\nHere see all
add-on products that are selected for installation.\nTo add a new product,
click <b>Add</b>. To remove an already added one,\nselect it and click
<b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p><big>[<b>アドオン製品のインストール</b>]</big><br/>\nここには、インストール対象として選択したすべての製品が表示されます。\n新しい製品を追加するには[<b>追加</b>]を、すでに追加済みの製品を削除するには\n製品を選択してから[<b>削除</b>]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Add-On Product Installation</b></big><br/>\n"
+"Here see all add-on products that are selected for installation.\n"
+"To add a new product, click <b>Add</b>. To remove an already added one,\n"
+"select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big>[<b>アドオン製品のインストール</b>]</big><br/>\n"
+"ここには、インストール対象として選択したすべての製品が表示されます。\n"
+"新しい製品を追加するには[<b>追加</b>]を、すでに追加済みの製品を削除するには\n"
+"製品を選択してから[<b>削除</b>]をクリックします。</p>"

#. table cell, %1 is URL, %2 is directory name
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:939
@@ -369,8 +439,16 @@
msgstr "不明な URL"

#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:1697
-msgid "Deleting the add-on product %1 may result in removing all the
packages\ninstalled from this add-on.\n\nAre sure you want to delete it?"
-msgstr "アドオン製品 %1 を削除すると、このアドオンからインストールした全てのパッケージが\n削除されます。\n\n削除してよろしいですか?"
+msgid ""
+"Deleting the add-on product %1 may result in removing all the packages\n"
+"installed from this add-on.\n"
+"\n"
+"Are sure you want to delete it?"
+msgstr ""
+"アドオン製品 %1 を削除すると、このアドオンからインストールした全てのパッケージが\n"
+"削除されます。\n"
+"\n"
+"削除してよろしいですか?"

#. TRANSLATORS: busy popup message
#: src/include/add-on/add-on-workflow.rb:1714
@@ -384,6 +462,15 @@

#. TRANSLATORS: pop-up question
#: src/include/add-on/misc.rb:74
-msgid "Your system does not seem to have enough memory to use add-on
products\nduring installation. You can enable add-on products later when
the\nsystem is running.\n\nDo you want to skip using add-on products?"
-msgstr
"お使いのシステムにはインストールの際にアドオン製品を追加するのに\n十分なメモリがありません。システムを起動してからアドオンを追加してください。\n\n\nアドオン製品の設定を飛ばしますか?"
-
+msgid ""
+"Your system does not seem to have enough memory to use add-on products\n"
+"during installation. You can enable add-on products later when the\n"
+"system is running.\n"
+"\n"
+"Do you want to skip using add-on products?"
+msgstr ""
+"お使いのシステムにはインストールの際にアドオン製品を追加するのに\n"
+"十分なメモリがありません。システムを起動してからアドオンを追加してください。\n"
+"\n"
+"\n"
+"アドオン製品の設定を飛ばしますか?"

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/audit-laf.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/audit-laf.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/audit-laf.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: audit-laf\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -174,8 +174,14 @@

#. Store all values in SETTINGS
#: src/include/audit-laf/complex.rb:178
-msgid "The 'User Defined Name' is NOT set although\nthe 'Computer Name Format'
is set to 'USER'.\nSetting the format to 'NONE' (default)."
-msgstr "'コンピュータ名の書式' が 'USER' に設定されて\nいますが、 'ユーザ定義名' が設定されていません。\n書式を 'なし'
(既定値) に設定します。"
+msgid ""
+"The 'User Defined Name' is NOT set although\n"
+"the 'Computer Name Format' is set to 'USER'.\n"
+"Setting the format to 'NONE' (default)."
+msgstr ""
+"'コンピュータ名の書式' が 'USER' に設定されて\n"
+"いますが、 'ユーザ定義名' が設定されていません。\n"
+"書式を 'なし' (既定値) に設定します。"

#. Handle actions of dispatcher dialog (button 'Select file')
#: src/include/audit-laf/complex.rb:223
@@ -193,7 +199,9 @@

#: src/include/audit-laf/complex.rb:348
msgid "%1 is not a regular file.\n"
-msgstr "%1 は正規のファイルではありません。\n\n"
+msgstr ""
+"%1 は正規のファイルではありません。\n"
+"\n"

#: src/include/audit-laf/complex.rb:355
msgid "%1 not owned by root.\n"
@@ -206,8 +214,16 @@

#. Warning - the audit configuration is locked, reset impossible
#: src/include/audit-laf/complex.rb:461
-msgid "The rules are already locked, a reset is impossible.\n\nIf you want to
unlock, set the enabled flag accordingly and\nfinish the configuration.
Afterwards a reboot is required."
-msgstr
"規則はすでにロックされており、リセットはできません。\n\nアンロックするには、適切な有効フラグを設定し設定を完了\nします。その後再起動してください。"
+msgid ""
+"The rules are already locked, a reset is impossible.\n"
+"\n"
+"If you want to unlock, set the enabled flag accordingly and\n"
+"finish the configuration. Afterwards a reboot is required."
+msgstr ""
+"規則はすでにロックされており、リセットはできません。\n"
+"\n"
+"アンロックするには、適切な有効フラグを設定し設定を完了\n"
+"します。その後再起動してください。"

#. Report success
#: src/include/audit-laf/complex.rb:488
@@ -221,12 +237,28 @@

#. Handle actions of rules dialog
#: src/include/audit-laf/complex.rb:560
-msgid "The rules are already locked.\n\nA test is impossible because sending
new rules\nwill cause an error.\n"
-msgstr "ルールはすでにロックされています。\n\n新しいルールを送信するとエラーが発生するため、\nテストできません。\n"
+msgid ""
+"The rules are already locked.\n"
+"\n"
+"A test is impossible because sending new rules\n"
+"will cause an error.\n"
+msgstr ""
+"ルールはすでにロックされています。\n"
+"\n"
+"新しいルールを送信するとエラーが発生するため、\n"
+"テストできません。\n"

#: src/include/audit-laf/complex.rb:573
-msgid "Lock is set in audit.rules (-e 2).\n\nIt makes no sense to continue,
because the rules will\nbe locked until next boot.\n"
-msgstr "audit.rules (-e
2)でロックが設定されています。\n\nルールは次回ブート時までロックされているため、\n続行しても意味がありません。\n"
+msgid ""
+"Lock is set in audit.rules (-e 2).\n"
+"\n"
+"It makes no sense to continue, because the rules will\n"
+"be locked until next boot.\n"
+msgstr ""
+"audit.rules (-e 2)でロックが設定されています。\n"
+"\n"
+"ルールは次回ブート時までロックされているため、\n"
+"続行しても意味がありません。\n"

#: src/include/audit-laf/complex.rb:606
msgid "Success"
@@ -247,8 +279,18 @@
msgstr "ロック設定"

#: src/include/audit-laf/complex.rb:667
-msgid "The audit configuration is locked (option -e 2).\nThis means the rules
are locked until next boot!\nIf you really want this, make sure '-e 2' is the
last entry\nin the rules file. If not, either enable or disable auditing.\nTo
check or change the rules, go back to the rules editor.\n"
-msgstr "監査設定がロックされています(オプション -e
2)。\nこれは、次のブート時までルールがロックされることを意味します。\n本当にこれが必要な場合は、「-e
2」がルールファイルの\n最後のエントリであることを確認してください。そうでない場合は監査を有効または無効にしてください。\nルールを確認または変更するには、ルールエディタに戻ります。\n"
+msgid ""
+"The audit configuration is locked (option -e 2).\n"
+"This means the rules are locked until next boot!\n"
+"If you really want this, make sure '-e 2' is the last entry\n"
+"in the rules file. If not, either enable or disable auditing.\n"
+"To check or change the rules, go back to the rules editor.\n"
+msgstr ""
+"監査設定がロックされています(オプション -e 2)。\n"
+"これは、次のブート時までルールがロックされることを意味します。\n"
+"本当にこれが必要な場合は、「-e 2」がルールファイルの\n"
+"最後のエントリであることを確認してください。そうでない場合は監査を有効または無効にしてください。\n"
+"ルールを確認または変更するには、ルールエディタに戻ります。\n"

#. Frame label
#: src/include/audit-laf/dialogs.rb:69
@@ -437,123 +479,266 @@

#. Read dialog help 1/2
#: src/include/audit-laf/helps.rb:35
-msgid "<p><b><big>Initializing Configuration of Linux Audit
Framework</big></b><br>\n</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>Linux監査フレームワークの設定の初期化</big></b><br>\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing Configuration of Linux Audit
Framework</big></b><br>\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>Linux監査フレームワークの設定の初期化</big></b><br>\n"
+"</p>\n"

#. Read dialog help 2/2
#: src/include/audit-laf/helps.rb:39
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n<b>[中止]</b>をクリックすると、初期化を安全に中止する事ができます</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n"
+"<b>[中止]</b>をクリックすると、初期化を安全に中止する事ができます</p>\n"

#. Write dialog help 1/2
#: src/include/audit-laf/helps.rb:43
-msgid "<p><b><big>Saving auditd Configuration and Rules</big></b><br>\n</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>auditdの設定とルールの保存</big></b>\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving auditd Configuration and Rules</big></b><br>\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>auditdの設定とルールの保存</big></b>\n"
+"</p>\n"

#. Write dialog help 2/2
#: src/include/audit-laf/helps.rb:47
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>.\nAn additional dialog informs whether it is safe to do
so.\n</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n<b>[中止]</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>.\n"
+"An additional dialog informs whether it is safe to do so.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n"
+"<b>[中止]</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n"
+"次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n"
+"</p>\n"

#. logfile_settings dialog help 1/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:54
-msgid "<p><b><big>Auditd Log File Configuration</big></b><br>\nThe audit
daemon is the component of the Linux Auditing System which is responsible for
writing all relevant audit events to the log file
<i>/var/log/audit/audit.log</i> (default).\nEvents may come from the
<i>apparmor</i> kernel module, from applications which use <i>libaudit</i>
(e.g. PAM) or incidents caused by rules (e.g. file watches).</p>"
-msgstr "<p><b><big>auditdログファイル設定</big></b><br>\n監査デーモンは、Linux Auditing
Systemのコンポーネントであり、すべての監査関連イベントをログファイル<i>/var/log/audit/audit.log</i>(デフォルト)に保存します。\n保存されるイベントには<i>apparmor</i>カーネルモジュールから届くもののほか、\n<i>libaudit</i>(たとえばPAM)を使用するアプリケーションや、ルール(たとえばファイル監視など)によって発生した事象などがあります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Auditd Log File Configuration</big></b><br>\n"
+"The audit daemon is the component of the Linux Auditing System which is
responsible for writing all relevant audit events to the log file
<i>/var/log/audit/audit.log</i> (default).\n"
+"Events may come from the <i>apparmor</i> kernel module, from applications
which use <i>libaudit</i> (e.g. PAM) or incidents caused by rules (e.g. file
watches).</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>auditdログファイル設定</big></b><br>\n"
+"監査デーモンは、Linux Auditing
Systemのコンポーネントであり、すべての監査関連イベントをログファイル<i>/var/log/audit/audit.log</i>(デフォルト)に保存します。\n"
+"保存されるイベントには<i>apparmor</i>カーネルモジュールから届くもののほか、\n"
+"<i>libaudit</i>(たとえばPAM)を使用するアプリケーションや、ルール(たとえばファイル監視など)によって発生した事象などがあります。</p>"

#. logfile_settings dialog help 2/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:60
-msgid "<p>The <b>Rules for auditctl</b> dialog offers more information about
rules and the possibility to add rules.\nDetailed information about the log
file settings can be obtained from the manual page ('man auditd.conf').</p>"
-msgstr "<p>ルールに関する詳しい情報やルールの追加の可否については、 <b>[auditctlのルール]</b>
ダイアログをご覧ください。\nログファイル設定についての詳細な情報はマニュアルページ(「man auditd.conf」)をご覧ください。</p>"
+msgid ""
+"<p>The <b>Rules for auditctl</b> dialog offers more information about rules
and the possibility to add rules.\n"
+"Detailed information about the log file settings can be obtained from the
manual page ('man auditd.conf').</p>"
+msgstr ""
+"<p>ルールに関する詳しい情報やルールの追加の可否については、 <b>[auditctlのルール]</b> ダイアログをご覧ください。\n"
+"ログファイル設定についての詳細な情報はマニュアルページ(「man auditd.conf」)をご覧ください。</p>"

#. logfile_settings dialog help 3/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:64
-msgid "<p><b>Log File</b>: Enter the full path name to the log file\n(or use
<b>Select File</b>.)</p>"
-msgstr "<p><b>ログファイル</b>: ログファイルのフルパスを入力してください\n(または[<b>ファイルの選択</b>]をお使いください)
。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Log File</b>: Enter the full path name to the log file\n"
+"(or use <b>Select File</b>.)</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ログファイル</b>: ログファイルのフルパスを入力してください\n"
+"(または[<b>ファイルの選択</b>]をお使いください) 。</p>"

#. logfile_settings dialog help 4/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:68
-msgid "<p><b>Format</b>: set <i>RAW</i> to log all data (store in a format
exactly as the kernel\nsends it) or <i>NOLOG</i> to discard all audit
information instead of writing it on disk (does not affect\ndata sent to the
dispatcher).</p> "
-msgstr
"<p><b>形式</b>:すべてのデータを記録するには<i>RAW</i>を(カーネルとしての形式で正確に保存して送信します)、ディスクに保存せずにすべての監査情報を破棄する場合は<i>NOLOG</i>\nを設定してください(ディスパッチャに送信するデータはこの設定の影響を受けません)
。</p> "
+msgid ""
+"<p><b>Format</b>: set <i>RAW</i> to log all data (store in a format exactly
as the kernel\n"
+"sends it) or <i>NOLOG</i> to discard all audit information instead of writing
it on disk (does not affect\n"
+"data sent to the dispatcher).</p> "
+msgstr ""
+"<p><b>形式</b>:すべてのデータを記録するには<i>RAW</i>を(カーネルとしての形式で正確に保存して送信します)、ディスクに保存せずにすべての監査情報を破棄する場合は<i>NOLOG</i>\n"
+"を設定してください(ディスパッチャに送信するデータはこの設定の影響を受けません) 。</p> "

#. logfile_settings dialog help 5/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:74
-msgid "<p><b>Flush</b>: describes how to write the data to disk. If set to
<i>INCREMENTAL</i> the\n<b>Frequency</b> parameter tells how many records to
write before issuing an explicit flush to disk.\n<i>NONE</i> means: no special
effort is made to flush data, <i>DATA</i>: keep data portion
synced,\n<i>SYNC</i>: keep data and meta-data fully synced.</p>"
-msgstr "<p>[<b>フラッシュ</b>]:
ディスクへのデータの書き込み方法を指定します。\n[<i>INCREMENTAL</i>]に設定した場合、[<b>頻度</b>]パラメータで、ディスクへの明示的なフラッシュを実行するまでに書き込むレコード数を指定します。\n[<i>NONE</i>]を指定すると、データのフラッシュについては何も行いません。[<i>DATA</i>]を指定すると、データ部分の同期を維持します。\n[<i>SYNC</i>]を指定すると、データとメタデータの両方を完全に同期された状態に維持します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Flush</b>: describes how to write the data to disk. If set to
<i>INCREMENTAL</i> the\n"
+"<b>Frequency</b> parameter tells how many records to write before issuing an
explicit flush to disk.\n"
+"<i>NONE</i> means: no special effort is made to flush data, <i>DATA</i>: keep
data portion synced,\n"
+"<i>SYNC</i>: keep data and meta-data fully synced.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[<b>フラッシュ</b>]: ディスクへのデータの書き込み方法を指定します。\n"
+"[<i>INCREMENTAL</i>]に設定した場合、[<b>頻度</b>]パラメータで、ディスクへの明示的なフラッシュを実行するまでに書き込むレコード数を指定します。\n"
+"[<i>NONE</i>]を指定すると、データのフラッシュについては何も行いません。[<i>DATA</i>]を指定すると、データ部分の同期を維持します。\n"
+"[<i>SYNC</i>]を指定すると、データとメタデータの両方を完全に同期された状態に維持します。</p>"

#. logfile_settings dialog help 6/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:81
-msgid "<p>Configure the maximum log file size (in megabytes) and the action to
take when this\nvalue is reached via <b>Size and Action</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>ログファイルの最大サイズ(メガバイト単位)を設定し、[<b>サイズとアクション</b>]で、\nこの値に達したときに実行するアクションを設定します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Configure the maximum log file size (in megabytes) and the action to take
when this\n"
+"value is reached via <b>Size and Action</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ログファイルの最大サイズ(メガバイト単位)を設定し、[<b>サイズとアクション</b>]で、\n"
+"この値に達したときに実行するアクションを設定します。</p>\n"

#. logfile_settings dialog help 7/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:85
-msgid "<p>If the action is set to <i>ROTATE</i> the <b>Number of Log Files</b>
specifies the number\nof files to keep. Set to <i>SYSLOG</i>, the audit daemon
will write a warning\nto /var/log/messages. With <i>SUSPEND</i> the daemon
stops writing records to\ndisk. <i>IGNORE</i> means do nothing,
<i>KEEP_LOGS</i> is similar\nto ROTATE, but log files are not
overwritten.</p>\n"
-msgstr
"<p>アクションを[<i>ROTATE</i>]に設定した場合は、保持するファイルの数を[<b>ログファイルの数</b>]\nで指定します。[<i>SYSLOG</i>]に設定した場合、監査デーモンは警告を\n/var/log/messagesに書き込みます。[<i>SUSPEND</i>]では、デーモンはディスクへのレコードの\n書き込みを停止します。[<i>IGNORE</i>]を指定すると何も行いません。\n[<i>KEEP_LOGS</i>]は[ROTATE]と同様ですが、ログファイルは上書きされません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If the action is set to <i>ROTATE</i> the <b>Number of Log Files</b>
specifies the number\n"
+"of files to keep. Set to <i>SYSLOG</i>, the audit daemon will write a
warning\n"
+"to /var/log/messages. With <i>SUSPEND</i> the daemon stops writing records
to\n"
+"disk. <i>IGNORE</i> means do nothing, <i>KEEP_LOGS</i> is similar\n"
+"to ROTATE, but log files are not overwritten.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>アクションを[<i>ROTATE</i>]に設定した場合は、保持するファイルの数を[<b>ログファイルの数</b>]\n"
+"で指定します。[<i>SYSLOG</i>]に設定した場合、監査デーモンは警告を\n"
+"/var/log/messagesに書き込みます。[<i>SUSPEND</i>]では、デーモンはディスクへのレコードの\n"
+"書き込みを停止します。[<i>IGNORE</i>]を指定すると何も行いません。\n"
+"[<i>KEEP_LOGS</i>]は[ROTATE]と同様ですが、ログファイルは上書きされません。</p>\n"

#. logfile_settings dialog help 8/8
#: src/include/audit-laf/helps.rb:93
-msgid "<p><b>Computer Name Format</b> describes how to write the computer name
to the\nlog file. If <i>USER</i> is set, the <b>User Defined Name</b>
is\nused. <i>NONE</i> means no computer name is inserted. <i>HOSTNAME</i> uses
the\nname returned by the 'gethostname' syscall. <i>FQD</i> uses the fully
qualified\ndomain name.</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>コンピュータ名の書式</b>]では、ログファイルにコンピュータ名を書き込む方法を指定\nします。[<i>USER</i>]を選択すると、[<b>ユーザ定義の名前</b>]が\n使用されます。[<i>NONE</i>]では、コンピュータ名は挿入されません。[<b>HOSTNAME</b>]では、\n「gethostname」システムコールで返される名前が使用されます。[<b>FQD</b>]では、完全修飾ドメイン名が\n使用されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Computer Name Format</b> describes how to write the computer name to
the\n"
+"log file. If <i>USER</i> is set, the <b>User Defined Name</b> is\n"
+"used. <i>NONE</i> means no computer name is inserted. <i>HOSTNAME</i> uses
the\n"
+"name returned by the 'gethostname' syscall. <i>FQD</i> uses the fully
qualified\n"
+"domain name.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>コンピュータ名の書式</b>]では、ログファイルにコンピュータ名を書き込む方法を指定\n"
+"します。[<i>USER</i>]を選択すると、[<b>ユーザ定義の名前</b>]が\n"
+"使用されます。[<i>NONE</i>]では、コンピュータ名は挿入されません。[<b>HOSTNAME</b>]では、\n"
+"「gethostname」システムコールで返される名前が使用されます。[<b>FQD</b>]では、完全修飾ドメイン名が\n"
+"使用されます。</p>\n"

#. dispatcher dialog help 1/5
#: src/include/audit-laf/helps.rb:101
-msgid "<p><b><big>Auditd Dispatcher Configuration</big></b><br>\nDetailed
information about the dispatcher settings can be obtained from the manual
page\n('man auditd.conf').</p>"
-msgstr
"<p><b><big>auditdディスパッチャ設定</big></b><br>\nディスパッチャ設定に関する詳しい情報は、マニュアルページ「man
auditd.conf」をご覧ください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Auditd Dispatcher Configuration</big></b><br>\n"
+"Detailed information about the dispatcher settings can be obtained from the
manual page\n"
+"('man auditd.conf').</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>auditdディスパッチャ設定</big></b><br>\n"
+"ディスパッチャ設定に関する詳しい情報は、マニュアルページ「man auditd.conf」をご覧ください。</p>"

#. dispatcher dialog help 2/5
#: src/include/audit-laf/helps.rb:107
-msgid "<p><b>Dispatcher</b>: The dispatcher program is started by the audit
daemon and\ngets all audit events on stdin.</p>"
-msgstr "<p><b>ディスパッチャ</b>: ディスパッチャプログラムは audit
デーモンから起動され、\nすべての監査イベントを標準入力から受け付けます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Dispatcher</b>: The dispatcher program is started by the audit daemon
and\n"
+"gets all audit events on stdin.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ディスパッチャ</b>: ディスパッチャプログラムは audit デーモンから起動され、\n"
+"すべての監査イベントを標準入力から受け付けます。</p>"

#. dispatcher dialog help 3/5
#: src/include/audit-laf/helps.rb:111
-msgid "<p><b>Communication</b>: Controls the communication between the daemon
and the dispatcher\nprogram. A <i>lossy</i> communication means that events
going to the dispatcher are discarded\nwhen the queue (a 128kB buffer) is full.
Choose <i>lossless</i> if you want a blocking/lossless\ncommunication.</p>"
-msgstr
"<p><b>通信</b>:デーモンとディスパッチャプログラムの間の通信を制御します。\n<i>lossy(損失あり)</i>を選択すると、キュー(128キロバイトのバッファ)がいっぱいになった場合に\nディスパッチャから発せられるイベントが破棄されます。通信をブロックして損失をなくしたい場合は\n<i>lossless(無損失)</i>を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Communication</b>: Controls the communication between the daemon and
the dispatcher\n"
+"program. A <i>lossy</i> communication means that events going to the
dispatcher are discarded\n"
+"when the queue (a 128kB buffer) is full. Choose <i>lossless</i> if you want a
blocking/lossless\n"
+"communication.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>通信</b>:デーモンとディスパッチャプログラムの間の通信を制御します。\n"
+"<i>lossy(損失あり)</i>を選択すると、キュー(128キロバイトのバッファ)がいっぱいになった場合に\n"
+"ディスパッチャから発せられるイベントが破棄されます。通信をブロックして損失をなくしたい場合は\n"
+"<i>lossless(無損失)</i>を選択します。</p>"

#. dispatcher dialog help 4/5
#: src/include/audit-laf/helps.rb:118
-msgid "<p>The dispatcher 'audispd' is an audit event multiplexor.\nFor more
information see the manual pages ('man audispd' and 'man audispd.conf').</p>"
-msgstr "<p>ディスパッチャ「audispd」は監査イベントを多重化するプログラムです\n(詳細はマニュアルページ「man audispd」および
「man audispd.conf」をご覧ください) 。</p>"
+msgid ""
+"<p>The dispatcher 'audispd' is an audit event multiplexor.\n"
+"For more information see the manual pages ('man audispd' and 'man
audispd.conf').</p>"
+msgstr ""
+"<p>ディスパッチャ「audispd」は監査イベントを多重化するプログラムです\n"
+"(詳細はマニュアルページ「man audispd」および 「man audispd.conf」をご覧ください) 。</p>"

#. dispatcher dialog help 5/5
#: src/include/audit-laf/helps.rb:122
-msgid "<p><b>Note:</b> The dispatcher program must be owned by 'root', have
'0750'\n file permissions, and the full path name has to be entered.</p>\n"
-msgstr "<p><b>注:</b>
ディスパッチャプログラムの所有者は「root」で、ファイル許可は「0750」\nでなければなりません。また、フルパス名を入力する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Note:</b> The dispatcher program must be owned by 'root', have '0750'\n"
+" file permissions, and the full path name has to be entered.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>注:</b> ディスパッチャプログラムの所有者は「root」で、ファイル許可は「0750」\n"
+"でなければなりません。また、フルパス名を入力する必要があります。</p>\n"

#. disk space dialog help 1/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:126
-msgid "<p><b><big>Auditd Disk Space Configuration</big></b><br>\nThe settings
made here refer to disk space on log partition.\nFor detailed information,
refer to the manual page ('man auditd.conf').</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>auditdディスク容量設定</big></b><br>\nここではログパーティション上のディスク領域を設定します。\n詳細については、マニュアルページ(「man
auditd.conf」)を参照してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Auditd Disk Space Configuration</big></b><br>\n"
+"The settings made here refer to disk space on log partition.\n"
+"For detailed information, refer to the manual page ('man auditd.conf').</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>auditdディスク容量設定</big></b><br>\n"
+"ここではログパーティション上のディスク領域を設定します。\n"
+"詳細については、マニュアルページ(「man auditd.conf」)を参照してください。</p>\n"

#. disk space dialog help 2/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:132
-msgid "<p><b>Space Left</b> (in megabytes) tells the audit daemon when to
perform an <b>Action</b> because\nthe system is starting to run low on
space.</p>"
-msgstr
"<p>ディスクの残り容量が少なくなってきたため、<b>残り容量</b>(メガバイト単位)は<b>アクション</b>\nの実行時期を監査デーモンに伝えます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Space Left</b> (in megabytes) tells the audit daemon when to perform an
<b>Action</b> because\n"
+"the system is starting to run low on space.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ディスクの残り容量が少なくなってきたため、<b>残り容量</b>(メガバイト単位)は<b>アクション</b>\n"
+"の実行時期を監査デーモンに伝えます。</p>"

#. disk space dialog help 3/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:136
-msgid "<p>The value for <b>Admin Space Left</b> should be lower than above.
The system <b>is running\nlow</b> on disk space if the value is reached and the
specified <b>Action</b> will be performed.</p>"
-msgstr
"<p><b>管理用残り容量</b>は上記よりも小さい値でなくてはなりません。この値に到達したとき、\nディスク容量の残りが<b>少なくなった</b>と判断され、<b>アクション</b>で指定した動作を実行します。</p>"
+msgid ""
+"<p>The value for <b>Admin Space Left</b> should be lower than above. The
system <b>is running\n"
+"low</b> on disk space if the value is reached and the specified <b>Action</b>
will be performed.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>管理用残り容量</b>は上記よりも小さい値でなくてはなりません。この値に到達したとき、\n"
+"ディスク容量の残りが<b>少なくなった</b>と判断され、<b>アクション</b>で指定した動作を実行します。</p>"

#. disk space dialog hep 4/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:140
-msgid "<p>If an action is set to <i>EMAIL</i>, a warning mail will be sent to
the\naccount specified in <b>Action Mail Account</b>.<br> <i>SYSLOG</i> means
the\ndisk space warning will be written to /var/log/messages. <i>IGNORE</i>
means\ndo nothing. <i>EXEC</i> runs the script specified in <b>Path
to\nScript</b>. <i>SUSPEND</i> stops writing records to disk.
<i>SINGLE</i>\nswitches the system to single user mode. <i>HALT</i> shuts down
the\nsystem.</p>\n"
-msgstr
"<p>アクションを[<i>EMAIL</i>]に設定すると、[<b>アクションメールアカウント</b>]で\n指定したアカウントに警告電子メールが送信されます。<br>[<i>SYSLOG</i>]では、\nディスク容量の警告は/var/log/messagesに書き込まれます。[<i>IGNORE</i>]では、\n何も実行されません。[<i>EXEC</i>]では、[<b>スクリプトのパス</b>]で\n指定したスクリプトが実行されます。[<i>SUSPEND</i>]は、ディスクへのレコードの書き込みを停止します。\n[<i>SINGLE</i>]は、システムをシングルユーザモードに切り替えます。\n[<i>HALT</i>]は、システムをシャットダウンします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If an action is set to <i>EMAIL</i>, a warning mail will be sent to the\n"
+"account specified in <b>Action Mail Account</b>.<br> <i>SYSLOG</i> means
the\n"
+"disk space warning will be written to /var/log/messages. <i>IGNORE</i>
means\n"
+"do nothing. <i>EXEC</i> runs the script specified in <b>Path to\n"
+"Script</b>. <i>SUSPEND</i> stops writing records to disk. <i>SINGLE</i>\n"
+"switches the system to single user mode. <i>HALT</i> shuts down the\n"
+"system.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>アクションを[<i>EMAIL</i>]に設定すると、[<b>アクションメールアカウント</b>]で\n"
+"指定したアカウントに警告電子メールが送信されます。<br>[<i>SYSLOG</i>]では、\n"
+"ディスク容量の警告は/var/log/messagesに書き込まれます。[<i>IGNORE</i>]では、\n"
+"何も実行されません。[<i>EXEC</i>]では、[<b>スクリプトのパス</b>]で\n"
+"指定したスクリプトが実行されます。[<i>SUSPEND</i>]は、ディスクへのレコードの書き込みを停止します。\n"
+"[<i>SINGLE</i>]は、システムをシングルユーザモードに切り替えます。\n"
+"[<i>HALT</i>]は、システムをシャットダウンします。</p>\n"

#. disk space dialog help 5/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:150
-msgid "<p>You can also specify a <b>Disk Full Action</b> (disk has become full
already) and\na <b>Disk Error Action</b> (performed whenever an error is
detected while writing to disk).\nAvailable actions are the same as above
(except for <i>EMAIL</i>).</p>"
-msgstr
"<p>また、[<b>ディスク満杯時のアクション</b>](ディスクがすでに満杯になっている状態)と\n[<b>ディスクエラー時のアクション</b>](ディスクに書き込む際にエラーが検出された場合のアクション)を指定することもできます。\n実行可能なアクションは上記と同じです(<i>EMAIL</i>以外)</p>"
+msgid ""
+"<p>You can also specify a <b>Disk Full Action</b> (disk has become full
already) and\n"
+"a <b>Disk Error Action</b> (performed whenever an error is detected while
writing to disk).\n"
+"Available actions are the same as above (except for <i>EMAIL</i>).</p>"
+msgstr ""
+"<p>また、[<b>ディスク満杯時のアクション</b>](ディスクがすでに満杯になっている状態)と\n"
+"[<b>ディスクエラー時のアクション</b>](ディスクに書き込む際にエラーが検出された場合のアクション)を指定することもできます。\n"
+"実行可能なアクションは上記と同じです(<i>EMAIL</i>以外)</p>"

#. disk space dialog help 5/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:156
-msgid "<p><b>Note:</b> All scripts specified for <i>EXEC</i> must be owned\nby
'root', have '0750' file permissions, and the full path name has to be
entered.</p>\n"
-msgstr "<p><b>注:</b>
[<i>EXEC</i>]で指定したすべてのスクリプトは、\n所有者が「root」で、ファイル許可が「0750」でなければなりません。また、フルパス名を入力する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Note:</b> All scripts specified for <i>EXEC</i> must be owned\n"
+"by 'root', have '0750' file permissions, and the full path name has to be
entered.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>注:</b> [<i>EXEC</i>]で指定したすべてのスクリプトは、\n"
+"所有者が「root」で、ファイル許可が「0750」でなければなりません。また、フルパス名を入力する必要があります。</p>\n"

#. rules dialog help 1/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:160
-msgid "<p><b><big>Rules for auditctl</big></b><br>\nThis dialog offers the
possibility to enable or to disable the syscall\nauditing as well as to lock
the audit configuration.\nThe selected flag from <b>Set Enabled Flag</b> will
be added to the rules.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>auditctlのルール</big></b><br>\nこのダイアログでは、システムコールの監査の有効/無効を切り替えたり、\n監査設定をロックしたりできます。\n[<b>有効化フラグを設定する</b>]から選択したフラグがルールに追加されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Rules for auditctl</big></b><br>\n"
+"This dialog offers the possibility to enable or to disable the syscall\n"
+"auditing as well as to lock the audit configuration.\n"
+"The selected flag from <b>Set Enabled Flag</b> will be added to the
rules.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>auditctlのルール</big></b><br>\n"
+"このダイアログでは、システムコールの監査の有効/無効を切り替えたり、\n"
+"監査設定をロックしたりできます。\n"
+"[<b>有効化フラグを設定する</b>]から選択したフラグがルールに追加されます。</p>"

#. rules dialog help 2/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:167
@@ -562,13 +747,21 @@

#. rules dialog help 3/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:171
-msgid "<p>Enabling auditing without additional rules will cause the\n
applications which use <i>libaudit</i>, e.g. PAM to log to
/var/log/audit/audit.log (default).</p> "
-msgstr
"<p>追加のルールを設定せずに監査を有効にすると、\n<i>libaudit</i>を使用するアプリケーション(PAMなど)は/var/log/audit/audit.log
(デフォルト)にログを記録します。</p> "
+msgid ""
+"<p>Enabling auditing without additional rules will cause the\n"
+" applications which use <i>libaudit</i>, e.g. PAM to log to
/var/log/audit/audit.log (default).</p> "
+msgstr ""
+"<p>追加のルールを設定せずに監査を有効にすると、\n"
+"<i>libaudit</i>を使用するアプリケーション(PAMなど)は/var/log/audit/audit.log
(デフォルト)にログを記録します。</p> "

#. rules dialog help 4/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:175
-msgid "<p>You can also edit the rules manually, which we only recommended for
advanced users.<br>\nFor more information about all options, see 'man
auditctl'.</p>\n"
-msgstr "<p>ルールを手動で編集することもできますが、これは熟練者にのみお勧めします。<br>\nすべてのオプションの詳細については、「man
auditctl」を参照してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>You can also edit the rules manually, which we only recommended for
advanced users.<br>\n"
+"For more information about all options, see 'man auditctl'.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ルールを手動で編集することもできますが、これは熟練者にのみお勧めします。<br>\n"
+"すべてのオプションの詳細については、「man auditctl」を参照してください。</p>\n"

#. rules dialog help 5/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:179
@@ -577,8 +770,16 @@

#. rules dialog help 6/6
#: src/include/audit-laf/helps.rb:183
-msgid "<p>Click <b>Restore and Reset</b> to restore the rules and reset\nthe
changes (from previous syntax checks) by calling <i>auditctl</i>.<br>\nClick
<b>Load</b> to open a file selection dialog in which you can load\nan example
rules file.</p>\n"
-msgstr
"<p><i>auditctl</i>を呼び出してルールを復元し、以前に構文チェックを実行したとき以降の変更をリセットするには、\n[<b>復元とリセット</b>]をクリックします。<br>\n[<b>ロード</b>]をクリックするとファイル選択ダイアログが開き、\nルールファイルの例をロードできます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Click <b>Restore and Reset</b> to restore the rules and reset\n"
+"the changes (from previous syntax checks) by calling <i>auditctl</i>.<br>\n"
+"Click <b>Load</b> to open a file selection dialog in which you can load\n"
+"an example rules file.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><i>auditctl</i>を呼び出してルールを復元し、以前に構文チェックを実行したとき以降の変更をリセットするには、\n"
+"[<b>復元とリセット</b>]をクリックします。<br>\n"
+"[<b>ロード</b>]をクリックするとファイル選択ダイアログが開き、\n"
+"ルールファイルの例をロードできます。</p>\n"

#. Header of tab in tab widget
#: src/include/audit-laf/wizards.rb:123
@@ -617,8 +818,16 @@

#. additionally save initial settings
#: src/modules/AuditLaf.rb:357
-msgid "Cannot start the audit daemon.\nPlease check /var/log/messages for
auditd errors.\nYou can use the module 'System Log' from group\n'Miscellaneous'
in YaST Control Center."
-msgstr
"監査デーモンを起動できません。\n/var/log/messagesファイルでauditdのエラーがないかどうかを\n確認してください。YaST2コントロールセンターの\n[その他]グループから[システムログ]モジュールを使用できます。"
+msgid ""
+"Cannot start the audit daemon.\n"
+"Please check /var/log/messages for auditd errors.\n"
+"You can use the module 'System Log' from group\n"
+"'Miscellaneous' in YaST Control Center."
+msgstr ""
+"監査デーモンを起動できません。\n"
+"/var/log/messagesファイルでauditdのエラーがないかどうかを\n"
+"確認してください。YaST2コントロールセンターの\n"
+"[その他]グループから[システムログ]モジュールを使用できます。"

#. AuditLaf read dialog caption
#: src/modules/AuditLaf.rb:376
@@ -677,8 +886,12 @@

#. question shown in a popup about start of audit daemon
#: src/modules/AuditLaf.rb:463
-msgid "Do you want to start it and enable start at boot\nor only start the
daemon for now?"
-msgstr "デーモンを起動してブート時に起動するようにしますか?\nそれとも今回のみ起動しますか?"
+msgid ""
+"Do you want to start it and enable start at boot\n"
+"or only start the daemon for now?"
+msgstr ""
+"デーモンを起動してブート時に起動するようにしますか?\n"
+"それとも今回のみ起動しますか?"

#: src/modules/AuditLaf.rb:466
msgid "The daemon 'auditd' doesn't run.\n"
@@ -686,8 +899,14 @@

#. message about loaded kernel module
#: src/modules/AuditLaf.rb:470
-msgid "The 'apparmor' kernel module is loaded.\nThe kernel uses a running
audit daemon to log audit\nevents to /var/log/audit/audit.log (default).\n"
-msgstr
"「apparmor」カーネルモジュールがロードされています。\nこのカーネルは、実行中の監査デーモンを使用して\n監査イベントを/var/log/audit/audit.log
(デフォルト)に記録します。\n"
+msgid ""
+"The 'apparmor' kernel module is loaded.\n"
+"The kernel uses a running audit daemon to log audit\n"
+"events to /var/log/audit/audit.log (default).\n"
+msgstr ""
+"「apparmor」カーネルモジュールがロードされています。\n"
+"このカーネルは、実行中の監査デーモンを使用して\n"
+"監査イベントを/var/log/audit/audit.log (デフォルト)に記録します。\n"

#. Headline of a popup
#: src/modules/AuditLaf.rb:477
@@ -712,8 +931,16 @@
msgstr "監査デーモンを起動できません。"

#: src/modules/AuditLaf.rb:489
-msgid "The rules may be locked.\nContinue to check the rules. You can
change\nthe 'Enabled Flag', but to activate the change\na reboot is required
afterwards.\n"
-msgstr
"ルールがロックされている可能性があります。\n続行してルールを確認してください。\n「有効化フラグ」を変更できますが、\n変更を有効にするには、後で再起動が必要です。\n"
+msgid ""
+"The rules may be locked.\n"
+"Continue to check the rules. You can change\n"
+"the 'Enabled Flag', but to activate the change\n"
+"a reboot is required afterwards.\n"
+msgstr ""
+"ルールがロックされている可能性があります。\n"
+"続行してルールを確認してください。\n"
+"「有効化フラグ」を変更できますが、\n"
+"変更を有効にするには、後で再起動が必要です。\n"

#. Auditd read dialog caption
#: src/modules/AuditLaf.rb:545
@@ -746,8 +973,14 @@
msgstr "ルールはすでにロックされています。"

#: src/modules/AuditLaf.rb:586
-msgid "Do you want to change the 'Enabled Flag'?\nIf yes, the new rules will
be written to /etc/audit/audit.rules.\nReboot the system afterwards for the
change to take effect.\n"
-msgstr
"「有効化フラグ」を変更しますか?\nフラグを変更すると、新しいルールは/etc/audit/audit.rulesファイルに書き込まれます。\nその後、変更を反映するためにシステムを再起動する必要があります。\n"
+msgid ""
+"Do you want to change the 'Enabled Flag'?\n"
+"If yes, the new rules will be written to /etc/audit/audit.rules.\n"
+"Reboot the system afterwards for the change to take effect.\n"
+msgstr ""
+"「有効化フラグ」を変更しますか?\n"
+"フラグを変更すると、新しいルールは/etc/audit/audit.rulesファイルに書き込まれます。\n"
+"その後、変更を反映するためにシステムを再起動する必要があります。\n"

#. Error message
#: src/modules/AuditLaf.rb:611
@@ -773,4 +1006,3 @@
#: src/modules/AuditLaf.rb:704
msgid "Log file"
msgstr "ログファイル"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-client.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-client.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-client.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: auth-client\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -134,24 +134,44 @@

#. LDAP tab events
#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:76
-msgid "This computer is currently using SSSD to authenticate users.\nBefore
you may use legacy LDAP authentication (pam_ldap), please disable SSSD from
\"User Logon Management\"."
-msgstr
"現在このコンピュータはユーザの認証にSSSDを使用しています。\nレガシLDAP認証(pam_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently using SSSD to authenticate users.\n"
+"Before you may use legacy LDAP authentication (pam_ldap), please disable SSSD
from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはユーザの認証にSSSDを使用しています。\n"
+"レガシLDAP認証(pam_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:84
-msgid "This computer is currently reading user database from SSSD identity
provider.\nBefore you may use LDAP user database (nss_ldap), please disable
SSSD user database from \"User Logon Management\"."
-msgstr
"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからユーザデータベースを読み取っています。\nLDAPユーザデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDユーザデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading user database from SSSD identity
provider.\n"
+"Before you may use LDAP user database (nss_ldap), please disable SSSD user
database from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからユーザデータベースを読み取っています。\n"
+"LDAPユーザデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDユーザデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:92
-msgid "This computer is currently reading group database from SSSD identity
provider.\nBefore you may use LDAP group database (nss_ldap), please disable
SSSD group database from \"User Logon Management\"."
-msgstr
"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからグループデータベースを読み取っています。\nLDAPグループデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDグループデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading group database from SSSD identity
provider.\n"
+"Before you may use LDAP group database (nss_ldap), please disable SSSD group
database from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからグループデータベースを読み取っています。\n"
+"LDAPグループデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDグループデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:100
-msgid "This computer is currently reading sudoers database from SSSD identity
provider.\nBefore you may use LDAP sudoers database (nss_ldap), please disable
SSSD sudo database from \"User Logon Management\"."
-msgstr "現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからsudoersデータベースを読み取っています。\nLDAP
sudoersデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSD sudoデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading sudoers database from SSSD identity
provider.\n"
+"Before you may use LDAP sudoers database (nss_ldap), please disable SSSD sudo
database from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからsudoersデータベースを読み取っています。\n"
+"LDAP sudoersデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSD sudoデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:108
-msgid "This computer is currently reading automount database from SSSD
identity provider.\nBefore you may use LDAP automount database (nss_ldap),
please disable SSSD automount database from \"User Logon Management\"."
-msgstr "現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからautomountデータベースを読み取っています。\nLDAP
automountデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSD automountデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading automount database from SSSD identity
provider.\n"
+"Before you may use LDAP automount database (nss_ldap), please disable SSSD
automount database from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはSSSDアイデンティティプロバイダからautomountデータベースを読み取っています。\n"
+"LDAP automountデータベース(nss_ldap)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSD
automountデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:118
msgid "Please enter server URI."
@@ -167,8 +187,14 @@
msgstr "URI %s でLDAPサーバに正常に接続できました。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:135
-msgid "Connection check has failed on URI %s.\n\n%s"
-msgstr "URI %s で接続確認に失敗しました。\n\n%s"
+msgid ""
+"Connection check has failed on URI %s.\n"
+"\n"
+"%s"
+msgstr ""
+"URI %s で接続確認に失敗しました。\n"
+"\n"
+"%s"

#. Test host address input, construct URI for each one.
#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:154
@@ -176,17 +202,35 @@
msgstr "ホスト %s でLDAPサーバに正常に接続できました。"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:156
-msgid "Connection check has failed on host %s.\n\n%s"
-msgstr "ホスト %s で接続確認に失敗しました。\n\n%s"
+msgid ""
+"Connection check has failed on host %s.\n"
+"\n"
+"%s"
+msgstr ""
+"ホスト %s で接続確認に失敗しました。\n"
+"\n"
+"%s"

#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:163
-msgid "The name service cache is should only used with legacy LDAP identity
provider,\nbut your system currently has authentication domain enabled, which
is not compatible with the cache.\n\nDo you still wish to enable the cache?"
-msgstr
"ネームサービスキャッシュはレガシLDAPアイデンティティプロバイダとともにのみ使用する必要があります\nが、現在、システムでは認証ドメインが有効になっており、これはそのキャッシュと互換性がありません。\n\nそれでもキャッシュを有効にしますか?"
+msgid ""
+"The name service cache is should only used with legacy LDAP identity
provider,\n"
+"but your system currently has authentication domain enabled, which is not
compatible with the cache.\n"
+"\n"
+"Do you still wish to enable the cache?"
+msgstr ""
+"ネームサービスキャッシュはレガシLDAPアイデンティティプロバイダとともにのみ使用する必要があります\n"
+"が、現在、システムでは認証ドメインが有効になっており、これはそのキャッシュと互換性がありません。\n"
+"\n"
+"それでもキャッシュを有効にしますか?"

#. Kerberos tab events
#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:176
-msgid "This computer is currently using SSSD to authenticate users.\nBefore
you may use Kerberos authentication (pam_krb5), please disable SSSD from \"User
Logon Management\"."
-msgstr
"現在このコンピュータはユーザの認証にSSSDを使用しています。\nKerberos認証(pam_krb5)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently using SSSD to authenticate users.\n"
+"Before you may use Kerberos authentication (pam_krb5), please disable SSSD
from \"User Logon Management\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータはユーザの認証にSSSDを使用しています。\n"
+"Kerberos認証(pam_krb5)を使用するには、[ユーザのログオン管理]からSSSDを無効にしてください。"

#. Save Kerberos
#: src/lib/authui/ldapkrb/main_dialog.rb:184
@@ -554,41 +598,75 @@

#. Enable/disable SSSD daemon
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:252
-msgid "This computer is currently using legacy LDAP or Kerberos method to
authenticate users.\nBefore you may use SSSD to authenticate users, please
disable LDAP and Kerberos authentication from \"LDAP and Kerberos Client\"."
-msgstr
"現在このコンピュータは、ユーザの認証にレガシLDAPまたはKerberosメソッドを使用しています。\nユーザの認証にSSSDを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPおよびKerberos認証を無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently using legacy LDAP or Kerberos method to
authenticate users.\n"
+"Before you may use SSSD to authenticate users, please disable LDAP and
Kerberos authentication from \"LDAP and Kerberos Client\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータは、ユーザの認証にレガシLDAPまたはKerberosメソッドを使用しています。\n"
+"ユーザの認証にSSSDを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPおよびKerberos認証を無効にしてください。"

#. Enable/disable NSS password database
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:284
-msgid "This computer is currently reading user database from LDAP identity
provider.\nBefore you may use SSSD user database, please disable LDAP user
database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
-msgstr
"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからユーザデータベースを読み取っています。\nSSSDユーザデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPユーザデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading user database from LDAP identity
provider.\n"
+"Before you may use SSSD user database, please disable LDAP user database from
\"LDAP and Kerberos Client\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからユーザデータベースを読み取っています。\n"
+"SSSDユーザデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPユーザデータベースを無効にしてください。"

#. Enable/disable NSS group database
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:302
-msgid "This computer is currently reading group database from LDAP identity
provider.\nBefore you may use SSSD group database, please disable LDAP group
database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
-msgstr
"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからグループデータベースを読み取っています。\nSSSDグループデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPグループデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading group database from LDAP identity
provider.\n"
+"Before you may use SSSD group database, please disable LDAP group database
from \"LDAP and Kerberos Client\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからグループデータベースを読み取っています。\n"
+"SSSDグループデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAPグループデータベースを無効にしてください。"

#. Enable/disable NSS sudoers database
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:320
-msgid "This computer is currently reading sudoers database from LDAP identity
provider.\nBefore you may use SSSD sudoers database, please disable LDAP
sudoers database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
-msgstr "現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからsudoersデータベースを読み取っています。\nSSSD
sudoersデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAP sudoersデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading sudoers database from LDAP identity
provider.\n"
+"Before you may use SSSD sudoers database, please disable LDAP sudoers
database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからsudoersデータベースを読み取っています。\n"
+"SSSD sudoersデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAP
sudoersデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:328
-msgid "Sudo data source has been globally enabled.\nPlease remember to also
customise \"sudo_provider\" parameter in Extended Options of each individual
domain that provides sudo data."
-msgstr
"sudoデータソースがグローバルに有効になっています。\nsudoデータを提供する個々のドメインの拡張オプションで「sudo_provider」パラメータをカスタマイズすることも忘れないでください。"
+msgid ""
+"Sudo data source has been globally enabled.\n"
+"Please remember to also customise \"sudo_provider\" parameter in Extended
Options of each individual domain that provides sudo data."
+msgstr ""
+"sudoデータソースがグローバルに有効になっています。\n"
+"sudoデータを提供する個々のドメインの拡張オプションで「sudo_provider」パラメータをカスタマイズすることも忘れないでください。"

#. Enable/disable NSS automount database
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:342
-msgid "This computer is currently reading automount database from LDAP
identity provider.\nBefore you may use SSSD automount database, please disable
LDAP automount database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
-msgstr "現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからautomountデータベースを読み取っています。\nSSSD
automountデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAP automountデータベースを無効にしてください。"
+msgid ""
+"This computer is currently reading automount database from LDAP identity
provider.\n"
+"Before you may use SSSD automount database, please disable LDAP automount
database from \"LDAP and Kerberos Client\"."
+msgstr ""
+"現在このコンピュータは、LDAPアイデンティティプロバイダからautomountデータベースを読み取っています。\n"
+"SSSD automountデータベースを使用するには、[LDAPおよびKerberosクライアント]からLDAP
automountデータベースを無効にしてください。"

#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:350
-msgid "Automount data source has been globally enabled.\nPlease remember to
also customise \"autofs_provider\" parameter in Extended Options of each
individual domain that provides automount data."
-msgstr
"automountデータソースがグローバルに有効になっています。\nautomountデータを提供する個々のドメインの拡張オプションで「autofs_provider」パラメータをカスタマイズすることも忘れないでください。"
+msgid ""
+"Automount data source has been globally enabled.\n"
+"Please remember to also customise \"autofs_provider\" parameter in Extended
Options of each individual domain that provides automount data."
+msgstr ""
+"automountデータソースがグローバルに有効になっています。\n"
+"automountデータを提供する個々のドメインの拡張オプションで「autofs_provider」パラメータをカスタマイズすることも忘れないでください。"

#. Enable/disable PAC responder
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:374
-msgid "MS-PAC data source has been globally enabled.\nThis optional feature
depends on the capabilities of your Microsoft Active Directory domain.\nSSSD
may fail to start if Active Directory domain lacks the support, in which case
please turn off this feature."
-msgstr "MS-PACデータソースがグローバルに有効になっています。\nこのオプションの機能は、使用しているMicrosoft Active
Directoryドメインの機能に依存します。\nActive
Directoryドメインにサポートがない場合、SSSDはスタートに失敗することがあるため、この場合はこの機能をオフにしてください。"
+msgid ""
+"MS-PAC data source has been globally enabled.\n"
+"This optional feature depends on the capabilities of your Microsoft Active
Directory domain.\n"
+"SSSD may fail to start if Active Directory domain lacks the support, in which
case please turn off this feature."
+msgstr ""
+"MS-PACデータソースがグローバルに有効になっています。\n"
+"このオプションの機能は、使用しているMicrosoft Active Directoryドメインの機能に依存します。\n"
+"Active Directoryドメインにサポートがない場合、SSSDはスタートに失敗することがあるため、この場合はこの機能をオフにしてください。"

#. Forbid removal of mandatory parameters
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:409
@@ -601,8 +679,14 @@
msgstr "パラメータの削除の確認: "

#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:415
-msgid "The parameter is important. Removal of the parameter may cause
configuration failure.\nPlease consult SSSD manual page before moving on.\nDo
you still wish to remove the parameter?"
-msgstr
"このパラメータは重要です。このパラメータを削除すると設定に障害が発生する場合があります。\nSSSDマニュアルページを確認してから続行してください。\n本当にこのパラメータを削除しますか?"
+msgid ""
+"The parameter is important. Removal of the parameter may cause configuration
failure.\n"
+"Please consult SSSD manual page before moving on.\n"
+"Do you still wish to remove the parameter?"
+msgstr ""
+"このパラメータは重要です。このパラメータを削除すると設定に障害が発生する場合があります。\n"
+"SSSDマニュアルページを確認してから続行してください。\n"
+"本当にこのパラメータを削除しますか?"

#. Save settings - validate
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:434
@@ -610,8 +694,14 @@
msgstr "ドメインがありません"

#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:435
-msgid "You have not configured any authentication domain, yet you chose to
enable domain authentication.\nSSSD will fail to start, and only local
authentication will be available.\nDo you still wish to proceed?"
-msgstr
"認証ドメインを設定していませんが、ドメイン認証を有効にすることを選択しました。\nSSSDはスタートに失敗します。また、使用できるのはローカル認証のみになります。\nそれでも続行しますか?"
+msgid ""
+"You have not configured any authentication domain, yet you chose to enable
domain authentication.\n"
+"SSSD will fail to start, and only local authentication will be available.\n"
+"Do you still wish to proceed?"
+msgstr ""
+"認証ドメインを設定していませんが、ドメイン認証を有効にすることを選択しました。\n"
+"SSSDはスタートに失敗します。また、使用できるのはローカル認証のみになります。\n"
+"それでも続行しますか?"

#. Remove all SSSD cache files
#: src/lib/authui/sssd/main_dialog.rb:455
@@ -654,8 +744,12 @@
msgstr "(DNSエラー)"

#: src/lib/authui/sssd/manage_ad_dialog.rb:83
-msgid "The name resolution service on this computer does not satisfy AD
enrollment requirements.\nPlease configure your network environment to use AD
server as the name resolver."
-msgstr
"このコンピュータの名前解決サービスは、AD登録要件を満たしていません。\nADサーバをネームリゾルバとして使用するようネットワーク環境を設定してください。"
+msgid ""
+"The name resolution service on this computer does not satisfy AD enrollment
requirements.\n"
+"Please configure your network environment to use AD server as the name
resolver."
+msgstr ""
+"このコンピュータの名前解決サービスは、AD登録要件を満たしていません。\n"
+"ADサーバをネームリゾルバとして使用するようネットワーク環境を設定してください。"

#: src/lib/authui/sssd/manage_ad_dialog.rb:89
msgid "Already enrolled"
@@ -688,13 +782,26 @@
msgstr "AutoYaST用にAD登録詳細が保存されています。ADユーザパスワードはプレーンテキストで保存されることに留意してください。"

#: src/lib/authui/sssd/manage_ad_dialog.rb:150
-msgid "Enrollment has completed successfully!\n\nCommand output:\n"
-msgstr "登録は正常に完了しました。\n\nコマンド出力:\n"
+msgid ""
+"Enrollment has completed successfully!\n"
+"\n"
+"Command output:\n"
+msgstr ""
+"登録は正常に完了しました。\n"
+"\n"
+"コマンド出力:\n"

#. If user enters this dialog once again, the details should be cleared.
#: src/lib/authui/sssd/manage_ad_dialog.rb:158
-msgid "The enrollment process failed.\n\nCommand output:\n"
-msgstr "登録プロセスが失敗しました。\n\nコマンド出力:\n\n"
+msgid ""
+"The enrollment process failed.\n"
+"\n"
+"Command output:\n"
+msgstr ""
+"登録プロセスが失敗しました。\n"
+"\n"
+"コマンド出力:\n"
+"\n"

#. ID provider to UI caption mapping and reversed mapping
#: src/lib/authui/sssd/new_section_dialog.rb:37
@@ -1624,4 +1731,3 @@
#: src/lib/authui/sssd/params.rb:1282
msgid "Choose the interface whose IP address should be used for dynamic DNS
updates."
msgstr "ダイナミックDNSの更新に使用されるIPアドレスを持つインタフェースを選択します。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-server.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-server.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/auth-server.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: auth-server\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -80,7 +80,9 @@
#.
#: src/clients/auth-server.rb:192
msgid "No base DN provided\n"
-msgstr "ベースDNが提供されていません\n\n"
+msgstr ""
+"ベースDNが提供されていません\n"
+"\n"

#: src/clients/auth-server.rb:209
msgid "Database cannot be created when the service is not enabled"
@@ -181,23 +183,37 @@
#. translators: error popup before aborting the module
#: src/clients/auth-server_proposal.rb:280
#: src/include/auth-server/complex.rb:53
-msgid "The package '%1' is not available.\nYaST2 cannot continue the
configuration\nwithout installing the package."
-msgstr "パッケージ '%1' が使用できません。\n設定を続けるには、このパッケージを\nインストールする必要があります"
+msgid ""
+"The package '%1' is not available.\n"
+"YaST2 cannot continue the configuration\n"
+"without installing the package."
+msgstr ""
+"パッケージ '%1' が使用できません。\n"
+"設定を続けるには、このパッケージを\n"
+"インストールする必要があります"

#. translators: error popup before aborting the module
#. translators: error popup before aborting the module
#: src/clients/auth-server_proposal.rb:291
#: src/include/auth-server/complex.rb:64
-msgid "YaST2 cannot continue the configuration\nwithout installing the
required packages."
-msgstr "指定のパッケージなしに、設定を続けることは\nできません。"
+msgid ""
+"YaST2 cannot continue the configuration\n"
+"without installing the required packages."
+msgstr ""
+"指定のパッケージなしに、設定を続けることは\n"
+"できません。"

#: src/clients/auth-server_proposal.rb:309
msgid "OpenLDAP Replication Setup failed. Reconfigure after the installation
has finished."
msgstr "OpenLDAPレプリケーション設定が失敗しました。インストール完了後に再設定してください。"

#: src/clients/auth-server_proposal.rb:344
-msgid "OpenLDAP Server: Common server certificate not available.\nStartTLS is
disabled."
-msgstr "OpenLDAP サーバ: 共通サーバ証明書がありません。\nStartTLS は無効です。"
+msgid ""
+"OpenLDAP Server: Common server certificate not available.\n"
+"StartTLS is disabled."
+msgstr ""
+"OpenLDAP サーバ: 共通サーバ証明書がありません。\n"
+"StartTLS は無効です。"

#. Command line help text for the Xldap-server module
#: src/clients/openldap-mirrormode.rb:36
@@ -210,8 +226,14 @@
msgstr "既存の設定を検出しました。"

#: src/include/auth-server/complex.rb:107
-msgid "You have an existing configuration, but the LDAP server is currently
not running.\nDo you want to start the server now and re-read its configuration
data or do you \nwant to create a new configuration from scratch?"
-msgstr
"既存の設定がありますが、LDAPサーバは現在実行されていません。\n今すぐサーバを起動して設定データを再読み込みしますか、\nそれとも新しい設定を作成しますか?"
+msgid ""
+"You have an existing configuration, but the LDAP server is currently not
running.\n"
+"Do you want to start the server now and re-read its configuration data or do
you \n"
+"want to create a new configuration from scratch?"
+msgstr ""
+"既存の設定がありますが、LDAPサーバは現在実行されていません。\n"
+"今すぐサーバを起動して設定データを再読み込みしますか、\n"
+"それとも新しい設定を作成しますか?"

#: src/include/auth-server/complex.rb:112
#: src/include/auth-server/dialogs.rb:202
@@ -229,8 +251,16 @@
msgstr "既存の設定の移行"

#: src/include/auth-server/complex.rb:135
-msgid "Your system is currently configured to use the configuration
file\n/etc/openldap/slapd.conf. YaST only supports the dynamic
configuration\ndatabase of OpenLDAP (back-config). Do you want to migrate your
existing\nconfiguration to the configuration database?\n"
-msgstr
"システムは現在、環境設定ファイル/etc/openldap/slapd.confを\n使用するように設定されています。YaSTでは、OpenLDAP
(back-config)\nの動的な設定データベースのみをサポートしています。既存の設定を新しい設定データベースに\n移行しますか?\n"
+msgid ""
+"Your system is currently configured to use the configuration file\n"
+"/etc/openldap/slapd.conf. YaST only supports the dynamic configuration\n"
+"database of OpenLDAP (back-config). Do you want to migrate your existing\n"
+"configuration to the configuration database?\n"
+msgstr ""
+"システムは現在、環境設定ファイル/etc/openldap/slapd.confを\n"
+"使用するように設定されています。YaSTでは、OpenLDAP (back-config)\n"
+"の動的な設定データベースのみをサポートしています。既存の設定を新しい設定データベースに\n"
+"移行しますか?\n"

#: src/include/auth-server/complex.rb:148
msgid "Migrate existing configuration"
@@ -319,8 +349,12 @@
msgstr "環境設定を含むすべてのデータをリモートのサーバから複製する"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:386
-msgid "YaST was not able to determine the fully qualified hostname of
this\ncomputer. \n"
-msgstr "YaSTは、このコンピュータの完全修飾ホスト名を判別できませんでした。\n\n"
+msgid ""
+"YaST was not able to determine the fully qualified hostname of this\n"
+"computer. \n"
+msgstr ""
+"YaSTは、このコンピュータの完全修飾ホスト名を判別できませんでした。\n"
+"\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:389
msgid "Setting up a replication master is currently not possible."
@@ -352,8 +386,14 @@

#. abort?
#: src/include/auth-server/dialogs.rb:563
-msgid "The package '%1' is not available.\nYaST2 cannot enable
Kerberos\nwithout installing the package."
-msgstr "パッケージ「%1」が使用できません。\nパッケージをインストールせずに、YaST2がKerberosを\n有効化することはできません。"
+msgid ""
+"The package '%1' is not available.\n"
+"YaST2 cannot enable Kerberos\n"
+"without installing the package."
+msgstr ""
+"パッケージ「%1」が使用できません。\n"
+"パッケージをインストールせずに、YaST2がKerberosを\n"
+"有効化することはできません。"

#. caption
#: src/include/auth-server/dialogs.rb:595
@@ -493,8 +533,12 @@
msgstr "プロバイダサーバ上の「cn=config」データベースとの接続を開けませんでした。\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1280
-msgid "Verify that the provider server allows remote connections to the
\n\"cn=config\" database and that you entered the correct password.\n"
-msgstr
"プロバイダサーバで「cn=config」データベースへのリモート接続が許可されている\nかどうかと、正しいパスワードを入力しているかどうかを確認してください。\n"
+msgid ""
+"Verify that the provider server allows remote connections to the \n"
+"\"cn=config\" database and that you entered the correct password.\n"
+msgstr ""
+"プロバイダサーバで「cn=config」データベースへのリモート接続が許可されている\n"
+"かどうかと、正しいパスワードを入力しているかどうかを確認してください。\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1287
msgid "The following error messages were returned:"
@@ -519,8 +563,12 @@

#. this test needs only be done in a non-MirrorMode setup
#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1380
-msgid "The replication configuration on the master server indicates that\nit
is already acting as a replication consumer.\n"
-msgstr "マスタサーバ上のレプリケーション設定は、\nすでにそのサーバがレプリケーションコンシューマとして動作していることを示しています。\n"
+msgid ""
+"The replication configuration on the master server indicates that\n"
+"it is already acting as a replication consumer.\n"
+msgstr ""
+"マスタサーバ上のレプリケーション設定は、\n"
+"すでにそのサーバがレプリケーションコンシューマとして動作していることを示しています。\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1383
msgid "Setting up cascaded replication of the cn=config is currently not
supported."
@@ -547,12 +595,22 @@
msgstr "レプリケーションマスタセットアップ"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1522
-msgid "To act as a master server for replication, the configuration database
needs\nto be remotely accessible. Set a password for the configuration
database.\n"
-msgstr
"レプリケーション用のマスタサーバとして動作させる場合は、設定データベースを\nリモートからアクセスできるようにする必要があります。設定データベースのパスワードを設定してください\n"
+msgid ""
+"To act as a master server for replication, the configuration database needs\n"
+"to be remotely accessible. Set a password for the configuration database.\n"
+msgstr ""
+"レプリケーション用のマスタサーバとして動作させる場合は、設定データベースを\n"
+"リモートからアクセスできるようにする必要があります。設定データベースのパスワードを設定してください\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1525
-msgid "\n(Remote access to the Configuration database will be restricted to
encrypted\nLDAP Connections.)\n"
-msgstr "\n(設定データベースに対するリモートアクセスは、暗号化されたLDAP接続に\n制限されます)。\n"
+msgid ""
+"\n"
+"(Remote access to the Configuration database will be restricted to
encrypted\n"
+"LDAP Connections.)\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"(設定データベースに対するリモートアクセスは、暗号化されたLDAP接続に\n"
+"制限されます)。\n"

#: src/include/auth-server/dialogs.rb:1532
msgid "Enter new &Password"
@@ -579,8 +637,14 @@
msgstr "<h4>LDAP サーバの起動</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:21
-msgid "<p>Select <b>Yes</b> if the LDAP server should be started automatically
as \npart of the boot process. Select <b>No</b> if the LDAP server should not
be started. Note:\nAfter selecting <b>No</b>, you cannot change the OpenLDAP
configuration.</p>\n"
-msgstr
"<p>LDAPサーバをシステムの起動時に自動的に起動する場合は[<b>はい</b>]を選択します。\nLDAPサーバを起動しない場合は[<b>いいえ</b>]を選択します。注:\n[<b>いいえ</b>]を選択すると、OpenLDAPの設定を変更できなくなります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Yes</b> if the LDAP server should be started automatically as \n"
+"part of the boot process. Select <b>No</b> if the LDAP server should not be
started. Note:\n"
+"After selecting <b>No</b>, you cannot change the OpenLDAP
configuration.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>LDAPサーバをシステムの起動時に自動的に起動する場合は[<b>はい</b>]を選択します。\n"
+"LDAPサーバを起動しない場合は[<b>いいえ</b>]を選択します。注:\n"
+"[<b>いいえ</b>]を選択すると、OpenLDAPの設定を変更できなくなります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:26
msgid "<h4>Protocol Listeners</h4>"
@@ -591,24 +655,42 @@
msgstr "<p>ここでは、OpenLDAPで対応しているさまざまなプロトコルリスナー(プロトコルの受け入れ)の有効/無効を切り替えます。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:30
-msgid "<p><b>LDAP</b> is the standard LDAP interface on Port 389. TLS/SSL
secured communication\nis possible with the StartTLS operation when you have a
server certificate configured.</p>"
-msgstr
"<p><b>LDAP</b>はポート389上の標準LDAPインタフェースです。TLS/SSLで保護された通信は\nサーバ証明書を設置すればStartTLS操作で可能になります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>LDAP</b> is the standard LDAP interface on Port 389. TLS/SSL secured
communication\n"
+"is possible with the StartTLS operation when you have a server certificate
configured.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>LDAP</b>はポート389上の標準LDAPインタフェースです。TLS/SSLで保護された通信は\n"
+"サーバ証明書を設置すればStartTLS操作で可能になります。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:33
-msgid "<p><b>LDAPS</b> enables the \"LDAP over SSL (ldaps)\" interface for SSL
protected\nconnections on port 636. This only works if you have a server
certificate configured (see \"Global Settings\"/\"TLS Settings\").\n"
-msgstr "<p>[<b>LDAPS</b>]は「LDAP over SSL
(ldaps)」インタフェースの意味で、ポート番号636を利用して\nSSL暗号化による保護接続を行うことができます。この機能を正しく動作させるには、サーバ証明書の設定が必要です([グローバル設定]/[TLS設定]を参照してください)。\n"
+msgid ""
+"<p><b>LDAPS</b> enables the \"LDAP over SSL (ldaps)\" interface for SSL
protected\n"
+"connections on port 636. This only works if you have a server certificate
configured (see \"Global Settings\"/\"TLS Settings\").\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>LDAPS</b>]は「LDAP over SSL (ldaps)」インタフェースの意味で、ポート番号636を利用して\n"
+"SSL暗号化による保護接続を行うことができます。この機能を正しく動作させるには、サーバ証明書の設定が必要です([グローバル設定]/[TLS設定]を参照してください)。\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:36
-msgid "<p><b>LDAPI</b> enables the \"LDAP over IPC\" interface for accessing
the\nLDAP server via a Unix Domain Socket. Do not disable the LDAPI interface
\nas YaST uses it to communicate with the server.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>LDAPI</b>]は「LDAP over
IPC」インタフェースの意味で、\nUnixドメインソケットを通じてLDAPサーバにアクセスすることができます。YaSTはこのインタフェースを\n介してサーバと通信するため、無効にしないでください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>LDAPI</b> enables the \"LDAP over IPC\" interface for accessing the\n"
+"LDAP server via a Unix Domain Socket. Do not disable the LDAPI interface \n"
+"as YaST uses it to communicate with the server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>LDAPI</b>]は「LDAP over IPC」インタフェースの意味で、\n"
+"Unixドメインソケットを通じてLDAPサーバにアクセスすることができます。YaSTはこのインタフェースを\n"
+"介してサーバと通信するため、無効にしないでください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:41
msgid "<h4>Firewall Settings</h4>"
msgstr "<h4>ファイアウォール設定</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:42
-msgid "<p>Select whether SuSEFirewall should allow access on the
LDAP-related\nnetwork ports or not.</p>\n"
-msgstr "<p>ここでは、SuSEFirewallでLDAP関連のネットワークポートへの\nアクセスを許可するかどうかを選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Select whether SuSEFirewall should allow access on the LDAP-related\n"
+"network ports or not.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ここでは、SuSEFirewallでLDAP関連のネットワークポートへの\n"
+"アクセスを許可するかどうかを選択します。</p>\n"

#. First part of the Add Database Widget
#: src/include/auth-server/helps.rb:46
@@ -616,36 +698,108 @@
msgstr "<h3>基本的なデータベース設定</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:49
-msgid "<p>Choose the <b>Database</b> from <b>hdb</b> <b>bdb</b> and
<b>mdb</b>. <b>Hdb</b> is a\nvariant of the <b>bdb</b> backend that uses a
hierarchical database layout and\nsupports subtree renames. Otherwise it is
identical to <b>bdb</b>. A\n<b>hdb</b>-Database needs a larger
<b>idlcachesize</b> than a\n<b>bdb</b>-Database for a good search
performance.\n<b>mdb</b>-Database uses OpenLDAP's Lightning Memory-Mapped DB
(LMDB) library to store data.\nIt similar to the <b>hdb</b> backend but it is
both more space-efficient and more execution-efficient.</p>\n"
-msgstr
"<p>[</b>データベース<b>]を[<b>hdb</b>]、[<b>bdb</b>]、および[<b>mdb</b>]から選択します。\n[<b>hdb</b>]は[<b>bdb</b>]バックエンドの派生系で、階層構造のデータベースレイアウトを使用し、\nサブツリーの名前変更をサポートしています。それ以外は[<b>bdb</b>]と同じです。\n[<b>hdb</b>]データベースは良好な検索パフォーマンスを得るために\n[<b>bdb</b>]データベースよりも大きな[<b>idlcachesize</b>]を必要とします。\n[<b>mdb</b>]データベースはOpenLDAPのLightning
Memory-Mapped DB
(LMDB)ライブラリを使用してデータを保存します。\nこれは[<b>hdb</b>]バックエンドに似ていますが、容量と実行の両方においてより効率的です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Choose the <b>Database</b> from <b>hdb</b> <b>bdb</b> and <b>mdb</b>.
<b>Hdb</b> is a\n"
+"variant of the <b>bdb</b> backend that uses a hierarchical database layout
and\n"
+"supports subtree renames. Otherwise it is identical to <b>bdb</b>. A\n"
+"<b>hdb</b>-Database needs a larger <b>idlcachesize</b> than a\n"
+"<b>bdb</b>-Database for a good search performance.\n"
+"<b>mdb</b>-Database uses OpenLDAP's Lightning Memory-Mapped DB (LMDB) library
to store data.\n"
+"It similar to the <b>hdb</b> backend but it is both more space-efficient and
more execution-efficient.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[</b>データベース<b>]を[<b>hdb</b>]、[<b>bdb</b>]、および[<b>mdb</b>]から選択します。\n"
+"[<b>hdb</b>]は[<b>bdb</b>]バックエンドの派生系で、階層構造のデータベースレイアウトを使用し、\n"
+"サブツリーの名前変更をサポートしています。それ以外は[<b>bdb</b>]と同じです。\n"
+"[<b>hdb</b>]データベースは良好な検索パフォーマンスを得るために\n"
+"[<b>bdb</b>]データベースよりも大きな[<b>idlcachesize</b>]を必要とします。\n"
+"[<b>mdb</b>]データベースはOpenLDAPのLightning Memory-Mapped DB
(LMDB)ライブラリを使用してデータを保存します。\n"
+"これは[<b>hdb</b>]バックエンドに似ていますが、容量と実行の両方においてより効率的です。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:58
-msgid "<p>The <b>Base DN</b> option specifies the name of the root entry \nof
the database being created.</p>"
-msgstr "<p><b>ベース DN</b> オプションは、データベースを作成する際のルート項目の\n名前を指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p>The <b>Base DN</b> option specifies the name of the root entry \n"
+"of the database being created.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ベース DN</b> オプションは、データベースを作成する際のルート項目の\n"
+"名前を指定します。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:61
-msgid "<p>The <b>Administrator DN</b> along with a <b>LDAP Administrator
Password</b> \nspecifies a superuser identity for the database, surpassing all
ACLs and other \nadministrative limit restrictions. Checking <b>Append Base
DN</b> appends the \n<b>Base DN</b> entered above, for example, a base DN of
<tt>dc=example,dc=com</tt>\nand Administrator DN of <tt>c=Admin</tt> would
combine to an effective Administrator DN\nof
<tt>c=Admin,dc=example,dc=com</tt>.</p> "
-msgstr
"<p><b>管理者DN</b>は<b>LDAP管理者パスワード</b>と共に、データベースに対して\nスーパーユーザとしての識別情報を指定し、すべてのACLとその他の管理的な限定規制に優先するものです。\n[<b>ベースDNを追加</b>]を選択して上記で入力した<b>ベースDN</b>を追加します。\n例えば、<tt>dc=example,dc=com</tt>のベースDNと<tt>c=Admin</tt>の管理者DNを組み合わせて、\n<tt>c=Admin,dc=example,dc=com</tt>の効果的な管理者DNにすることができます。\n</p>
"
+msgid ""
+"<p>The <b>Administrator DN</b> along with a <b>LDAP Administrator
Password</b> \n"
+"specifies a superuser identity for the database, surpassing all ACLs and
other \n"
+"administrative limit restrictions. Checking <b>Append Base DN</b> appends the
\n"
+"<b>Base DN</b> entered above, for example, a base DN of
<tt>dc=example,dc=com</tt>\n"
+"and Administrator DN of <tt>c=Admin</tt> would combine to an effective
Administrator DN\n"
+"of <tt>c=Admin,dc=example,dc=com</tt>.</p> "
+msgstr ""
+"<p><b>管理者DN</b>は<b>LDAP管理者パスワード</b>と共に、データベースに対して\n"
+"スーパーユーザとしての識別情報を指定し、すべてのACLとその他の管理的な限定規制に優先するものです。\n"
+"[<b>ベースDNを追加</b>]を選択して上記で入力した<b>ベースDN</b>を追加します。\n"
+"例えば、<tt>dc=example,dc=com</tt>のベースDNと<tt>c=Admin</tt>の管理者DNを組み合わせて、\n"
+"<tt>c=Admin,dc=example,dc=com</tt>の効果的な管理者DNにすることができます。\n"
+"</p> "

#: src/include/auth-server/helps.rb:69
-msgid "<p>If this wizard was started during installation, the \n<b>LDAP
Administrator Password</b> is initially set to the system's root
password\nentered earlier in the installation process.</p> "
-msgstr "<p>このウィザードがインストール中に開始した場合、
\n<b>LDAP管理者パスワード</b>は最初、インストールプロセスの初めの方に入力したシステムのルートパスワードに\n設定されます。</p> "
+msgid ""
+"<p>If this wizard was started during installation, the \n"
+"<b>LDAP Administrator Password</b> is initially set to the system's root
password\n"
+"entered earlier in the installation process.</p> "
+msgstr ""
+"<p>このウィザードがインストール中に開始した場合、 \n"
+"<b>LDAP管理者パスワード</b>は最初、インストールプロセスの初めの方に入力したシステムのルートパスワードに\n"
+"設定されます。</p> "

#: src/include/auth-server/helps.rb:74
-msgid "<p>To use this database as default for the OpenLDAP client tools
\n(e.g. ldapsearch), check <b>Use this database as the default for
OpenLDAP\nclients</b>. This will result in the hostname \"localhost\" and the
above \nentered <b>Base DN</b> being written to the OpenLDAP client
configuration \nfile <tt>/etc/openldap/ldap.conf</tt>. This checkbox is
selected by default\nwhen creating the first database on a server.</p>\n"
-msgstr
"<p>このデータベースをOpenLDAPクライアントツール(たとえばldapsearch)向けの\nデフォルトのデータベースとして使用するには、[<b>このデータベースをOpenLDAP向けの\n既定のものとして使用する</b>]を選択します。\nこれにより、ホスト名「localhost」および上で入力した[<b>ベースDN</b>]が\nOpenLDAPクライアントの環境設定ファイル<tt>/etc/openldap/ldap.conf</tt>に書き込まれます。\nこのチェックボックスは、サーバで最初のデータベースを作成する場合はデフォルトでオンになっています。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To use this database as default for the OpenLDAP client tools \n"
+"(e.g. ldapsearch), check <b>Use this database as the default for OpenLDAP\n"
+"clients</b>. This will result in the hostname \"localhost\" and the above \n"
+"entered <b>Base DN</b> being written to the OpenLDAP client configuration \n"
+"file <tt>/etc/openldap/ldap.conf</tt>. This checkbox is selected by default\n"
+"when creating the first database on a server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このデータベースをOpenLDAPクライアントツール(たとえばldapsearch)向けの\n"
+"デフォルトのデータベースとして使用するには、[<b>このデータベースをOpenLDAP向けの\n"
+"既定のものとして使用する</b>]を選択します。\n"
+"これにより、ホスト名「localhost」および上で入力した[<b>ベースDN</b>]が\n"
+"OpenLDAPクライアントの環境設定ファイル<tt>/etc/openldap/ldap.conf</tt>に書き込まれます。\n"
+"このチェックボックスは、サーバで最初のデータベースを作成する場合はデフォルトでオンになっています。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:82
-msgid "YaST currently does not support this database. You can not \nchange any
configuration settings here.\n"
-msgstr "現在、YaSTはこのデータベースをサポートしていません。\nそのため、ここでは設定内容を変更できません。\n"
+msgid ""
+"YaST currently does not support this database. You can not \n"
+"change any configuration settings here.\n"
+msgstr ""
+"現在、YaSTはこのデータベースをサポートしていません。\n"
+"そのため、ここでは設定内容を変更できません。\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:85
-msgid "<p>To enable or disable plaintext authentication (LDAP Simple
Bind)\nfor the configuration database, click the associated checkbox. Plaintext
\nauthentication to the configuration database will only be allowed when
\nusing sufficiently protected (e.g. SSL/TLS encrypted) connections.</p>\n"
-msgstr
"<p>設定データベースに対してプレーンテキスト認証(LDAPシンプルバインド)\nを有効または無効にするには、それぞれ関連するチェックボックスをオンにします。\n設定データベースに対するプレーンテキスト認証は、十分な保護のある(たとえば\nSSL/TLS暗号化などの)接続でのみ許可されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To enable or disable plaintext authentication (LDAP Simple Bind)\n"
+"for the configuration database, click the associated checkbox. Plaintext \n"
+"authentication to the configuration database will only be allowed when \n"
+"using sufficiently protected (e.g. SSL/TLS encrypted) connections.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>設定データベースに対してプレーンテキスト認証(LDAPシンプルバインド)\n"
+"を有効または無効にするには、それぞれ関連するチェックボックスをオンにします。\n"
+"設定データベースに対するプレーンテキスト認証は、十分な保護のある(たとえば\n"
+"SSL/TLS暗号化などの)接続でのみ許可されます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:91
-msgid "<p>To change the administration password for the configuration
database, \nclick <b>Change Password</b>. \nA Popup will prompt you to enter
the new password and select the \n<b>Password Encryption</b>. \nThe password
fields are initially empty even if a password has already been \nset in the
configuration.</p>\n"
-msgstr
"<p>設定データベースに対する管理パスワードを変更するには、\n[<b>パスワードの変更</b>]をクリックしてください。\nポップアップウィンドウが表示され、新しいパスワードを入力し、\n[<b>パスワード暗号化</b>]を選択することができます。\nパスワードフィールドは、すでにパスワードが設定済みである場合でも空白で表示\nされます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To change the administration password for the configuration database, \n"
+"click <b>Change Password</b>. \n"
+"A Popup will prompt you to enter the new password and select the \n"
+"<b>Password Encryption</b>. \n"
+"The password fields are initially empty even if a password has already been
\n"
+"set in the configuration.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>設定データベースに対する管理パスワードを変更するには、\n"
+"[<b>パスワードの変更</b>]をクリックしてください。\n"
+"ポップアップウィンドウが表示され、新しいパスワードを入力し、\n"
+"[<b>パスワード暗号化</b>]を選択することができます。\n"
+"パスワードフィールドは、すでにパスワードが設定済みである場合でも空白で表示\n"
+"されます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:99
msgid "<h3>Edit BDB Database</h3>"
@@ -656,40 +810,94 @@
msgstr "<p>ここではBDBおよびHDBデータベースに関する基本設定を変更することができます。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:101
-msgid "<p>Enter the complete DN or only the first part and append the base DN
automatically\nwith <b>Append Base DN</b>.</p>"
-msgstr "<p>完全な DN を入力するか、先頭部分のみを入力してから <b>ベースDNを追加</b> を押して\nベース DN
を追加してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>Enter the complete DN or only the first part and append the base DN
automatically\n"
+"with <b>Append Base DN</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>完全な DN を入力するか、先頭部分のみを入力してから <b>ベースDNを追加</b> を押して\n"
+"ベース DN を追加してください。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:104
-msgid "<p>To change the password for the administrator account, click
<b>Change Password</b>.\nA Popup will prompt you to enter the new password and
select the <b>Password Encryption</b>.\nThe password fields are initially empty
even if a password has already been set in the configuration.</p>\n"
-msgstr
"<p>管理者アカウントのパスワードを変更するには、[<b>パスワードの変更</b>]をクリックしてください。\nポップアップウィンドウが表示され、新しいパスワードを入力し、[<b>パスワードの暗号化</b>]を選択することができます。\nパスワードフィールドは、パスワードがすでに設定済みである場合でも空白で表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To change the password for the administrator account, click <b>Change
Password</b>.\n"
+"A Popup will prompt you to enter the new password and select the <b>Password
Encryption</b>.\n"
+"The password fields are initially empty even if a password has already been
set in the configuration.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>管理者アカウントのパスワードを変更するには、[<b>パスワードの変更</b>]をクリックしてください。\n"
+"ポップアップウィンドウが表示され、新しいパスワードを入力し、[<b>パスワードの暗号化</b>]を選択することができます。\n"
+"パスワードフィールドは、パスワードがすでに設定済みである場合でも空白で表示されます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:109
-msgid "<p>With the <b>Entry Cache</b> and <b>Index Cache (IDL cache)</b> you
can adjust\nthe sizes of OpenLDAP's internal caches. The <b>Entry Cache</b>
defines the number of entries\nthat are kept in OpenLDAP's in-memory entry
cache. If it is possible (enough RAM) this number\nshould be large enough to
keep the whole database in memory. The <b>Index Cache (IDL cache)</b> \nis used
to speed up searches on indexed attributes. In general especially HDB-Databases
require a\nlarge IDL cache for good search performance (three times the size of
the entry cache as a rule of\nthumbs).</p>"
-msgstr "<p><b>項目キャッシュ</b>と<b>インデックスキャッシュ(IDLキャッシュ)</b>で、\n
OpenLDAP内部のキャッシュサイズを調整することができます。<b>項目キャッシュ</b>では\n
OpenLDAP内部のメモリキャッシュにどれだけの項目数を記憶しておくかを指定します。搭載メモリ量が十分にある環境では、\nメモリ内にデータベース全体を保存できるほどの値に設定しておくと良いでしょう。<b>インデックスキャッシュ(IDL

キャッシュ)</b>\nは索引の付けられた属性の検索を高速化させるために使用します。一般的に、HDBデータベースには\n検索の性能を上げるために大きなIDLキャッシュを必要とします(おおよそ項目キャッシュの3倍程度)\n。</p>"
+msgid ""
+"<p>With the <b>Entry Cache</b> and <b>Index Cache (IDL cache)</b> you can
adjust\n"
+"the sizes of OpenLDAP's internal caches. The <b>Entry Cache</b> defines the
number of entries\n"
+"that are kept in OpenLDAP's in-memory entry cache. If it is possible (enough
RAM) this number\n"
+"should be large enough to keep the whole database in memory. The <b>Index
Cache (IDL cache)</b> \n"
+"is used to speed up searches on indexed attributes. In general especially
HDB-Databases require a\n"
+"large IDL cache for good search performance (three times the size of the
entry cache as a rule of\n"
+"thumbs).</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>項目キャッシュ</b>と<b>インデックスキャッシュ(IDLキャッシュ)</b>で、\n"
+" OpenLDAP内部のキャッシュサイズを調整することができます。<b>項目キャッシュ</b>では\n"
+" OpenLDAP内部のメモリキャッシュにどれだけの項目数を記憶しておくかを指定します。搭載メモリ量が十分にある環境では、\n"
+"メモリ内にデータベース全体を保存できるほどの値に設定しておくと良いでしょう。<b>インデックスキャッシュ(IDL キャッシュ)</b>\n"
+"は索引の付けられた属性の検索を高速化させるために使用します。一般的に、HDBデータベースには\n"
+"検索の性能を上げるために大きなIDLキャッシュを必要とします(おおよそ項目キャッシュの3倍程度)\n"
+"。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:118
msgid "<h3>Password Policy Settings</h3>"
msgstr "<h3>パスワードポリシーの設定</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:119
-msgid "<p>To make use of password policies for this database, enable
\n<b>Enable Password Policies</b>.</p>"
-msgstr "<b>このデータベースのパスワードポリシーを使用するには、\n<b>パスワードポリシーを有効にする</b>を有効にしてください。</p>"
+msgid ""
+"<p>To make use of password policies for this database, enable \n"
+"<b>Enable Password Policies</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<b>このデータベースのパスワードポリシーを使用するには、\n"
+"<b>パスワードポリシーを有効にする</b>を有効にしてください。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:122
-msgid "<p>Check <b>Hash Clear Text Passwords</b> to specify that the OpenLDAP
server\nshould encrypt clear text passwords present in add and modify requests
before storing them\nin the database. Note that this violates the X.500/LDAP
information model, but may be\nneeded to compensate for LDAP clients that do
not use the password modify extended operation \nto manage passwords.</p> "
-msgstr "<p>データベースに格納するよりも前の段階で OpenLDAP
サーバ\nがリクエスト内の平文パスワードを暗号化する必要がある場合は、\n<b>平文パスワードをハッシュする</b> を選んでください。この設定は
X.500/LDAP 情報モデルに違反しますが、\nパスワードを管理するためにパスワード変更拡張操作を利用しない LDAP
クライアント用に\n必要となる場合があります。</p> "
+msgid ""
+"<p>Check <b>Hash Clear Text Passwords</b> to specify that the OpenLDAP
server\n"
+"should encrypt clear text passwords present in add and modify requests before
storing them\n"
+"in the database. Note that this violates the X.500/LDAP information model,
but may be\n"
+"needed to compensate for LDAP clients that do not use the password modify
extended operation \n"
+"to manage passwords.</p> "
+msgstr ""
+"<p>データベースに格納するよりも前の段階で OpenLDAP サーバ\n"
+"がリクエスト内の平文パスワードを暗号化する必要がある場合は、\n"
+"<b>平文パスワードをハッシュする</b> を選んでください。この設定は X.500/LDAP 情報モデルに違反しますが、\n"
+"パスワードを管理するためにパスワード変更拡張操作を利用しない LDAP クライアント用に\n"
+"必要となる場合があります。</p> "

#: src/include/auth-server/helps.rb:129
-msgid "<p>If <b>Disclose \"Account Locked\" Status</b> is enabled, users
trying to\nauthenticate to a locked account are notified that their account
is\nlocked. This notification might provide useful information to an\nattacker.
Sites sensitive to security issues should not enable this\noption.</p> \n"
-msgstr
"<p>[<b>アカウントロック状態を知らせる</b>]を有効にしていると、ロックされたアカウントで\n認証しようとしているユーザに、アカウントがロックされていることが通知されます。\nこの通知は、悪意のある攻撃者にとっては有用な情報になる可能性があります。\n厳格なセキュリティが求められるサイトでは、このオプションを有効にしないで\nください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If <b>Disclose \"Account Locked\" Status</b> is enabled, users trying to\n"
+"authenticate to a locked account are notified that their account is\n"
+"locked. This notification might provide useful information to an\n"
+"attacker. Sites sensitive to security issues should not enable this\n"
+"option.</p> \n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>アカウントロック状態を知らせる</b>]を有効にしていると、ロックされたアカウントで\n"
+"認証しようとしているユーザに、アカウントがロックされていることが通知されます。\n"
+"この通知は、悪意のある攻撃者にとっては有用な情報になる可能性があります。\n"
+"厳格なセキュリティが求められるサイトでは、このオプションを有効にしないで\n"
+"ください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:136
msgid "<p>Enter the name of the default policy object in <b>Default Policy
Object DN</b>.</p>"
msgstr "<p>[デフォルトのポリシーオブジェクトDN]には、デフォルトのポリシーオブジェクト名を入力します。<b></b></p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:139
-msgid "<p>Create or change the default policy by clicking <b>Edit Policy</b>.
You may\nbe asked to enter the LDAP administrator password afterwards to allow
the\nPolicy Object being read from the server.</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>ポリシーの編集</b>]をクリックして、デフォルトのポリシーを作成または変更します。\nポリシーオブジェクトをサーバから読み込めるようにするため、\n後でLDAP管理者パスワードを尋ねられることがあります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Create or change the default policy by clicking <b>Edit Policy</b>. You
may\n"
+"be asked to enter the LDAP administrator password afterwards to allow the\n"
+"Policy Object being read from the server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>ポリシーの編集</b>]をクリックして、デフォルトのポリシーを作成または変更します。\n"
+"ポリシーオブジェクトをサーバから読み込めるようにするため、\n"
+"後でLDAP管理者パスワードを尋ねられることがあります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:144
msgid "<h3>Index Configuration</h3>"
@@ -704,55 +912,117 @@
msgstr "<p>この表には、現在インデックスが定義されている属性のリストが表示されています。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:149
-msgid "<p>Indexes are used by OpenLDAP to improve search performance on
specific\ntypes of searches. Indexes should be configured corresponding to the
most\ncommon searches on a database. YaST allows you to setup three different
types\nof indexes.</p>\n"
-msgstr
"<p>インデックスは、OpenLDAPによって、特定のタイプの検索における検索性能を\n向上させるために使用されます。インデックスはデータベース内で検索頻度の高い項目に対して\n設定することをお勧めします。YaSTでは3つの異なるタイプのインデックスを設定\nできます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Indexes are used by OpenLDAP to improve search performance on specific\n"
+"types of searches. Indexes should be configured corresponding to the most\n"
+"common searches on a database. YaST allows you to setup three different
types\n"
+"of indexes.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>インデックスは、OpenLDAPによって、特定のタイプの検索における検索性能を\n"
+"向上させるために使用されます。インデックスはデータベース内で検索頻度の高い項目に対して\n"
+"設定することをお勧めします。YaSTでは3つの異なるタイプのインデックスを設定\n"
+"できます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:155
-msgid "<p><b>Presence</b>: This index is used for searches with presence
filters\n(i.e. <tt>(attributeType=*)</tt>). Presence indexes should only be
configured\nfor attributes that occur rarely in the database.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>状態</b>]:
このインデックスは、存在するかどうか(たとえば<tt>(attributeType=*)</tt>)\nを検索する際に使用します。状態インデックスは、データベース内で\nほとんど使用されない属性に対してのみ設定してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Presence</b>: This index is used for searches with presence filters\n"
+"(i.e. <tt>(attributeType=*)</tt>). Presence indexes should only be
configured\n"
+"for attributes that occur rarely in the database.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>状態</b>]: このインデックスは、存在するかどうか(たとえば<tt>(attributeType=*)</tt>)\n"
+"を検索する際に使用します。状態インデックスは、データベース内で\n"
+"ほとんど使用されない属性に対してのみ設定してください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:160
-msgid "<p><b>Equality</b>: This index is used for searches with equality
filters \n(i.e.(<tt>(attributeType=&lt;exact values&gt;)</tt>). An
<b>Equality</b> index\nshould always be configured with the
<tt>objectclass</tt> attribute.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>均等</b>]:
このインデックスはイコールで結ばれる種類の検索(たとえば(<tt>(attributeType=&lt;特定の値&gt;)</tt>)を行う際に使用します。\n[<b>均等</b>]インデックスは<tt>objectclass</tt>の属性に対しては\n必ず設定する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Equality</b>: This index is used for searches with equality filters \n"
+"(i.e.(<tt>(attributeType=&lt;exact values&gt;)</tt>). An <b>Equality</b>
index\n"
+"should always be configured with the <tt>objectclass</tt> attribute.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>均等</b>]:
このインデックスはイコールで結ばれる種類の検索(たとえば(<tt>(attributeType=&lt;特定の値&gt;)</tt>)を行う際に使用します。\n"
+"[<b>均等</b>]インデックスは<tt>objectclass</tt>の属性に対しては\n"
+"必ず設定する必要があります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:165
-msgid "<p><b>Substring</b>: This index is used for searches with substring
filters\n(i.e. <tt>(attributeType=&lt;substring&gt;*)</tt>)</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>部分文字列</b>]:
このインデックスは部分文字列の検索\n(たとえば<tt>(attributeType=&lt;文字列の一部&gt;*)</tt>)を行う際に使用します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Substring</b>: This index is used for searches with substring filters\n"
+"(i.e. <tt>(attributeType=&lt;substring&gt;*)</tt>)</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>部分文字列</b>]: このインデックスは部分文字列の検索\n"
+"(たとえば<tt>(attributeType=&lt;文字列の一部&gt;*)</tt>)を行う際に使用します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:168
-msgid "<p>Use <b>Add</b> to define indexing options for a new
attribute,\n<b>Delete</b> to delete an existing index and <b>Edit</b> to change
the\nindexing options of an already indexed attribute.</p>\n"
-msgstr
"<p>新しい属性に対してインデックスを設定するには、[<b>追加</b>]ボタンを使用します。\n既存のインデックスを削除するには[<b>削除</b>]を、すでにインデックスを設定済みの属性の\nインデックス生成オプションを変更するには[<b>編集</b>]をそれぞれ使用します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Use <b>Add</b> to define indexing options for a new attribute,\n"
+"<b>Delete</b> to delete an existing index and <b>Edit</b> to change the\n"
+"indexing options of an already indexed attribute.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しい属性に対してインデックスを設定するには、[<b>追加</b>]ボタンを使用します。\n"
+"既存のインデックスを削除するには[<b>削除</b>]を、すでにインデックスを設定済みの属性の\n"
+"インデックス生成オプションを変更するには[<b>編集</b>]をそれぞれ使用します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:173
-msgid "<p>Note: Depending on the database size it can take a while until newly
added\nindexes will get active on a database. After the configuration has
been\nwritten to the server, a background task will start to generate the
indexing\ninformation for the database.</p>\n"
-msgstr "<p>注:
データベースのサイズによっては、新しくインデックスを追加すると、それがアクティブになるまでに\nしばらくの時間がかかります。設定をサーバに書き込むと、\nバックグラウンドタスクがデータベースのインデックス情報の生成を\n開始します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Note: Depending on the database size it can take a while until newly
added\n"
+"indexes will get active on a database. After the configuration has been\n"
+"written to the server, a background task will start to generate the
indexing\n"
+"information for the database.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>注: データベースのサイズによっては、新しくインデックスを追加すると、それがアクティブになるまでに\n"
+"しばらくの時間がかかります。設定をサーバに書き込むと、\n"
+"バックグラウンドタスクがデータベースのインデックス情報の生成を\n"
+"開始します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:179
msgid "<h3>Access Control Configuration</h3>"
msgstr "<h3>アクセス制御設定</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:182
-msgid "<p>This table gives you an overview of all Access Control rules that
are\ncurrently configured for the selected database</p>\n"
-msgstr "<p>この表には、現在、選択したデータベースに設定されているすべてのアクセス制御ルールの概要が\n表示されています。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This table gives you an overview of all Access Control rules that are\n"
+"currently configured for the selected database</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>この表には、現在、選択したデータベースに設定されているすべてのアクセス制御ルールの概要が\n"
+"表示されています。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:185
-msgid "<p>For each rule, you can see which target objects it matches. To see a
more\ndetailed view of a rule or to change one, select the rule in the table
and\nclick <b>Edit</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>それぞれのルールについて、ルールに一致するターゲットオブジェクトが表示されます。\nより詳細なルール画面を表示したり、ルールを変更したりするには、\n表内のルールを選択して[<b>編集</b>]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>For each rule, you can see which target objects it matches. To see a
more\n"
+"detailed view of a rule or to change one, select the rule in the table and\n"
+"click <b>Edit</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>それぞれのルールについて、ルールに一致するターゲットオブジェクトが表示されます。\n"
+"より詳細なルール画面を表示したり、ルールを変更したりするには、\n"
+"表内のルールを選択して[<b>編集</b>]をクリックしてください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:190
-msgid "<p>Use <b>Add</b> to create new access control rules and <b>Delete</b>
to\ndelete an access control rule.</p>\n"
-msgstr
"<p>新しいアクセス制御ルールを追加するには[<b>追加</b>]ボタンを、アクセス制御ルールを削除するには\n[<b>削除</b>]を使用してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Use <b>Add</b> to create new access control rules and <b>Delete</b> to\n"
+"delete an access control rule.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいアクセス制御ルールを追加するには[<b>追加</b>]ボタンを、アクセス制御ルールを削除するには\n"
+"[<b>削除</b>]を使用してください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:193
-msgid "<p>OpenLDAP's access control evaluation stops at the first rule whose
target\ndefinition (DN, filter and attributes) matches the entry
being\naccessed. Therefore you should order the rules according to your needs,
using\nthe <b>Up</b> and <b>Down</b> buttons.</p>\n"
-msgstr
"<p>OpenLDAPのアクセス制御の評価は、アクセスしているエントリに一致する\nターゲット定義(DN、フィルタ、および属性)が設定された最初のルールで停止します。そのため、意図している動作に合わせるには\nルールの順序を変更する必要があります。これは、それぞれ[<b>上へ</b>]と[<b>下へ</b>]\nボタンで行うことができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>OpenLDAP's access control evaluation stops at the first rule whose
target\n"
+"definition (DN, filter and attributes) matches the entry being\n"
+"accessed. Therefore you should order the rules according to your needs,
using\n"
+"the <b>Up</b> and <b>Down</b> buttons.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>OpenLDAPのアクセス制御の評価は、アクセスしているエントリに一致する\n"
+"ターゲット定義(DN、フィルタ、および属性)が設定された最初のルールで停止します。そのため、意図している動作に合わせるには\n"
+"ルールの順序を変更する必要があります。これは、それぞれ[<b>上へ</b>]と[<b>下へ</b>]\n"
+"ボタンで行うことができます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:199
msgid "<h3>Replication Provider Settings</h3>"
msgstr "<h3>レプリケーションプロバイダ設定</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:202
-msgid "<p>Select the \"<b>Enable ldapsync provider for this database</b>\"
checkbox, if you want to \nbe able to replicate the currently selected database
to another server.</p>"
+msgid ""
+"<p>Select the \"<b>Enable ldapsync provider for this database</b>\" checkbox,
if you want to \n"
+"be able to replicate the currently selected database to another server.</p>"
msgstr
"<p>現在選択されているデータベースを別のサーバに複製するには、[このデータベースのldapsyncプロバイダを有効にする]チェックボックスをオンにします。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:205
@@ -760,32 +1030,71 @@
msgstr "<h4>チェックポイント設定</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:206
-msgid "<p>Here you can specify how often the synchronization state indicator
(stored\nin the \"<i>contextCSN</i>\"-Attribute) is written to the database. It
is synced\nto the database after the number of write \"<i>Operations</i>\" you
specify or\nafter more than the specified \"<i>Minutes</i>\" have passed since
the indicator\nhas last been written. By default (both values are '0') the
state indicator is\nonly written after a clean shutdown. Writing it more often
can result in\na faster startup time after an unclean shutdown but might result
in a small\nperformance hit in environments with many LDAP write
operations.</p>\n"
-msgstr
"<p>ここでは、同期状態の情報(「<i>contextCSN</i>」属性内に保存されています)をデータベースに\n書き込む頻度を指定します。最後に情報を書き込んでから、<i></i>[操作]で指定した\n書き込み操作の回数や<i></i>[分]で指定した時間が経過すると、データベースの\n同期処理が動作します。デフォルトでは状態情報(デフォルトでは両方とも「0」)は、\n正しくシャットダウンした\n場合にのみ書き込まれます。間隔を短く設定して書き込みを行うと、不正な\nシャットダウンが発生してもすぐに回復できますが、多くのLDAP書き込み操作が発生する環境の場合、\nパフォーマンスが低下することがあります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Here you can specify how often the synchronization state indicator
(stored\n"
+"in the \"<i>contextCSN</i>\"-Attribute) is written to the database. It is
synced\n"
+"to the database after the number of write \"<i>Operations</i>\" you specify
or\n"
+"after more than the specified \"<i>Minutes</i>\" have passed since the
indicator\n"
+"has last been written. By default (both values are '0') the state indicator
is\n"
+"only written after a clean shutdown. Writing it more often can result in\n"
+"a faster startup time after an unclean shutdown but might result in a small\n"
+"performance hit in environments with many LDAP write operations.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ここでは、同期状態の情報(「<i>contextCSN</i>」属性内に保存されています)をデータベースに\n"
+"書き込む頻度を指定します。最後に情報を書き込んでから、<i></i>[操作]で指定した\n"
+"書き込み操作の回数や<i></i>[分]で指定した時間が経過すると、データベースの\n"
+"同期処理が動作します。デフォルトでは状態情報(デフォルトでは両方とも「0」)は、\n"
+"正しくシャットダウンした\n"
+"場合にのみ書き込まれます。間隔を短く設定して書き込みを行うと、不正な\n"
+"シャットダウンが発生してもすぐに回復できますが、多くのLDAP書き込み操作が発生する環境の場合、\n"
+"パフォーマンスが低下することがあります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:216
msgid "<h4>Session log</h4>"
msgstr "<h4>セッションログ</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:217
-msgid "<p>Configures an in-memory session log for recording information about
write operations\nmade on the database. Specify how many write operation should
be recorded in the session log. \nConfiguring a session log is only useful for
\"<i>refreshOnly</i>\" replication. In \nsuch a case it can speed up
replication and reduce the load on the master server.</p>"
-msgstr
"<p>データベース上で行われた書き込み操作に関する情報を記録するためのメモリ内セッションログを設定します。\nセッションログ内に書き込み操作を記録する頻度を指定します。\nセッションログの設定は、「<i>refreshOnly</i>」レプリケーションに関してのみ役に立ちます。この場合、レプリケーションの処理が高速化し、マスタサーバの負荷を軽減できます。</p>"
+msgid ""
+"<p>Configures an in-memory session log for recording information about write
operations\n"
+"made on the database. Specify how many write operation should be recorded in
the session log. \n"
+"Configuring a session log is only useful for \"<i>refreshOnly</i>\"
replication. In \n"
+"such a case it can speed up replication and reduce the load on the master
server.</p>"
+msgstr ""
+"<p>データベース上で行われた書き込み操作に関する情報を記録するためのメモリ内セッションログを設定します。\n"
+"セッションログ内に書き込み操作を記録する頻度を指定します。\n"
+"セッションログの設定は、「<i>refreshOnly</i>」レプリケーションに関してのみ役に立ちます。この場合、レプリケーションの処理が高速化し、マスタサーバの負荷を軽減できます。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:223
msgid "<h3>Replication Consumer Settings</h3>"
msgstr "<h3>レプリケーションコンシューマ設定</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:226
-msgid "<p>Select \"<b>This database is a Replication Consumer</b>\" if you
want the\ndatabase to be a replica of a database on another server.</p>\n"
-msgstr
"<p>このデータベースを他のサーバに対するレプリカにする場合は、\n[<b>このデータベースをレプリケーションコンシューマにします</b>]を選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Select \"<b>This database is a Replication Consumer</b>\" if you want
the\n"
+"database to be a replica of a database on another server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このデータベースを他のサーバに対するレプリカにする場合は、\n"
+"[<b>このデータベースをレプリケーションコンシューマにします</b>]を選択してください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:229
msgid "<h4>Provider</h4>"
msgstr "<h4>プロバイダ</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:230
-msgid "Enter the connection details for the replication connection to the
master\nserver here. Select the protocol to use (<b>ldap</b> or <b>ldaps</b>)
and\nenter the fully qualified hostname of the master server. It is important
to\nuse the fully qualified hostname to verify the master server's
TLS/SSL\ncertificate. Adjust the port number if the master server is using
non-standard\nldap ports.\n"
-msgstr
"ここでは、マスタサーバに対する認証接続を行う際の詳細を入力します。それぞれ\n使用するプロトコル([<b>ldap</b>]または[<b>ldaps</b>])とマスタサーバの完全修飾\nホスト名を入力します。ここで入力する完全修飾ホスト名は、マスタサーバの\nTLS/SSL証明書を検証するために重要な設定です。また、マスタサーバが標準以外のLDAP\nポートを使用している場合は、ポート番号も調整して\nください。\n"
+msgid ""
+"Enter the connection details for the replication connection to the master\n"
+"server here. Select the protocol to use (<b>ldap</b> or <b>ldaps</b>) and\n"
+"enter the fully qualified hostname of the master server. It is important to\n"
+"use the fully qualified hostname to verify the master server's TLS/SSL\n"
+"certificate. Adjust the port number if the master server is using
non-standard\n"
+"ldap ports.\n"
+msgstr ""
+"ここでは、マスタサーバに対する認証接続を行う際の詳細を入力します。それぞれ\n"
+"使用するプロトコル([<b>ldap</b>]または[<b>ldaps</b>])とマスタサーバの完全修飾\n"
+"ホスト名を入力します。ここで入力する完全修飾ホスト名は、マスタサーバの\n"
+"TLS/SSL証明書を検証するために重要な設定です。また、マスタサーバが標準以外のLDAP\n"
+"ポートを使用している場合は、ポート番号も調整して\n"
+"ください。\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:238
msgid "<h4>Replication Type</h4>"
@@ -796,28 +1105,56 @@
msgstr "<p>OpenLDAPでは、次のようなさまざまなレプリケーションモードがサポートされます:</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:240
-msgid "<p><b>refreshOnly</b>: The slave server will periodically open a
new\nconnection, trigger a synchronization and close the connection again.
The\ninterval how often this synchronization happens can be configured via
the\n<b>Replication Interval</b> setting.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>refreshOnly</b>]:
スレーブサーバは新しい接続を定期的に開き、\n同期を行った後に再び接続を閉じます。\n同期を行う間隔は、\n[<b>レプリケーション間隔</b>]で設定します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>refreshOnly</b>: The slave server will periodically open a new\n"
+"connection, trigger a synchronization and close the connection again. The\n"
+"interval how often this synchronization happens can be configured via the\n"
+"<b>Replication Interval</b> setting.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>refreshOnly</b>]: スレーブサーバは新しい接続を定期的に開き、\n"
+"同期を行った後に再び接続を閉じます。\n"
+"同期を行う間隔は、\n"
+"[<b>レプリケーション間隔</b>]で設定します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:246
-msgid "<p><b>refreshAndPersist</b>: The slave server will open a
persistent\nconnection to the master server for synchronization. Updated
entries on the\nmaster server are immediately sent to the slave via this
connection.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>refreshAndPersist</b>]:
スレーブサーバはマスタサーバとの同期を行うにあたり、永続的な接続を作成します。\nサーバ上で更新された項目は、\nその接続を介して即時にスレーブに送信されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>refreshAndPersist</b>: The slave server will open a persistent\n"
+"connection to the master server for synchronization. Updated entries on the\n"
+"master server are immediately sent to the slave via this connection.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>refreshAndPersist</b>]: スレーブサーバはマスタサーバとの同期を行うにあたり、永続的な接続を作成します。\n"
+"サーバ上で更新された項目は、\n"
+"その接続を介して即時にスレーブに送信されます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:251
msgid "<h4>Authentication</h4>"
msgstr "<h4>認証</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:252
-msgid "<p>Specify a DN and password which the slave server should use to
authenticate against the master.\nThe specified DN needs to have read access to
all entries in the replicated database on the master.</p>\n"
-msgstr
"<p>ここでは、マスタに対して認証を行う際に利用するDNとパスワードを指定します。\n指定したDNには、マスタ上の複製されたデータベースの全エントリに対する読み込みアクセスが必要です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Specify a DN and password which the slave server should use to
authenticate against the master.\n"
+"The specified DN needs to have read access to all entries in the replicated
database on the master.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ここでは、マスタに対して認証を行う際に利用するDNとパスワードを指定します。\n"
+"指定したDNには、マスタ上の複製されたデータベースの全エントリに対する読み込みアクセスが必要です。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:255
msgid "<h4>Update Referral</h4>"
msgstr "<h4>更新参照</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:256
-msgid "<p>As the slave database is readonly, the slave server will answer
write\noperations with an LDAP referral. \nBy default, this referral points the
client to the master server. You can configure a different update referral
here.\nThis is e.g. useful in a cascaded replication setup where the provider
for the\nslave server is as slave server too. </p>\n"
-msgstr
"<p>スレーブデータベースは読み込み専用であるため、スレーブサーバは書き込み操作に対して\nLDAP参照の形で応答します。\nデフォルトでは、この参照はクライアントにマスタサーバを示します。ここでは更新参照先として他のサーバを指定できます。\nこれは、スレーブサーバのプロバイダがスレーブサーバ自身でもあるような、\nカスケード化されたレプリケーション設定の場合に便利な機能です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>As the slave database is readonly, the slave server will answer write\n"
+"operations with an LDAP referral. \n"
+"By default, this referral points the client to the master server. You can
configure a different update referral here.\n"
+"This is e.g. useful in a cascaded replication setup where the provider for
the\n"
+"slave server is as slave server too. </p>\n"
+msgstr ""
+"<p>スレーブデータベースは読み込み専用であるため、スレーブサーバは書き込み操作に対して\n"
+"LDAP参照の形で応答します。\n"
+"デフォルトでは、この参照はクライアントにマスタサーバを示します。ここでは更新参照先として他のサーバを指定できます。\n"
+"これは、スレーブサーバのプロバイダがスレーブサーバ自身でもあるような、\n"
+"カスケード化されたレプリケーション設定の場合に便利な機能です。</p>\n"

#. Read dialog help
#: src/include/auth-server/helps.rb:264
@@ -825,8 +1162,12 @@
msgstr "<p><b><big>LDAPサーバ設定を初期化しています</big></b></p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:267
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n設定ユーティリティを安全に中止するには、[中止]をクリックしてください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n"
+"設定ユーティリティを安全に中止するには、[中止]をクリックしてください。</p>"

#. Write dialog help
#: src/include/auth-server/helps.rb:271
@@ -834,8 +1175,14 @@
msgstr "<p><b><big>LDAPサーバの設定を保存しています</big></b></p> \n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:274
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>. An additional dialog\ninforms you whether it is safe to
do so.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>保存の中止:</big></b><br>\n保存を中止するには、[<b>中止</b>]をクリックしてください。\n別のダイアログに、中止しても安全かどうか表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>. An additional dialog\n"
+"informs you whether it is safe to do so.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存の中止:</big></b><br>\n"
+"保存を中止するには、[<b>中止</b>]をクリックしてください。\n"
+"別のダイアログに、中止しても安全かどうか表示されます。</p>\n"

#. Summary dialog help 1/3
#: src/include/auth-server/helps.rb:280
@@ -843,8 +1190,14 @@
msgstr "<h3>LDAP サーバの設定概要</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:283
-msgid "<p>This dialog provides a short summary about the configuration you
have\ncreated. Click <b>Finish</b> to write the configuration and leave the
LDAP\nServer module.</p>\n"
-msgstr
"<p>このダイアログには、今作成した設定についての短い概要が示されています。\n[<b>完了</b>]をクリックして設定を書き込み、LDAPサーバモジュールを終了してください。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This dialog provides a short summary about the configuration you have\n"
+"created. Click <b>Finish</b> to write the configuration and leave the LDAP\n"
+"Server module.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このダイアログには、今作成した設定についての短い概要が示されています。\n"
+"[<b>完了</b>]をクリックして設定を書き込み、LDAPサーバモジュールを終了してください。\n"
+"</p>\n"

#. Configuration Wizard Step 1
#: src/include/auth-server/helps.rb:289
@@ -856,8 +1209,12 @@
msgstr "<p>[<b>はい</b>]を選択すると、[<b>次へ</b>]をクリックして設定ウィザードを開始することができます。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:295
-msgid "<p>If the Firewall is enabled, open the required network ports\nfor
OpenLDAP by checking the corresponding checkbox.</p>\n"
-msgstr
"<p>ファイアウォールが有効になっている場合は、適切なチェックボックスをオンにすることで、\nOpenLDAPが必要とするネットワークポートを開くことができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If the Firewall is enabled, open the required network ports\n"
+"for OpenLDAP by checking the corresponding checkbox.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ファイアウォールが有効になっている場合は、適切なチェックボックスをオンにすることで、\n"
+"OpenLDAPが必要とするネットワークポートを開くことができます。</p>\n"

#. Configuration Wizard Step 2
#: src/include/auth-server/helps.rb:299
@@ -865,16 +1222,28 @@
msgstr "<p>設定するLDAPサーバの種類を選択してください。次のシナリオが利用できます。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:302
-msgid "<p><b>Stand-alone server</b>: Setup a single stand-alone OpenLDAP
server with\nno preparations for replication.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>スタンドアロンサーバ</b>]:
単一のスタンドアロンのOpenLDAPサーバを設定し、\nレプリケーションの準備は行いません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Stand-alone server</b>: Setup a single stand-alone OpenLDAP server
with\n"
+"no preparations for replication.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>スタンドアロンサーバ</b>]: 単一のスタンドアロンのOpenLDAPサーバを設定し、\n"
+"レプリケーションの準備は行いません。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:305
-msgid "<p><b>Master server in a replication setup</b>: Create an OpenLDAP
setup\nprepared to act as a master server (provider) in a replication
setup.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>レプリケーション設定のマスタサーバ</b>]: レプリケーション設定について、\nマスタサーバ(プロバイダ)
として機能するためのOpenLDAP設定を作成します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Master server in a replication setup</b>: Create an OpenLDAP setup\n"
+"prepared to act as a master server (provider) in a replication setup.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>レプリケーション設定のマスタサーバ</b>]: レプリケーション設定について、\n"
+"マスタサーバ(プロバイダ) として機能するためのOpenLDAP設定を作成します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:308
-msgid "<p><b>Replica slave server</b>: Setup an OpenLDAP slave server that
replicates all its data,\nincluding configuration, from a master server.</p>"
-msgstr
"<p><b>レプリカ(スレーブ)サーバ</b>:マスターサーバから\n環境設定を含むすべてのデータを複製するOpenLDAPスレーブサーバを設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Replica slave server</b>: Setup an OpenLDAP slave server that
replicates all its data,\n"
+"including configuration, from a master server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>レプリカ(スレーブ)サーバ</b>:マスターサーバから\n"
+"環境設定を含むすべてのデータを複製するOpenLDAPスレーブサーバを設定します。</p>"

#. Configuration Wizard Step 3
#: src/include/auth-server/helps.rb:312
@@ -886,28 +1255,58 @@
msgstr "<h4>基本的な設定</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:316
-msgid "<p>To enable encryption via TLS/SSL, check the <b>Enabled
TLS</b>\ncheckbox. Additionally you need to configure a certificate for the
Server \nto use.</p>\n"
-msgstr
"<p>TLS/SSLでの暗号化を有効にするには、[<b>TLSを有効にする</b>]チェックボックスをオンにしてください。\nこの場合は、サーバが使用する証明書も設定する\n必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To enable encryption via TLS/SSL, check the <b>Enabled TLS</b>\n"
+"checkbox. Additionally you need to configure a certificate for the Server \n"
+"to use.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>TLS/SSLでの暗号化を有効にするには、[<b>TLSを有効にする</b>]チェックボックスをオンにしてください。\n"
+"この場合は、サーバが使用する証明書も設定する\n"
+"必要があります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:321
-msgid "<p>Check <b>Enable LDAP over SSL (ldaps) interface</b>, to enable the
server\nto accept LDAPS connections on port 636. If not checked, OpenLDAP will
only\nsupport TLS encrypted connections through the StartTLS extended
operation.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>LDAP over SSL
(ldaps)インタフェースを有効にする</b>]をオンにすると、サーバは\nポート636でLDAPS接続を受け入れるようになります。オンにしない場合、OpenLDAPは\nStartTLS拡張操作を介したTLS暗号化接続のみをサポートします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Check <b>Enable LDAP over SSL (ldaps) interface</b>, to enable the
server\n"
+"to accept LDAPS connections on port 636. If not checked, OpenLDAP will only\n"
+"support TLS encrypted connections through the StartTLS extended
operation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>LDAP over SSL (ldaps)インタフェースを有効にする</b>]をオンにすると、サーバは\n"
+"ポート636でLDAPS接続を受け入れるようになります。オンにしない場合、OpenLDAPは\n"
+"StartTLS拡張操作を介したTLS暗号化接続のみをサポートします。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:326
-msgid "<p>If you already have a common server certificate installed using
the\ncorresponding YaST Module, check <b>Use common Server Certificate</b> so
that\nthe OpenLDAP server uses this certificate.</p>\n"
-msgstr
"<p>共通サーバ証明書を、対応するYaSTモジュールを使用してインストールしてある場合は、\n[<b>共通サーバ証明書の使用</b>]をオンにすると、OpenLDAPサーバで\nその証明書を使用できます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If you already have a common server certificate installed using the\n"
+"corresponding YaST Module, check <b>Use common Server Certificate</b> so
that\n"
+"the OpenLDAP server uses this certificate.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>共通サーバ証明書を、対応するYaSTモジュールを使用してインストールしてある場合は、\n"
+"[<b>共通サーバ証明書の使用</b>]をオンにすると、OpenLDAPサーバで\n"
+"その証明書を使用できます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:331
msgid "<h4>Import Certificate</h4>"
msgstr "<h4>証明書のインポート</h4>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:332
-msgid "<p>If you have no common server certificate or you want OpenLDAP to use
a\ndifferent certificate, enter the file names of the <b>CA Certificate
File</b>,\n<b>Certificate File</b> and <b>Certificate Key File</b> into the
corresponding\ntextfields.</p>\n"
-msgstr
"<p>共通サーバ証明書がない場合、またはOpenLDAPサーバで別の証明書を使用する\n場合は、[<b>CAの証明書ファイル</b>]、[<b>証明書ファイル</b>]、および\n[<b>証明書の鍵ファイル</b>]のファイル名を対応するテキストフィールドに\n入力します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If you have no common server certificate or you want OpenLDAP to use a\n"
+"different certificate, enter the file names of the <b>CA Certificate
File</b>,\n"
+"<b>Certificate File</b> and <b>Certificate Key File</b> into the
corresponding\n"
+"textfields.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>共通サーバ証明書がない場合、またはOpenLDAPサーバで別の証明書を使用する\n"
+"場合は、[<b>CAの証明書ファイル</b>]、[<b>証明書ファイル</b>]、および\n"
+"[<b>証明書の鍵ファイル</b>]のファイル名を対応するテキストフィールドに\n"
+"入力します。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:338
-msgid "<p>To create a new CA or certificate, launch the CA management module
by\nclicking <b>Launch CA Management Module</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>新しいCAまたは証明書を作成するには、[<b>証明機関管理モジュールの起動</b>]を\nクリックしてCA管理モジュールを起動します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To create a new CA or certificate, launch the CA management module by\n"
+"clicking <b>Launch CA Management Module</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいCAまたは証明書を作成するには、[<b>証明機関管理モジュールの起動</b>]を\n"
+"クリックしてCA管理モジュールを起動します。</p>\n"

#. Tree Item Dialog "global" 1/1
#: src/include/auth-server/helps.rb:342
@@ -916,13 +1315,23 @@

#. Tree Item Dialog "schema" 1/
#: src/include/auth-server/helps.rb:346
-msgid "<p>Add schema files in this dialog. Press <b>Add</b> to open a file
dialog in which to choose\na new schema. Note: OpenLDAP (when used with
back-config) does currently not support the removal of \nSchema Data</p>"
-msgstr "<p>このダイアログではスキーマファイルを追加または削除することができます。\n <b>追加</b>
を押すと新しいスキーマのファイルを選択するためのダイアログが表示されます。 注意: OpenLDAP \n(back-config を使用したとき)
では、現在スキーマデータの削除に対応していません。</p>"
+msgid ""
+"<p>Add schema files in this dialog. Press <b>Add</b> to open a file dialog in
which to choose\n"
+"a new schema. Note: OpenLDAP (when used with back-config) does currently not
support the removal of \n"
+"Schema Data</p>"
+msgstr ""
+"<p>このダイアログではスキーマファイルを追加または削除することができます。\n"
+" <b>追加</b> を押すと新しいスキーマのファイルを選択するためのダイアログが表示されます。 注意: OpenLDAP \n"
+"(back-config を使用したとき) では、現在スキーマデータの削除に対応していません。</p>"

#. Tree Item Dialog "loglevel"
#: src/include/auth-server/helps.rb:352
-msgid "<p>Select the subsystems that should log debugging statements and
statistics\nto syslog.</p>"
-msgstr "<p>デバッグステートメントや統計情報をsyslogに記録する際に使用する\nサブシステムを選択してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select the subsystems that should log debugging statements and
statistics\n"
+"to syslog.</p>"
+msgstr ""
+"<p>デバッグステートメントや統計情報をsyslogに記録する際に使用する\n"
+"サブシステムを選択してください。</p>"

#. Tree Item Dialog "allow" 1/1
#: src/include/auth-server/helps.rb:356
@@ -934,45 +1343,95 @@
msgstr "<h3>許可フラグの選択</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:360
-msgid "<p><b>LDAPv2 Bind Requests</b>: To let the server accept LDAPv2 bind
requests.\nNote that OpenLDAP does not truly implement LDAPv2.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>LDAPv2バインドリクエスト</b>]: サーバがLDAPv2のバインド要求を受け入れるかどうかを設定します。\n注:
OpenLDAPはLDAPv2を完全には実装していません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>LDAPv2 Bind Requests</b>: To let the server accept LDAPv2 bind
requests.\n"
+"Note that OpenLDAP does not truly implement LDAPv2.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>LDAPv2バインドリクエスト</b>]: サーバがLDAPv2のバインド要求を受け入れるかどうかを設定します。\n"
+"注: OpenLDAPはLDAPv2を完全には実装していません。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:363
-msgid "<p><b>Anonymous Bind when credentials not empty</b>: To allow anonymous
bind when \ncredentials are not empty (i.e. password is present but bind DN is
not present) </p>"
-msgstr "<p><b>証明書が空白でない場合の匿名バインド</b>: 証明書が空白でない場合 (たとえば\nパスワードは存在するがバインド DN
が存在しない場合) に匿名バインドを許可するかどうかを指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Anonymous Bind when credentials not empty</b>: To allow anonymous bind
when \n"
+"credentials are not empty (i.e. password is present but bind DN is not
present) </p>"
+msgstr ""
+"<p><b>証明書が空白でない場合の匿名バインド</b>: 証明書が空白でない場合 (たとえば\n"
+"パスワードは存在するがバインド DN が存在しない場合) に匿名バインドを許可するかどうかを指定します。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:366
-msgid "<p><b>Unauthenticated Bind when DN not empty</b>: To allow
unauthenticated \n(anonymous) binds when DN is not empty</p>"
-msgstr "<p><b>DN が空白でない場合の未認証バインド</b>: DN が空白でない場合、\n未認証の (匿名の)
バインドを許可するかどうかを指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Unauthenticated Bind when DN not empty</b>: To allow unauthenticated \n"
+"(anonymous) binds when DN is not empty</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>DN が空白でない場合の未認証バインド</b>: DN が空白でない場合、\n"
+"未認証の (匿名の) バインドを許可するかどうかを指定します。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:369
-msgid "<p><b>Unauthenticated Update Operations to process</b>: To allow
unauthenticated\n(anonymous) update operations to be processed. They are still
subject to\naccess controls and other administrative limits.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>非認証バインドでの更新操作処理</b>]:
非認証の(匿名の)更新操作を\n許可するかどうかを指定します。この操作も、アクセス制御やその他の管理制限の\n制約を受けることに注意してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Unauthenticated Update Operations to process</b>: To allow
unauthenticated\n"
+"(anonymous) update operations to be processed. They are still subject to\n"
+"access controls and other administrative limits.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>非認証バインドでの更新操作処理</b>]: 非認証の(匿名の)更新操作を\n"
+"許可するかどうかを指定します。この操作も、アクセス制御やその他の管理制限の\n"
+"制約を受けることに注意してください。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:374
msgid "<h3>Select Disallow Flags</h3>"
msgstr "<h3>不許可フラグの選択</h3>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:375
-msgid "<p><b>Disable acceptance of anonymous Bind Requests</b>: The Server
will\nnot accept anonymous bind requests. Note that this does not
generally\nprohibit anonymous directory access.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>匿名バインド要求の受け入れを禁止する</b>]:
この項目を選択すると、サーバは\n匿名でのバインド要求を受け入れなくなります。なお、この項目を設定しても、匿名によるディレクトリアクセスは\n一般に禁止されません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Disable acceptance of anonymous Bind Requests</b>: The Server will\n"
+"not accept anonymous bind requests. Note that this does not generally\n"
+"prohibit anonymous directory access.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>匿名バインド要求の受け入れを禁止する</b>]: この項目を選択すると、サーバは\n"
+"匿名でのバインド要求を受け入れなくなります。なお、この項目を設定しても、匿名によるディレクトリアクセスは\n"
+"一般に禁止されません。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:380
-msgid "<p><b>Disable Simple Bind authentication</b>: Completely disable Simple
Bind\nauthentication</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>単純認証を無効にする</b>]: 単純バインド認証を完全に\n無効にします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Disable Simple Bind authentication</b>: Completely disable Simple
Bind\n"
+"authentication</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>単純認証を無効にする</b>]: 単純バインド認証を完全に\n"
+"無効にします。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:383
-msgid "<p><b>Disable forcing session to anonymous status upon StartTLS
operation\nreceipt</b>: The server will no longer force an authenticated
connection back\nto the anonymous state when receiving the StartTLS
operation.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>StartTLS操作を受け取った際、セッションに対して匿名状態の強要を禁止する</b>:\nこの項目を選択すると、サーバはStartTLS操作を受け取ったとき、認証済みの接続を\n強制的に匿名状態に戻さなくなります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Disable forcing session to anonymous status upon StartTLS operation\n"
+"receipt</b>: The server will no longer force an authenticated connection
back\n"
+"to the anonymous state when receiving the StartTLS operation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>StartTLS操作を受け取った際、セッションに対して匿名状態の強要を禁止する</b>:\n"
+"この項目を選択すると、サーバはStartTLS操作を受け取ったとき、認証済みの接続を\n"
+"強制的に匿名状態に戻さなくなります。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:388
-msgid "<p><b>Disallow the StartTLS operation if authenticated</b>:\nThe server
will not allow the StartTLS operation on already
authenticated\nconnections.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>認証したあとはStartTLSを禁止する</b>:\nこの項目を選択すると、すでに認証済みの接続に対しては、サーバはStartTLS操作を許可しません。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Disallow the StartTLS operation if authenticated</b>:\n"
+"The server will not allow the StartTLS operation on already authenticated\n"
+"connections.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>認証したあとはStartTLSを禁止する</b>:\n"
+"この項目を選択すると、すでに認証済みの接続に対しては、サーバはStartTLS操作を許可しません。\n"
+"</p>\n"

#. Tree Item Dialog "databases"
#: src/include/auth-server/helps.rb:394
-msgid "<p>This lists shows all configured databases. The databases with the
type\n\"frontend\" and \"config\" represent special internal databases. The
\"Frontend\"\ndatabase is use to configure global access control restrictions
and overlays\nthat apply to all databases. The \"Config\" database holds the
configuration of\nthe LDAP server itself.</p>\n"
-msgstr
"<p>このリストには、設定済みのデータベースが表示されています。タイプが「フロントエンド」や\n「設定」になっているデータベースは、特別な内部用のデータベースであることを\n示しています。「フロントエンド」データベースはすべてのデータベースに適用される\nサーバ全体のアクセス制御を設定するものです。「設定」\nデータベースはLDAPサーバ自身の設定を保持しているものです。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This lists shows all configured databases. The databases with the type\n"
+"\"frontend\" and \"config\" represent special internal databases. The
\"Frontend\"\n"
+"database is use to configure global access control restrictions and
overlays\n"
+"that apply to all databases. The \"Config\" database holds the configuration
of\n"
+"the LDAP server itself.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このリストには、設定済みのデータベースが表示されています。タイプが「フロントエンド」や\n"
+"「設定」になっているデータベースは、特別な内部用のデータベースであることを\n"
+"示しています。「フロントエンド」データベースはすべてのデータベースに適用される\n"
+"サーバ全体のアクセス制御を設定するものです。「設定」\n"
+"データベースはLDAPサーバ自身の設定を保持しているものです。</p>\n"

#. Tree Item Dialog "databases" 2/2
#: src/include/auth-server/helps.rb:402
@@ -980,20 +1439,36 @@
msgstr "<p>新しいデータベースを追加するには、<b>「データベースの追加」</b>をクリックしてください。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:403
-msgid "<p>To delete a database, select a database from the list and press
<b>Delete Database...</b>.\nYou cannot delete the \"config\" and \"frontend\"
databases.</p>\n"
-msgstr
"<p>データベースを削除するには、リストからデータベースを選択して[<b>データベースの削除</b>]\nを選択します。「設定」および「フロントエンド」データベースは削除できません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To delete a database, select a database from the list and press <b>Delete
Database...</b>.\n"
+"You cannot delete the \"config\" and \"frontend\" databases.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>データベースを削除するには、リストからデータベースを選択して[<b>データベースの削除</b>]\n"
+"を選択します。「設定」および「フロントエンド」データベースは削除できません。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:406
-msgid "<p>Enter a password for the configuration database
(\"<i>cn=config</i>\") here. This is required to make\nthe configuration
database accessible remotely.</p>"
+msgid ""
+"<p>Enter a password for the configuration database (\"<i>cn=config</i>\")
here. This is required to make\n"
+"the configuration database accessible remotely.</p>"
msgstr
"<p>ここで、環境設定データベース(「cn=config」)のパスワードを入力します。これは、環境設定データベースをリモートにアクセス可能にするために必要です。</p>"

#: src/include/auth-server/helps.rb:409
-msgid "<p>If the server is supposed to participate in a MirrorMode setup,
select the \"<b>Prepare for MirrorMode replication</b>\"\ncheckbox. This will
ensure that the serverId attribute is generated as needed for MirrorMode
replication.</p>\n"
-msgstr
"<p>サーバをMirrorMode設定に参加させる場合は、[<b>MirrorModeレプリケーションの準備</b>]\nチェックボックスをオンにします。これにより、MirrorModeレプリケーションで必要なserverId属性が生成されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>If the server is supposed to participate in a MirrorMode setup, select the
\"<b>Prepare for MirrorMode replication</b>\"\n"
+"checkbox. This will ensure that the serverId attribute is generated as needed
for MirrorMode replication.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>サーバをMirrorMode設定に参加させる場合は、[<b>MirrorModeレプリケーションの準備</b>]\n"
+"チェックボックスをオンにします。これにより、MirrorModeレプリケーションで必要なserverId属性が生成されます。</p>\n"

#: src/include/auth-server/helps.rb:412
-msgid "<p>To setup a slave server some details need to be queried from the
master server. Please enter the master\nserver's hostname, adjust the protocol
(either \"<i>ldap</i>\" or \"<i>ldaps</i>\") and port number as needed and
enter the password\nfor the master's configuration database
(\"<i>cn=config</i>\").</p>"
-msgstr
"<p>スレーブサーバを設定するには、マスタサーバから一定の詳細を問い合わせる必要があります。マスタ\nサーバのホスト名を入力し、\nプロトコル(「<i>ldap</i>」または「<i>ldaps</i>」のいずれか)およびポート番号を必要に応じて調整し、マスタの環境設定データベースのパスワードを入力してください(「<i>cn=config</i>」)。</p>"
+msgid ""
+"<p>To setup a slave server some details need to be queried from the master
server. Please enter the master\n"
+"server's hostname, adjust the protocol (either \"<i>ldap</i>\" or
\"<i>ldaps</i>\") and port number as needed and enter the password\n"
+"for the master's configuration database (\"<i>cn=config</i>\").</p>"
+msgstr ""
+"<p>スレーブサーバを設定するには、マスタサーバから一定の詳細を問い合わせる必要があります。マスタ\n"
+"サーバのホスト名を入力し、\n"
+"プロトコル(「<i>ldap</i>」または「<i>ldaps</i>」のいずれか)およびポート番号を必要に応じて調整し、マスタの環境設定データベースのパスワードを入力してください(「<i>cn=config</i>」)。</p>"

#. ########## kerberos
#. Help text: basic settings 1/2
@@ -2165,8 +2640,12 @@
msgstr "パスワードの確認に失敗しました。"

#: src/modules/LdapDatabase.rb:435
-msgid "The Base Object: \"%1\" cannot be auto created by YaST:\n%2"
-msgstr "ベースオブジェクト: 「%1」はYaSTで自動作成することができません:\n%2"
+msgid ""
+"The Base Object: \"%1\" cannot be auto created by YaST:\n"
+"%2"
+msgstr ""
+"ベースオブジェクト: 「%1」はYaSTで自動作成することができません:\n"
+"%2"

#: src/modules/LdapDatabase.rb:451
msgid "A directory must be specified."
@@ -2316,8 +2795,12 @@
msgstr "フィルタ"

#: src/modules/LdapDatabase.rb:1341
-msgid "The selected database contains access control rules that are
currently\nnot supported by YaST. The Access Control Dialog will be disabled.\n"
-msgstr
"選択したデータベースには現在のYaSTモジュールでサポートされていない\nアクセス制御ルールが含まれています。[アクセス制御]ダイアログは無効化されます。\n"
+msgid ""
+"The selected database contains access control rules that are currently\n"
+"not supported by YaST. The Access Control Dialog will be disabled.\n"
+msgstr ""
+"選択したデータベースには現在のYaSTモジュールでサポートされていない\n"
+"アクセス制御ルールが含まれています。[アクセス制御]ダイアログは無効化されます。\n"

#: src/modules/LdapDatabase.rb:1588
msgid "This database is a Replication Consumer."
@@ -2426,8 +2909,12 @@
msgstr "認証サーバの環境設定を初期化中"

#: src/modules/AuthServer.pm:390
-msgid "Error while initializing configuration.\nIs the LDAPI listener
enabled?\n"
-msgstr "設定を初期化中にエラーが発生しました。\nLDAPIリスナーは有効になっていますか?\n"
+msgid ""
+"Error while initializing configuration.\n"
+"Is the LDAPI listener enabled?\n"
+msgstr ""
+"設定を初期化中にエラーが発生しました。\n"
+"LDAPIリスナーは有効になっていますか?\n"

#: src/modules/AuthServer.pm:466 src/modules/AuthServer.pm:1033
msgid "LDAP search failed."
@@ -2809,8 +3296,12 @@

#: src/modules/AuthServer.pm:4888
#, perl-format
-msgid "Please make sure that \"%s\" contains the correct\nCA file to verify
the remote Server Certificate."
-msgstr "「%s」内に、リモートサーバ証明書を検証するための\n正しいCAファイルが含まれているかどうか確認してください。"
+msgid ""
+"Please make sure that \"%s\" contains the correct\n"
+"CA file to verify the remote Server Certificate."
+msgstr ""
+"「%s」内に、リモートサーバ証明書を検証するための\n"
+"正しいCAファイルが含まれているかどうか確認してください。"

#: src/modules/AuthServer.pm:4896
#, perl-format
@@ -2975,4 +3466,3 @@
#: src/modules/YaPI/LdapServer.pm:2046
msgid "Cannot write CA certificate file."
msgstr "CA の証明書ファイルを書き込めません。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/autoinst.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/autoinst.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/autoinst.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: autoinst\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:59+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -57,8 +57,14 @@
#: src/clients/inst_autoinit.rb:188 src/clients/inst_autosetup.rb:389
#: src/clients/inst_autosetup_upgrade.rb:484
#: src/modules/AutoInstallRules.rb:1001
-msgid "Error while parsing the control file.\nCheck the log files for more
details or fix the\ncontrol file and try again.\n"
-msgstr
"コントロールファイルの解析中にエラーが発生しました。\n詳しくは記録ファイルを見るか、コントロールファイルを修正して\n再試行してください。\n"
+msgid ""
+"Error while parsing the control file.\n"
+"Check the log files for more details or fix the\n"
+"control file and try again.\n"
+msgstr ""
+"コントロールファイルの解析中にエラーが発生しました。\n"
+"詳しくは記録ファイルを見るか、コントロールファイルを修正して\n"
+"再試行してください。\n"

#: src/clients/autoyast.rb:122 src/include/autoinstall/conftree.rb:621
#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:332
@@ -141,13 +147,25 @@

#. help 1/2
#: src/clients/files_auto.rb:170
-msgid "<p>Using this dialog, copy the contents of the file and specify the
final\npath on the installed system. YaST will copy this file to the specified
location.</p>"
-msgstr
"<p>このダイアログを使用し、ファイルの内容をコピーして、\nインストール済みシステムでの最終的なパスを指定します。YaST2は、このファイルを指定した場所にコピーします。</p>"
+msgid ""
+"<p>Using this dialog, copy the contents of the file and specify the final\n"
+"path on the installed system. YaST will copy this file to the specified
location.</p>"
+msgstr ""
+"<p>このダイアログを使用し、ファイルの内容をコピーして、\n"
+"インストール済みシステムでの最終的なパスを指定します。YaST2は、このファイルを指定した場所にコピーします。</p>"

#. help 2/2
#: src/clients/files_auto.rb:177
-msgid "<p>To protect copied files, set the owner and the permissions of the
files.\nSet the owner using the syntax <i>userid:groupid</i>. Permissions can
be a symbolic\nrepresentation of changes to make or an octal number
representing the bit pattern for the\nnew permissions.</p>"
-msgstr
"<p>コピーされたファイルを保護するには、ファイルの所有者とアクセス権を設定します。\n所有者を設定するには構文userid:groupidを使用します。
アクセス権は、変更内容の\n記号表現、または新しいアクセス権についてのビットパターンを表す\n8進数の数値です。</p>"
+msgid ""
+"<p>To protect copied files, set the owner and the permissions of the files.\n"
+"Set the owner using the syntax <i>userid:groupid</i>. Permissions can be a
symbolic\n"
+"representation of changes to make or an octal number representing the bit
pattern for the\n"
+"new permissions.</p>"
+msgstr ""
+"<p>コピーされたファイルを保護するには、ファイルの所有者とアクセス権を設定します。\n"
+"所有者を設定するには構文userid:groupidを使用します。 アクセス権は、変更内容の\n"
+"記号表現、または新しいアクセス権についてのビットパターンを表す\n"
+"8進数の数値です。</p>"

#: src/clients/files_auto.rb:185
msgid "Configuration File Editor"
@@ -183,8 +201,12 @@
#. UI::ChangeWidget(`id(`filename), `Enabled, false);
#. }
#: src/clients/files_auto.rb:263
-msgid "Provide at least the file\nname and the contents of the file.\n"
-msgstr "少なくともファイル名と\nファイルの内容を指定してください。\n"
+msgid ""
+"Provide at least the file\n"
+"name and the contents of the file.\n"
+msgstr ""
+"少なくともファイル名と\n"
+"ファイルの内容を指定してください。\n"

#. OPEN
#: src/clients/files_auto.rb:273 src/include/autoinstall/conftree.rb:605
@@ -214,8 +236,16 @@
msgstr "完全な環境設定ファイルの追加"

#: src/clients/files_auto.rb:321
-msgid "<p>For many applications and services, you might have prepared\na
configuration file that should be copied in a complete form to a location in
the\ninstalled system. For example, this is the case if you are installing a
web server\nand have an httpd.conf configuration file prepared.</p>"
-msgstr
"<p>多くのアプリケーションやサービスでは、完全な形式の環境設定ファイルを\nインストール先のシステムにある特定の場所にコピーする必要が\nあります。たとえば、Webサーバをインストールして、http.confの\n環境設定ファイルを準備した場合などです。</p>"
+msgid ""
+"<p>For many applications and services, you might have prepared\n"
+"a configuration file that should be copied in a complete form to a location
in the\n"
+"installed system. For example, this is the case if you are installing a web
server\n"
+"and have an httpd.conf configuration file prepared.</p>"
+msgstr ""
+"<p>多くのアプリケーションやサービスでは、完全な形式の環境設定ファイルを\n"
+"インストール先のシステムにある特定の場所にコピーする必要が\n"
+"あります。たとえば、Webサーバをインストールして、http.confの\n"
+"環境設定ファイルを準備した場合などです。</p>"

#: src/clients/files_auto.rb:332
msgid "Select a file from the table first."
@@ -223,8 +253,14 @@

#. Help text for last dialog of base installation
#: src/clients/inst_autoconfigure.rb:35
-msgid "<p>\nPlease wait while the system is being configured.\n</p>"
-msgstr "<p>\nシステムの設定中です。しばらくお待ちください。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Please wait while the system is being configured.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムの設定中です。しばらくお待ちください。\n"
+"</p>"

#. Progress bar that displays overall progress in this dialog
#: src/clients/inst_autoconfigure.rb:60
@@ -240,15 +276,35 @@
#. list of unsupported sections of the profile
#. Do not translate words in brackets
#: src/clients/inst_autoconfigure.rb:88
-msgid "These sections of AutoYaST profile are not supported
anymore:\n\n%s\n\nPlease, use, e.g., <scripts/> or <files/> to change the
configuration."
-msgstr
"AutoYaSTプロファイルの次のセクションは今後サポートされなくなります:\n\n%s\n\n<scripts/>や<files/>などを使用して設定を変更してください。"
+msgid ""
+"These sections of AutoYaST profile are not supported anymore:\n"
+"\n"
+"%s\n"
+"\n"
+"Please, use, e.g., <scripts/> or <files/> to change the configuration."
+msgstr ""
+"AutoYaSTプロファイルの次のセクションは今後サポートされなくなります:\n"
+"\n"
+"%s\n"
+"\n"
+"<scripts/>や<files/>などを使用して設定を変更してください。"

#. TRANSLATORS: Error message, %s is replaced by newline-separated
#. list of unknown sections of the profile
#. Do not translate words in brackets
#: src/clients/inst_autoconfigure.rb:103
-msgid "These sections of AutoYaST profile cannot be processed on this
system:\n\n%s\n\nMaybe they were misspelled or your profile does not contain
all the needed YaST packages in <software/> section."
-msgstr "AutoYaSTプロファイルの次のセクションはこのシステムでは処理できません:
\n\n%s\n\nスペルが間違っているか、または必要なYaSTパッケージの一部がお使いのプロファイルの<software/>セクションに含まれていない可能性があります。"
+msgid ""
+"These sections of AutoYaST profile cannot be processed on this system:\n"
+"\n"
+"%s\n"
+"\n"
+"Maybe they were misspelled or your profile does not contain all the needed
YaST packages in <software/> section."
+msgstr ""
+"AutoYaSTプロファイルの次のセクションはこのシステムでは処理できません: \n"
+"\n"
+"%s\n"
+"\n"
+"スペルが間違っているか、または必要なYaSTパッケージの一部がお使いのプロファイルの<software/>セクションに含まれていない可能性があります。"

#. determine name of client, if not use default name
#. Call::Function(module_auto, ["Import", eval(Profile::current[resource]:$[])
]);
@@ -293,8 +349,12 @@
#.
#. $Id$
#: src/clients/inst_autoimage.rb:31
-msgid "<p>\nPlease wait while the image is retrieved.</p>\n"
-msgstr "<p>\nイメージの取得中です。しばらくお待ちください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Please wait while the image is retrieved.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"イメージの取得中です。しばらくお待ちください。</p>\n"

#: src/clients/inst_autoimage.rb:32
msgid "Retrieve Image File"
@@ -322,12 +382,20 @@
#. return `abort;
#. }
#: src/clients/inst_autoimage.rb:58
-msgid "fetching image-script failed:\n%1"
-msgstr "イメージスクリプトのフェッチに失敗しました:\n%1"
+msgid ""
+"fetching image-script failed:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"イメージスクリプトのフェッチに失敗しました:\n"
+"%1"

#: src/clients/inst_autoimage.rb:67
-msgid "running image-script failed:\n%1"
-msgstr "イメージスクリプトの実行に失敗しました:\n%1"
+msgid ""
+"running image-script failed:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"イメージスクリプトの実行に失敗しました:\n"
+"%1"

#. import "Arch";
#. encoding: utf-8
@@ -339,8 +407,12 @@
#.
#. $Id$
#: src/clients/inst_autoinit.rb:37 src/clients/inst_autopost.rb:48
-msgid "<p>\nPlease wait while the system is prepared for
autoinstallation.</p>\n"
-msgstr "<p>\nシステムを自動インストールするために準備します。しばらくお待ちください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Please wait while the system is prepared for autoinstallation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムを自動インストールするために準備します。しばらくお待ちください。</p>\n"

#: src/clients/inst_autoinit.rb:41
msgid "Probe hardware"
@@ -524,13 +596,21 @@

#. Yes, do not set Storage testsuite here as we want really GUI with proposal
#: src/clients/inst_autosetup.rb:273
-msgid "Error while configuring partitions.\nTry again.\n"
-msgstr "パーティションを設定中にエラーが発生しました。\n再度試してください。\n"
+msgid ""
+"Error while configuring partitions.\n"
+"Try again.\n"
+msgstr ""
+"パーティションを設定中にエラーが発生しました。\n"
+"再度試してください。\n"

#. Software
#: src/clients/inst_autosetup.rb:331
-msgid "Error while configuring software selections.\nTry again.\n"
-msgstr "ソフトウェア選択を設定中にエラーが発生しました。\n再度試してください。\n"
+msgid ""
+"Error while configuring software selections.\n"
+"Try again.\n"
+msgstr ""
+"ソフトウェア選択を設定中にエラーが発生しました。\n"
+"再度試してください。\n"

#. ReportingDialog()
#. @return sumbol
@@ -583,12 +663,20 @@
msgstr "タイムアウト(秒)(&U)"

#: src/clients/report_auto.rb:217
-msgid "<p>Depending on your experience, you can skip, log, and show (with
time-out)\ninstallation messages.</p> \n"
-msgstr "<p>インストールメッセージをスキップしたり、記録したり、タイムアウト付きで表示したり\nすることができます。</p> \n"
+msgid ""
+"<p>Depending on your experience, you can skip, log, and show (with
time-out)\n"
+"installation messages.</p> \n"
+msgstr ""
+"<p>インストールメッセージをスキップしたり、記録したり、タイムアウト付きで表示したり\n"
+"することができます。</p> \n"

#: src/clients/report_auto.rb:223
-msgid "<p>It is recommended to show all <b>messages</b> with
time-out.\nWarnings can be skipped in some places, but should not be
ignored.</p>\n"
-msgstr
"<p>タイムアウト付きですべての<b>メッセージ</b>を表示することをお勧めします。\nいくつかの警告はスキップすることができますが、無視すべきではありません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>It is recommended to show all <b>messages</b> with time-out.\n"
+"Warnings can be skipped in some places, but should not be ignored.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>タイムアウト付きですべての<b>メッセージ</b>を表示することをお勧めします。\n"
+"いくつかの警告はスキップすることができますが、無視すべきではありません。</p>\n"

#: src/clients/report_auto.rb:230
msgid "Messages and Logging"
@@ -601,8 +689,16 @@
msgstr "ソフトウェアの選択"

#: src/clients/software_auto.rb:88
-msgid "<p>\nSelect one of the following <b>base</b> selections and click
<i>Detailed<i> to add\nmore <b>add-on</b> selections and packages.\n</p>\n"
-msgstr
"<p>\n以下の<b>基本</b>選択の中から1つを選んでください。さらに<b>アドオン</b>選択や\nパッケージを追加するには、[詳細]<i><i>をクリックしてください。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Select one of the following <b>base</b> selections and click <i>Detailed<i>
to add\n"
+"more <b>add-on</b> selections and packages.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"以下の<b>基本</b>選択の中から1つを選んでください。さらに<b>アドオン</b>選択や\n"
+"パッケージを追加するには、[詳細]<i><i>をクリックしてください。\n"
+"</p>\n"

#. AutoinstSoftware::pmInit();
#. string mainRepo = "http://10.10.0.162/SLES11/DVD1/";;
@@ -625,13 +721,33 @@

#. is result copy of part?
#: src/include/autoinstall/AdvancedPartitionDialog.rb:59
-msgid "<p><b>Mount in /etc/fstab By:</b>\n\tNormally, a file system to mount
is identified in /etc/fstab\n\tby the device name. This identification can be
changed so the file system to mount\n\tis found by searching for a UUID or a
volume label. Not all file systems can be\n\tmounted by UUID or a volume label.
If an option is disabled, it is not possible.\n\t"
-msgstr "<p><b>/etc/fstab のマウント方法:</b>\n通常はマウントすべきファイルシステムを /etc/fstab
にあるデバイス名から判別します。\nこの判別を変更して UUID
やボリュームラベルによる検索を行ってマウントすべきファイルシステムを\n探す方法に変えることもできます。すべてのファイルシステムが UUID
やボリュームラベルでマウントできる\nわけではありません。オプションが無効になっている場合は使用できません。"
+msgid ""
+"<p><b>Mount in /etc/fstab By:</b>\n"
+"\tNormally, a file system to mount is identified in /etc/fstab\n"
+"\tby the device name. This identification can be changed so the file system
to mount\n"
+"\tis found by searching for a UUID or a volume label. Not all file systems
can be\n"
+"\tmounted by UUID or a volume label. If an option is disabled, it is not
possible.\n"
+"\t"
+msgstr ""
+"<p><b>/etc/fstab のマウント方法:</b>\n"
+"通常はマウントすべきファイルシステムを /etc/fstab にあるデバイス名から判別します。\n"
+"この判別を変更して UUID やボリュームラベルによる検索を行ってマウントすべきファイルシステムを\n"
+"探す方法に変えることもできます。すべてのファイルシステムが UUID やボリュームラベルでマウントできる\n"
+"わけではありません。オプションが無効になっている場合は使用できません。"

#. help text, richtext format
#: src/include/autoinstall/AdvancedPartitionDialog.rb:71
-msgid "<p><b>Volume Label:</b>\n\t The name entered in this field is used as
the volume label. This usually makes sense only \n\t when you activate the
option for mounting by volume label.\n\t A volume label cannot contain the /
character or spaces.\n\t "
-msgstr "<p><b>ボリュームラベル:</b>\n\t この項目に入力した名前はボリュームラベルとして使用されます。このラベルは通常\n\t
ボリュームラベルによるマウントを行うオプション指定を行った場合にのみ意味を持ちます。\n\t ボリュームラベルに '/'
文字やスペースを入れることはできません。"
+msgid ""
+"<p><b>Volume Label:</b>\n"
+"\t The name entered in this field is used as the volume label. This usually
makes sense only \n"
+"\t when you activate the option for mounting by volume label.\n"
+"\t A volume label cannot contain the / character or spaces.\n"
+"\t "
+msgstr ""
+"<p><b>ボリュームラベル:</b>\n"
+"\t この項目に入力した名前はボリュームラベルとして使用されます。このラベルは通常\n"
+"\t ボリュームラベルによるマウントを行うオプション指定を行った場合にのみ意味を持ちます。\n"
+"\t ボリュームラベルに '/' 文字やスペースを入れることはできません。"

#: src/include/autoinstall/AdvancedPartitionDialog.rb:82
#: src/include/autoinstall/AdvancedPartitionDialog.rb:92
@@ -725,8 +841,12 @@

#. MB, GB -> M, B
#: src/include/autoinstall/PartitionDialog.rb:197
-msgid "You selected to create the partition, but you did not select a valid
file\nsystem. Select a valid filesystem to continue.\n"
-msgstr
"パーティションを作成するよう選択しましたが、有効なファイルシステムを選択していません。\n続行するには有効なファイルシステムを選択してください。\n"
+msgid ""
+"You selected to create the partition, but you did not select a valid file\n"
+"system. Select a valid filesystem to continue.\n"
+msgstr ""
+"パーティションを作成するよう選択しましたが、有効なファイルシステムを選択していません。\n"
+"続行するには有効なファイルシステムを選択してください。\n"

#. We don't use the return value of the check, because we
#. currently can't stop the dialog switch from happening, so we
@@ -849,8 +969,22 @@
#. @param [String] original Original value
#. @return [String] new value
#: src/include/autoinstall/autoinst_dialogs.rb:21
-msgid "<p>\nA profile for this machine could not be found or retrieved.\nCheck
that you entered the correct location\non the command line and try again.
Because of this error, you\ncan only enter a URL to a profile and not to a
directory. If you\nare using rules or host name-based control files, restart
the\ninstallation process and make sure the control files are accessible.</p>\n"
-msgstr
"<p>\nこのマシンのプロファイルが見つからないか取得できませんでした。\nコマンドラインで正しい場所を入力したかを確認してから、\n再試行してください。このエラーのため、ディレクトリ\nではなくプロファイルのURLだけが入力できます。規則\nまたはホスト名によるコントロールファイルを使う場合は、インストール処理を\n再開し、コントロールファイルにアクセスできるようにする必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"A profile for this machine could not be found or retrieved.\n"
+"Check that you entered the correct location\n"
+"on the command line and try again. Because of this error, you\n"
+"can only enter a URL to a profile and not to a directory. If you\n"
+"are using rules or host name-based control files, restart the\n"
+"installation process and make sure the control files are accessible.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"このマシンのプロファイルが見つからないか取得できませんでした。\n"
+"コマンドラインで正しい場所を入力したかを確認してから、\n"
+"再試行してください。このエラーのため、ディレクトリ\n"
+"ではなくプロファイルのURLだけが入力できます。規則\n"
+"またはホスト名によるコントロールファイルを使う場合は、インストール処理を\n"
+"再開し、コントロールファイルにアクセスできるようにする必要があります。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/autoinst_dialogs.rb:30
msgid "System Profile Location"
@@ -878,8 +1012,16 @@
#. do while the following locale is the help description
#. help part 1 of 1
#: src/include/autoinstall/autoinst_dialogs.rb:132
-msgid "<p>\nAll hard disks automatically detected on your system\nare shown
here. Select the hard disk on which to install &product;.\n</p>"
-msgstr
"<p>\nシステム上で検出されるすべてのハードディスクがここに表示\nされています。&product;をインストールするディスクを選択してください。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"All hard disks automatically detected on your system\n"
+"are shown here. Select the hard disk on which to install &product;.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システム上で検出されるすべてのハードディスクがここに表示\n"
+"されています。&product;をインストールするディスクを選択してください。\n"
+"</p>"

#. force help text width
#: src/include/autoinstall/autoinst_dialogs.rb:154
@@ -954,29 +1096,51 @@
msgstr "<p>コントロールファイルのクラス定義には、このインタフェースを使用します。 </p>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:206
-msgid "<p>For example, you can define a class of configurations for\na
specific department, group, or site in your company environment.</p>\n"
-msgstr "<p>たとえば、会社の環境での特定の部署、グループ、サイトなどの設定クラスを\n定義することができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>For example, you can define a class of configurations for\n"
+"a specific department, group, or site in your company environment.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>たとえば、会社の環境での特定の部署、グループ、サイトなどの設定クラスを\n"
+"定義することができます。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:213
-msgid "<p>The order (priority) defines the hierarchy of a class\nand when it
is merged when creating a control file.\n</p>\n"
-msgstr "<p>順序(優先度)は、クラスの階層と、コントロールファイルの作成中に\nクラスが統合される時点を定義します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>The order (priority) defines the hierarchy of a class\n"
+"and when it is merged when creating a control file.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>順序(優先度)は、クラスの階層と、コントロールファイルの作成中に\n"
+"クラスが統合される時点を定義します。\n"
+"</p>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:243
msgid "No Description"
msgstr "記述がありません"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:255
-msgid "Select at least one class\nto edit.\n"
-msgstr "編集するクラスを少なくとも1つ\n選択してください。\n"
+msgid ""
+"Select at least one class\n"
+"to edit.\n"
+msgstr ""
+"編集するクラスを少なくとも1つ\n"
+"選択してください。\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:262
-msgid "Select at least one class\nto delete.\n"
-msgstr "削除するクラスを少なくとも1つ\n選択してください。\n"
+msgid ""
+"Select at least one class\n"
+"to delete.\n"
+msgstr ""
+"削除するクラスを少なくとも1つ\n"
+"選択してください。\n"

#. The merge operation
#: src/include/autoinstall/classes.rb:372
-msgid "Merge failed:\n %1"
-msgstr "統合に失敗しました:\n %1"
+msgid ""
+"Merge failed:\n"
+" %1"
+msgstr ""
+"統合に失敗しました:\n"
+" %1"

#. Merge Dialog
#. @return [Symbol]
@@ -1006,24 +1170,45 @@
msgstr "クラスの統合(&S)"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:487
-msgid "<p>If you have defined and created <b>\nclasses</b>, you will be able
to merge them using this interface to create\na new <i>Profile</i>, which will
contain information from every class\ndepending on the priority (order) set
when\ncreating the classes.</P>\n"
-msgstr
"<p>「クラス」を定義し作成した場合には、\nこのインタフェースを使ってクラスを統合し、新しいプロファイルを作成する\nことができます。プロファイルには、クラス作成時の優先順序に\n基づく各クラスの情報が含まれます。</P>\n"
+msgid ""
+"<p>If you have defined and created <b>\n"
+"classes</b>, you will be able to merge them using this interface to create\n"
+"a new <i>Profile</i>, which will contain information from every class\n"
+"depending on the priority (order) set when\n"
+"creating the classes.</P>\n"
+msgstr ""
+"<p>「クラス」を定義し作成した場合には、\n"
+"このインタフェースを使ってクラスを統合し、新しいプロファイルを作成する\n"
+"ことができます。プロファイルには、クラス作成時の優先順序に\n"
+"基づく各クラスの情報が含まれます。</P>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:497
-msgid "<P>To merge the classes, an <b>XSLT</b>\nscript is used.</P>\n"
-msgstr "<P>クラスを統合するには、<b>XSLT</b>スクリプト\nを使用します。</P>\n"
+msgid ""
+"<P>To merge the classes, an <b>XSLT</b>\n"
+"script is used.</P>\n"
+msgstr ""
+"<P>クラスを統合するには、<b>XSLT</b>スクリプト\n"
+"を使用します。</P>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:540
-msgid "Select at least %1 configurations\nto perform a merge.\n"
-msgstr "統合するには、少なくとも %1 個の設定を\n選択してください。\n"
+msgid ""
+"Select at least %1 configurations\n"
+"to perform a merge.\n"
+msgstr ""
+"統合するには、少なくとも %1 個の設定を\n"
+"選択してください。\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:579
msgid "Class Configuration"
msgstr "クラスの設定"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:580
-msgid "<p>Choose one or more of the listed classes to which the current
control\nfile should belong.</p>\n"
-msgstr "<p>表示されているクラスから、現在のコントロールファイルが含まれるクラスを1つまたは\n複数選んでください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Choose one or more of the listed classes to which the current control\n"
+"file should belong.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>表示されているクラスから、現在のコントロールファイルが含まれるクラスを1つまたは\n"
+"複数選んでください。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/classes.rb:614
msgid "No profiles in this class"
@@ -1245,18 +1430,31 @@
msgstr "ディレクトリの選択(&D)"

#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:63
-msgid "<P>\nEnter the directory where all <em>control files</em> should be
stored in\nthe <b>Repository</b> field.</P>"
-msgstr "<P>\nすべての<em>コントロールファイル</em>を保存するディレクトリを[レポジトリ]\nフィールドに入力してください。</P>"
+msgid ""
+"<P>\n"
+"Enter the directory where all <em>control files</em> should be stored in\n"
+"the <b>Repository</b> field.</P>"
+msgstr ""
+"<P>\n"
+"すべての<em>コントロールファイル</em>を保存するディレクトリを[レポジトリ]\n"
+"フィールドに入力してください。</P>"

#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:71
-msgid "<P>If you are using the classes feature\nof Autoyast, also enter the
class directory. This is where\nall class files are stored.</p>\n"
-msgstr
"<P>Autoyastのクラス機能を使用する場合は、\nクラスディレクトリも入力してください。これは、すべての\nクラスファイルが保存されるディレクトリです。</p>\n"
+msgid ""
+"<P>If you are using the classes feature\n"
+"of Autoyast, also enter the class directory. This is where\n"
+"all class files are stored.</p>\n"
+msgstr ""
+"<P>Autoyastのクラス機能を使用する場合は、\n"
+"クラスディレクトリも入力してください。これは、すべての\n"
+"クラスファイルが保存されるディレクトリです。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:78
msgid "Settings"
msgstr "設定"

-#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:94 src/include/autoinstall/dialogs.rb:101
+#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:94
+#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:101
msgid "Select Directory"
msgstr "ディレクトリの選択"

@@ -1264,8 +1462,16 @@
#. @param -
#. @return message
#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:153
-msgid "Invalid file name.\nNames can only contain letters, numbers, and
underscore,\nmust begin with letter, and must be\n127 characters long or
less.\n"
-msgstr
"不正なファイル名です。\n名前は、英数字、アンダースコア(_)のみ使用できます。\n最初の文字は英字で、最大127文字に\n制限されています。\n"
+msgid ""
+"Invalid file name.\n"
+"Names can only contain letters, numbers, and underscore,\n"
+"must begin with letter, and must be\n"
+"127 characters long or less.\n"
+msgstr ""
+"不正なファイル名です。\n"
+"名前は、英数字、アンダースコア(_)のみ使用できます。\n"
+"最初の文字は英字で、最大127文字に\n"
+"制限されています。\n"

#. title
#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:221
@@ -1322,13 +1528,23 @@
msgstr "Kickstartファイルを選択してください。"

#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:324
-msgid "Error while loading Kickstart file. Verify the syntax of\nfile and try
again."
-msgstr "Kickstartファイルの読み込み中にエラーが発生しました。ファイルの構文を確認して\n再度実行してください。"
+msgid ""
+"Error while loading Kickstart file. Verify the syntax of\n"
+"file and try again."
+msgstr ""
+"Kickstartファイルの読み込み中にエラーが発生しました。ファイルの構文を確認して\n"
+"再度実行してください。"

#. Set resource name, if not using default value
#: src/include/autoinstall/dialogs.rb:348
-msgid "Kickstart file was imported.\nCheck the imported syntax and make sure
the package selection and partitioning\nwere imported correctly."
-msgstr
"Kickstartファイルがインポート\nされました。インポートした構文をチェックして、パッケージ選択とパーティションが正しく読み込まれたか\nどうかを確認してください。"
+msgid ""
+"Kickstart file was imported.\n"
+"Check the imported syntax and make sure the package selection and
partitioning\n"
+"were imported correctly."
+msgstr ""
+"Kickstartファイルがインポート\n"
+"されました。インポートした構文をチェックして、パッケージ選択とパーティションが正しく読み込まれたか\n"
+"どうかを確認してください。"

#. Validate Dialog
#. @return [Symbol]
@@ -1440,20 +1656,54 @@
msgstr "新規GPGキーをインポートする(&N)"

#: src/include/autoinstall/general_dialogs.rb:136
-msgid "<P>\nThe options in this dialog control the behavior of the AutoYaST
during\nautomatic installation.\n</P>\n"
-msgstr "<P>\nこのダイアログ内のオプションは自動インストール時の\nAutoYaSTの動作を制御します。\n</P>\n"
+msgid ""
+"<P>\n"
+"The options in this dialog control the behavior of the AutoYaST during\n"
+"automatic installation.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"<P>\n"
+"このダイアログ内のオプションは自動インストール時の\n"
+"AutoYaSTの動作を制御します。\n"
+"</P>\n"

#: src/include/autoinstall/general_dialogs.rb:144
-msgid "<P>\nThe installation confirmation option is selected by default\nto
avoid unwanted installation. It stops the system\nduring installation and shows
a summary of requested operations in the\nusual proposal screen. Uncheck this
option to install automatically without interruption.\n</P>\n"
-msgstr
"<P>\n不用意なインストールを避けるため、インストールの確認オプションは\nデフォルトで選択されています。この場合、インストール中に\nシステムを一旦停止し、要求された操作のサマリを\n通常の提示画面に表示します。一旦停止を行わずに自動的にインストールするには、このオプションの\nチェックを外してください。</P>\n"
+msgid ""
+"<P>\n"
+"The installation confirmation option is selected by default\n"
+"to avoid unwanted installation. It stops the system\n"
+"during installation and shows a summary of requested operations in the\n"
+"usual proposal screen. Uncheck this option to install automatically without
interruption.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"<P>\n"
+"不用意なインストールを避けるため、インストールの確認オプションは\n"
+"デフォルトで選択されています。この場合、インストール中に\n"
+"システムを一旦停止し、要求された操作のサマリを\n"
+"通常の提示画面に表示します。一旦停止を行わずに自動的にインストールするには、このオプションの\n"
+"チェックを外してください。</P>\n"

#: src/include/autoinstall/general_dialogs.rb:155
-msgid "<P>\nIf you turn off the second stage of AutoYaST, the installation
continues in manual mode\nafter the first reboot (after package
installation).\n</P>\n"
-msgstr
"<P>\nAutoYaSTの第2ステージをオフにすると、最初の再起動後(パッケージのインストール後)、\nインストールは手動モードで続行します。\n
</P>\n"
+msgid ""
+"<P>\n"
+"If you turn off the second stage of AutoYaST, the installation continues in
manual mode\n"
+"after the first reboot (after package installation).\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"<P>\n"
+"AutoYaSTの第2ステージをオフにすると、最初の再起動後(パッケージのインストール後)、\n"
+"インストールは手動モードで続行します。\n"
+" </P>\n"

#: src/include/autoinstall/general_dialogs.rb:165
-msgid "<P>\nFor signature handling, read the AutoYaST documentation.\n</P>\n"
-msgstr "<P>\n署名処理については、AutoYaST文書をお読みください。\n</P>\n"
+msgid ""
+"<P>\n"
+"For signature handling, read the AutoYaST documentation.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"<P>\n"
+"署名処理については、AutoYaST文書をお読みください。\n"
+"</P>\n"

#: src/include/autoinstall/general_dialogs.rb:172
msgid "Other Options"
@@ -1583,40 +1833,72 @@
msgstr "<p><b><big>プロファイルの検証</big></b><br>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:17
-msgid "<p>This tool uses <em>xmllint</em> to validate the profile against the
DTD and\nit checks for missing data. Some missing data might be intentional and
any\nreported errors can be ignored, for example, when creating classes.</p>\n"
-msgstr
"<p>このツールでは<em>xmllint</em>を使用してDTDについてプロファイルを検証し、\nまた、データが失われていないかをチェックします。たとえばクラスの作成時など、もともとデータが存在しない\n場合は、報告されるエラーは無視してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This tool uses <em>xmllint</em> to validate the profile against the DTD
and\n"
+"it checks for missing data. Some missing data might be intentional and any\n"
+"reported errors can be ignored, for example, when creating classes.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このツールでは<em>xmllint</em>を使用してDTDについてプロファイルを検証し、\n"
+"また、データが失われていないかをチェックします。たとえばクラスの作成時など、もともとデータが存在しない\n"
+"場合は、報告されるエラーは無視してください。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:22
-msgid "<p>Load a profile first. Otherwise an empty file\nis validated.</p>\n"
-msgstr "<p>はじめにプロファイルをロードします。これを行わないと、空の\nファイルが検証されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Load a profile first. Otherwise an empty file\n"
+"is validated.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>はじめにプロファイルをロードします。これを行わないと、空の\n"
+"ファイルが検証されます。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:25
msgid "<p><b><big>Importing Kickstart Files</big></b><br>"
msgstr "<p><b><big>Kickstartファイルのインポート</big></b><br>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:26
-msgid "<p>To import a Kickstart file, enter the path to the configuration
file. \nThe imported data is loaded into the configuration management system
\nto add more configuration options available with SUSE.</p>\n"
-msgstr
"<p>Kickstartファイルをインポートするには、環境設定ファイルのパスを入力してください。\nインポートされたデータは設定管理システムに読み込まれ、SUSEで利用できる設定\nオプションを追加できます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To import a Kickstart file, enter the path to the configuration file. \n"
+"The imported data is loaded into the configuration management system \n"
+"to add more configuration options available with SUSE.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>Kickstartファイルをインポートするには、環境設定ファイルのパスを入力してください。\n"
+"インポートされたデータは設定管理システムに読み込まれ、SUSEで利用できる設定\n"
+"オプションを追加できます。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:31
-msgid "<p>This tool creates a reference profile by reading\ninformation from
this system. Select the resources to read from this system\nin addition to the
default resources, like partitioning and package selections.</p>\n"
-msgstr
"<p>このツールはシステムから情報を読み込んで、参照プロファイルを\n作成します。デフォルトのリソースに加えて、パーティションやパッケージ\n選択など、システムから読み込むリソースを選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This tool creates a reference profile by reading\n"
+"information from this system. Select the resources to read from this system\n"
+"in addition to the default resources, like partitioning and package
selections.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>このツールはシステムから情報を読み込んで、参照プロファイルを\n"
+"作成します。デフォルトのリソースに加えて、パーティションやパッケージ\n"
+"選択など、システムから読み込むリソースを選択してください。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:36
msgid "<p> Partition your hard disks... </p>"
msgstr "<p>ハードディスクを分割... </p>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:37
-msgid "<p>The table to the right shows the partitions to create on the target
system.\n</p>\n"
-msgstr "<p>右の一覧表には、システム上に作成するパーティションが表示されています。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>The table to the right shows the partitions to create on the target
system.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>右の一覧表には、システム上に作成するパーティションが表示されています。\n"
+"</p>\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:40
msgid "<p><b>Hard disks</b> are designated like this </p>"
msgstr "<p><b>ハードディスク</b>のデバイス名は次のとおりです</p>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:41
-msgid "<tt>/dev/hda </tt>1st EIDE disk\n<tt>/dev/hdb </tt>2nd EIDE
disk\n<tt>/dev/hdc </tt>3rd EIDE disk"
-msgstr "<tt>/dev/hda </tt>1st EIDE disk\n<tt>/dev/hdb </tt>2nd EIDE
disk\n<tt>/dev/hdc </tt>3rd EIDE disk"
+msgid ""
+"<tt>/dev/hda </tt>1st EIDE disk\n"
+"<tt>/dev/hdb </tt>2nd EIDE disk\n"
+"<tt>/dev/hdc </tt>3rd EIDE disk"
+msgstr ""
+"<tt>/dev/hda </tt>1st EIDE disk\n"
+"<tt>/dev/hdb </tt>2nd EIDE disk\n"
+"<tt>/dev/hdc </tt>3rd EIDE disk"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:46
msgid "<p>etc.</p>"
@@ -1627,16 +1909,32 @@
msgstr "<p>または、 </p>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:48
-msgid "<p><tt>/dev/sda </tt>1st SCSI disk\n<tt>/dev/sdb </tt>2nd SCSI
disk\n<tt>/dev/sdc </tt>3rd SCSI disk</p>"
-msgstr "<p><tt>/dev/sda </tt>1st SCSI disk\n<tt>/dev/sdb </tt>2nd SCSI
disk\n<tt>/dev/sdc </tt>3rd SCSI disk</p>"
+msgid ""
+"<p><tt>/dev/sda </tt>1st SCSI disk\n"
+"<tt>/dev/sdb </tt>2nd SCSI disk\n"
+"<tt>/dev/sdc </tt>3rd SCSI disk</p>"
+msgstr ""
+"<p><tt>/dev/sda </tt>1st SCSI disk\n"
+"<tt>/dev/sdb </tt>2nd SCSI disk\n"
+"<tt>/dev/sdc </tt>3rd SCSI disk</p>"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:53
-msgid "If no partitions are defined and the specified drive is also\nthe drive
where the root partition should reside, the following partitions are\ncreated
automatically:"
-msgstr
"パーティションが定義されず、また指定のドライブがルートパーティション\nのあるドライブである場合は、以下のパーティションが自動的に\n作成されます。"
+msgid ""
+"If no partitions are defined and the specified drive is also\n"
+"the drive where the root partition should reside, the following partitions
are\n"
+"created automatically:"
+msgstr ""
+"パーティションが定義されず、また指定のドライブがルートパーティション\n"
+"のあるドライブである場合は、以下のパーティションが自動的に\n"
+"作成されます。"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:58
-msgid " <tt>/boot</tt>, <tt>swap</tt>, and a root partition <tt>/</tt>.\nSizes
are calculated automatically.\n"
-msgstr "
<tt>/boot</tt>、<tt>swap</tt>、およびルートパーティション<tt>/</tt>。\nサイズは自動的に計算されます。\n"
+msgid ""
+" <tt>/boot</tt>, <tt>swap</tt>, and a root partition <tt>/</tt>.\n"
+"Sizes are calculated automatically.\n"
+msgstr ""
+" <tt>/boot</tt>、<tt>swap</tt>、およびルートパーティション<tt>/</tt>。\n"
+"サイズは自動的に計算されます。\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:61
msgid "<p><b>Advanced Options</b></p>"
@@ -1647,12 +1945,26 @@
msgstr
"デフォルトでは、AutoYASTは1つの拡張パーティションを作成して、すべての新しいパーティションを論理デバイスとして追加します。ただし、AutoYaSTに対して、特定のパーティションをプライマリパーティションまたは拡張パーティションとして作成するよう指示できます。また、パーティションのサイズを、メガバイト単位ではなくセクタ数で指定することもできます。"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:65
-msgid "These options and other advanced options cannot be configured using
this\ninterface. Instead, add them manually to the control file.\n"
-msgstr "これらのオプションとその他の詳細オプションは、このインタフェースでは\n設定できません。コントロールファイルに手動で追加してください。\n"
+msgid ""
+"These options and other advanced options cannot be configured using this\n"
+"interface. Instead, add them manually to the control file.\n"
+msgstr ""
+"これらのオプションとその他の詳細オプションは、このインタフェースでは\n"
+"設定できません。コントロールファイルに手動で追加してください。\n"

#: src/include/autoinstall/helps.rb:68
-msgid "<p>\nFor LVM and RAID setup, consult the documentation and add the
configuration\nto an existing control file. You can only create unformatted LVM
and RAID partitions as\na preparation.\n</p>\n"
-msgstr
"<p>\nLVMとRAIDの設定については、文書をご覧の上、既存のコントロールファイルに設定を\n追加してください。未フォーマットのLVMとRAIDパーティションのみを作成\nできます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"For LVM and RAID setup, consult the documentation and add the configuration\n"
+"to an existing control file. You can only create unformatted LVM and RAID
partitions as\n"
+"a preparation.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"LVMとRAIDの設定については、文書をご覧の上、既存のコントロールファイルに設定を\n"
+"追加してください。未フォーマットのLVMとRAIDパーティションのみを作成\n"
+"できます。\n"
+"</p>\n"

#. autoyast tried to read a file but had no success.
#: src/include/autoinstall/io.rb:123
@@ -1735,41 +2047,134 @@

#. help 1/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:64
-msgid "\n<h3>Preinstallation Scripts</h3>\n<P>Add commands to run on the
system before the installation begins. </P>\n"
-msgstr "\n<h3>プレインストールスクリプト</h3>\n<P>インストールが始まる前にシステム上で実行するコマンドを追加します。 </P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<h3>Preinstallation Scripts</h3>\n"
+"<P>Add commands to run on the system before the installation begins. </P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<h3>プレインストールスクリプト</h3>\n"
+"<P>インストールが始まる前にシステム上で実行するコマンドを追加します。 </P>\n"

#. help 2/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:72
-msgid "\n<h3>Postinstallation Scripts</h3>\n<P>You can also add commands to
execute on the system after the installation\nis completed. These scripts are
run outside the chroot environment.\n</P>"
-msgstr
"\n<h3>ポストインストールスクリプト</h3>\n<P>インストールの完了後にシステム上で実行するコマンドを追加することもできます。\nこれらのスクリプトはchroot環境の外で動作します。\n</P>"
+msgid ""
+"\n"
+"<h3>Postinstallation Scripts</h3>\n"
+"<P>You can also add commands to execute on the system after the
installation\n"
+"is completed. These scripts are run outside the chroot environment.\n"
+"</P>"
+msgstr ""
+"\n"
+"<h3>ポストインストールスクリプト</h3>\n"
+"<P>インストールの完了後にシステム上で実行するコマンドを追加することもできます。\n"
+"これらのスクリプトはchroot環境の外で動作します。\n"
+"</P>"

#. help 3/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:83
-msgid "\n<H3>Chroot Scripts</H3>\n<P>For your postinstallation script to run
inside the chroot\nenvironment, choose the <i>chroot scripts</i> options. Those
scripts are\nrun before the system reboots for the first time. By default, the
chroot \nscripts are run in the installation system. To access files in the
installed \nsystem, always use the mount point \"/mnt\" in your
scripts.\n</P>\n"
-msgstr
"\n<H3>Chrootスクリプト</H3>\n<P>ポストインストールスクリプト(インストール完了後に実行されるスクリプト)を\nchroot環境内で実行したい場合は、chrootスクリプトオプションを選択してください。これらのスクリプトは\nシステムがはじめて再起動する前に実行されます。デフォルトでは、chroot\nスクリプトはインストールシステム内で実行されます。インストールされたシステム内のファイルに\nアクセスするには、スクリプト内でマウントポイント「/mnt」を使う必要があります。\n</P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<H3>Chroot Scripts</H3>\n"
+"<P>For your postinstallation script to run inside the chroot\n"
+"environment, choose the <i>chroot scripts</i> options. Those scripts are\n"
+"run before the system reboots for the first time. By default, the chroot \n"
+"scripts are run in the installation system. To access files in the installed
\n"
+"system, always use the mount point \"/mnt\" in your scripts.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<H3>Chrootスクリプト</H3>\n"
+"<P>ポストインストールスクリプト(インストール完了後に実行されるスクリプト)を\n"
+"chroot環境内で実行したい場合は、chrootスクリプトオプションを選択してください。これらのスクリプトは\n"
+"システムがはじめて再起動する前に実行されます。デフォルトでは、chroot\n"
+"スクリプトはインストールシステム内で実行されます。インストールされたシステム内のファイルに\n"
+"アクセスするには、スクリプト内でマウントポイント「/mnt」を使う必要があります。\n"
+"</P>\n"

#. help 4/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:97
-msgid "\n<p>It is possible to run chroot scripts in a later stage after\nthe
boot loader has been configured using the special boolean tag
\"chrooted\".\nThis runs the scripts in the installed system. \n</p>\n"
-msgstr
"\n<p>特別なbooleanタグ「chrooted」を使ってブートローダを設定した後にchrootスクリプト\nを実行することができます。booleanこの場合スクリプトは、インストールしたシステム内で\n実行されます。
\n</p>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<p>It is possible to run chroot scripts in a later stage after\n"
+"the boot loader has been configured using the special boolean tag
\"chrooted\".\n"
+"This runs the scripts in the installed system. \n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<p>特別なbooleanタグ「chrooted」を使ってブートローダを設定した後にchrootスクリプト\n"
+"を実行することができます。booleanこの場合スクリプトは、インストールしたシステム内で\n"
+"実行されます。 \n"
+"</p>\n"

#. help 5/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:108
-msgid "\n<H3>Init Scripts</H3>\n<P>These scripts are executed during the
initial boot process and after\nYaST has finished configuring the system. The
final scripts are executed \nusing a special <b>rc</b> script that is executed
only once. \nThe final scripts are executed toward the end of the boot\nprocess
and after network has been initialized.\n</P>\n"
-msgstr
"\n<H3>initスクリプト</H3>\n<P>これらのスクリプトは最初の起動処理の際、YaSTがシステムの設定を終えた後に\n実行されます。完了スクリプトは特別な<b>rc</b>スクリプトを使用して\n一度だけ実行されます。\n完了スクリプトは起動処理の最後、ネットワークが初期化された後に\n実行されます。\n</P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<H3>Init Scripts</H3>\n"
+"<P>These scripts are executed during the initial boot process and after\n"
+"YaST has finished configuring the system. The final scripts are executed \n"
+"using a special <b>rc</b> script that is executed only once. \n"
+"The final scripts are executed toward the end of the boot\n"
+"process and after network has been initialized.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<H3>initスクリプト</H3>\n"
+"<P>これらのスクリプトは最初の起動処理の際、YaSTがシステムの設定を終えた後に\n"
+"実行されます。完了スクリプトは特別な<b>rc</b>スクリプトを使用して\n"
+"一度だけ実行されます。\n"
+"完了スクリプトは起動処理の最後、ネットワークが初期化された後に\n"
+"実行されます。\n"
+"</P>\n"

#. help 6/6
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:123
-msgid "\n<H3>Interpreter:</H3>\n<P>Preinstallation scripts can only be shell
scripts. Do not use <i>Perl</i> or \n<i>Python</i> for preinstallation
scripts.\n</P>\n"
-msgstr "\n<H3>インタープリタ:</H3>\n<P>プレインストールスクリプトには、シェルスクリプトのみ使用できます。
PerlやPython\nなどのインタープリタはプレインストールスクリプトには使用できません。\n</P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<H3>Interpreter:</H3>\n"
+"<P>Preinstallation scripts can only be shell scripts. Do not use <i>Perl</i>
or \n"
+"<i>Python</i> for preinstallation scripts.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<H3>インタープリタ:</H3>\n"
+"<P>プレインストールスクリプトには、シェルスクリプトのみ使用できます。 PerlやPython\n"
+"などのインタープリタはプレインストールスクリプトには使用できません。\n"
+"</P>\n"

#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:133
-msgid "\n<H3>Network Access:</H3>\n<P>While executing postinstallation
scripts, the network is disabled and\nrequires initialization in the scripts to
make the network accessible. An\nalternative for postinstallation scripts with
network is using init scripts, which\nguarantee a fully configured system when
running the scripts. If you did an installation\nover a network, you can use
the <b>Network</b> option for the postscript, too.\n</P>\n"
-msgstr
"\n<H3>ネットワークアクセス:</H3>\n<P>ポストインストールスクリプトの実行中にはネットワークは無効になるので、\nネットワークをアクセス可能にするために、スクリプト内での初期化が必要になります。

ネットワークで\nポストインストールスクリプトの代わりにinitスクリプトを使用することができます。これにより、\nスクリプトの実行時に完全に設定されたシステムを保証できます。
ネットワーク経由でインストールした場合、ポストスクリプトの[<b>ネットワーク</b>]オプションも使用できます。\n </P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<H3>Network Access:</H3>\n"
+"<P>While executing postinstallation scripts, the network is disabled and\n"
+"requires initialization in the scripts to make the network accessible. An\n"
+"alternative for postinstallation scripts with network is using init scripts,
which\n"
+"guarantee a fully configured system when running the scripts. If you did an
installation\n"
+"over a network, you can use the <b>Network</b> option for the postscript,
too.\n"
+"</P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<H3>ネットワークアクセス:</H3>\n"
+"<P>ポストインストールスクリプトの実行中にはネットワークは無効になるので、\n"
+"ネットワークをアクセス可能にするために、スクリプト内での初期化が必要になります。 ネットワークで\n"
+"ポストインストールスクリプトの代わりにinitスクリプトを使用することができます。これにより、\n"
+"スクリプトの実行時に完全に設定されたシステムを保証できます。
ネットワーク経由でインストールした場合、ポストスクリプトの[<b>ネットワーク</b>]オプションも使用できます。\n"
+" </P>\n"

#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:146
-msgid "\n<H3>Feedback and Debug:</H3>\n<P>All scripts except the init scripts
can show STDOUT+STDERR in a pop-up box as feedback.\nIf you turn on debugging,
you get more output in the feedback dialog that might help\nyou to debug your
script.</P>\n"
-msgstr "\n<H3>フィードバックおよびデバッグ:</H3>\n
<P>initスクリプトを除くすべてのスクリプトは、フィードバックとしてSTDOUT+STDERRをポップアップボックスに表示できます。\n
デバッグをオンにすると、フィードバックダイアログボックスにさらに多くの出力が表示されるので、\nスクリプトのデバッグに役立ちます。</P>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<H3>Feedback and Debug:</H3>\n"
+"<P>All scripts except the init scripts can show STDOUT+STDERR in a pop-up box
as feedback.\n"
+"If you turn on debugging, you get more output in the feedback dialog that
might help\n"
+"you to debug your script.</P>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<H3>フィードバックおよびデバッグ:</H3>\n"
+" <P>initスクリプトを除くすべてのスクリプトは、フィードバックとしてSTDOUT+STDERRをポップアップボックスに表示できます。\n"
+" デバッグをオンにすると、フィードバックダイアログボックスにさらに多くの出力が表示されるので、\n"
+"スクリプトのデバッグに役立ちます。</P>\n"

#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:155
msgid "Script Editor"
@@ -1844,14 +2249,24 @@
msgstr "新しいソースをロード(&L)"

#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:372
-msgid "Provide at least the script\nname and the location or content of the
script.\n"
-msgstr "少なくとも、スクリプト名と、\nスクリプトの内容または場所を指定してください。\n"
+msgid ""
+"Provide at least the script\n"
+"name and the location or content of the script.\n"
+msgstr ""
+"少なくとも、スクリプト名と、\n"
+"スクリプトの内容または場所を指定してください。\n"

#. Main dialog
#. @return [Symbol]
#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:474
-msgid "<p>\nBy adding scripts to the autoinstallation process, customize the
installation for\nyour needs and take control in different stages of the
installation.</p>\n"
-msgstr
"<p>\n自動インストールプロセスにスクリプトを加えることで、インストールをカスタマイズしたり、\nインストールの各段階でインストールを制御することができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"By adding scripts to the autoinstallation process, customize the installation
for\n"
+"your needs and take control in different stages of the installation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"自動インストールプロセスにスクリプトを加えることで、インストールをカスタマイズしたり、\n"
+"インストールの各段階でインストールを制御することができます。</p>\n"

#: src/include/autoinstall/script_dialogs.rb:480
msgid "User Script Management"
@@ -1883,8 +2298,18 @@

#. backdoor for merging problems.
#: src/modules/AutoInstallRules.rb:1054
-msgid "\nUser-defined classes could not be retrieved. Make sure all classes
\nare defined correctly and available for this system via the network\nor
locally. The system cannot be installed with the original control \nfile
without using classes.\n"
-msgstr
"\nユーザ定義クラスを取得できませんでした。すべてのクラスが正しく\n定義されて、ネットワークまたはローカルで使用可能かどうか確認して\nください。クラスを使用しないで元のコントロールファイルでインストールを\n行うことはできません。\n"
+msgid ""
+"\n"
+"User-defined classes could not be retrieved. Make sure all classes \n"
+"are defined correctly and available for this system via the network\n"
+"or locally. The system cannot be installed with the original control \n"
+"file without using classes.\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"ユーザ定義クラスを取得できませんでした。すべてのクラスが正しく\n"
+"定義されて、ネットワークまたはローカルで使用可能かどうか確認して\n"
+"ください。クラスを使用しないで元のコントロールファイルでインストールを\n"
+"行うことはできません。\n"

#. The line above needs to be fixed when we have more attributes
#. comment will look like this: "(description=BLA BLA)"
@@ -1937,16 +2362,38 @@
#. local_rules_file = (string)WFM::Args(1);
#. }
#: src/modules/AutoinstConfig.rb:447
-msgid "<h3>AutoYaST Configuration Management System</h3>\n<p>Almost all
resources of the control file can be\nconfigured using the configuration
management system.</p>\n"
-msgstr
"<h3>AutoYaST設定管理システム</h3>\n<p>コントロールファイルのほとんどすべてのリソースを\n設定管理システムを使って設定することができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<h3>AutoYaST Configuration Management System</h3>\n"
+"<p>Almost all resources of the control file can be\n"
+"configured using the configuration management system.</p>\n"
+msgstr ""
+"<h3>AutoYaST設定管理システム</h3>\n"
+"<p>コントロールファイルのほとんどすべてのリソースを\n"
+"設定管理システムを使って設定することができます。</p>\n"

#: src/modules/AutoinstConfig.rb:452
-msgid "<p>Most of the modules used to create the configuration are identical
to those available\nthrough the YaST Control Center. Instead of configuring
this system, the data\nentered is collected and exported to the control file
that can be used to\ninstall another system using AutoYaST.\n</p>\n"
-msgstr
"<p>設定を作成する際に利用するほとんどのモジュールは、YaST2コントロールセンターで利用するものと\n同じです。入力したデータは、このシステムの設定のためではなく、収集されて\nコントロールファイルにエクスポートされます。このファイルを使用することで、AutoYASTで\n他のシステムをインストールできます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Most of the modules used to create the configuration are identical to
those available\n"
+"through the YaST Control Center. Instead of configuring this system, the
data\n"
+"entered is collected and exported to the control file that can be used to\n"
+"install another system using AutoYaST.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>設定を作成する際に利用するほとんどのモジュールは、YaST2コントロールセンターで利用するものと\n"
+"同じです。入力したデータは、このシステムの設定のためではなく、収集されて\n"
+"コントロールファイルにエクスポートされます。このファイルを使用することで、AutoYASTで\n"
+"他のシステムをインストールできます。\n"
+"</p>\n"

#: src/modules/AutoinstConfig.rb:459
-msgid "<p>In addition to the existing and familiar modules,\nnew interfaces
were created for special and complex configurations, including\npartitioning,
general options, and software.</p>\n"
-msgstr
"<p>これまでのモジュールに加えて、パーティションやソフトウェアの\n一般的なオプションなど、特別で複雑な設定を作成する新しいインタフェースが\nあります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>In addition to the existing and familiar modules,\n"
+"new interfaces were created for special and complex configurations,
including\n"
+"partitioning, general options, and software.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>これまでのモジュールに加えて、パーティションやソフトウェアの\n"
+"一般的なオプションなど、特別で複雑な設定を作成する新しいインタフェースが\n"
+"あります。</p>\n"

#. Construct node name for display in tree.
#.
@@ -2125,8 +2572,12 @@

#. warning text during the installation. %1 is a list of package names
#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:171
-msgid "These packages could not be found in the software repositories:\n%1"
-msgstr "これらのパッケージはソフトウェアリポジトリ内に見つかりませんでした:\n%1"
+msgid ""
+"These packages could not be found in the software repositories:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"これらのパッケージはソフトウェアリポジトリ内に見つかりませんでした:\n"
+"%1"

#. 4 means "already exists"
#. Add add-ons
@@ -2155,8 +2606,12 @@
#. Compress image:
#. tar cfz /srv/www/htdocs/image.tar.gz --exclude="proc*" .
#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:431
-msgid "You can do changes to the image now in %1/\nIf you press the ok-button,
the image will be compressed and can't be changed anymore."
-msgstr "ここで、%1/ 内のイメージを変更できます。\n[OK]ボタンをクリックするとイメージは圧縮され、変更できなくなります。"
+msgid ""
+"You can do changes to the image now in %1/\n"
+"If you press the ok-button, the image will be compressed and can't be changed
anymore."
+msgstr ""
+"ここで、%1/ 内のイメージを変更できます。\n"
+"[OK]ボタンをクリックするとイメージは圧縮され、変更できなくなります。"

#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:445
msgid "Image compressing failed in '%1'. Please check /tmp/ay_image.log"
@@ -2168,8 +2623,12 @@

#. copy a directory (ends with / in directory.yast)
#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:488
-msgid "can not get the directory.yast file at `%1`.\nYou can create that file
with 'ls -F > directory.yast' if it's missing."
-msgstr "「%1」内でdirectory.yastファイルを取得できません。\nこのファイルが存在しない場合は、「ls -F >
directory.yast」で作成できます。"
+msgid ""
+"can not get the directory.yast file at `%1`.\n"
+"You can create that file with 'ls -F > directory.yast' if it's missing."
+msgstr ""
+"「%1」内でdirectory.yastファイルを取得できません。\n"
+"このファイルが存在しない場合は、「ls -F > directory.yast」で作成できます。"

#. don't copy subdirs. They have to be mentioned explicit. Copy only files
from that dir.
#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:522
@@ -2196,8 +2655,12 @@
msgstr "OK"

#: src/modules/AutoinstSoftware.rb:626
-msgid "You can do changes to the ISO now in %1, like adding a complete
different AutoYaST XML file.\nIf you press the ok-button, the iso will be
created."
-msgstr "ここで、%1 のISOを変更できます。たとえば、全く異なるAutoYaST
XMLファイルを追加できます。\n[OK]ボタンをクリックするとISOを作成します。"
+msgid ""
+"You can do changes to the ISO now in %1, like adding a complete different
AutoYaST XML file.\n"
+"If you press the ok-button, the iso will be created."
+msgstr ""
+"ここで、%1 のISOを変更できます。たとえば、全く異なるAutoYaST XMLファイルを追加できます。\n"
+"[OK]ボタンをクリックするとISOを作成します。"

#. create the actual ISO file
#. Popup::Message( _("Please choose a place where you want to save the ISO
file in the next dialog") );
@@ -2268,8 +2731,12 @@
#. We must only change RootPart::selectedRootPartition if booting
#. is inevitable.
#: src/modules/AutoinstStorage.rb:1039
-msgid "Multiple root partitions found, but you did not configure\nwhich root
partition should be used. Automatic installation not possible.\n"
-msgstr "複数のルートパーティションが見つかりました。どのパーティションを\n使用するか指定されていません。そのため自動インストールができません。\n"
+msgid ""
+"Multiple root partitions found, but you did not configure\n"
+"which root partition should be used. Automatic installation not possible.\n"
+msgstr ""
+"複数のルートパーティションが見つかりました。どのパーティションを\n"
+"使用するか指定されていません。そのため自動インストールができません。\n"

#. return list of available devices
#: src/modules/AutoinstStorage.rb:1122
@@ -2317,4 +2784,3 @@
#: src/modules/ProfileLocation.rb:193
msgid "&OK"
msgstr "OK(&O)"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/base.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/base.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/base.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: base\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 17:00+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -14,11 +14,18 @@
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
+
#. Translators: a warning message in a continue-cancel question
#. Opscode Chef is a different way to configure the system.
#: library/commandline/src/clients/other_tools_warning.rb:43
-msgid "Chef Client is running. The changes that you make\nmay be overridden by
Chef later.\nContinue configuration with YaST?"
-msgstr
"Chefクライアントが実行中です。ここで行った変更は、\n後でChefにより上書きされる可能性があります。\nYaSTの環境設定を続行しますか?"
+msgid ""
+"Chef Client is running. The changes that you make\n"
+"may be overridden by Chef later.\n"
+"Continue configuration with YaST?"
+msgstr ""
+"Chefクライアントが実行中です。ここで行った変更は、\n"
+"後でChefにより上書きされる可能性があります。\n"
+"YaSTの環境設定を続行しますか?"

#. translators: help for 'help' option on command line
#: library/commandline/src/modules/CommandLine.rb:54
@@ -144,18 +151,30 @@

#. translators: command line options
#: library/commandline/src/modules/CommandLine.rb:617
-msgid "\n Options:"
-msgstr "\n オプション:"
+msgid ""
+"\n"
+" Options:"
+msgstr ""
+"\n"
+" オプション:"

#. additional help for using command line
#: library/commandline/src/modules/CommandLine.rb:706
-msgid "\n Options of the [string] type must be written in the form
'option=value'."
-msgstr "\n [文字列] の種類のオプションは 'オプション=値' のように指定しなければなりません。"
+msgid ""
+"\n"
+" Options of the [string] type must be written in the form 'option=value'."
+msgstr ""
+"\n"
+" [文字列] の種類のオプションは 'オプション=値' のように指定しなければなりません。"

#. translators: example title for command line
#: library/commandline/src/modules/CommandLine.rb:713
-msgid "\n Example:"
-msgstr "\n 例:"
+msgid ""
+"\n"
+" Example:"
+msgstr ""
+"\n"
+" 例:"

#. translators: default module description if none is provided by the module
itself
#: library/commandline/src/modules/CommandLine.rb:743
@@ -335,8 +354,12 @@
#. Error message, %1 is replaced with a filename
#. %2 with am error reason (there is a newline between %1 and %2)
#: library/control/src/modules/InstError.rb:98
-msgid "Unable to save YaST logs to %1\n%2"
-msgstr "YaST ログを %1 に保存できませんでした\n%2"
+msgid ""
+"Unable to save YaST logs to %1\n"
+"%2"
+msgstr ""
+"YaST ログを %1 に保存できませんでした\n"
+"%2"

#. TRANSLATORS: part of an error message
#. // %1 - logfile, possibly with errors
@@ -349,8 +372,14 @@
#. %2 - directory where YaST logs are stored
#. %3 - link to the Yast Bug Reporting HOWTO Web page
#: library/control/src/modules/InstError.rb:157
-msgid "This is worth reporting a bug at %1.\nPlease, attach also all YaST logs
stored in the '%2' directory.\nSee %3 for more information about YaST logs."
-msgstr "これは %1
でバグとして報告するにふさわしい事象と思われます。\n報告の際には「%2」ディレクトリ以下に保存されているすべてのYaSTログファイルを添付してください。\nまた、YaSTログの詳細については、%3
を参照してください。"
+msgid ""
+"This is worth reporting a bug at %1.\n"
+"Please, attach also all YaST logs stored in the '%2' directory.\n"
+"See %3 for more information about YaST logs."
+msgstr ""
+"これは %1 でバグとして報告するにふさわしい事象と思われます。\n"
+"報告の際には「%2」ディレクトリ以下に保存されているすべてのYaSTログファイルを添付してください。\n"
+"また、YaSTログの詳細については、%3 を参照してください。"

#. link to the Yast Bug Reporting HOWTO
#. for translators: use the localized page for your language if it exists,
@@ -432,8 +461,26 @@

#. popup message, %1 is list of problems
#: library/control/src/modules/ProductProfile.rb:200
-msgid "The profile does not allow you to run the products on this
system.\nProceeding to run this installation will leave you in an unsupported
state\nand might impact your compliance requirements.\n \nThe following
requirements are not fulfilled on this system:\n \n%1\n\n%2"
-msgstr
"プロファイルでは、このシステムで製品を実行できません。\nこのインストールを続行すると、サポートされていない状態になり、\nコンプライアンス条件に影響する可能性があります。\n
\nこのシステムでは、以下の要件が満たされていません。\n \n%1\n\n%2"
+msgid ""
+"The profile does not allow you to run the products on this system.\n"
+"Proceeding to run this installation will leave you in an unsupported state\n"
+"and might impact your compliance requirements.\n"
+" \n"
+"The following requirements are not fulfilled on this system:\n"
+" \n"
+"%1\n"
+"\n"
+"%2"
+msgstr ""
+"プロファイルでは、このシステムで製品を実行できません。\n"
+"このインストールを続行すると、サポートされていない状態になり、\n"
+"コンプライアンス条件に影響する可能性があります。\n"
+" \n"
+"このシステムでは、以下の要件が満たされていません。\n"
+" \n"
+"%1\n"
+"\n"
+"%2"

#. make sure that every workflow is merged only once
#. bugzilla #332436
@@ -457,8 +504,14 @@
#. %2 is eg. "Off -- Start Service Manually"
#. (both without quotes)
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:225
-msgid "<p><b><big>Service Start</big></b><br>\nTo start the service every time
your computer is booted, set\n<b>%1</b>. Otherwise set <b>%2</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>サービス開始</big></b><br>\nコンピュータを起動するたびにサービスを開始するには、\n<b>%1</b>
を設定します。 または、<b>%2</b> を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Service Start</big></b><br>\n"
+"To start the service every time your computer is booted, set\n"
+"<b>%1</b>. Otherwise set <b>%2</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>サービス開始</big></b><br>\n"
+"コンピュータを起動するたびにサービスを開始するには、\n"
+"<b>%1</b> を設定します。 または、<b>%2</b> を設定します。</p>"

#. help text for service auto start widget
#. %1, %2 and %3 are button labels
@@ -467,8 +520,16 @@
#. %3 is eg. "Start Service via xinetd"
#. (both without quotes)
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:241
-msgid "<p><b><big>Service Start</big></b><br>\nTo start the service every time
your computer is booted, set\n<b>%1</b>. To start the service via the xinetd
daemon, set <b>%3</b>.\nOtherwise set <b>%2</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>サービスの開始</big></b><br>\nコンピュータを起動したときにサービスを開始するには\n<b>%1</b>
を設定してください。 xinetd 経由でサービスを起動するには <b>%3</b>\n を設定してください。それ以外の場合は <b>%2</b>
を指定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Service Start</big></b><br>\n"
+"To start the service every time your computer is booted, set\n"
+"<b>%1</b>. To start the service via the xinetd daemon, set <b>%3</b>.\n"
+"Otherwise set <b>%2</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>サービスの開始</big></b><br>\n"
+"コンピュータを起動したときにサービスを開始するには\n"
+"<b>%1</b> を設定してください。 xinetd 経由でサービスを起動するには <b>%3</b>\n"
+" を設定してください。それ以外の場合は <b>%2</b> を指定してください。</p>"

#. part of help text - radio button label, NO SHORTCUT!!!
#. part of help text - radio button label, NO SHORTCUT!!!
@@ -519,16 +580,26 @@
#. %2 is eg. "Stop the Service Now"
#. (both without quotes)
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:504
-msgid "<p><b><big>Switch On or Off</big></b><br>\nTo start or stop the service
immediately, use \n<b>%1</b> or <b>%2</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>起動/停止</big></b><br>\nサービスをすぐに開始/停止するには、\n<b>%1</b> または
<b>%2</b> を使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Switch On or Off</big></b><br>\n"
+"To start or stop the service immediately, use \n"
+"<b>%1</b> or <b>%2</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>起動/停止</big></b><br>\n"
+"サービスをすぐに開始/停止するには、\n"
+"<b>%1</b> または <b>%2</b> を使用します。</p>"

#. help text for service start widget 2/2, optional
#. %3 is push button label, eg. "Save Changes and Restart Service Now"
#. (without quotes)
#. note: %3 is correct, do not replace with %1!!!
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:516
-msgid "<p>To save all changes and restart the\nservice immediately, use
<b>%3</b>.</p>\n"
-msgstr "<p>すべての変更を保存しサービスをすぐに再起動するには、\n<b>%3</b> を使用します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To save all changes and restart the\n"
+"service immediately, use <b>%3</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>すべての変更を保存しサービスをすぐに再起動するには、\n"
+"<b>%3</b> を使用します。</p>\n"

#. part of help text - push button label, NO SHORTCUT!!!
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:531
@@ -573,8 +644,14 @@
#. help text for LDAP enablement widget
#. %1 is button label, eg. "LDAP Support Active" (without quotes)
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:730
-msgid "<p><b><big>LDAP Support</big></b><br>\nTo store the settings in LDAP
instead of native configuration files,\nset <b>%1</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>LDAPのサポート</big></b><br>\nネイティブの設定ファイルではなくLDAPに設定を保存するには、\n<b>%1</b>
を設定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>LDAP Support</big></b><br>\n"
+"To store the settings in LDAP instead of native configuration files,\n"
+"set <b>%1</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>LDAPのサポート</big></b><br>\n"
+"ネイティブの設定ファイルではなくLDAPに設定を保存するには、\n"
+"<b>%1</b> を設定してください。</p>"

#. part of help text - check box label, NO SHORTCUT!!!
#: library/cwm/src/modules/CWMServiceStart.rb:743
@@ -609,8 +686,14 @@

#. popup message
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:302
-msgid "The selected TSIG key cannot be deleted,\nbecause it is in use.\nStop
using it in the configuration first."
-msgstr "選択されたTSIGキーは使用中のため削除\nできません。\nはじめに、環境設定におけるそのキーの使用を中止してください。"
+msgid ""
+"The selected TSIG key cannot be deleted,\n"
+"because it is in use.\n"
+"Stop using it in the configuration first."
+msgstr ""
+"選択されたTSIGキーは使用中のため削除\n"
+"できません。\n"
+"はじめに、環境設定におけるそのキーの使用を中止してください。"

#. popup title
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:308
@@ -644,13 +727,21 @@

#. yes-no popup
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:375
-msgid "The key with the specified ID exists and is used.\nRemove it?"
-msgstr "指定されたIDのキーは存在しており、使用されています。\n削除しますか?"
+msgid ""
+"The key with the specified ID exists and is used.\n"
+"Remove it?"
+msgstr ""
+"指定されたIDのキーは存在しており、使用されています。\n"
+"削除しますか?"

#. yes-no popup
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:395
-msgid "A key with the specified ID was found\non your disk. Remove it?"
-msgstr "指定されたIDのキーがディスク内で見つかりました。\n削除しますか?"
+msgid ""
+"A key with the specified ID was found\n"
+"on your disk. Remove it?"
+msgstr ""
+"指定されたIDのキーがディスク内で見つかりました。\n"
+"削除しますか?"

#. yes-no popup
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:420
@@ -674,28 +765,64 @@

#. yes-no popup
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:462
-msgid "The specified file contains a TSIG key with the same\nidentifier as
some of already present keys.\nOld keys will be removed. Continue?"
-msgstr "指定されたファイルには、既存のキーと同じIDのTSIGキーが\n含まれています。\n既存のキーは削除されます。続行しますか?"
+msgid ""
+"The specified file contains a TSIG key with the same\n"
+"identifier as some of already present keys.\n"
+"Old keys will be removed. Continue?"
+msgstr ""
+"指定されたファイルには、既存のキーと同じIDのTSIGキーが\n"
+"含まれています。\n"
+"既存のキーは削除されます。続行しますか?"

#. tsig keys management dialog help 1/4
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:565
-msgid "<p><big><b>TSIG Key Management</b></big><br>\nUse this dialog to manage
the TSIG keys.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>TSIGキー管理</b></big><br>\nこのダイアログでTSIGキーを管理します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>TSIG Key Management</b></big><br>\n"
+"Use this dialog to manage the TSIG keys.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>TSIGキー管理</b></big><br>\n"
+"このダイアログでTSIGキーを管理します。</p>\n"

#. tsig keys management dialog help 2/4
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:569
-msgid "<p><big><b>Adding an Existing TSIG Key</b></big><br>\nTo add an already
created TSIG key, select a <b>Filename</b> of the file\ncontaining the key and
click <b>Add</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><big><b>既存のTSIGキーの追加</b></big><br>\nすでに作成されているTSIGキーを追加するには、キーが含まれているファイルの<b>ファイル名</b>を\n選択し、[追加]<b></b>をクリックします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>Adding an Existing TSIG Key</b></big><br>\n"
+"To add an already created TSIG key, select a <b>Filename</b> of the file\n"
+"containing the key and click <b>Add</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>既存のTSIGキーの追加</b></big><br>\n"
+"すでに作成されているTSIGキーを追加するには、キーが含まれているファイルの<b>ファイル名</b>を\n"
+"選択し、[追加]<b></b>をクリックします。</p>\n"

#. tsig keys management dialog help 3/4
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:575
-msgid "<p><big><b>Creating a New TSIG Key</b></big><br>\nTo create a new TSIG
key, set the <b>Filename</b> of the file in which to\ncreate the key and the
<b>Key ID</b> to identify the key then click\n<b>Generate</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><big><b>新しいTSIGキーの作成</b></big><br>\n新しいTSIGキーを作成するには、キーを作成するファイルの<b>ファイル名</b>および\nキーを識別する<b>キーID</b>を設定し、\n[生成]<b></b>をクリックします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>Creating a New TSIG Key</b></big><br>\n"
+"To create a new TSIG key, set the <b>Filename</b> of the file in which to\n"
+"create the key and the <b>Key ID</b> to identify the key then click\n"
+"<b>Generate</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>新しいTSIGキーの作成</b></big><br>\n"
+"新しいTSIGキーを作成するには、キーを作成するファイルの<b>ファイル名</b>および\n"
+"キーを識別する<b>キーID</b>を設定し、\n"
+"[生成]<b></b>をクリックします。</p>\n"

#. tsig keys management dialog help 4/4
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:582
-msgid "<p><big><b>Removing a TSIG Key</b></big><br>\nTo remove a configured
TSIG key, select it and click <b>Delete</b>.\nAll keys in the same file are
deleted.\nIf a TSIG key is in use in the configuration\nof the server, it
cannot be deleted. The server must stop using it\nin the configuration
first.</p>\n"
-msgstr
"<p><big><b>TSIGキーの削除</b></big><br>\n設定済みのTSIGキーを削除するには、キーを選択して[削除]<b></b>をクリックします。\n同じファイル内のすべてのキーが削除されます。\nサーバの環境設定でTSIGキーが\n使用中の場合は削除できません。
まず、環境設定におけるそのキーの\n使用を中止する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>Removing a TSIG Key</b></big><br>\n"
+"To remove a configured TSIG key, select it and click <b>Delete</b>.\n"
+"All keys in the same file are deleted.\n"
+"If a TSIG key is in use in the configuration\n"
+"of the server, it cannot be deleted. The server must stop using it\n"
+"in the configuration first.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>TSIGキーの削除</b></big><br>\n"
+"設定済みのTSIGキーを削除するには、キーを選択して[削除]<b></b>をクリックします。\n"
+"同じファイル内のすべてのキーが削除されます。\n"
+"サーバの環境設定でTSIGキーが\n"
+"使用中の場合は削除できません。 まず、環境設定におけるそのキーの\n"
+"使用を中止する必要があります。</p>\n"

#. Frame label - adding a created server key
#: library/cwm/src/modules/CWMTsigKeys.rb:594
@@ -774,23 +901,43 @@

#. help 1/4
#: library/cwm/src/modules/TablePopup.rb:899
-msgid "<p><b><big>Editing the Settings</big></b><br>\nTo edit the settings,
choose the appropriate\nentry of the table then click <b>Edit</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>設定の編集</big></b><br>\n設定を編集するには、該当するエントリを選択して\n[編集]<b></b>をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing the Settings</big></b><br>\n"
+"To edit the settings, choose the appropriate\n"
+"entry of the table then click <b>Edit</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>設定の編集</big></b><br>\n"
+"設定を編集するには、該当するエントリを選択して\n"
+"[編集]<b></b>をクリックします。</p>"

#. help 2/4, optional
#: library/cwm/src/modules/TablePopup.rb:908
-msgid "<p>To add a new option, click <b>Add</b>. To remove\nan option, select
it and click <b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p>新しいオプションを追加するには、[追加]<b></b>ボタンをクリックします。オプションを削除するには、\n削除するオプションを選択して[削除]<b></b>をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a new option, click <b>Add</b>. To remove\n"
+"an option, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>新しいオプションを追加するには、[追加]<b></b>ボタンをクリックします。オプションを削除するには、\n"
+"削除するオプションを選択して[削除]<b></b>をクリックします。</p>"

#. help 3/4, optional
#: library/cwm/src/modules/TablePopup.rb:918
-msgid "<P>The <B>Ch.</B> column of the table shows \nwhether the option was
changed.</P>"
-msgstr "<P>テーブルの[変更]<B></B>列には、\nオプションが変更されたかどうかが表示されます。</P>"
+msgid ""
+"<P>The <B>Ch.</B> column of the table shows \n"
+"whether the option was changed.</P>"
+msgstr ""
+"<P>テーブルの[変更]<B></B>列には、\n"
+"オプションが変更されたかどうかが表示されます。</P>"

#. help 4/4, optional
#: library/cwm/src/modules/TablePopup.rb:928
-msgid "<p>To reorder the options, select an option\nand use <b>Up</b> and
<b>Down</b> to move it up or down\nin the list.</p>"
-msgstr
"<p>オプションの順序を変更するには、オプションを選択し、\n[上へ]および[下へ]<b></b><b></b>を使用してリスト内を\n上下に移動します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To reorder the options, select an option\n"
+"and use <b>Up</b> and <b>Down</b> to move it up or down\n"
+"in the list.</p>"
+msgstr ""
+"<p>オプションの順序を変更するには、オプションを選択し、\n"
+"[上へ]および[下へ]<b></b><b></b>を使用してリスト内を\n"
+"上下に移動します。</p>"

#. menu button
#: library/cwm/src/modules/WizardHW.rb:209
@@ -825,8 +972,12 @@

#. show popup when running as non-root
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:273
-msgid "YaST2 Control Center is not running as root.\nYou can only see modules
that do not require root privileges."
-msgstr "YaST2 コントロールセンターを root で実行していません。\nroot 権限を必要としないモジュールのみを表示します。"
+msgid ""
+"YaST2 Control Center is not running as root.\n"
+"You can only see modules that do not require root privileges."
+msgstr ""
+"YaST2 コントロールセンターを root で実行していません。\n"
+"root 権限を必要としないモジュールのみを表示します。"

#. NCurses (textmode) Control Center headline
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:320
@@ -835,8 +986,18 @@

#. NCurses Control Center help 1/
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:323
-msgid "<p>1) <i>General</i><br>\nNavigate through the dialog elements with
[TAB] to go to\nthe next element and [SHIFT] (or [ALT]) + [TAB] to move
backwards.\nSelect or activate elements with [SPACE] or [ENTER].\nSome elements
use arrow keys (e.g., to scroll in lists).</p>"
-msgstr "<p>1)
<i>一般</i><br>\n&lt;Tab&gt;で次の項目に、&lt;Shift&gt;+&lt;Tab&gt;または&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;で\n前の項目にダイアログの項目間を移動できます。\n<スペース>または&lt;Enter&gt;でダイアログの項目を選択してください。\n一部の項目(リストのスクロールなど)には矢印キーを使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p>1) <i>General</i><br>\n"
+"Navigate through the dialog elements with [TAB] to go to\n"
+"the next element and [SHIFT] (or [ALT]) + [TAB] to move backwards.\n"
+"Select or activate elements with [SPACE] or [ENTER].\n"
+"Some elements use arrow keys (e.g., to scroll in lists).</p>"
+msgstr ""
+"<p>1) <i>一般</i><br>\n"
+"&lt;Tab&gt;で次の項目に、&lt;Shift&gt;+&lt;Tab&gt;または&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;で\n"
+"前の項目にダイアログの項目間を移動できます。\n"
+"<スペース>または&lt;Enter&gt;でダイアログの項目を選択してください。\n"
+"一部の項目(リストのスクロールなど)には矢印キーを使用します。</p>"

#. NCurses Control Center help 2/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:331
@@ -845,28 +1006,57 @@

#. NCurses Control Center help 3/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:338
-msgid "<p>Buttons are equipped with shortcut keys (the highlighted\nletter).
Use [ALT] and the letter to activate the button.</p>"
-msgstr
"<p>ショートカットキー(強調表示されている文字)でボタンと同じ動作を\n実行できます。&lt;Alt&gt;キーを押しながら該当する文字キーを押してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>Buttons are equipped with shortcut keys (the highlighted\n"
+"letter). Use [ALT] and the letter to activate the button.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ショートカットキー(強調表示されている文字)でボタンと同じ動作を\n"
+"実行できます。&lt;Alt&gt;キーを押しながら該当する文字キーを押してください。</p>"

#. NCurses Control Center help 4/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:342
-msgid "<p>Press [ESC] to close selection pop-ups (e.g., from\nmenu buttons)
without choosing anything.</p>\n"
-msgstr
"<p>何も選択せずに(たとえば、メニューのボタンからの)選択ポップアップ\nを閉じるには、&lt;Esc&gt;キーを押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Press [ESC] to close selection pop-ups (e.g., from\n"
+"menu buttons) without choosing anything.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>何も選択せずに(たとえば、メニューのボタンからの)選択ポップアップ\n"
+"を閉じるには、&lt;Esc&gt;キーを押してください。</p>\n"

#. NCurses Control Center help 5/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:346
-msgid "<p>2) <i>Substitution of Keystrokes</i><br>\n<p>Because the environment
can affect the use of the keyboard,\nthere is more than one way to navigate the
dialog pages.\nIf [TAB] and [SHIFT] (or [ALT]) + [TAB] do not work,\nmove focus
forward with [CTRL] + [F] and backward with [CTRL] + [B].</p>"
-msgstr "<p>2)
<i>キーの置き換え</i><br>\n<p>環境によって使用するキーボードが異なるため、ダイアログページの\n移動方法は1つではありません。\n&lt;Tab&gt;キー、および&lt;Shift&gt;+&lt;Tab&gt;キー\nまたは&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;が正常に動作しない場合は、&lt;Ctrl&gt;+&lt;F&gt;でダイアログの次の項目に、\nまた&lt;Ctrl&gt;+&lt;B&gt;で前の項目に移動してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>2) <i>Substitution of Keystrokes</i><br>\n"
+"<p>Because the environment can affect the use of the keyboard,\n"
+"there is more than one way to navigate the dialog pages.\n"
+"If [TAB] and [SHIFT] (or [ALT]) + [TAB] do not work,\n"
+"move focus forward with [CTRL] + [F] and backward with [CTRL] + [B].</p>"
+msgstr ""
+"<p>2) <i>キーの置き換え</i><br>\n"
+"<p>環境によって使用するキーボードが異なるため、ダイアログページの\n"
+"移動方法は1つではありません。\n"
+"&lt;Tab&gt;キー、および&lt;Shift&gt;+&lt;Tab&gt;キー\n"
+"または&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;が正常に動作しない場合は、&lt;Ctrl&gt;+&lt;F&gt;でダイアログの次の項目に、\n"
+"また&lt;Ctrl&gt;+&lt;B&gt;で前の項目に移動してください。</p>"

#. NCurses Control Center help 6/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:354
-msgid "<p>If [ALT] + [letter] does not work,\ntry [ESC] + [letter]. Example:
[ESC] + [H] for [ALT] + [H].\n[ESC] + [TAB] is also a substitute for [ALT] +
[TAB].</p>"
-msgstr
"<p>&lt;Alt&gt;+&lt;文字&gt;が動作しない場合は、\n&lt;Esc&gt;+&lt;文字&gt;を試してください。たとえば、&lt;Alt&gt;+&lt;H&gt;の代わりに&lt;Esc&gt;+&lt;H&gt;を使用します。\n同様に、&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;の代わりに&lt;Esc&gt;+&lt;Tab&gt;を使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p>If [ALT] + [letter] does not work,\n"
+"try [ESC] + [letter]. Example: [ESC] + [H] for [ALT] + [H].\n"
+"[ESC] + [TAB] is also a substitute for [ALT] + [TAB].</p>"
+msgstr ""
+"<p>&lt;Alt&gt;+&lt;文字&gt;が動作しない場合は、\n"
+"&lt;Esc&gt;+&lt;文字&gt;を試してください。たとえば、&lt;Alt&gt;+&lt;H&gt;の代わりに&lt;Esc&gt;+&lt;H&gt;を使用します。\n"
+"同様に、&lt;Alt&gt;+&lt;Tab&gt;の代わりに&lt;Esc&gt;+&lt;Tab&gt;を使用します。</p>"

#. NCurses Control Center help 7/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:360
-msgid "<p>3) <i>Function Keys</i><br>\nF keys provide a quick access to main
functions. The function key bindings for the current dialog are shown in the
bottom line.</p>"
-msgstr "<p>3)
<i></i>ファンクションキー<br>\nFキーを使用すると、主な機能に素早くアクセスできます。現在のダイアログのファンクションキーの割り当ては下部の行に表示されています。</p>"
+msgid ""
+"<p>3) <i>Function Keys</i><br>\n"
+"F keys provide a quick access to main functions. The function key bindings
for the current dialog are shown in the bottom line.</p>"
+msgstr ""
+"<p>3) <i></i>ファンクションキー<br>\n"
+"Fキーを使用すると、主な機能に素早くアクセスできます。現在のダイアログのファンクションキーの割り当ては下部の行に表示されています。</p>"

#. NCurses Control Center help 8/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:367
@@ -875,12 +1065,33 @@

#. NCurses Control Center help 9/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:369
-msgid "F1 = Help<br>\nF2 = Info or Description<br>\nF3 = Add<br>\nF4 =
Edit or Configure<br>\nF5 = Delete<br>\nF6 = Test<br>\nF7 = Expert or
Advanced<br>\nF8 = Back<br>\nF9 = Abort or Cancel<br>\nF10 = OK, Next,
Finish, or Accept<br>"
-msgstr "F1 = ヘルプ<br>\nF2 = 情報または説明F3 = 追加<br>\nF4 = 編集または設定<br>\nF5 =
削除<br>\nF6 = テスト<br>\nF7 = エキスパート設定または詳細設定<br>\nF8 = 戻る<br>\nF9 =
中止またはキャンセル<br>\nF10 = OK、次へ、終了、了解<br>"
+msgid ""
+"F1 = Help<br>\n"
+"F2 = Info or Description<br>\n"
+"F3 = Add<br>\n"
+"F4 = Edit or Configure<br>\n"
+"F5 = Delete<br>\n"
+"F6 = Test<br>\n"
+"F7 = Expert or Advanced<br>\n"
+"F8 = Back<br>\n"
+"F9 = Abort or Cancel<br>\n"
+"F10 = OK, Next, Finish, or Accept<br>"
+msgstr ""
+"F1 = ヘルプ<br>\n"
+"F2 = 情報または説明F3 = 追加<br>\n"
+"F4 = 編集または設定<br>\n"
+"F5 = 削除<br>\n"
+"F6 = テスト<br>\n"
+"F7 = エキスパート設定または詳細設定<br>\n"
+"F8 = 戻る<br>\n"
+"F9 = 中止またはキャンセル<br>\n"
+"F10 = OK、次へ、終了、了解<br>"

#. NCurses Control Center help 10/10
#: library/desktop/src/clients/menu.rb:382
-msgid "<p>In some environments, all or some\nF keys are not available.</p>"
+msgid ""
+"<p>In some environments, all or some\n"
+"F keys are not available.</p>"
msgstr "<p>一部の環境では、すべてまたは一部のファンクションキーを使用できません。</p>"

#. @param service [Object] An object providing the following methods:
@@ -913,8 +1124,20 @@
#. rubocop:enable Style/TrivialAccessors
#. Content for the help
#: library/general/src/lib/ui/service_status.rb:133
-msgid "<p><b><big>Current status</big></b><br>\nDisplays the current status of
the service. The status will remain the same after saving the settings,
independently of the value of 'start service during
boot'.</p>\n<p><b><big>%{reload_label}</big></b><br>\nOnly applicable if the
service is currently running. Ensures the running service reloads the new
configuration after saving it (either finishing the dialog or pressing the
apply button).</p>\n<p><b><big>Start During System Boot</big></b><br>\nCheck
this field to enable the service at system boot. Un-check it to disable the
service. This does not affect the current status of the service in the already
running system.</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b><big>現在のステータス</big></b>]<br>\nサービスの現在のステータスを表示します。ステータスは、「ブート中にサービスを開始」の値に関係なく、設定を保存した後でも同じままです。</p>\n<p>[<b><big>%{reload_label}</big></b>]<br>\nサービスが現在稼働中の場合のみ適用できます。稼働中のサービスは、新しい設定を保存(ダイアログを終了するか、[適用]ボタンを押す)した後に新しい設定を再ロードします。</p>\n<p>[<b><big>システムブート中に開始</big></b>]<br>\nこのフィールドをオンにするとシステムブート時にサービスが有効になります。オフにするとサービスが無効になります。すでに稼働中のシステムにあるサービスの現在のステータスには影響しません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Current status</big></b><br>\n"
+"Displays the current status of the service. The status will remain the same
after saving the settings, independently of the value of 'start service during
boot'.</p>\n"
+"<p><b><big>%{reload_label}</big></b><br>\n"
+"Only applicable if the service is currently running. Ensures the running
service reloads the new configuration after saving it (either finishing the
dialog or pressing the apply button).</p>\n"
+"<p><b><big>Start During System Boot</big></b><br>\n"
+"Check this field to enable the service at system boot. Un-check it to disable
the service. This does not affect the current status of the service in the
already running system.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b><big>現在のステータス</big></b>]<br>\n"
+"サービスの現在のステータスを表示します。ステータスは、「ブート中にサービスを開始」の値に関係なく、設定を保存した後でも同じままです。</p>\n"
+"<p>[<b><big>%{reload_label}</big></b>]<br>\n"
+"サービスが現在稼働中の場合のみ適用できます。稼働中のサービスは、新しい設定を保存(ダイアログを終了するか、[適用]ボタンを押す)した後に新しい設定を再ロードします。</p>\n"
+"<p>[<b><big>システムブート中に開始</big></b>]<br>\n"
+"このフィールドをオンにするとシステムブート時にサービスが有効になります。オフにするとサービスが無効になります。すでに稼働中のシステムにあるサービスの現在のステータスには影響しません。</p>\n"

#. Widget displaying the status and associated buttons
#: library/general/src/lib/ui/service_status.rb:159
@@ -947,20 +1170,32 @@
#. TRANSLATORS: popup question (with continue / cancel buttons)
#. %1 is the filesystem path
#: library/general/src/modules/FileUtils.rb:292
-msgid "Although the path %1 exists, it is not a directory.\nContinue or cancel
the operation?\n"
-msgstr "パス %1 は存在しますが、それはディレクトリではありません。\n続行しますか?それとも操作をキャンセルしますか?\n"
+msgid ""
+"Although the path %1 exists, it is not a directory.\n"
+"Continue or cancel the operation?\n"
+msgstr ""
+"パス %1 は存在しますが、それはディレクトリではありません。\n"
+"続行しますか?それとも操作をキャンセルしますか?\n"

#. TRANSLATORS: question popup (with yes / no buttons). A user entered
non-existent path
#. for a share, %1 is entered path
#: library/general/src/modules/FileUtils.rb:306
-msgid "The path %1 does not exist.\nCreate it now?\n"
-msgstr "パス %1 は存在しません。\n今作成しますか?\n"
+msgid ""
+"The path %1 does not exist.\n"
+"Create it now?\n"
+msgstr ""
+"パス %1 は存在しません。\n"
+"今作成しますか?\n"

#. TRANSLATORS: popup question (with continue / cancel buttons)
#. %1 is the name (path) of the directory
#: library/general/src/modules/FileUtils.rb:325
-msgid "Failed to create the directory %1.\nContinue or cancel the current
operation?\n"
-msgstr "ディレクトリ %1 の作成に失敗しました。\n続行しますか? それとも現在の操作をキャンセルしますか?\n"
+msgid ""
+"Failed to create the directory %1.\n"
+"Continue or cancel the current operation?\n"
+msgstr ""
+"ディレクトリ %1 の作成に失敗しました。\n"
+"続行しますか? それとも現在の操作をキャンセルしますか?\n"

#. Button label
#: library/general/src/modules/Label.rb:46
@@ -1181,8 +1416,12 @@

#. TRANSLATORS: Popup message
#: library/general/src/modules/Message.rb:46
-msgid "YaST cannot continue the configuration\nwithout installing the required
packages."
-msgstr "必要なパッケージをインストールせずに、\n環境設定を続行することはできません。"
+msgid ""
+"YaST cannot continue the configuration\n"
+"without installing the required packages."
+msgstr ""
+"必要なパッケージをインストールせずに、\n"
+"環境設定を続行することはできません。"

#. TRANSLATORS: Popup message, %1 is a service name like "smbd"
#: library/general/src/modules/Message.rb:56
@@ -1212,8 +1451,14 @@
#. the text renderer doesn't get trip with the English filename
#. (see BNC #584466 for details)
#: library/general/src/modules/Message.rb:96
-msgid "Cannot write settings to '%1'.\n\nReason: %2"
-msgstr "設定を「%1」に書き込めません。\n\n理由: %2"
+msgid ""
+"Cannot write settings to '%1'.\n"
+"\n"
+"Reason: %2"
+msgstr ""
+"設定を「%1」に書き込めません。\n"
+"\n"
+"理由: %2"

#. TRANSLATORS: Popup message, %1 is a file name like "/tmp/out"
#. For Right-To-Left languages, you want to put %1 into its own empty line so
@@ -1228,8 +1473,14 @@
#. the text renderer doesn't get trip with the English filename
#. (see BNC #584466 for details)
#: library/general/src/modules/Message.rb:127
-msgid "Error writing file '%1'.\n\nReason: %2"
-msgstr "ファイル「%1」の書き込み中にエラーが発生しました。\n\n理由: %2"
+msgid ""
+"Error writing file '%1'.\n"
+"\n"
+"Reason: %2"
+msgstr ""
+"ファイル「%1」の書き込み中にエラーが発生しました。\n"
+"\n"
+"理由: %2"

#. TRANSLATORS: Popup message, %1 is the name of file like "/tmp/in"
#. For Right-To-Left languages, you want to put %1 into its own empty line so
@@ -1244,8 +1495,14 @@
#. the text renderer doesn't get trip with the English filename
#. (see BNC #584466 for details)
#: library/general/src/modules/Message.rb:153
-msgid "Cannot open file '%1'.\n\nReason: %2"
-msgstr "ファイル「%1」を開くことができません。\n\n理由: %2"
+msgid ""
+"Cannot open file '%1'.\n"
+"\n"
+"Reason: %2"
+msgstr ""
+"ファイル「%1」を開くことができません。\n"
+"\n"
+"理由: %2"

#. TRANSLATORS: Progress stage text
#: library/general/src/modules/Message.rb:160
@@ -1259,8 +1516,14 @@

#. TRANSLATORS: Popup message, %1 is the description of error
#: library/general/src/modules/Message.rb:175
-msgid "Unknown Error.\n\nDescription: %1"
-msgstr "不明なエラー。\n\n説明: %1"
+msgid ""
+"Unknown Error.\n"
+"\n"
+"Description: %1"
+msgstr ""
+"不明なエラー。\n"
+"\n"
+"説明: %1"

#. TRANSLATORS: Popup message
#: library/general/src/modules/Message.rb:182
@@ -1272,13 +1535,21 @@
#. the text renderer doesn't get trip with the English directory
#. (see BNC #584466 for details)
#: library/general/src/modules/Message.rb:193
-msgid "The directory '%1' does not exist.\nCreate it?"
-msgstr "ディレクトリ「%1」は存在しません。\n作成しますか?"
+msgid ""
+"The directory '%1' does not exist.\n"
+"Create it?"
+msgstr ""
+"ディレクトリ「%1」は存在しません。\n"
+"作成しますか?"

#. TRANSLATORS: Popup message
#: library/general/src/modules/Message.rb:203
-msgid "The domain has changed.\nYou must reboot for the changes to take
effect."
-msgstr "ドメインが変更されました。\n変更した内容を有効にするには、再起動しなければなりません。"
+msgid ""
+"The domain has changed.\n"
+"You must reboot for the changes to take effect."
+msgstr ""
+"ドメインが変更されました。\n"
+"変更した内容を有効にするには、再起動しなければなりません。"

#. TRANSLATORS: CheckBox / Button
#: library/general/src/modules/Message.rb:212
@@ -1359,21 +1630,41 @@

#. Warning text for aborting an installation before anything is installed
#: library/general/src/modules/Popup.rb:749
-msgid "If you abort the installation now,\nLinux will not be installed.\nYour
hard disk will remain untouched."
-msgstr "ここでインストールを中止すると、\nLinuxはインストールされません。\nハードディスクの内容は何も変更されません。"
+msgid ""
+"If you abort the installation now,\n"
+"Linux will not be installed.\n"
+"Your hard disk will remain untouched."
+msgstr ""
+"ここでインストールを中止すると、\n"
+"Linuxはインストールされません。\n"
+"ハードディスクの内容は何も変更されません。"

#. Warning text for aborting an installation during the install process
#. - After some installation steps have been performed - e.g.
#. disks formatted / some packages already installed
#: library/general/src/modules/Popup.rb:759
-msgid "If you abort the installation now, you will\nhave an incomplete Linux
system\nthat might or might not be usable.\nYou might need to reinstall.\n"
-msgstr
"ここでインストールを中止すると、\nLinuxシステムは不完全な状態になるため、\n使用できなくなる可能性があります。\n再インストールを必要とする場合があります。\n"
+msgid ""
+"If you abort the installation now, you will\n"
+"have an incomplete Linux system\n"
+"that might or might not be usable.\n"
+"You might need to reinstall.\n"
+msgstr ""
+"ここでインストールを中止すると、\n"
+"Linuxシステムは不完全な状態になるため、\n"
+"使用できなくなる可能性があります。\n"
+"再インストールを必要とする場合があります。\n"

#. Warning text for aborting an installation during the install process
#. right in the middle of some critical process (e.g. formatting)
#: library/general/src/modules/Popup.rb:768
-msgid "If you abort the installation now,\nLinux will be unusable.\nYou will
need to reinstall."
-msgstr "ここでインストールを中止すると、\nLinuxは使用できなくなります。\n再インストールする必要があります。"
+msgid ""
+"If you abort the installation now,\n"
+"Linux will be unusable.\n"
+"You will need to reinstall."
+msgstr ""
+"ここでインストールを中止すると、\n"
+"Linuxは使用できなくなります。\n"
+"再インストールする必要があります。"

#. Confirm aborting the program
#: library/general/src/modules/Popup.rb:822
@@ -1590,8 +1881,12 @@

#. fill up the widget in init handler
#: library/gpg/src/modules/GPGWidgets.rb:207
-msgid "<p><big><b>GPG Private Key</b></big><br>\nThe table contains list of
the private GPG keys.</p>"
-msgstr "<p><big><b>GPG秘密鍵</b></big><br>\nこの表には、GPG秘密鍵が一覧表示されています。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>GPG Private Key</b></big><br>\n"
+"The table contains list of the private GPG keys.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>GPG秘密鍵</b></big><br>\n"
+"この表には、GPG秘密鍵が一覧表示されています。</p>"

#. Get widget description map
#. @return widget description map
@@ -1601,8 +1896,12 @@

#. fill up the widget in init handler
#: library/gpg/src/modules/GPGWidgets.rb:239
-msgid "<p><big><b>GPG Public Key</b></big><br>\nThe table contains list of the
public GPG keys.</p>"
-msgstr "<p><big><b>GPG公開鍵</b></big><br>\nこの表には、GPG公開鍵が一覧表示されています。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>GPG Public Key</b></big><br>\n"
+"The table contains list of the public GPG keys.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>GPG公開鍵</b></big><br>\n"
+"この表には、GPG公開鍵が一覧表示されています。</p>"

#. Get widget description map
#. @return widget description map
@@ -1611,8 +1910,16 @@
msgstr "新しいGPG鍵の作成(&C)..."

#: library/gpg/src/modules/GPGWidgets.rb:285
-msgid "<p><big><b>Create a new GPG key</b></big><br>\n<tt>gpg --gen-key</tt>
is started, see <tt>gpg</tt> manual pager for more information.\nPress Ctrl+C
to cancel.\n</p>"
-msgstr "<p><big><b>新しいGPG鍵の作成</b></big><br>\n<tt>gpg
--gen-key</tt>が開始されました。詳細は、<tt>gpg</tt>のマニュアルページを参照してください。\n キャンセルする場合は、Ctrl +
Cキーを押してください。\n </p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Create a new GPG key</b></big><br>\n"
+"<tt>gpg --gen-key</tt> is started, see <tt>gpg</tt> manual pager for more
information.\n"
+"Press Ctrl+C to cancel.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>新しいGPG鍵の作成</b></big><br>\n"
+"<tt>gpg --gen-key</tt>が開始されました。詳細は、<tt>gpg</tt>のマニュアルページを参照してください。\n"
+" キャンセルする場合は、Ctrl + Cキーを押してください。\n"
+" </p>"

#. text entry
#: library/gpg/src/modules/GPGWidgets.rb:325
@@ -1621,8 +1928,12 @@

#. help text
#: library/gpg/src/modules/GPGWidgets.rb:333
-msgid "<p><big><b>Passphrase</b></big><br>\nEnter passphrase to unlock the GPG
key."
-msgstr "<p><big><b>パスフレーズ</b></big><br>\nGPG鍵をアンロックするパスフレーズを入力します。"
+msgid ""
+"<p><big><b>Passphrase</b></big><br>\n"
+"Enter passphrase to unlock the GPG key."
+msgstr ""
+"<p><big><b>パスフレーズ</b></big><br>\n"
+"GPG鍵をアンロックするパスフレーズを入力します。"

#. Create a popup window term with the passphrase widget.
#. @return [Yast::Term] definition of the popup
@@ -1643,28 +1954,56 @@

#. help for the log widget, part 1, alt. 1
#: library/log/src/modules/LogView.rb:109
-msgid "<p><b><big>Displayed Log</big></b><br>\nUse <b>Log</b> to select the
log to display. It will be displayed in\nthe field below.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ログの表示</big></b><br>\n[ログ]<b></b>で、表示するログを選択します。ログは、下部のフィールドに\n表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Displayed Log</big></b><br>\n"
+"Use <b>Log</b> to select the log to display. It will be displayed in\n"
+"the field below.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ログの表示</big></b><br>\n"
+"[ログ]<b></b>で、表示するログを選択します。ログは、下部のフィールドに\n"
+"表示されます。</p>\n"

#. help for the log widget, part 1, alt. 2
#: library/log/src/modules/LogView.rb:120
-msgid "<p><b><big>The Log</big></b><br>\nThis screen displays the log.</p>"
-msgstr "<p><b><big>ログ</big></b><br>\nこの画面にログが表示されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>The Log</big></b><br>\n"
+"This screen displays the log.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ログ</big></b><br>\n"
+"この画面にログが表示されます。</p>"

#. help for the log widget, part 2, alt. 1, %1 is a menu button label
#: library/log/src/modules/LogView.rb:130
-msgid "<p>\nTo process advanced actions or save the log into a file, click
<b>%1</b>\nand select the action to process.</p>"
-msgstr "<p>\n高度なアクションを実行したりログをファイルに保存するには、<b>%1</b>
を\nクリックし、実行するアクションを選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To process advanced actions or save the log into a file, click <b>%1</b>\n"
+"and select the action to process.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"高度なアクションを実行したりログをファイルに保存するには、<b>%1</b> を\n"
+"クリックし、実行するアクションを選択します。</p>"

#. help for the log widget, part 2, alt. 2, %1 is a menu button label
#: library/log/src/modules/LogView.rb:145
-msgid "<p>\nTo process advanced actions, click <b>%1</b>\nand select the
action to process.</p>"
-msgstr "<p>\n高度なアクションを実行するには、<b>%1</b> を\nクリックし、実行するアクションを選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To process advanced actions, click <b>%1</b>\n"
+"and select the action to process.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"高度なアクションを実行するには、<b>%1</b> を\n"
+"クリックし、実行するアクションを選択します。</p>"

#. help for the log widget, part 2, alt. 3
#: library/log/src/modules/LogView.rb:158
-msgid "<p>\nTo save the log into a file, click <b>Save Log</b> and select the
file\nto which to save the log.</p>\n"
-msgstr "<p>\nログをファイルに保存するには、[ログを保存]<b></b>をクリックして、\nログを保存するファイルを選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To save the log into a file, click <b>Save Log</b> and select the file\n"
+"to which to save the log.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ログをファイルに保存するには、[ログを保存]<b></b>をクリックして、\n"
+"ログを保存するファイルを選択します。</p>\n"

#. menu button
#. Get the buttons below the box with the log
@@ -1757,25 +2096,57 @@
#. Check the INT zone, it's not protected by default
#. See bnc #382686
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:499
-msgid "These network interfaces assigned to internal network cannot be
deselected:\n%1\n"
-msgstr "次のネットワークインタフェースは内部ネットワークに割り当てられているため選択解除できません:\n%1\n"
+msgid ""
+"These network interfaces assigned to internal network cannot be deselected:\n"
+"%1\n"
+msgstr ""
+"次のネットワークインタフェースは内部ネットワークに割り当てられているため選択解除できません:\n"
+"%1\n"

#. question popup
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:520
-msgid "No interface is selected. Service will not\nbe available for other
computers.\n\nContinue?"
-msgstr "インタフェースが選択されていません。サービスは\n他のコンピュータに対して提供されません。\n\n続けますか。"
+msgid ""
+"No interface is selected. Service will not\n"
+"be available for other computers.\n"
+"\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"インタフェースが選択されていません。サービスは\n"
+"他のコンピュータに対して提供されません。\n"
+"\n"
+"続けますか。"

#. yes-no popup
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:550
-msgid "Because of SuSE Firewall settings, the port\non the following
interfaces will additionally be open:\n%1\n\nContinue?"
-msgstr "SuSE ファイアウォールの設定により、以下のインタフェースの\nポートが追加で開かれます:\n%1\n\n続けますか。"
+msgid ""
+"Because of SuSE Firewall settings, the port\n"
+"on the following interfaces will additionally be open:\n"
+"%1\n"
+"\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"SuSE ファイアウォールの設定により、以下のインタフェースの\n"
+"ポートが追加で開かれます:\n"
+"%1\n"
+"\n"
+"続けますか。"

#. yes-no popup
#. yes-no popup
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:569
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:623
-msgid "Because of SuSE Firewall settings, the port\non the following
interfaces cannot be opened:\n%1\n\nContinue?"
-msgstr "SuSE ファイアウォールの設定により、以下のインタフェースのポートは\n開くことができません:\n%1\n\n続けますか。"
+msgid ""
+"Because of SuSE Firewall settings, the port\n"
+"on the following interfaces cannot be opened:\n"
+"%1\n"
+"\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"SuSE ファイアウォールの設定により、以下のインタフェースのポートは\n"
+"開くことができません:\n"
+"%1\n"
+"\n"
+"続けますか。"

#. translators: selection box title
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:713
@@ -1794,31 +2165,53 @@

#. TRANSLATORS: Error message, do not translate %{details}
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:828
-msgid "Error checking service status:\n%{details}"
-msgstr "サービスステータスの確認中にエラーが発生しました:\n%{details}"
+msgid ""
+"Error checking service status:\n"
+"%{details}"
+msgstr ""
+"サービスステータスの確認中にエラーが発生しました:\n"
+"%{details}"

#. TRANSLATORS: Error message, do not translate %{details}
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:862
-msgid "Error setting service status:\n%{details}"
-msgstr "サービスステータスの設定中にエラーが発生しました:\n%{details}"
+msgid ""
+"Error setting service status:\n"
+"%{details}"
+msgstr ""
+"サービスステータスの設定中にエラーが発生しました:\n"
+"%{details}"

#. help text for firewall settings widget 1/3,
#. %1 is check box label, eg. "Open Port in Firewall" (without quotes)
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:998
-msgid "<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>\nTo open the firewall to
allow access to the service from remote computers,\nset <b>%1</b>.<br>"
-msgstr
"<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>\nリモートコンピュータからサービスを利用できるようにするためにファイアウォールを\n開く場合は、<b>%1</b>を設定します。<br>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>\n"
+"To open the firewall to allow access to the service from remote computers,\n"
+"set <b>%1</b>.<br>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>\n"
+"リモートコンピュータからサービスを利用できるようにするためにファイアウォールを\n"
+"開く場合は、<b>%1</b>を設定します。<br>"

#. help text for firewall port openning widget 2/3, optional
#. %1 is push button label, eg. "Firewall &Details" (without quotes)
#. note: %2 is correct, do not replace with %1!!!
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:1009
-msgid "To select interfaces on which to open the port,\nclick <b>%2</b>.<br>"
-msgstr "ポートを開くインタフェースを選択するには、\n<b>%2</b>をクリックします。<br>"
+msgid ""
+"To select interfaces on which to open the port,\n"
+"click <b>%2</b>.<br>"
+msgstr ""
+"ポートを開くインタフェースを選択するには、\n"
+"<b>%2</b>をクリックします。<br>"

#. help text for firewall settings widget 3/3,
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:1017
-msgid "This option is available only if the firewall\nis enabled.</p>"
-msgstr "このオプションはファイアウォールが有効な\n場合にのみ使用可能です</p>"
+msgid ""
+"This option is available only if the firewall\n"
+"is enabled.</p>"
+msgstr ""
+"このオプションはファイアウォールが有効な\n"
+"場合にのみ使用可能です</p>"

#. part of help text - check box label, NO SHORTCUT!!!
#: library/network/src/modules/CWMFirewallInterfaces.rb:1029
@@ -2281,24 +2674,52 @@

#. TRANSLATORS: pop-up question when reading the service configuration
#: library/network/src/modules/NetworkService.rb:280
-msgid "Your network interfaces are currently controlled by NetworkManager\nbut
the service to configure might not work well with it.\n\nReally continue?"
-msgstr
"お使いのネットワークインタフェースは現在NetworkManagerによって制御されていますが、\nそれでは設定サービスが適切に動作しない場合があります。\n\n続けてよろしいですか?"
+msgid ""
+"Your network interfaces are currently controlled by NetworkManager\n"
+"but the service to configure might not work well with it.\n"
+"\n"
+"Really continue?"
+msgstr ""
+"お使いのネットワークインタフェースは現在NetworkManagerによって制御されていますが、\n"
+"それでは設定サービスが適切に動作しない場合があります。\n"
+"\n"
+"続けてよろしいですか?"

#. If there is network running, return true.
#. Otherwise show error popup depending on Stage and return false
#. @return true if network running
#: library/network/src/modules/NetworkService.rb:348
-msgid "No running network detected.\nRestart installation and configure
network in Linuxrc\nor continue without network."
-msgstr
"稼働中のネットワークを検出できません。\nインストールを再開してLinuxrcでネットワークを設定するか、\nネットワークなしで続行してください。"
+msgid ""
+"No running network detected.\n"
+"Restart installation and configure network in Linuxrc\n"
+"or continue without network."
+msgstr ""
+"稼働中のネットワークを検出できません。\n"
+"インストールを再開してLinuxrcでネットワークを設定するか、\n"
+"ネットワークなしで続行してください。"

#: library/network/src/modules/NetworkService.rb:354
-msgid "No running network detected.\nConfigure network with YaST or Network
Manager plug-in\nand start this module again\nor continue without network."
-msgstr
"稼働中のネットワークを検出できません。\nYaSTまたはNetworkManagerプラグインでネットワークを\n設定してもう一度このモジュールを起動するか、\nネットワークなしで続行してください。"
+msgid ""
+"No running network detected.\n"
+"Configure network with YaST or Network Manager plug-in\n"
+"and start this module again\n"
+"or continue without network."
+msgstr ""
+"稼働中のネットワークを検出できません。\n"
+"YaSTまたはNetworkManagerプラグインでネットワークを\n"
+"設定してもう一度このモジュールを起動するか、\n"
+"ネットワークなしで続行してください。"

#. TRANSLATORS: popup informing message, allowed characters for port-names
#: library/network/src/modules/PortAliases.rb:136
-msgid "A port name may consist of the characters 'a-z', 'A-Z', '0-9', and
'*+._-'.\nA port number may be a number from 0 to 65535.\nNo spaces are
allowed.\n"
-msgstr
"ポート名には、文字「a~z」、「A~Z」、「0~9」、および「*+._-」を使用できます。\nポート番号には0から65535までの数字を指定できます。\nスペースは使用できません。\n"
+msgid ""
+"A port name may consist of the characters 'a-z', 'A-Z', '0-9', and '*+._-'.\n"
+"A port number may be a number from 0 to 65535.\n"
+"No spaces are allowed.\n"
+msgstr ""
+"ポート名には、文字「a~z」、「A~Z」、「0~9」、および「*+._-」を使用できます。\n"
+"ポート番号には0から65535までの数字を指定できます。\n"
+"スペースは使用できません。\n"

#. TRANSLATORS: Firewall zone name - used in combo box or dialog title
#: library/network/src/modules/SuSEFirewall.rb:116
@@ -2342,15 +2763,29 @@

#. TRANSLATORS: Error message, %1 = interface name (like eth0)
#: library/network/src/modules/SuSEFirewall.rb:1508
-msgid "Interface '%1' is included in multiple firewall zones.\nContinuing with
configuration can produce errors.\n\nIt is recommended to leave the
configuration and repair it manually in\nthe file
'/etc/sysconfig/SuSEFirewall'."
-msgstr
"インタフェース「%1」は、複数のファイアウォールゾーンに属しています。\n環境設定を続行すると、エラーが発生する可能性があります。\n\n環境設定をそのままにして、「/etc/sysconfig/SuSEFirewall」ファイルを手動で修正することを\nお勧めします。"
+msgid ""
+"Interface '%1' is included in multiple firewall zones.\n"
+"Continuing with configuration can produce errors.\n"
+"\n"
+"It is recommended to leave the configuration and repair it manually in\n"
+"the file '/etc/sysconfig/SuSEFirewall'."
+msgstr ""
+"インタフェース「%1」は、複数のファイアウォールゾーンに属しています。\n"
+"環境設定を続行すると、エラーが発生する可能性があります。\n"
+"\n"
+"環境設定をそのままにして、「/etc/sysconfig/SuSEFirewall」ファイルを手動で修正することを\n"
+"お勧めします。"

#. TRANSLATORS: Error message, %1 = interface name (like eth0)
#. TRANSLATORS: Error message, %1 = interface name (like eth0)
#: library/network/src/modules/SuSEFirewall.rb:1973
#: library/network/src/modules/SuSEFirewall.rb:2049
-msgid "Interface '%1' is not assigned to any firewall zone.\nRun YaST2
Firewall and assign it.\n"
-msgstr
"インタフェース「%1」は、どのファイアウォールゾーンにも割り当てられていません。\nYaST2ファイアウォールを実行して、割り当ててください。\n"
+msgid ""
+"Interface '%1' is not assigned to any firewall zone.\n"
+"Run YaST2 Firewall and assign it.\n"
+msgstr ""
+"インタフェース「%1」は、どのファイアウォールゾーンにも割り当てられていません。\n"
+"YaST2ファイアウォールを実行して、割り当ててください。\n"

#. TRANSLATORS: Dialog caption
#: library/network/src/modules/SuSEFirewall.rb:2480
@@ -2464,8 +2899,12 @@
#. TRANSLATORS: Network proposal informative text with link around
#. IMPORTANT: Please, do not change the HTML link <a href="...">...</a>, only
visible text
#: library/network/src/modules/SuSEFirewallProposal.rb:633
-msgid "SSH port is open (<a
href=\"firewall--disable_ssh_in_proposal\">close</a>), but\nthere are no
network interfaces configured"
-msgstr "SSHポートが開かれていますが(<a
href=\"firewall--disable_ssh_in_proposal\">閉じる</a>)、\nネットワークインタフェースが設定されていません"
+msgid ""
+"SSH port is open (<a href=\"firewall--disable_ssh_in_proposal\">close</a>),
but\n"
+"there are no network interfaces configured"
+msgstr ""
+"SSHポートが開かれていますが(<a href=\"firewall--disable_ssh_in_proposal\">閉じる</a>)、\n"
+"ネットワークインタフェースが設定されていません"

#. TRANSLATORS: This is a warning message. Installation over SSH without SSH
allowed on firewall
#: library/network/src/modules/SuSEFirewallProposal.rb:648
@@ -2585,13 +3024,25 @@

#. TRANSLATORS: An error message, %s is the actual list of detected conflicts
#: library/packages/src/lib/packages/file_conflict_callbacks.rb:132
-msgid "File conflicts detected, these conflicting files will be
overwritten:\n\n%s"
-msgstr "ファイル競合が検出されました。これらの競合ファイルは上書きされます:\n\n%s"
+msgid ""
+"File conflicts detected, these conflicting files will be overwritten:\n"
+"\n"
+"%s"
+msgstr ""
+"ファイル競合が検出されました。これらの競合ファイルは上書きされます:\n"
+"\n"
+"%s"

#. TRANSLATORS: A popup label, use max. 70 chars per line, use more lines if
needed
#: library/packages/src/lib/packages/file_conflict_callbacks.rb:168
-msgid "File conflicts happen when two packages attempt to install\nfiles with
the same name but different contents. If you continue\nthe conflicting files
will be replaced, losing the previous content."
-msgstr
"ファイルの競合は、2つのパッケージが、同じ名前を持つ異なる内容の\n複数のファイルをインストールしようとすると発生します。続行すると、\n競合するファイルは置き換えられ、以前の内容は失われます。"
+msgid ""
+"File conflicts happen when two packages attempt to install\n"
+"files with the same name but different contents. If you continue\n"
+"the conflicting files will be replaced, losing the previous content."
+msgstr ""
+"ファイルの競合は、2つのパッケージが、同じ名前を持つ異なる内容の\n"
+"複数のファイルをインストールしようとすると発生します。続行すると、\n"
+"競合するファイルは置き換えられ、以前の内容は失われます。"

#. TRANSLATORS: Popup heading
#: library/packages/src/lib/packages/file_conflict_callbacks.rb:173
@@ -2652,8 +3103,12 @@
#. TODO: add "Don't show again" checkbox
#. a warning popup displayed after pressing [Ignore] after a download error
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:327
-msgid "Ignoring a download failure may result in a broken system.\nVerify the
system later by running the Software Management module.\n"
-msgstr
"ダウンロードエラーを無視するとシステムが壊れる可能性があります。\n処理完了後にソフトウェア管理モジュールを実行して、システムを検証してください。\n"
+msgid ""
+"Ignoring a download failure may result in a broken system.\n"
+"Verify the system later by running the Software Management module.\n"
+msgstr ""
+"ダウンロードエラーを無視するとシステムが壊れる可能性があります。\n"
+"処理完了後にソフトウェア管理モジュールを実行して、システムを検証してください。\n"

#. At start of package install.
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:365
@@ -2685,13 +3140,25 @@
#. TODO: add "Don't show again" checkbox
#. a warning popup displayed after pressing [Ignore] after a package
installation error
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:507
-msgid "Ignoring a package failure may result in a broken system.\nThe system
should be later verified by running the Software Management module."
-msgstr
"パッケージの失敗を無視してしまうと、システムが壊れる可能性があります。\n後ほどソフトウェア管理モジュールを実行して、システムの正当性を確認してください。"
+msgid ""
+"Ignoring a package failure may result in a broken system.\n"
+"The system should be later verified by running the Software Management
module."
+msgstr ""
+"パッケージの失敗を無視してしまうと、システムが壊れる可能性があります。\n"
+"後ほどソフトウェア管理モジュールを実行して、システムの正当性を確認してください。"

#. error report
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:576
-msgid "<p>The repository at the specified URL now provides a different media
ID.\nIf the URL is correct, this indicates that the repository content has
changed. To \ncontinue using this repository, start <b>Installation
Repositories</b> from \nthe YaST control center and refresh the
repository.</p>\n"
-msgstr "<p>指定した URL にあるリポジトリは異なるメディア ID を示しています。\nこの URL
が正しい場合は、リポジトリの内容が変更されたことを示しています。\nこのリポジトリを使用し続けるには YaST コントロールセンターから\n
[<b>インストールリポジトリ</b>]を開始し、リポジトリの情報を更新してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>The repository at the specified URL now provides a different media ID.\n"
+"If the URL is correct, this indicates that the repository content has
changed. To \n"
+"continue using this repository, start <b>Installation Repositories</b> from
\n"
+"the YaST control center and refresh the repository.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>指定した URL にあるリポジトリは異なるメディア ID を示しています。\n"
+"この URL が正しい場合は、リポジトリの内容が変更されたことを示しています。\n"
+"このリポジトリを使用し続けるには YaST コントロールセンターから\n"
+" [<b>インストールリポジトリ</b>]を開始し、リポジトリの情報を更新してください。</p>\n"

#. media is double sided, we want the user to insert the 'Side A' of the media
#. the complete string will be "<product> <media> <number>, <side>"
@@ -2717,18 +3184,38 @@

#. prompt to insert product (%1 == "SuSE Linux version 9.2 CD 2")
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:618
-msgid "Insert\n'%1'"
-msgstr "「%1」\nを挿入してください"
+msgid ""
+"Insert\n"
+"'%1'"
+msgstr ""
+"「%1」\n"
+"を挿入してください"

#. report error while accessing local directory with product (%1 = URL, %2 =
"SuSE Linux ...")
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:623
-msgid "Cannot access installation media\n%1\n%2.\nCheck whether the directory
is accessible."
-msgstr "インストールメディアにアクセスできません。\n%1\n%2\nディレクトリにアクセスできることを確認してください。"
+msgid ""
+"Cannot access installation media\n"
+"%1\n"
+"%2.\n"
+"Check whether the directory is accessible."
+msgstr ""
+"インストールメディアにアクセスできません。\n"
+"%1\n"
+"%2\n"
+"ディレクトリにアクセスできることを確認してください。"

#. report error while accessing network media of product (%1 = URL, %2 = "SuSE
Linux ...")
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:635
-msgid "Cannot access installation media \n%1\n%2.\nCheck whether the server is
accessible."
-msgstr "インストールメディアにアクセスできません。\n%1\n%2\nサーバにアクセスできることを確認してください。"
+msgid ""
+"Cannot access installation media \n"
+"%1\n"
+"%2.\n"
+"Check whether the server is accessible."
+msgstr ""
+"インストールメディアにアクセスできません。\n"
+"%1\n"
+"%2\n"
+"サーバにアクセスできることを確認してください。"

#. wrong media id, offer "Ignore"
#. push button label
@@ -2902,13 +3389,27 @@

#. label, %1 is patch name with version and architecture
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1611
-msgid "Patch: %1\n\n"
-msgstr "パッチ: %1\n\n"
+msgid ""
+"Patch: %1\n"
+"\n"
+msgstr ""
+"パッチ: %1\n"
+"\n"

#. a popup question with "Continue", "Skip" and "Abort" buttons
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1628
-msgid "The repositories are being refreshed.\nContinue with
refreshing?\n\nNote: If the refresh is skipped some packages\nmight be missing
or out of date."
-msgstr "リポジトリを更新しようとしています。\n更新を続行してよろしいですか?\n\n注意:
更新をスキップした場合、いくつかのパッケージが\n見えなくなったり古いままになったりします。"
+msgid ""
+"The repositories are being refreshed.\n"
+"Continue with refreshing?\n"
+"\n"
+"Note: If the refresh is skipped some packages\n"
+"might be missing or out of date."
+msgstr ""
+"リポジトリを更新しようとしています。\n"
+"更新を続行してよろしいですか?\n"
+"\n"
+"注意: 更新をスキップした場合、いくつかのパッケージが\n"
+"見えなくなったり古いままになったりします。"

#. push button label
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1643
@@ -2941,8 +3442,12 @@

#. error message, %1 is the cause for the error
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1912
-msgid "Rebuilding of package database failed:\n%1"
-msgstr "パッケージデータベースの再構築に失敗しました: \n%1"
+msgid ""
+"Rebuilding of package database failed:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"パッケージデータベースの再構築に失敗しました: \n"
+"%1"

#. message in a progress popup
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1945
@@ -2955,8 +3460,12 @@

#. error message, %1 is the cause for the error
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:1982
-msgid "Conversion of package database failed:\n%1"
-msgstr "パッケージデータベースの変換に失敗しました: \n%1"
+msgid ""
+"Conversion of package database failed:\n"
+"%1"
+msgstr ""
+"パッケージデータベースの変換に失敗しました: \n"
+"%1"

#. progress message (command line mode)
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:2018
@@ -2996,8 +3505,14 @@
msgstr "ユーザ認証"

#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:2219
-msgid "URL: %1\n\n%2"
-msgstr "URL: %1\n\n%2"
+msgid ""
+"URL: %1\n"
+"\n"
+"%2"
+msgstr ""
+"URL: %1\n"
+"\n"
+"%2"

#. textentry label
#: library/packages/src/modules/PackageCallbacks.rb:2228
@@ -3019,12 +3534,26 @@

#. ask to send quit signal to PackageKit
#: library/packages/src/modules/PackageLock.rb:58
-msgid "PackageKit is still running (probably busy).\nAsk PackageKit to quit
again?"
-msgstr "PackageKitがまだ動作しています(処理中の可能性があります)。\nPackageKitに対して終了するようもう一度指示しますか?"
+msgid ""
+"PackageKit is still running (probably busy).\n"
+"Ask PackageKit to quit again?"
+msgstr ""
+"PackageKitがまだ動作しています(処理中の可能性があります)。\n"
+"PackageKitに対して終了するようもう一度指示しますか?"

#: library/packages/src/modules/PackageLock.rb:62
-msgid "PackageKit is blocking software management.\nThis happens when the
updater applet or another software management\napplication is running.\n\nAsk
PackageKit to quit?"
-msgstr
"PackageKitがソフトウェア管理機能をブロックしています。\nこれは、更新アプレット、またはその他のソフトウェア管理アプリケーションが\n動作して場合に発生します。\n\nPackageKitに対して終了するよう指示しますか?"
+msgid ""
+"PackageKit is blocking software management.\n"
+"This happens when the updater applet or another software management\n"
+"application is running.\n"
+"\n"
+"Ask PackageKit to quit?"
+msgstr ""
+"PackageKitがソフトウェア管理機能をブロックしています。\n"
+"これは、更新アプレット、またはその他のソフトウェア管理アプリケーションが\n"
+"動作して場合に発生します。\n"
+"\n"
+"PackageKitに対して終了するよう指示しますか?"

#. TRANSLATORS: a popup headline
#. TRANSLATORS: a popup headline
@@ -3037,13 +3566,23 @@

#. TRANSLATORS: an error message with question
#: library/packages/src/modules/PackageLock.rb:112
-msgid "Would you like to continue without having access\nto the software
management or retry to access it?\n"
-msgstr "Software Managementへのアクセスなしで続行しますか?\nそれともアクセスを再試行しますか?\n"
+msgid ""
+"Would you like to continue without having access\n"
+"to the software management or retry to access it?\n"
+msgstr ""
+"Software Managementへのアクセスなしで続行しますか?\n"
+"それともアクセスを再試行しますか?\n"

#. TRANSLATORS: an error message with question
#: library/packages/src/modules/PackageLock.rb:163
-msgid "Would you like to retry accessing the software manager,\ncontinue
without having access to the software management,\nor abort?\n"
-msgstr "ソフトウェアマネージャへのアクセスを再試行しますか?\nSoftware
Managementへのアクセスなしで続行しますか?\nそれとも中止しますか?\n"
+msgid ""
+"Would you like to retry accessing the software manager,\n"
+"continue without having access to the software management,\n"
+"or abort?\n"
+msgstr ""
+"ソフトウェアマネージャへのアクセスを再試行しますか?\n"
+"Software Managementへのアクセスなしで続行しますか?\n"
+"それとも中止しますか?\n"

#. TRANSLATORS: an error message with question
#: library/packages/src/modules/PackageLock.rb:187
@@ -3059,8 +3598,12 @@

#. error message, after pressing [OK] the package manager is displayed
#: library/packages/src/modules/PackageSystem.rb:224
-msgid "There are unresolved dependencies which need\nto be solved manually in
the software manager."
-msgstr "依存関係の衝突が存在します。\nこれらはソフトウェアマネージャで手動で解決する必要があります。"
+msgid ""
+"There are unresolved dependencies which need\n"
+"to be solved manually in the software manager."
+msgstr ""
+"依存関係の衝突が存在します。\n"
+"これらはソフトウェアマネージャで手動で解決する必要があります。"

#. error report
#: library/packages/src/modules/PackageSystem.rb:417
@@ -3069,8 +3612,14 @@

#. continue/cancel popup
#: library/packages/src/modules/PackageSystem.rb:421
-msgid "Installing required packages failed. If you continue\nwithout
installing required packages,\nYaST may not work properly.\n"
-msgstr
"必要なパッケージのインストールに失敗しました。\n必要なパッケージをインストールせずに続行すると、\nYaSTは正しく動作しない可能性があります。\n"
+msgid ""
+"Installing required packages failed. If you continue\n"
+"without installing required packages,\n"
+"YaST may not work properly.\n"
+msgstr ""
+"必要なパッケージのインストールに失敗しました。\n"
+"必要なパッケージをインストールせずに続行すると、\n"
+"YaSTは正しく動作しない可能性があります。\n"

#. error report
#: library/packages/src/modules/PackageSystem.rb:432
@@ -3079,8 +3628,12 @@

#. continue/cancel popup
#: library/packages/src/modules/PackageSystem.rb:437
-msgid "If you continue without installing required \npackages, YaST may not
work properly.\n"
-msgstr "必要なパッケージをインストールせずに続行すると、\nYaSTは正しく動作しない可能性があります。\n"
+msgid ""
+"If you continue without installing required \n"
+"packages, YaST may not work properly.\n"
+msgstr ""
+"必要なパッケージをインストールせずに続行すると、\n"
+"YaSTは正しく動作しない可能性があります。\n"

#. dialog heading, %1 is package name
#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:156
@@ -3099,25 +3652,80 @@

#. help text
#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:177
-msgid "<p><b><big>License Confirmation</big></b><br>\nThe package in the
headline of the dialog requires an explicit confirmation\nof acceptance of its
license.\nIf you reject the license of the package, the package will not be
installed.\n<br>\nTo accept the license of the package, click <b>I
Agree</b>.\nTo reject the license of the package, click <b>I Disagree</b></p>."
-msgstr
"<p><b><big>ライセンス確認</big></b><br>\nダイアログの表題に書かれているパッケージは明確な\nライセンス同意を求めています。\nパッケージのライセンスに同意しない場合はパッケージをインストールすることができません。\n<br>\nパッケージのライセンスに同意する場合は
<b>同意する</b> を、\n同意しない場合は <b>同意しない</b> をそれぞれ押してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>License Confirmation</big></b><br>\n"
+"The package in the headline of the dialog requires an explicit confirmation\n"
+"of acceptance of its license.\n"
+"If you reject the license of the package, the package will not be
installed.\n"
+"<br>\n"
+"To accept the license of the package, click <b>I Agree</b>.\n"
+"To reject the license of the package, click <b>I Disagree</b></p>."
+msgstr ""
+"<p><b><big>ライセンス確認</big></b><br>\n"
+"ダイアログの表題に書かれているパッケージは明確な\n"
+"ライセンス同意を求めています。\n"
+"パッケージのライセンスに同意しない場合はパッケージをインストールすることができません。\n"
+"<br>\n"
+"パッケージのライセンスに同意する場合は <b>同意する</b> を、\n"
+"同意しない場合は <b>同意しない</b> をそれぞれ押してください。</p>"

#. Help text for software patterns / selections dialog
#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:347
-msgid "<p>\n\t\t This dialog allows you to define this system's tasks and what
software to install.\n\t\t Available tasks and software for this system are
shown by category in the left\n\t\t column. To view a description for an item,
select it in the list.\n\t\t </p>"
-msgstr "<p>\n\t\t
このダイアログでは、本システムのタスク、およびインストールするソフトウェアを定義できます。\n\t\t本システムで利用できるタスクとソフトウェアは、左側の列にカテゴリ別に\n\t\t表示されています。リスト中の項目を選択すると、その項目に関する説明が表示されます。\n\t\t
</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"\t\t This dialog allows you to define this system's tasks and what software
to install.\n"
+"\t\t Available tasks and software for this system are shown by category in
the left\n"
+"\t\t column. To view a description for an item, select it in the list.\n"
+"\t\t </p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"\t\t このダイアログでは、本システムのタスク、およびインストールするソフトウェアを定義できます。\n"
+"\t\t本システムで利用できるタスクとソフトウェアは、左側の列にカテゴリ別に\n"
+"\t\t表示されています。リスト中の項目を選択すると、その項目に関する説明が表示されます。\n"
+"\t\t </p>"

#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:354
-msgid "<p>\n\t\t Change the status of an item by clicking its status
icon\n\t\t or right-click any icon for a context menu.\n\t\t With the context
menu, you can also change the status of all items.\n\t\t </p>"
-msgstr
"<p>\n\t\t項目のステータスを変更するには、対応するステータスアイコンをクリックするか、\n\t\tまたはアイコンを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。\n\t\tコンテキストメニューでは、すべての項目のステータスを変更することもできます。\n\t\t
</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"\t\t Change the status of an item by clicking its status icon\n"
+"\t\t or right-click any icon for a context menu.\n"
+"\t\t With the context menu, you can also change the status of all items.\n"
+"\t\t </p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"\t\t項目のステータスを変更するには、対応するステータスアイコンをクリックするか、\n"
+"\t\tまたはアイコンを右クリックしてコンテキストメニューを表示します。\n"
+"\t\tコンテキストメニューでは、すべての項目のステータスを変更することもできます。\n"
+"\t\t </p>"

#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:361
-msgid "<p>\n\t\t <b>Details</b> opens the detailed software package
selection\n\t\t where you can view and select individual software
packages.\n\t\t </p>"
-msgstr "<p>\n\t\t
[<b>詳細</b>]を選択すると、個別のソフトウェアパッケージを表示、選択できる\n\t\tダイアログが表示されます。\n\t\t </p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"\t\t <b>Details</b> opens the detailed software package selection\n"
+"\t\t where you can view and select individual software packages.\n"
+"\t\t </p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"\t\t [<b>詳細</b>]を選択すると、個別のソフトウェアパッケージを表示、選択できる\n"
+"\t\tダイアログが表示されます。\n"
+"\t\t </p>"

#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:367
-msgid "<p>\n\t\t The disk usage display in the lower right corner shows the
remaining disk space\n\t\t after all requested changes will have been
performed.\n\t\t Hard disk partitions that are full or nearly full can
degrade\n\t\t system performance and in some cases even cause serious
problems.\n\t\t The system needs some available disk space to run
properly.\n\t\t </p>"
-msgstr
"<p>\n\t\t右下隅に表示されるディスク使用量表示は、すべての必要な変更が実行された後のディスクの残容量\n\t\tを示しています。\nハードディスクの使用量が、フルであったり、フルに近い状態にあると、システムパフォーマンスが低下し、深刻な問題が発生する場合もあります。\n\t\t
システムが正常に動作するには、ある程度の利用可能なディスクスペースが必要です。\n\t\t </p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"\t\t The disk usage display in the lower right corner shows the remaining
disk space\n"
+"\t\t after all requested changes will have been performed.\n"
+"\t\t Hard disk partitions that are full or nearly full can degrade\n"
+"\t\t system performance and in some cases even cause serious problems.\n"
+"\t\t The system needs some available disk space to run properly.\n"
+"\t\t </p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"\t\t右下隅に表示されるディスク使用量表示は、すべての必要な変更が実行された後のディスクの残容量\n"
+"\t\tを示しています。\n"
+"ハードディスクの使用量が、フルであったり、フルに近い状態にあると、システムパフォーマンスが低下し、深刻な問題が発生する場合もあります。\n"
+"\t\t システムが正常に動作するには、ある程度の利用可能なディスクスペースが必要です。\n"
+"\t\t </p>"

#. Dialog title
#. Hint for German translation: "Softwareauswahl und Einsatzzweck des Systems"
@@ -3239,22 +3847,60 @@

#. disabling installation report dialog, inform the user how to enable it back
#: library/packages/src/modules/PackagesUI.rb:753
-msgid "If you want to show this report dialog again edit\n\nSystem > Yast2 >
GUI > PKGMGR_ACTION_AT_EXIT\n\nvalue in the YaST sysconfig editor."
-msgstr "このレポートダイアログを再度表示するには、\n\nYaST
sysconfigエディタで[システム]>[Yast2]>[GUI]>[PKGMGR_ACTION_AT_EXIT]\n\nの順にクリックし、値を編集します。"
+msgid ""
+"If you want to show this report dialog again edit\n"
+"\n"
+"System > Yast2 > GUI > PKGMGR_ACTION_AT_EXIT\n"
+"\n"
+"value in the YaST sysconfig editor."
+msgstr ""
+"このレポートダイアログを再度表示するには、\n"
+"\n"
+"YaST sysconfigエディタで[システム]>[Yast2]>[GUI]>[PKGMGR_ACTION_AT_EXIT]\n"
+"\n"
+"の順にクリックし、値を編集します。"

#. popup question, %1 stands for the package name
#. %2 is a repository name
#. %3 is URL of the repository
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:463
-msgid "The package %1 from repository %2\n%3\nis not digitally signed. This
means that the origin\nand integrity of the package cannot be verified.
Installing the package\nmay put the integrity of your system at
risk.\n\nInstall it anyway?"
-msgstr "リポジトリ %2\n%3\nのパッケージ %1
はデジタルで署名されていません。これは、パッケージの作成元と\n整合性を検証できないことを意味します。このパッケージをインストールすると、\nシステムの整合性をリスクに晒す恐れがあります。\n\nインストールしますか?"
+msgid ""
+"The package %1 from repository %2\n"
+"%3\n"
+"is not digitally signed. This means that the origin\n"
+"and integrity of the package cannot be verified. Installing the package\n"
+"may put the integrity of your system at risk.\n"
+"\n"
+"Install it anyway?"
+msgstr ""
+"リポジトリ %2\n"
+"%3\n"
+"のパッケージ %1 はデジタルで署名されていません。これは、パッケージの作成元と\n"
+"整合性を検証できないことを意味します。このパッケージをインストールすると、\n"
+"システムの整合性をリスクに晒す恐れがあります。\n"
+"\n"
+"インストールしますか?"

#. popup question, %1 stands for the filename
#. %2 is a repository name
#. %3 is URL of the repository
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:476
-msgid "The file %1 from repository %2\n%3\nis not digitally signed. The origin
and integrity of the file\ncannot be verified. Using the file anyway puts the
integrity of your \nsystem at risk.\n\nUse it anyway?\n"
-msgstr "リポジトリ %2 \n(%3)\nからのファイル %1
は\nデジタル署名されていません。ファイルの作成元と整合性を\n検証できません。このファイルを使用するとシステムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。\n\nこのファイルを使用しますか?\n"
+msgid ""
+"The file %1 from repository %2\n"
+"%3\n"
+"is not digitally signed. The origin and integrity of the file\n"
+"cannot be verified. Using the file anyway puts the integrity of your \n"
+"system at risk.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?\n"
+msgstr ""
+"リポジトリ %2 \n"
+"(%3)\n"
+"からのファイル %1 は\n"
+"デジタル署名されていません。ファイルの作成元と整合性を\n"
+"検証できません。このファイルを使用するとシステムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。\n"
+"\n"
+"このファイルを使用しますか?\n"

#. popup heading
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:500
@@ -3267,13 +3913,37 @@

#. popup question, %1 stands for the package name
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:551
-msgid "No checksum for package %1 was found in the repository.\nWhile the
package is part of the signed repository, it is not contained \nin the list of
checksums in this repository. Installing the package puts \nthe integrity of
your system at risk.\n\nInstall it anyway?\n"
-msgstr "パッケージ %1
のチェックサムがリポジトリ内に見つかりませんでした。\nこのパッケージは署名されたリポジトリの一部ではあるものの、\nこのリポジトリのチェックサムリストにありません。このパッケージをインストールするとシステムの整合性が\n危険に晒されるおそれがあります。\n\nこのパッケージをインストールしますか?\n"
+msgid ""
+"No checksum for package %1 was found in the repository.\n"
+"While the package is part of the signed repository, it is not contained \n"
+"in the list of checksums in this repository. Installing the package puts \n"
+"the integrity of your system at risk.\n"
+"\n"
+"Install it anyway?\n"
+msgstr ""
+"パッケージ %1 のチェックサムがリポジトリ内に見つかりませんでした。\n"
+"このパッケージは署名されたリポジトリの一部ではあるものの、\n"
+"このリポジトリのチェックサムリストにありません。このパッケージをインストールするとシステムの整合性が\n"
+"危険に晒されるおそれがあります。\n"
+"\n"
+"このパッケージをインストールしますか?\n"

#. popup question, %1 stands for the filename
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:561
-msgid "No checksum for file %1 was found in the repository.\nThis means that
the file is part of the signed repository,\nbut the list of checksums in this
repository does not mention this file. Using the file\nmay put the integrity of
your system at risk.\n\nUse it anyway?"
-msgstr "ファイル %1
のチェックサムが\nリポジトリ内に見つかりませんでした。このファイルは署名されたリポジトリの一部ではあるものの、\nリポジトリのチェックサムリストに記述されていません。このファイルを使用するとシステムの整合性が\n危険に晒されるおそれがあります。\n\nこのファイルを使用しますか?"
+msgid ""
+"No checksum for file %1 was found in the repository.\n"
+"This means that the file is part of the signed repository,\n"
+"but the list of checksums in this repository does not mention this file.
Using the file\n"
+"may put the integrity of your system at risk.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?"
+msgstr ""
+"ファイル %1 のチェックサムが\n"
+"リポジトリ内に見つかりませんでした。このファイルは署名されたリポジトリの一部ではあるものの、\n"
+"リポジトリのチェックサムリストに記述されていません。このファイルを使用するとシステムの整合性が\n"
+"危険に晒されるおそれがあります。\n"
+"\n"
+"このファイルを使用しますか?"

#. popup heading
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:579
@@ -3332,13 +4002,49 @@

#. popup question, %1 stands for the package name, %2 for the complete
description of the GnuPG key (multiline)
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:734
-msgid "Package %1 from repository %2\n%3\nis signed with the following GnuPG
key, but the integrity check failed: %4\n\nThe package has been changed, either
by accident or by an attacker,\nsince the repository creator signed it.
Installing it is a big risk\nfor the integrity and security of your
system.\n\nInstall it anyway?\n"
-msgstr "リポジトリ %2 (%3)からの\nパッケージ %1 は、次のGnuPG鍵で署名されていますが、正当性の確認に失敗しました:
%4\n\n\nリポジトリの作成者がパッケージに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によって\nパッケージが変更されています。このパッケージをインストールすると、\nシステムの整合性およびセキュリティにとって大きな脅威になることがあります。\n\nこのパッケージをインストールしますか?\n"
+msgid ""
+"Package %1 from repository %2\n"
+"%3\n"
+"is signed with the following GnuPG key, but the integrity check failed: %4\n"
+"\n"
+"The package has been changed, either by accident or by an attacker,\n"
+"since the repository creator signed it. Installing it is a big risk\n"
+"for the integrity and security of your system.\n"
+"\n"
+"Install it anyway?\n"
+msgstr ""
+"リポジトリ %2 (%3)からの\n"
+"パッケージ %1 は、次のGnuPG鍵で署名されていますが、正当性の確認に失敗しました: %4\n"
+"\n"
+"\n"
+"リポジトリの作成者がパッケージに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によって\n"
+"パッケージが変更されています。このパッケージをインストールすると、\n"
+"システムの整合性およびセキュリティにとって大きな脅威になることがあります。\n"
+"\n"
+"このパッケージをインストールしますか?\n"

#. popup question, %1 stands for the filename, %2 for the complete description
of the GnuPG key (multiline)
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:747
-msgid "File %1 from repository %2\n%3\nis signed with the following GnuPG key,
but the integrity check failed: %4\n\nThe file has been changed, either by
accident or by an attacker,\nsince the repository creator signed it. Using it
is a big risk\nfor the integrity and security of your system.\n\nUse it
anyway?\n"
-msgstr "リポジトリ %2 (%3) からの\nファイル %1 は次のGnuPG鍵で署名されていますが、正当性の確認に失敗しました:
%4\n\n\nリポジトリの作成者がこのパッケージに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によって\nファイル内容が変更されています。このファイルを使用すると、システムの整合性およびセキュリティによって\n大きな脅威になることがあります。\n\nこのパッケージを使用しますか?\n"
+msgid ""
+"File %1 from repository %2\n"
+"%3\n"
+"is signed with the following GnuPG key, but the integrity check failed: %4\n"
+"\n"
+"The file has been changed, either by accident or by an attacker,\n"
+"since the repository creator signed it. Using it is a big risk\n"
+"for the integrity and security of your system.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?\n"
+msgstr ""
+"リポジトリ %2 (%3) からの\n"
+"ファイル %1 は次のGnuPG鍵で署名されていますが、正当性の確認に失敗しました: %4\n"
+"\n"
+"\n"
+"リポジトリの作成者がこのパッケージに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によって\n"
+"ファイル内容が変更されています。このファイルを使用すると、システムの整合性およびセキュリティによって\n"
+"大きな脅威になることがあります。\n"
+"\n"
+"このパッケージを使用しますか?\n"

#. popup heading
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:771
@@ -3347,13 +4053,45 @@

#. popup question, %1 stands for the package name, %2 for the complex
multiline description of the GnuPG key
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:801
-msgid "The package %1 is digitally signed\nwith the following unknown GnuPG
key: %2.\n\nThis means that a trust relationship to the creator of the
package\ncannot be established. Installing the package may put the
integrity\nof your system at risk.\n\nInstall it anyway?"
-msgstr "パッケージ %1 は次の不明のGnuPGキーを使用して\nデジタルで署名されています:
%2。\n\nこれは、パッケージの作成者との信頼関係が確立されていないことを\n意味します。パッケージをインストールすると、システムの完全性を\nリスクに晒す恐れがあります。\n\nインストールしますか?"
+msgid ""
+"The package %1 is digitally signed\n"
+"with the following unknown GnuPG key: %2.\n"
+"\n"
+"This means that a trust relationship to the creator of the package\n"
+"cannot be established. Installing the package may put the integrity\n"
+"of your system at risk.\n"
+"\n"
+"Install it anyway?"
+msgstr ""
+"パッケージ %1 は次の不明のGnuPGキーを使用して\n"
+"デジタルで署名されています: %2。\n"
+"\n"
+"これは、パッケージの作成者との信頼関係が確立されていないことを\n"
+"意味します。パッケージをインストールすると、システムの完全性を\n"
+"リスクに晒す恐れがあります。\n"
+"\n"
+"インストールしますか?"

#. popup question, %1 stands for the filename, %2 for the complex multiline
description of the GnuPG key
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:813
-msgid "The file %1\nis digitally signed with the following unknown GnuPG key:
%2.\n\nThis means that a trust relationship to the creator of the file\ncannot
be established. Using the file may put the integrity\nof your system at
risk.\n\nUse it anyway?"
-msgstr "ファイル %1\nは次の不明のGnuPGキーを使用して署名されています:
%2。\n\nこれは、ファイルの作成者との信頼関係が確立されていないことを\n意味します。このファイルを使用すると、システムの完全性を\nリスクに晒す恐れがあります。\n\n使用しますか?"
+msgid ""
+"The file %1\n"
+"is digitally signed with the following unknown GnuPG key: %2.\n"
+"\n"
+"This means that a trust relationship to the creator of the file\n"
+"cannot be established. Using the file may put the integrity\n"
+"of your system at risk.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?"
+msgstr ""
+"ファイル %1\n"
+"は次の不明のGnuPGキーを使用して署名されています: %2。\n"
+"\n"
+"これは、ファイルの作成者との信頼関係が確立されていないことを\n"
+"意味します。このファイルを使用すると、システムの完全性を\n"
+"リスクに晒す恐れがあります。\n"
+"\n"
+"使用しますか?"

#. popup heading
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:843
@@ -3362,13 +4100,49 @@

#. popup question, %1 stands for the package name, %2 for the key ID, %3 for
the key name
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:894
-msgid "The package %1 is digitally signed\nwith key '%2 (%3)'.\n\nThere is no
trust relationship with the owner of the key.\nIf you trust the owner, mark the
key as trusted.\n\nInstalling a package from an unknown repository puts\nthe
integrity of your system at risk. It is safest\nto skip the package.\n"
-msgstr "パッケージ %1 は鍵「%2
(%3)」で\nデジタル署名されています。\n\nこの鍵の所有者との信頼関係がありません。\nこの鍵の所有者を信頼する場合は、信頼済みとして鍵にマークを付けてください。\n\n不明なリポジトリからパッケージをインストールすると、\nシステムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。このパッケージをスキップするのが\n最も安全です。\n"
+msgid ""
+"The package %1 is digitally signed\n"
+"with key '%2 (%3)'.\n"
+"\n"
+"There is no trust relationship with the owner of the key.\n"
+"If you trust the owner, mark the key as trusted.\n"
+"\n"
+"Installing a package from an unknown repository puts\n"
+"the integrity of your system at risk. It is safest\n"
+"to skip the package.\n"
+msgstr ""
+"パッケージ %1 は鍵「%2 (%3)」で\n"
+"デジタル署名されています。\n"
+"\n"
+"この鍵の所有者との信頼関係がありません。\n"
+"この鍵の所有者を信頼する場合は、信頼済みとして鍵にマークを付けてください。\n"
+"\n"
+"不明なリポジトリからパッケージをインストールすると、\n"
+"システムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。このパッケージをスキップするのが\n"
+"最も安全です。\n"

#. popup question, %1 stands for the filename, %2 for the key ID, %3 for the
key name
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:907
-msgid "The file %1 is digitally signed\nwith key '%2 (%3)'.\n\nThere is no
trust relationship with the owner of the key.\nIf you trust the owner, mark the
key as trusted.\n\nInstalling a file from an unknown repository puts\nthe
integrity of your system at risk. It is safest\nto skip it.\n"
-msgstr "ファイル %1 は鍵「%2
(%3)」で\n署名されています。\n\nこの鍵の所有者との信頼関係がありません。\nこの鍵の所有者を信頼する場合は、信頼済みとしてマークを付けてください。\n\n不明なリポジトリからファイルをインストールすると、\nシステムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。このファイルをスキップするのが\n最も安全です。\n"
+msgid ""
+"The file %1 is digitally signed\n"
+"with key '%2 (%3)'.\n"
+"\n"
+"There is no trust relationship with the owner of the key.\n"
+"If you trust the owner, mark the key as trusted.\n"
+"\n"
+"Installing a file from an unknown repository puts\n"
+"the integrity of your system at risk. It is safest\n"
+"to skip it.\n"
+msgstr ""
+"ファイル %1 は鍵「%2 (%3)」で\n"
+"署名されています。\n"
+"\n"
+"この鍵の所有者との信頼関係がありません。\n"
+"この鍵の所有者を信頼する場合は、信頼済みとしてマークを付けてください。\n"
+"\n"
+"不明なリポジトリからファイルをインストールすると、\n"
+"システムの整合性が危険に晒されるおそれがあります。このファイルをスキップするのが\n"
+"最も安全です。\n"

#. popup heading
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:930
@@ -3382,23 +4156,53 @@

#. additional Richtext (HTML) warning text (kind of help), 1/2
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:973
-msgid "<p>The owner of the key may distribute updates,\npackages, and package
repositories that your system will trust and offer\nfor installation and update
without any further warning. In this way,\nimporting the key into your keyring
of trusted keys allows the key owner\nto have a certain amount of control over
the software on your system.</p>"
-msgstr
"<p>キーの所有者はシステムが信頼してインストールし、警告なしで\n更新するアップデート、パッケージ、パッケージリポジトリを\n割り当てることができます。このように、キーを信頼できる\nキーのキーリングにインポートすると、キー所有者は\nシステムのソフトウェアを一定の割合で制御できます。</p>"
+msgid ""
+"<p>The owner of the key may distribute updates,\n"
+"packages, and package repositories that your system will trust and offer\n"
+"for installation and update without any further warning. In this way,\n"
+"importing the key into your keyring of trusted keys allows the key owner\n"
+"to have a certain amount of control over the software on your system.</p>"
+msgstr ""
+"<p>キーの所有者はシステムが信頼してインストールし、警告なしで\n"
+"更新するアップデート、パッケージ、パッケージリポジトリを\n"
+"割り当てることができます。このように、キーを信頼できる\n"
+"キーのキーリングにインポートすると、キー所有者は\n"
+"システムのソフトウェアを一定の割合で制御できます。</p>"

#. additional Richtext (HTML) warning text (kind of help), 2/2
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:981
-msgid "<p>A warning dialog opens for every package that\nis not signed by a
trusted (imported) key. If you do not trust the key,\nthe packages or
repositories created by the owner of the key will not be used.</p>"
-msgstr
"<p>警告ダイアログは、信頼する鍵やインポートした鍵で\n署名されていないパッケージに対して毎回表示されます。鍵を信頼しないと、\nこの鍵の所有者が作成したパッケージやリポジトリは使用されません。</p>"
+msgid ""
+"<p>A warning dialog opens for every package that\n"
+"is not signed by a trusted (imported) key. If you do not trust the key,\n"
+"the packages or repositories created by the owner of the key will not be
used.</p>"
+msgstr ""
+"<p>警告ダイアログは、信頼する鍵やインポートした鍵で\n"
+"署名されていないパッケージに対して毎回表示されます。鍵を信頼しないと、\n"
+"この鍵の所有者が作成したパッケージやリポジトリは使用されません。</p>"

#. popup message - label, part 1, %1 stands for repository name, %2 for its URL
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:991
-msgid "The following GnuPG key has been found in repository\n%1\n(%2):"
-msgstr "リポジトリ内に次のGnuPG鍵が見つかりました\n%1\n(%2):"
+msgid ""
+"The following GnuPG key has been found in repository\n"
+"%1\n"
+"(%2):"
+msgstr ""
+"リポジトリ内に次のGnuPG鍵が見つかりました\n"
+"%1\n"
+"(%2):"

#. popup message - label, part 2
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1002
-msgid "You can choose to import it into your keyring of trusted\npublic keys,
meaning that you trust the owner of the key.\nYou should be sure that you can
trust the owner and that\nthe key really belongs to that owner before importing
it."
-msgstr
"信頼する公開鍵としてキーリングにインポートすると、\nこの鍵の所有者自身を信頼することになります。鍵をインポートする前に、\nこの所有者を本当に信頼できるかどうか、およびこの鍵が本当に\n所有者のものかどうかを確認してください。"
+msgid ""
+"You can choose to import it into your keyring of trusted\n"
+"public keys, meaning that you trust the owner of the key.\n"
+"You should be sure that you can trust the owner and that\n"
+"the key really belongs to that owner before importing it."
+msgstr ""
+"信頼する公開鍵としてキーリングにインポートすると、\n"
+"この鍵の所有者自身を信頼することになります。鍵をインポートする前に、\n"
+"この所有者を本当に信頼できるかどうか、およびこの鍵が本当に\n"
+"所有者のものかどうかを確認してください。"

#. warning label - the key to import is expired
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1014
@@ -3418,8 +4222,26 @@
#. popup question, %1 stands for the filename, %2 is expected checksum
#. %3 is the current checksum (e.g. "803a8ff00d00c9075a1bd223a480bcf92d2481c1")
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1134
-msgid "The expected checksum of file %1\nis %2,\nbut the current checksum is
%3.\n\nThe file has been changed by accident or by an attacker\nsince the
repository creator signed it. Using it is a big risk\nfor the integrity and
security of your system.\n\nUse it anyway?\n"
-msgstr "ファイル %1 の予期されたチェックサムは\n %2 \nでしたが、\n現在のチェックサムは %3
です。\n\nリポジトリの作成者がファイルに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によってファイルが変更されています。\nこのファイルを利用すると、システムの整合性および\nセキュリティにとって大きな脅威になることがあります。\nこのファイルを使用しますか?\n"
+msgid ""
+"The expected checksum of file %1\n"
+"is %2,\n"
+"but the current checksum is %3.\n"
+"\n"
+"The file has been changed by accident or by an attacker\n"
+"since the repository creator signed it. Using it is a big risk\n"
+"for the integrity and security of your system.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?\n"
+msgstr ""
+"ファイル %1 の予期されたチェックサムは\n"
+" %2 \n"
+"でしたが、\n"
+"現在のチェックサムは %3 です。\n"
+"\n"
+"リポジトリの作成者がファイルに署名した後に、何らかの事故か悪意のある攻撃によってファイルが変更されています。\n"
+"このファイルを利用すると、システムの整合性および\n"
+"セキュリティにとって大きな脅威になることがあります。\n"
+"このファイルを使用しますか?\n"

#. dialog heading - displayed in a big bold font
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1151
@@ -3428,8 +4250,24 @@

#. popup question, %1 stands for the filename, %2 is expected digest, %3 is
the current digest
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1170
-msgid "The checksum of file %1\nis %2,\nbut the expected checksum is not
known.\n\nThis means that the origin and integrity of the file\ncannot be
verified. Using the file puts the integrity of your system at risk.\n\nUse it
anyway?\n"
-msgstr "ファイル %1 のチェックサムは\n %2
ですが、予期されたチェックサムが不明です。\n\n\nこのことはファイルの作成元がわからず、整合性の確認もできない\nことを意味しています。このファイルを使用するとシステムの整合性がリスクに晒されます。\n\nこのファイルを使用しますか?\n"
+msgid ""
+"The checksum of file %1\n"
+"is %2,\n"
+"but the expected checksum is not known.\n"
+"\n"
+"This means that the origin and integrity of the file\n"
+"cannot be verified. Using the file puts the integrity of your system at
risk.\n"
+"\n"
+"Use it anyway?\n"
+msgstr ""
+"ファイル %1 のチェックサムは\n"
+" %2 ですが、予期されたチェックサムが不明です。\n"
+"\n"
+"\n"
+"このことはファイルの作成元がわからず、整合性の確認もできない\n"
+"ことを意味しています。このファイルを使用するとシステムの整合性がリスクに晒されます。\n"
+"\n"
+"このファイルを使用しますか?\n"

#. dialog heading - displayed in a big bold font
#: library/packages/src/modules/SignatureCheckDialogs.rb:1184
@@ -3511,8 +4349,12 @@

#. popup yes-no
#: library/packages/src/modules/SlideShow.rb:816
-msgid "Do you really want\nto quit the installation?"
-msgstr "本当にインストールを\n中止してもよろしいですか?"
+msgid ""
+"Do you really want\n"
+"to quit the installation?"
+msgstr ""
+"本当にインストールを\n"
+"中止してもよろしいですか?"

#. Mode::update (), Stage::cont ()
#: library/packages/src/modules/SlideShow.rb:828
@@ -4114,18 +4956,32 @@
#. @see http://www.rubydoc.info/github/openSUSE/cheetah/Cheetah.run parameter
docs
#. @raise Cheetah::ExecutionFailed
#: library/system/src/lib/yast2/execute.rb:67
-msgid "Execution of command \"%{command}\" failed.\nExit code:
%{exitcode}\nError output: %{stderr}"
-msgstr "コマンド「%{command}」の実行が失敗しました。\n終了コード: %{exitcode}\nエラー出力: %{stderr}"
+msgid ""
+"Execution of command \"%{command}\" failed.\n"
+"Exit code: %{exitcode}\n"
+"Error output: %{stderr}"
+msgstr ""
+"コマンド「%{command}」の実行が失敗しました。\n"
+"終了コード: %{exitcode}\n"
+"エラー出力: %{stderr}"

#. Continue/Cancel question, %1 is a file name
#: library/system/src/modules/FileChanges.rb:175
-msgid "File %1 has been changed manually.\nYaST might lose some of the
changes.\n"
-msgstr "ファイル %1 は手動で変更されています。\nYaSTを使用すると、変更が失われることがあります。\n"
+msgid ""
+"File %1 has been changed manually.\n"
+"YaST might lose some of the changes.\n"
+msgstr ""
+"ファイル %1 は手動で変更されています。\n"
+"YaSTを使用すると、変更が失われることがあります。\n"

#. Continue/Cancel question, %1 is a coma separated list of file names
#: library/system/src/modules/FileChanges.rb:180
-msgid "Files %1 have been changed manually.\nYaST might lose some of the
changes"
-msgstr "ファイル %1 は手動で変更されています。\nYaST を利用するといくつかの変更点を失ってしまうかもしれません"
+msgid ""
+"Files %1 have been changed manually.\n"
+"YaST might lose some of the changes"
+msgstr ""
+"ファイル %1 は手動で変更されています。\n"
+"YaST を利用するといくつかの変更点を失ってしまうかもしれません"

#: library/system/src/modules/FileChanges.rb:193
msgid "Do not show this message anymore"
@@ -4133,13 +4989,21 @@

#. Continue/Cancel question, %s is a file name
#: library/system/src/modules/FileChanges.rb:236
-msgid "File %s has been created manually.\nYaST might lose this file."
-msgstr "ファイル %s は手動で作成されています。\nYaSTを使用すると、このファイルが失われることがあります。"
+msgid ""
+"File %s has been created manually.\n"
+"YaST might lose this file."
+msgstr ""
+"ファイル %s は手動で作成されています。\n"
+"YaSTを使用すると、このファイルが失われることがあります。"

#. Continue/Cancel question, %s is a comma separated list of file names
#: library/system/src/modules/FileChanges.rb:239
-msgid "Files %s have been created manually.\nYaST might lose these files."
-msgstr "ファイル %s は手動で作成されています。\nYaSTを使用するとこれらのファイルが失われることがあります。"
+msgid ""
+"Files %s have been created manually.\n"
+"YaST might lose these files."
+msgstr ""
+"ファイル %s は手動で作成されています。\n"
+"YaSTを使用するとこれらのファイルが失われることがあります。"

#. error report
#: library/system/src/modules/Initrd.rb:415
@@ -4148,8 +5012,12 @@

#. inform the user that he/she has to reboot to activate new kernel
#: library/system/src/modules/Kernel.rb:665
-msgid "Reboot your system\nto activate the new kernel.\n"
-msgstr "新しいカーネルを作動させるために、\nシステムを再起動してください。\n"
+msgid ""
+"Reboot your system\n"
+"to activate the new kernel.\n"
+msgstr ""
+"新しいカーネルを作動させるために、\n"
+"システムを再起動してください。\n"

#. bnc #421002
#: library/system/src/modules/ModuleLoading.rb:177
@@ -4170,33 +5038,71 @@

#. describe valid MAC address
#: library/types/src/modules/Address.rb:80
-msgid "A valid MAC address consists of six pairs of hexadecimal\ndigits
separated by colons."
-msgstr "正しい MAC アドレスは、コロンで区切られた 6 組の 16 進数の\n数字です。"
+msgid ""
+"A valid MAC address consists of six pairs of hexadecimal\n"
+"digits separated by colons."
+msgstr ""
+"正しい MAC アドレスは、コロンで区切られた 6 組の 16 進数の\n"
+"数字です。"

#. Translators: dot: ".", hyphen: "-"
#: library/types/src/modules/Hostname.rb:56
-msgid "A valid domain name consists of components separated by dots.\nEach
component contains letters, digits, and hyphens. A hyphen may not\nstart or end
a component and the last component may not begin with a digit."
-msgstr
"有効なドメイン名は、ピリオド(.)で区切られた構成要素から成ります。\n各構成要素には、半角英数字とハイフン(-)を使用できます。構成要素の最初と最後の文字にハイフン(-)を、\nまた最後の構成要素の先頭文字に数字を使用できません。"
+msgid ""
+"A valid domain name consists of components separated by dots.\n"
+"Each component contains letters, digits, and hyphens. A hyphen may not\n"
+"start or end a component and the last component may not begin with a digit."
+msgstr ""
+"有効なドメイン名は、ピリオド(.)で区切られた構成要素から成ります。\n"
+"各構成要素には、半角英数字とハイフン(-)を使用できます。構成要素の最初と最後の文字にハイフン(-)を、\n"
+"また最後の構成要素の先頭文字に数字を使用できません。"

#. Translators: hyphen: "-"
#: library/types/src/modules/Hostname.rb:67
-msgid "A valid host name consists of letters, digits, and hyphens.\nA host
name may not begin or end with a hyphen.\n"
-msgstr "有効なホスト名は、文字、数字、およびハイフンで構成されています。\nホスト名の先頭と最後にハイフンを使用することはできません。\n"
+msgid ""
+"A valid host name consists of letters, digits, and hyphens.\n"
+"A host name may not begin or end with a hyphen.\n"
+msgstr ""
+"有効なホスト名は、文字、数字、およびハイフンで構成されています。\n"
+"ホスト名の先頭と最後にハイフンを使用することはできません。\n"

#. Translators: dot: "."
#: library/types/src/modules/IP.rb:56
-msgid "A valid IPv4 address consists of four integers\nin the range 0-255
separated by dots."
-msgstr "有効なIPv4アドレスはドット(.)で区切った4つの整数で構成され、\nそれぞれの数字は0~255の範囲です。"
+msgid ""
+"A valid IPv4 address consists of four integers\n"
+"in the range 0-255 separated by dots."
+msgstr ""
+"有効なIPv4アドレスはドット(.)で区切った4つの整数で構成され、\n"
+"それぞれの数字は0~255の範囲です。"

#. Translators: colon: ":"
#: library/types/src/modules/IP.rb:74
-msgid "A valid IPv6 address consists of up to eight\nhexadecimal numbers in
the range 0 - FFFF separated by colons.\nIt can contain up to one double colon."
-msgstr "正しい IPv6 アドレスとは、コロン (:) で区切った最大 8 つの 16 進数で、\nそれぞれの数字は 0 から FFFF
の範囲で指定します。\nなお、最大 1 つまでダブルコロン (::) を含めることもできます。"
+msgid ""
+"A valid IPv6 address consists of up to eight\n"
+"hexadecimal numbers in the range 0 - FFFF separated by colons.\n"
+"It can contain up to one double colon."
+msgstr ""
+"正しい IPv6 アドレスとは、コロン (:) で区切った最大 8 つの 16 進数で、\n"
+"それぞれの数字は 0 から FFFF の範囲で指定します。\n"
+"なお、最大 1 つまでダブルコロン (::) を含めることもできます。"

#. TRANSLATORS: description of the valid network definition
#: library/types/src/modules/IP.rb:128
-msgid "A valid network definition can contain the IP,\nIP/Netmask,
IP/Netmask_Bits, or 0/0 for all networks.\n\nExamples:\nIP: 192.168.0.1 or
2001:db8:0::1\nIP/Netmask: 192.168.0.0/255.255.255.0 or
2001:db8:0::1/56\nIP/Netmask_Bits: 192.168.0.0/24 or 192.168.0.1/32 or
2001:db8:0::1/ffff::0\n"
-msgstr
"有効なネットワーク定義には単体のIPアドレスを指定できるほか、\nIPアドレス/ネットマスク、またはIPアドレス/ネットマスクビット数を\n指定できます。「0/0」を指定するとすべてのネットワークの意味になります。\n例:\nIP:
192.168.0.1または2001:db8:0::1\nIPアドレス/ネットマスクの例:
192.168.0.0/255.255.255.0または2001:db8:0::1/56\nIPアドレス/ネットマスクビット数の例:
192.168.0.0/24、192.168.0.1/32、または2001:db8:0::1/ffff::0\n"
+msgid ""
+"A valid network definition can contain the IP,\n"
+"IP/Netmask, IP/Netmask_Bits, or 0/0 for all networks.\n"
+"\n"
+"Examples:\n"
+"IP: 192.168.0.1 or 2001:db8:0::1\n"
+"IP/Netmask: 192.168.0.0/255.255.255.0 or 2001:db8:0::1/56\n"
+"IP/Netmask_Bits: 192.168.0.0/24 or 192.168.0.1/32 or 2001:db8:0::1/ffff::0\n"
+msgstr ""
+"有効なネットワーク定義には単体のIPアドレスを指定できるほか、\n"
+"IPアドレス/ネットマスク、またはIPアドレス/ネットマスクビット数を\n"
+"指定できます。「0/0」を指定するとすべてのネットワークの意味になります。\n"
+"例:\n"
+"IP: 192.168.0.1または2001:db8:0::1\n"
+"IPアドレス/ネットマスクの例: 192.168.0.0/255.255.255.0または2001:db8:0::1/56\n"
+"IPアドレス/ネットマスクビット数の例: 192.168.0.0/24、192.168.0.1/32、または2001:db8:0::1/ffff::0\n"

#. Byte abbreviated
#: library/types/src/modules/String.rb:127
@@ -4265,8 +5171,16 @@

#. Message in a continue/cancel popup
#: library/wizard/src/modules/Confirm.rb:182
-msgid "This module must be run as root.\nIf you continue now, the module may
not function properly.\nFor example, some settings can be read improperly\nand
it is unlikely that settings can be written.\n"
-msgstr
"このモジュールはroot権限で実行する必要があります。\n続行しても、このモジュールは正常に機能しない場合があります。\nたとえば、一部の設定は不適切に読み込まれることがあるため、\nそれらを確実に書き込むことができないかもしれません。\n"
+msgid ""
+"This module must be run as root.\n"
+"If you continue now, the module may not function properly.\n"
+"For example, some settings can be read improperly\n"
+"and it is unlikely that settings can be written.\n"
+msgstr ""
+"このモジュールはroot権限で実行する必要があります。\n"
+"続行しても、このモジュールは正常に機能しない場合があります。\n"
+"たとえば、一部の設定は不適切に読み込まれることがあるため、\n"
+"それらを確実に書き込むことができないかもしれません。\n"

#. Popup headline
#: library/wizard/src/modules/Confirm.rb:190
@@ -4298,8 +5212,12 @@

#. translators: dialog title to appear before any content is initialized
#: library/wizard/src/modules/Wizard.rb:339
-msgid "YaST\nInitializing ...\n"
-msgstr "YaST\n初期化しています...\n"
+msgid ""
+"YaST\n"
+"Initializing ...\n"
+msgstr ""
+"YaST\n"
+"初期化しています...\n"

#. Heading for help popup window
#: library/wizard/src/modules/Wizard.rb:375
@@ -4926,51 +5844,103 @@

#. TRANSLATORS: Popup error message, Checking parameters, wrong format
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:284
-msgid "The mail exchange priority is invalid.\nIt must be a number from 0 to
65535.\n"
-msgstr "メール交換の優先度が無効です。\n0から65535までの数字で指定する必要があります。\n"
+msgid ""
+"The mail exchange priority is invalid.\n"
+"It must be a number from 0 to 65535.\n"
+msgstr ""
+"メール交換の優先度が無効です。\n"
+"0から65535までの数字で指定する必要があります。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Wrong hostname which should be part of
the zone,
#. %1 is the hostname, %2 is the zone name
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:305
-msgid "The hostname %1 is not part of the zone %2.\n\nThe hostname must be
relative to the zone or must end \nwith the zone name followed by a dot, for
example,\n'dhcp1' or 'dhcp1.example.org.' for the zone 'example.org'.\n"
-msgstr "ホスト名 %1 はゾーン %2
に属していません。\n\nホスト名を相対的に(ドメイン名を指定しないで)指定するか、\nもしくはドット(.)に続けてこのゾーンのドメイン名を入力してください。\nたとえば「example.org」ゾーンの場合、「dhcp1」や「dhcp1.example.org」のように指定します。\n"
+msgid ""
+"The hostname %1 is not part of the zone %2.\n"
+"\n"
+"The hostname must be relative to the zone or must end \n"
+"with the zone name followed by a dot, for example,\n"
+"'dhcp1' or 'dhcp1.example.org.' for the zone 'example.org'.\n"
+msgstr ""
+"ホスト名 %1 はゾーン %2 に属していません。\n"
+"\n"
+"ホスト名を相対的に(ドメイン名を指定しないで)指定するか、\n"
+"もしくはドット(.)に続けてこのゾーンのドメイン名を入力してください。\n"
+"たとえば「example.org」ゾーンの場合、「dhcp1」や「dhcp1.example.org」のように指定します。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Wrong reverse IPv4,
#. %1 is the reveresed IPv4
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:341
-msgid "The reverse IPv4 address %1 is invalid.\n\nA valid reverse IPv4
consists of four integers in the range 0-255\nseparated by a dot then followed
by the string '.in-addr.arpa.'.\nFor example, '1.32.168.192.in-addr.arpa.' for
the IPv4 address '192.168.32.1'.\n"
-msgstr "逆引きIPv4アドレス %1
が無効です。\n\n有効な逆引きIPv4アドレスは、ドット(.)により区切られた0から255\nの範囲の4つの整数に、文字列「.in-addr.arpa.」を追加した値で構成されています。\nたとえば、「1.32.168.192.in-addr.arpa.」のIPv4アドレスは、「192.168.32.1」です。\n"
+msgid ""
+"The reverse IPv4 address %1 is invalid.\n"
+"\n"
+"A valid reverse IPv4 consists of four integers in the range 0-255\n"
+"separated by a dot then followed by the string '.in-addr.arpa.'.\n"
+"For example, '1.32.168.192.in-addr.arpa.' for the IPv4 address
'192.168.32.1'.\n"
+msgstr ""
+"逆引きIPv4アドレス %1 が無効です。\n"
+"\n"
+"有効な逆引きIPv4アドレスは、ドット(.)により区切られた0から255\n"
+"の範囲の4つの整数に、文字列「.in-addr.arpa.」を追加した値で構成されています。\n"
+"たとえば、「1.32.168.192.in-addr.arpa.」のIPv4アドレスは、「192.168.32.1」です。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, user can't use hostname %1 because it
doesn't make
#. sense to e relative to zone %2 (%2 is a reverse zone name like
'32.200.192.in-addr.arpa')
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:363
-msgid "The relative hostname %1 cannot be used with zone %2.\nUse a fully
qualified hostname finished with a dot instead,\nsuch as 'host.example.org.'.\n"
-msgstr "相対的なホスト名 %1 は、ゾーン %2
で使用できません。\n代わりに、末尾にドット(.)が付いた完全修飾ホスト名(host.example.org.など)を\n使用します。\n"
+msgid ""
+"The relative hostname %1 cannot be used with zone %2.\n"
+"Use a fully qualified hostname finished with a dot instead,\n"
+"such as 'host.example.org.'.\n"
+msgstr ""
+"相対的なホスト名 %1 は、ゾーン %2 で使用できません。\n"
+"代わりに、末尾にドット(.)が付いた完全修飾ホスト名(host.example.org.など)を\n"
+"使用します。\n"

#. Popup error message, Checking MX (Mail eXchange) record format
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:432
-msgid "Invalid MX record.\nUse the format 'priority server-name'.\n"
-msgstr "MXレコードが無効です。\n「優先サーバ名」形式を使用してください。\n"
+msgid ""
+"Invalid MX record.\n"
+"Use the format 'priority server-name'.\n"
+msgstr ""
+"MXレコードが無効です。\n"
+"「優先サーバ名」形式を使用してください。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Checking time value for specific SOA
section (key),
#. %1 is the section name, %2 is the minimal value, %3 si the maximal value of
the section
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:543
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:554
-msgid "Invalid SOA record.\n%1 must be from %2 to %3 seconds.\n"
-msgstr "SOAレコードが無効です。\n%1 は %2 から %3 秒でなければなりません。\n"
+msgid ""
+"Invalid SOA record.\n"
+"%1 must be from %2 to %3 seconds.\n"
+msgstr ""
+"SOAレコードが無効です。\n"
+"%1 は %2 から %3 秒でなければなりません。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Checking special BIND time format
consisting of numbers
#. and defined suffies, also only number (as seconds) is allowed, %1 is a
section name
#. like 'ttl' or 'refresh'
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:583
-msgid "Invalid SOA record.\n%1 must be a BIND time type.\nA BIND time type
consists of numbers and the case-insensitive\nsuffixes W, D, H, M, and S. Time
in seconds is allowed without the suffix.\nEnter values such as 12H15m, 86400,
or 1W30M.\n"
-msgstr "SOAレコードが無効です。\n%1
はBIND型の時間でなければなりません。\nBIND型の時間は、数値と大文字/小文字を区別しないサフィックス\nW、D、H、M、Sから構成されます。秒単位の時間にはサフィックスを付けなくてもかまいません。\n12H15m、86400、1W30M、などの値を入力します。\n"
+msgid ""
+"Invalid SOA record.\n"
+"%1 must be a BIND time type.\n"
+"A BIND time type consists of numbers and the case-insensitive\n"
+"suffixes W, D, H, M, and S. Time in seconds is allowed without the suffix.\n"
+"Enter values such as 12H15m, 86400, or 1W30M.\n"
+msgstr ""
+"SOAレコードが無効です。\n"
+"%1 はBIND型の時間でなければなりません。\n"
+"BIND型の時間は、数値と大文字/小文字を区別しないサフィックス\n"
+"W、D、H、M、Sから構成されます。秒単位の時間にはサフィックスを付けなくてもかまいません。\n"
+"12H15m、86400、1W30M、などの値を入力します。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Checking SOA record,
#. %1 is a part of SOA, %2 is typically 0, %3 is some huge number
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:614
-msgid "Invalid SOA record.\n%1 must be a number from %2 to %3.\n"
-msgstr "SOAレコードが無効です。\n%1 は %2 から %3 の数値でなければなりません。\n"
+msgid ""
+"Invalid SOA record.\n"
+"%1 must be a number from %2 to %3.\n"
+msgstr ""
+"SOAレコードが無効です。\n"
+"%1 は %2 から %3 の数値でなければなりません。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, parameters validation, 'filename' is
needed parameter
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1020
@@ -4979,8 +5949,18 @@

#. TRANSLATORS: Popup error message, parameters validation, wrongly set file
size
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1028
-msgid "Invalid file size.\n\nIt must be set in the format
'number[suffix]'.\n\nPossible suffixes are k, K, m, M, g, and G.\n"
-msgstr
"ファイルサイズが無効です。\n\n「数字[サフィックス]」の形式で設定する必要があります。\n\n使用可能なサフィックスはk、K、m、M、g、およびGです。\n"
+msgid ""
+"Invalid file size.\n"
+"\n"
+"It must be set in the format 'number[suffix]'.\n"
+"\n"
+"Possible suffixes are k, K, m, M, g, and G.\n"
+msgstr ""
+"ファイルサイズが無効です。\n"
+"\n"
+"「数字[サフィックス]」の形式で設定する必要があります。\n"
+"\n"
+"使用可能なサフィックスはk、K、m、M、g、およびGです。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, parameters validation, wrongly set number
of versions
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1041
@@ -4994,8 +5974,12 @@
#. %1 is name of the zone, %2 is type of the zone
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1334
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1381
-msgid "Only slave zones have a master server defined.\nZone %1 is type %2.\n"
-msgstr "スレーブゾーンにのみ、マスタサーバが定義されています。\nゾーン %1 のタイプは %2 です。\n"
+msgid ""
+"Only slave zones have a master server defined.\n"
+"Zone %1 is type %2.\n"
+msgstr ""
+"スレーブゾーンにのみ、マスタサーバが定義されています。\n"
+"ゾーン %1 のタイプは %2 です。\n"

#. TRANSLATORS: Popup error message, Trying to add new zone which already
exists
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:1440
@@ -5016,6 +6000,9 @@
#. TRANSLATORS: Popup error message, No reverse zone for %1 record found,
#. %2 is the hostname, %1 is the IPv4
#: library/network/src/modules/DnsServerAPI.pm:2539
-msgid "There is no reverse zone for %1 administered by your DNS
server.\nHostname %2 cannot be added."
-msgstr "お使いのDNSサーバによって管理されている %1 に逆引きゾーンがありません。\nホスト名 %2 を追加できません。"
-
+msgid ""
+"There is no reverse zone for %1 administered by your DNS server.\n"
+"Hostname %2 cannot be added."
+msgstr ""
+"お使いのDNSサーバによって管理されている %1 に逆引きゾーンがありません。\n"
+"ホスト名 %2 を追加できません。"

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/bootloader.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/bootloader.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/bootloader.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: bootloader\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:59+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -105,8 +105,16 @@
#. TRANSLATORS: reboot message
#. %1 is replaced with additional message from reIPL
#: src/clients/bootloader_finish.rb:133
-msgid "\nYour system will now shut down.%1\nFor details, read the related
chapter \nin the documentation. \n"
-msgstr "\nシステムを停止します。%1\n詳細については、このドキュメントの関連する章を\n参照してください。\n"
+msgid ""
+"\n"
+"Your system will now shut down.%1\n"
+"For details, read the related chapter \n"
+"in the documentation. \n"
+msgstr ""
+"\n"
+"システムを停止します。%1\n"
+"詳細については、このドキュメントの関連する章を\n"
+"参照してください。\n"

#. Final message after all packages from CD1 are installed
#. and we're ready to start (boot into) the installed system
@@ -182,8 +190,16 @@
msgstr "<p><big><b>ブートメニュー</b></big><br></p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:24
-msgid "<p><b>Set active Flag in Partition Table for Boot Partition</b><br>\nTo
activate the partition which contains the boot loader. The generic MBR code
will then\nboot the active partition. Older BIOSes require one partition to be
active even\nif the boot loader is installed in the MBR.</p>"
-msgstr
"<p><b>ブートパーティションをアクティブに設定</b><br>\nこの項目を選択すると、ブートローダのあるパーティションを有効にします。汎用のMBRコードではアクティブパーティションを\nブートする仕組みになっているため、これを選択することで本システムを起動できるようになります。\nなお、古いBIOSではMBRにブートローダをインストールした場合でも、1つのパーティションのみをアクティブに設定する必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Set active Flag in Partition Table for Boot Partition</b><br>\n"
+"To activate the partition which contains the boot loader. The generic MBR
code will then\n"
+"boot the active partition. Older BIOSes require one partition to be active
even\n"
+"if the boot loader is installed in the MBR.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ブートパーティションをアクティブに設定</b><br>\n"
+"この項目を選択すると、ブートローダのあるパーティションを有効にします。汎用のMBRコードではアクティブパーティションを\n"
+"ブートする仕組みになっているため、これを選択することで本システムを起動できるようになります。\n"
+"なお、古いBIOSではMBRにブートローダをインストールした場合でも、1つのパーティションのみをアクティブに設定する必要があります。</p>"

#. encoding: utf-8
#. File:
@@ -201,56 +217,122 @@
#. $Id$
#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:30
#: src/include/bootloader/routines/common_helps.rb:23
-msgid "<p><b>Timeout in Seconds</b><br>\nSpecifies the time the bootloader
will wait until the default kernel is loaded.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>タイムアウト(秒単位)</b><br>\nデフォルトカーネルがロードされるまで、ブートローダが待機する時間を指定します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Timeout in Seconds</b><br>\n"
+"Specifies the time the bootloader will wait until the default kernel is
loaded.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>タイムアウト(秒単位)</b><br>\n"
+"デフォルトカーネルがロードされるまで、ブートローダが待機する時間を指定します。</p>\n"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:33
-msgid "<p> By pressing <b>Set as Default</b> you mark the selected section
as\nthe default. When booting, the boot loader will provide a boot menu
and\nwait for the user to select a kernel or OS to boot. If no\nkey is pressed
before the timeout, the default kernel or OS will\nboot. The order of the
sections in the boot loader menu can be changed\nusing the <b>Up</b> and
<b>Down</b> buttons.</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>デフォルトに設定</b>]を押すと、選択したセクションがデフォルトに設定されます。\n起動の際はブートローダがブートメニューを表示してユーザに起動する
OS を選択する\nよう促しますが、一定時間何もキー入力が行われないとデフォルトに設定したカーネル\nまたは OS
を読み込んで起動します。\nまた、ブートローダのメニュー内でのセクション順序については、[<b>上へ</b>]と\n[<b>下へ</b>]でそれぞれ変更することができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p> By pressing <b>Set as Default</b> you mark the selected section as\n"
+"the default. When booting, the boot loader will provide a boot menu and\n"
+"wait for the user to select a kernel or OS to boot. If no\n"
+"key is pressed before the timeout, the default kernel or OS will\n"
+"boot. The order of the sections in the boot loader menu can be changed\n"
+"using the <b>Up</b> and <b>Down</b> buttons.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>デフォルトに設定</b>]を押すと、選択したセクションがデフォルトに設定されます。\n"
+"起動の際はブートローダがブートメニューを表示してユーザに起動する OS を選択する\n"
+"よう促しますが、一定時間何もキー入力が行われないとデフォルトに設定したカーネル\n"
+"または OS を読み込んで起動します。\n"
+"また、ブートローダのメニュー内でのセクション順序については、[<b>上へ</b>]と\n"
+"[<b>下へ</b>]でそれぞれ変更することができます。</p>\n"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:41
-msgid "<p><b>Write generic Boot Code to MBR</b> replace the master boot record
of your disk with generic code (OS independent code which\nboots the active
partition).</p>"
-msgstr
"<p><b>MBRに汎用ブートコードを書き込む</b><br/>ディスクのマスタブートレコード(MBR)に汎用ブートコード(アクティブパーティションを\nブートするだけのOSに依存しないプログラム)を書き込む場合に選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Write generic Boot Code to MBR</b> replace the master boot record of
your disk with generic code (OS independent code which\n"
+"boots the active partition).</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>MBRに汎用ブートコードを書き込む</b><br/>ディスクのマスタブートレコード(MBR)に汎用ブートコード(アクティブパーティションを\n"
+"ブートするだけのOSに依存しないプログラム)を書き込む場合に選択します。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:44
-msgid "<p><b>Boot from Boot Partition</b> is one of the recommended options,
the other is\n<b>Boot from Root Partition</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b></b>[ブートパーティションからブート]、または[ルートパーティションからブート]\n<b></b>オプションをお勧めします.</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot from Boot Partition</b> is one of the recommended options, the
other is\n"
+"<b>Boot from Root Partition</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b></b>[ブートパーティションからブート]、または[ルートパーティションからブート]\n"
+"<b></b>オプションをお勧めします.</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:47
-msgid "<p><b>Use Trusted Grub</b> means install trusted grub and use it.
Option <i>Graphical Menu File</i> will be ignored.\nIt is recommended to
install grub to MBR</p>"
-msgstr "<p><b>信頼済Grubを使用する</b>は、信頼済みのgrubをインストールしてそれを使用することを意味します。 オプション
<i>グラフィカルなメニューファイル</i>は無視されます。\nMBR (マスターブートレコード) に grub
をインストールする場合にはお勧めです。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Use Trusted Grub</b> means install trusted grub and use it. Option
<i>Graphical Menu File</i> will be ignored.\n"
+"It is recommended to install grub to MBR</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>信頼済Grubを使用する</b>は、信頼済みのgrubをインストールしてそれを使用することを意味します。 オプション
<i>グラフィカルなメニューファイル</i>は無視されます。\n"
+"MBR (マスターブートレコード) に grub をインストールする場合にはお勧めです。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:50
-msgid "<p><b>Boot from Master Boot Record</b> is not recommended if you have
another operating system\ninstalled on your computer</p>"
-msgstr
"<p><b></b>お使いのコンピュータに他のOSをインストールしている場合、[マスタブートレコードからブート]\nはお勧めできません。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot from Master Boot Record</b> is not recommended if you have another
operating system\n"
+"installed on your computer</p>"
+msgstr ""
+"<p><b></b>お使いのコンピュータに他のOSをインストールしている場合、[マスタブートレコードからブート]\n"
+"はお勧めできません。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:53
-msgid "<p><b>Boot from Root Partition</b> is the recommended option whenever
there is a suitable\npartition. Either select <b>Set active Flag in Partition
Table for Boot Partition</b> and <b>Write generic Boot Code to MBR</b>\nin
<b>Boot Loader Options</b> to update the master boot record if that is needed
or configure your other boot manager\nto start this section.</p>"
-msgstr "<p><b></b>適切なパーティションがある場合は、[ルートパーティションからブート]オプションを\nお勧めします。
<b></b>マスタブートレコードを更新する必要がある場合は<b></b>\n[ブートローダのオプション]で[ブートパーティション用パーティションテーブルにアクティブフラグを設定]と[MBRに汎用ブートコードを書き込む]を選択します。<b></b>\nこのセクションを開始するには、他のブートマネージャを設定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot from Root Partition</b> is the recommended option whenever there
is a suitable\n"
+"partition. Either select <b>Set active Flag in Partition Table for Boot
Partition</b> and <b>Write generic Boot Code to MBR</b>\n"
+"in <b>Boot Loader Options</b> to update the master boot record if that is
needed or configure your other boot manager\n"
+"to start this section.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b></b>適切なパーティションがある場合は、[ルートパーティションからブート]オプションを\n"
+"お勧めします。 <b></b>マスタブートレコードを更新する必要がある場合は<b></b>\n"
+"[ブートローダのオプション]で[ブートパーティション用パーティションテーブルにアクティブフラグを設定]と[MBRに汎用ブートコードを書き込む]を選択します。<b></b>\n"
+"このセクションを開始するには、他のブートマネージャを設定してください。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:59
-msgid "<p><b>Boot from Extended Partition</b> should be selected if your root
partition is on \nlogical partition and the /boot partition is missing</p>"
-msgstr
"<p>ルートパーティションが論理パーティション上にあり、/bootパーティションがない場合は、\n[<b>拡張パーティションからブート</b>]を選択する必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot from Extended Partition</b> should be selected if your root
partition is on \n"
+"logical partition and the /boot partition is missing</p>"
+msgstr ""
+"<p>ルートパーティションが論理パーティション上にあり、/bootパーティションがない場合は、\n"
+"[<b>拡張パーティションからブート</b>]を選択する必要があります。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:62
msgid "<p><b>Custom Boot Partition</b> lets you choose a partition to boot
from.</p>"
msgstr "<p><b>[カスタムブートパーティション]</b>では、ブートするパーティションを選択できます。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:65
-msgid "<p>MD array is build from 2 disks. <b>Enable Redundancy for MD
Array</b>\nenable to write GRUB to MBR of both disks.</p>"
-msgstr
"<p>MDアレイは2つのディスクから構成されます。それぞれのディスクのMBRに\nGRUBを書き込むには、[<b>MDアレイの冗長化を有効にする</b>]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>MD array is build from 2 disks. <b>Enable Redundancy for MD Array</b>\n"
+"enable to write GRUB to MBR of both disks.</p>"
+msgstr ""
+"<p>MDアレイは2つのディスクから構成されます。それぞれのディスクのMBRに\n"
+"GRUBを書き込むには、[<b>MDアレイの冗長化を有効にする</b>]を選択します。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:68
-msgid "<p><b>Use Serial Console</b> lets you define the parameters to use\nfor
a serial console. Please see the grub documentation (<code>info grub</code>)
for details.</p>"
-msgstr
"<p>[<b>シリアルコンソールを使用する</b>]を指定すると、シリアルコンソールで\n使用するパラメータを定義することができます。詳細については、grubのマニュアル(<code>info
grub</code>)を参照してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Use Serial Console</b> lets you define the parameters to use\n"
+"for a serial console. Please see the grub documentation (<code>info
grub</code>) for details.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[<b>シリアルコンソールを使用する</b>]を指定すると、シリアルコンソールで\n"
+"使用するパラメータを定義することができます。詳細については、grubのマニュアル(<code>info
grub</code>)を参照してください。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:71
-msgid "<p><b>Terminal Definition</b></p><br>\nDefines the type of terminal you
want to use. For a serial terminal (eg. a serial console),\nyou have to specify
<code>serial</code>. You can also pass <code>console</code> to the\ncommand, as
<code>serial console</code>. In this case, a terminal in which you\npress any
key will be selected as a GRUB terminal.</p>"
-msgstr "<p><b>ターミナル定義</b></p><br>\n使用するターミナルのタイプを定義します。
シリアルターミナル(例:シリアルコンソール)の場合は、\n「<code>serial</code>」と指定する必要があります。
コマンドに「<code>console</code>」を\n「<code>serial console</code>」として渡すこともできます。
この場合、任意のキーを押したターミナルが、\nGRUBターミナルとして選択されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Terminal Definition</b></p><br>\n"
+"Defines the type of terminal you want to use. For a serial terminal (eg. a
serial console),\n"
+"you have to specify <code>serial</code>. You can also pass
<code>console</code> to the\n"
+"command, as <code>serial console</code>. In this case, a terminal in which
you\n"
+"press any key will be selected as a GRUB terminal.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ターミナル定義</b></p><br>\n"
+"使用するターミナルのタイプを定義します。 シリアルターミナル(例:シリアルコンソール)の場合は、\n"
+"「<code>serial</code>」と指定する必要があります。 コマンドに「<code>console</code>」を\n"
+"「<code>serial console</code>」として渡すこともできます。 この場合、任意のキーを押したターミナルが、\n"
+"GRUBターミナルとして選択されます。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:78
-msgid "<p><b>Fallback Sections if default Fails</b> contains a list of section
numbers\nthat will be used for booting in case the default section is
unbootable.</p>"
-msgstr
"<p><b></b></b>[デフォルトが失敗した場合のフォールバックセクション]には、セクション番号のリストが含まれています。\nこのリストは、デフォルトのセクションをブートできない場合に使用されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Fallback Sections if default Fails</b> contains a list of section
numbers\n"
+"that will be used for booting in case the default section is unbootable.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b></b></b>[デフォルトが失敗した場合のフォールバックセクション]には、セクション番号のリストが含まれています。\n"
+"このリストは、デフォルトのセクションをブートできない場合に使用されます。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:81
msgid "<p>Selecting <b>Hide Menu on Boot</b> will hide the boot menu.</p>"
@@ -265,13 +347,29 @@
msgstr "<p>聴覚に訴える種類の信号を有効にするには、[<b>聴覚信号を有効にする</b>]を選択します。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:90
-msgid "<p><b>Protect Boot Loader with Password</b><br>\nDefine the password
that will be required to access the boot menu. YaST will only accept the
password if you repeat\nit in <b>Retype Password</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b>ブートローダをパスワードで保護する</b><br>\nブートメニューにアクセスするために必要なパスワードを定義します。YaSTは[<b>もう一度パスワードを入力してください</b>]に同じものを入力した場合にのみ\nバスワードを受け入れます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Protect Boot Loader with Password</b><br>\n"
+"Define the password that will be required to access the boot menu. YaST will
only accept the password if you repeat\n"
+"it in <b>Retype Password</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ブートローダをパスワードで保護する</b><br>\n"
+"ブートメニューにアクセスするために必要なパスワードを定義します。YaSTは[<b>もう一度パスワードを入力してください</b>]に同じものを入力した場合にのみ\n"
+"バスワードを受け入れます。</p>"

#. help text 1/5
#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:97
-msgid "<p><big><b>Disks Order</b></big><br>\nTo specify the order of the disks
according to the order in BIOS, use\nthe <b>Up</b> and <b>Down</b> buttons to
reorder the disks.\nTo add a disk, push <b>Add</b>.\nTo remove a disk, push
<b>Remove</b>.</p>"
-msgstr
"<p><big>[<b>ディスクの順序</b>]</big><br>\nBIOSでの順序に合わせてディスクの順序を設定するには、\n[<b>上へ</b>]と[<b>下へ</b>]ボタンをクリックしてディスクの順序を入れ替えます。\nディスクを追加するには[<b>追加</b>]ボタンを、\nディスクを削除するには[<b>削除</b>]ボタンをそれぞれクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Disks Order</b></big><br>\n"
+"To specify the order of the disks according to the order in BIOS, use\n"
+"the <b>Up</b> and <b>Down</b> buttons to reorder the disks.\n"
+"To add a disk, push <b>Add</b>.\n"
+"To remove a disk, push <b>Remove</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big>[<b>ディスクの順序</b>]</big><br>\n"
+"BIOSでの順序に合わせてディスクの順序を設定するには、\n"
+"[<b>上へ</b>]と[<b>下へ</b>]ボタンをクリックしてディスクの順序を入れ替えます。\n"
+"ディスクを追加するには[<b>追加</b>]ボタンを、\n"
+"ディスクを削除するには[<b>削除</b>]ボタンをそれぞれクリックします。</p>"

#: src/include/bootloader/grub/helps.rb:108
msgid "Boot Loader Locations"
@@ -829,13 +927,38 @@

#. popup - Continue/Cancel
#: src/include/bootloader/routines/global_widgets.rb:343
-msgid "\nIf you do not install any boot loader, the system\nmight not
start.\n\nProceed?\n"
-msgstr "\nブートローダをインストールしないと、システムは\n起動しません。\n \n 続行しますか?\n"
+msgid ""
+"\n"
+"If you do not install any boot loader, the system\n"
+"might not start.\n"
+"\n"
+"Proceed?\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"ブートローダをインストールしないと、システムは\n"
+"起動しません。\n"
+" \n"
+" 続行しますか?\n"

#. warning - popup, followed by radio buttons
#: src/include/bootloader/routines/global_widgets.rb:377
-msgid "\nYou chose to change your boot loader. When converting \nthe
configuration, some settings might be lost.\n\nThe current configuration will
be saved and you can\nrestore it if you return to the current boot
loader.\n\nSelect a course of action:\n"
-msgstr "\nブートローダを変更しようとしています。 設定を変更しないと、一部の設定が失われます。\n
\n現在の設定が保存され、現在の\nブートローダに戻った場合にそれを復元できます。\n \nアクションを選択してください:\n"
+msgid ""
+"\n"
+"You chose to change your boot loader. When converting \n"
+"the configuration, some settings might be lost.\n"
+"\n"
+"The current configuration will be saved and you can\n"
+"restore it if you return to the current boot loader.\n"
+"\n"
+"Select a course of action:\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"ブートローダを変更しようとしています。 設定を変更しないと、一部の設定が失われます。\n"
+" \n"
+"現在の設定が保存され、現在の\n"
+"ブートローダに戻った場合にそれを復元できます。\n"
+" \n"
+"アクションを選択してください:\n"

#. radiobutton
#. menubutton item, keep as short as possible
@@ -928,140 +1051,302 @@

#. help text 1/1 (shown during settings reading progress)
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:32
-msgid "<P><BIG><B>Boot Loader Configuration Tool</B></BIG><BR>\nChange the
settings of your boot loader.</P>"
-msgstr "<P><BIG><B>ブートローダ設定ツール</B></BIG><BR>\nブートローダの設定を変更できます。</P>"
+msgid ""
+"<P><BIG><B>Boot Loader Configuration Tool</B></BIG><BR>\n"
+"Change the settings of your boot loader.</P>"
+msgstr ""
+"<P><BIG><B>ブートローダ設定ツール</B></BIG><BR>\n"
+"ブートローダの設定を変更できます。</P>"

#. help text
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:41
-msgid "<P><B><BIG>Saving Boot Loader Configuration</BIG></B><BR>\nPlease
wait...<br></p>"
-msgstr "<P><B><BIG>ブートローダの設定を保存しています</BIG></B><BR>\nしばらくお待ちください...<br></p>"
+msgid ""
+"<P><B><BIG>Saving Boot Loader Configuration</BIG></B><BR>\n"
+"Please wait...<br></p>"
+msgstr ""
+"<P><B><BIG>ブートローダの設定を保存しています</BIG></B><BR>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>"

#. help text, optional part of following
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:52
-msgid "If you have multiple Linux systems installed,\nYaST can try to find
them and merge their menus."
-msgstr "複数のLinuxシステムをインストールしている場合、\nYaSTはそれらを検出してメニューに組み込むことができます。"
+msgid ""
+"If you have multiple Linux systems installed,\n"
+"YaST can try to find them and merge their menus."
+msgstr ""
+"複数のLinuxシステムをインストールしている場合、\n"
+"YaSTはそれらを検出してメニューに組み込むことができます。"

#. help text 1/2 (%1 may be following sentence, optionally empty)
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:58
-msgid "<P>From <B>Other</B>,\nyou can manually edit the boot loader
configuration files, clear the current \nconfiguration and propose a new
configuration, start from scratch, or reread\nthe configuration saved on your
disk. %1</P>"
-msgstr
"<P>[その他]から、\nブートローダ設定ファイルを個別に編集したり、現在の設定をクリアして新しい\n設定を提案したり、最初から新しく設定したり、また、\nディスクに保存した設定をロードし直したりすることができます。
%1</P>"
+msgid ""
+"<P>From <B>Other</B>,\n"
+"you can manually edit the boot loader configuration files, clear the current
\n"
+"configuration and propose a new configuration, start from scratch, or
reread\n"
+"the configuration saved on your disk. %1</P>"
+msgstr ""
+"<P>[その他]から、\n"
+"ブートローダ設定ファイルを個別に編集したり、現在の設定をクリアして新しい\n"
+"設定を提案したり、最初から新しく設定したり、また、\n"
+"ディスクに保存した設定をロードし直したりすることができます。 %1</P>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:73
-msgid "<P>To edit boot loader configuration files\nmanually, click <B>Edit
Configuration Files</B>.</P>"
-msgstr "<P>ブートローダ環境設定ファイルを手動で編集するには、\n[設定ファイルの編集]をクリックしてください。</P>"
+msgid ""
+"<P>To edit boot loader configuration files\n"
+"manually, click <B>Edit Configuration Files</B>.</P>"
+msgstr ""
+"<P>ブートローダ環境設定ファイルを手動で編集するには、\n"
+"[設定ファイルの編集]をクリックしてください。</P>"

#. help 1/4
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:83
-msgid "<P> In the table, each section represents one item\nin the boot
menu.</P>"
-msgstr "<P>一覧の各セクションは、ブートメニューの項目に\n相当します。</P>"
+msgid ""
+"<P> In the table, each section represents one item\n"
+"in the boot menu.</P>"
+msgstr ""
+"<P>一覧の各セクションは、ブートメニューの項目に\n"
+"相当します。</P>"

#. help 2/4
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:87
-msgid "<P> Press <B>Edit</B> to display the properties of the\nselected
section.</P>"
-msgstr "<P>[編集]をクリックすると、選択されたセクションの\nプロパティが表示されます。</P>"
+msgid ""
+"<P> Press <B>Edit</B> to display the properties of the\n"
+"selected section.</P>"
+msgstr ""
+"<P>[編集]をクリックすると、選択されたセクションの\n"
+"プロパティが表示されます。</P>"

#. help 3/4
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:91
-msgid "<P> By pressing <b>Set as Default</b>, mark the selected \nsection as
default. When booting, the boot loader will provide \na boot menu and wait for
the user to select the kernel or other \nOS to boot. If no key is pressed
before the time-out, the default \nkernel or OS will be booted. The order of
sections in the boot loader\nmenu can be changed using the <B>Up</B> and
<B>Down</B> buttons.</P>"
-msgstr "<P> [デフォルトに設定]をクリックすると、選択したセクションに\nデフォルトとしてマークが付けられます。
ブート時に、ブートローダによってブートメニューが表示され、\nユーザがブートするカーネルまたはその他のOSを選択するまで\n待機します。
タイムアウトまでにどのキーも押されなかった場合は、デフォルトの\nカーネルまたはOSがブートされます。
ブートローダメニューのセクションの順序は、\n[上へ]および[下へ]ボタンを使用して変更できます。</P>"
+msgid ""
+"<P> By pressing <b>Set as Default</b>, mark the selected \n"
+"section as default. When booting, the boot loader will provide \n"
+"a boot menu and wait for the user to select the kernel or other \n"
+"OS to boot. If no key is pressed before the time-out, the default \n"
+"kernel or OS will be booted. The order of sections in the boot loader\n"
+"menu can be changed using the <B>Up</B> and <B>Down</B> buttons.</P>"
+msgstr ""
+"<P> [デフォルトに設定]をクリックすると、選択したセクションに\n"
+"デフォルトとしてマークが付けられます。 ブート時に、ブートローダによってブートメニューが表示され、\n"
+"ユーザがブートするカーネルまたはその他のOSを選択するまで\n"
+"待機します。 タイムアウトまでにどのキーも押されなかった場合は、デフォルトの\n"
+"カーネルまたはOSがブートされます。 ブートローダメニューのセクションの順序は、\n"
+"[上へ]および[下へ]ボタンを使用して変更できます。</P>"

#. help 4/4
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:100
-msgid "<P>Press <B>Add</B> to create a new boot loader section\nor
<B>Delete</B> to delete the selected section.</P>"
-msgstr "<P>[追加]をクリックして新しいブートローダセクションを作成するか、\n[削除]をクリックして選択したセクションを削除します。</P>"
+msgid ""
+"<P>Press <B>Add</B> to create a new boot loader section\n"
+"or <B>Delete</B> to delete the selected section.</P>"
+msgstr ""
+"<P>[追加]をクリックして新しいブートローダセクションを作成するか、\n"
+"[削除]をクリックして選択したセクションを削除します。</P>"

#. help text for the custom boot manager installation, 1 of 7
#. %1 = name of boot loader (e.g. "LILO")
#. this should be per architecture
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:115
-msgid "<p><big><b>Boot Loader Location</b></big><br>\nThe boot manager (%1)
can be installed in the following ways:</p>"
-msgstr "<p><big><b>ブートローダの場所</b></big><br>\nブートマネージャ(%1)は、次の方法でインストールできます:</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Boot Loader Location</b></big><br>\n"
+"The boot manager (%1) can be installed in the following ways:</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>ブートローダの場所</b></big><br>\n"
+"ブートマネージャ(%1)は、次の方法でインストールできます:</p>"

#. custom bootloader help text, 2 of 7
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:124
-msgid "<p>- In the <b>Master Boot Record</b> (MBR).\nThis is not recommended
if there is another operating system installed\non the computer.</p>"
-msgstr "<p>-
マスタブートレコード(MBR)内。\n別のオペレーティングシステムがコンピュータにインストールされている場合には、\nお勧めしません。</p>"
+msgid ""
+"<p>- In the <b>Master Boot Record</b> (MBR).\n"
+"This is not recommended if there is another operating system installed\n"
+"on the computer.</p>"
+msgstr ""
+"<p>- マスタブートレコード(MBR)内。\n"
+"別のオペレーティングシステムがコンピュータにインストールされている場合には、\n"
+"お勧めしません。</p>"

#. custom bootloader help text, 3 of 7
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:134
-msgid "<p>\n- In the <b>Boot Sector</b> of the <tt>/boot</tt> or <tt>/</tt>
(root) \npartition. This is the recommended option whenever there is a
suitable\npartition. Either set <b>Activate Boot Loader Partition</b>
and\n<b>Replace MBR with Generic Code</b> in <b>Boot Loader Installation
Details</b>\nto update the master boot record\nif it is needed or configure
your other boot manager\nto start &product;.</p>"
-msgstr "<p>\n- <tt>/boot</tt>または<tt>/</tt> (ルート)パーティションの\n<b>ブートセクタ</b>内。.
適切なパーティションがある場合には最もお勧めするオプションです。
[ブートローダパーティションを有効にする]または\n[MBRを汎用コードに置換]を[ブートローダのインストールの詳細]\nで設定して、\n必要な場合、またはほかのブートマネージャが\n&product;を開始するように設定した場合に、マスタブートレコードを更新してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"- In the <b>Boot Sector</b> of the <tt>/boot</tt> or <tt>/</tt> (root) \n"
+"partition. This is the recommended option whenever there is a suitable\n"
+"partition. Either set <b>Activate Boot Loader Partition</b> and\n"
+"<b>Replace MBR with Generic Code</b> in <b>Boot Loader Installation
Details</b>\n"
+"to update the master boot record\n"
+"if it is needed or configure your other boot manager\n"
+"to start &product;.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"- <tt>/boot</tt>または<tt>/</tt> (ルート)パーティションの\n"
+"<b>ブートセクタ</b>内。. 適切なパーティションがある場合には最もお勧めするオプションです。 [ブートローダパーティションを有効にする]または\n"
+"[MBRを汎用コードに置換]を[ブートローダのインストールの詳細]\n"
+"で設定して、\n"
+"必要な場合、またはほかのブートマネージャが\n"
+"&product;を開始するように設定した場合に、マスタブートレコードを更新してください。</p>"

#. custom bootloader help text, 4 of 7
#. this part will only be shown if a floppy drive is attached.
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:151
-msgid "<p>\n- On a <b>Floppy Disk</b>.\nUse this to avoid the risk of
interfering with an already existing\nboot mechanism. Enable booting from
floppy disk in\nthe BIOS of your machine to use this option.</p>"
-msgstr "<p>\n- フロッピーディスク上。\n これを使用して、すでに存在するブートメカニズムを\n妨害しないようにしてください。
このオプションを使用するには、マシンのBIOSでフロッピーディスクからのブートを有効にします。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"- On a <b>Floppy Disk</b>.\n"
+"Use this to avoid the risk of interfering with an already existing\n"
+"boot mechanism. Enable booting from floppy disk in\n"
+"the BIOS of your machine to use this option.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"- フロッピーディスク上。\n"
+" これを使用して、すでに存在するブートメカニズムを\n"
+"妨害しないようにしてください。 このオプションを使用するには、マシンのBIOSでフロッピーディスクからのブートを有効にします。</p>"

#. custom bootloader help text, 5 of 7
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:164
-msgid "<p>\n- In some <b>Other</b> partition. Consider your system's
restrictions\nwhen selecting this option.</p>"
-msgstr "<p>\n- <b>その他</b>のパーティション内。
このオプションを選択する場合は、\nお使いのシステムにおける制限を考慮してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"- In some <b>Other</b> partition. Consider your system's restrictions\n"
+"when selecting this option.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"- <b>その他</b>のパーティション内。 このオプションを選択する場合は、\n"
+"お使いのシステムにおける制限を考慮してください。</p>"

#. optional part, only inserted on x86 architectures. 6 of 7
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:174
-msgid "<p>For example, most PCs have a BIOS\nlimit that restricts booting
to\nhard disk cylinders smaller than 1024. Depending on the boot manager
used,\nyou may or may not be able to boot from a logical partition.</p>"
-msgstr
"<p>たとえば、大部分のPCにはBIOSの制限があり、\n1024より小さいハードディスクシリンダへの\nブートが制限されています。使用するブートマネージャに応じて、\n論理パーティションからブートできるかどうかが決まります。</p>"
+msgid ""
+"<p>For example, most PCs have a BIOS\n"
+"limit that restricts booting to\n"
+"hard disk cylinders smaller than 1024. Depending on the boot manager used,\n"
+"you may or may not be able to boot from a logical partition.</p>"
+msgstr ""
+"<p>たとえば、大部分のPCにはBIOSの制限があり、\n"
+"1024より小さいハードディスクシリンダへの\n"
+"ブートが制限されています。使用するブートマネージャに応じて、\n"
+"論理パーティションからブートできるかどうかが決まります。</p>"

#. custom bootloader help text, 7 of 7
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:186
-msgid "<p>\nEnter the device name of the partition (for example,
<tt>/dev/hda3</tt> or\n<tt>/dev/sdb</tt>) in the input field.</p>"
-msgstr
"<p>\n入力フィールドにパーティションのデバイス名を入力します(<tt>/dev/hda3</tt>、\n<tt>/dev/sdb</tt>など)。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Enter the device name of the partition (for example, <tt>/dev/hda3</tt> or\n"
+"<tt>/dev/sdb</tt>) in the input field.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"入力フィールドにパーティションのデバイス名を入力します(<tt>/dev/hda3</tt>、\n"
+"<tt>/dev/sdb</tt>など)。</p>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:199
-msgid "<p><b>Boot Loader Installation Details</b><br>\nTo adjust advanced boot
loader installation options (such as the device\nmapping), click <b>Boot Loader
Installation Details</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b>ブートローダのインストール詳細</b><br>\nデバイスマッピングなどブートローダの詳細なインストールオプションを調整するには、\n[<b>ブートローダのインストール詳細</b>]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot Loader Installation Details</b><br>\n"
+"To adjust advanced boot loader installation options (such as the device\n"
+"mapping), click <b>Boot Loader Installation Details</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ブートローダのインストール詳細</b><br>\n"
+"デバイスマッピングなどブートローダの詳細なインストールオプションを調整するには、\n"
+"[<b>ブートローダのインストール詳細</b>]をクリックします。</p>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:210
-msgid "<p><b>Boot Loader Type</b><br>\nTo select whether to install a boot
loader and which bootloader to install,\nuse <b>Boot Loader</b>.</p>"
-msgstr
"<p><big>[<b>ブートローダのタイプ</b>]</big><br>\nブートローダをインストールするかどうかや、どのブートローダをインストールするかを選択するには、\n[<b>ブートローダ</b>]を使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot Loader Type</b><br>\n"
+"To select whether to install a boot loader and which bootloader to install,\n"
+"use <b>Boot Loader</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big>[<b>ブートローダのタイプ</b>]</big><br>\n"
+"ブートローダをインストールするかどうかや、どのブートローダをインストールするかを選択するには、\n"
+"[<b>ブートローダ</b>]を使用します。</p>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:222
-msgid "<p><b>Boot Loader Options</b><br>\nTo adjust options of the boot
loader, such as the time-out, click\n<b>Boot Loader Options</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b>ブートローダのオプション</b><br>\nタイムアウトなどのブートローダのオプションを調整するには、\n[<b>ブートローダのオプション</b>]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Boot Loader Options</b><br>\n"
+"To adjust options of the boot loader, such as the time-out, click\n"
+"<b>Boot Loader Options</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ブートローダのオプション</b><br>\n"
+"タイムアウトなどのブートローダのオプションを調整するには、\n"
+"[<b>ブートローダのオプション</b>]をクリックします。</p>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:233
-msgid "<P><B>Expert Manual Configuration</B><BR>\nHere, manually edit the boot
loader configuration.</P>\n<P>Note: The final configuration file may have
different indenting.</P>"
-msgstr "<P><B>エキスパート設定</B><BR>\nここでは、ブートローダの環境設定を手動で編集します。</P>\n<P>注意:
最終的な環境設定ファイルは、インデントが異なる場合があります。</P>"
+msgid ""
+"<P><B>Expert Manual Configuration</B><BR>\n"
+"Here, manually edit the boot loader configuration.</P>\n"
+"<P>Note: The final configuration file may have different indenting.</P>"
+msgstr ""
+"<P><B>エキスパート設定</B><BR>\n"
+"ここでは、ブートローダの環境設定を手動で編集します。</P>\n"
+"<P>注意: 最終的な環境設定ファイルは、インデントが異なる場合があります。</P>"

#. help text 1/1
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:244
-msgid "<p><b>Section Name</b><br>\nUse <b>Section Name</b> to specify the boot
loader section name. The section\nname must be unique.</p>"
-msgstr
"<p><b>セクション名</b><br>\nブートローダのセクション名を指定するには、[<b>セクション名</b>]を使用します。セクション名は\n固有である必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Section Name</b><br>\n"
+"Use <b>Section Name</b> to specify the boot loader section name. The
section\n"
+"name must be unique.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>セクション名</b><br>\n"
+"ブートローダのセクション名を指定するには、[<b>セクション名</b>]を使用します。セクション名は\n"
+"固有である必要があります。</p>"

#. help text 1/5
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:255
-msgid "<p><big><b>Type of the New Section</b></big><br>\nSelect the type of
the new section to create.</p>"
-msgstr "<p><big><b>新しいセクションのタイプ</b></big><br>\n作成する新しいセクションのタイプを選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Type of the New Section</b></big><br>\n"
+"Select the type of the new section to create.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>新しいセクションのタイプ</b></big><br>\n"
+"作成する新しいセクションのタイプを選択します。</p>"

#. help text 2/5
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:259
-msgid "<p>Select <b>Clone Selected Section</b> to clone the currently
selected\nsection. Then modify the options that should differ from
the\nselected section.</p>"
-msgstr "<p>現在選択されているセクションを複製するには、[選択したセクションの複製]を\n選択します。
次に、選択したセクションとは違う設定にするオプションを\n変更します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Clone Selected Section</b> to clone the currently selected\n"
+"section. Then modify the options that should differ from the\n"
+"selected section.</p>"
+msgstr ""
+"<p>現在選択されているセクションを複製するには、[選択したセクションの複製]を\n"
+"選択します。 次に、選択したセクションとは違う設定にするオプションを\n"
+"変更します。</p>"

#. help text 3/5
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:265
-msgid "<p>Select <b>Image Section</b> to add a new Linux kernel or other
image\nto load and start.</p>"
-msgstr
"<p>ロードして起動するLinuxカーネルまたはその他のイメージを追加するには、\n[<b>イメージセクション</b>]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Image Section</b> to add a new Linux kernel or other image\n"
+"to load and start.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ロードして起動するLinuxカーネルまたはその他のイメージを追加するには、\n"
+"[<b>イメージセクション</b>]を選択します。</p>"

#. help text 4/5
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:269
-msgid "<p>Select <b>Xen Section</b> to add a new Linux kernel or other
image,\nbut to start it in a Xen environment.</p>"
-msgstr
"<p>新しいLinuxカーネルやその他のイメージを追加し、それらをXEN環境下で起動するには、\n[<b>Xenセクション</b>]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Xen Section</b> to add a new Linux kernel or other image,\n"
+"but to start it in a Xen environment.</p>"
+msgstr ""
+"<p>新しいLinuxカーネルやその他のイメージを追加し、それらをXEN環境下で起動するには、\n"
+"[<b>Xenセクション</b>]を選択します。</p>"

#. help text 5/5
#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:273
-msgid "<p>Select <b>Other System (Chainloader)</b> to add a section that
\nloads and starts a boot sector of a partition of the disk. This is used
for\nbooting other operating systems.</p>"
-msgstr
"<p>ディスクのパーティションのブートセクタをロードして起動するセクションを追加するには、\n[その他のシステム(チェーンローダ)]を選択します。
これは、他の\nオペレーティングシステムのブートに使用されます。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Other System (Chainloader)</b> to add a section that \n"
+"loads and starts a boot sector of a partition of the disk. This is used for\n"
+"booting other operating systems.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ディスクのパーティションのブートセクタをロードして起動するセクションを追加するには、\n"
+"[その他のシステム(チェーンローダ)]を選択します。 これは、他の\n"
+"オペレーティングシステムのブートに使用されます。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/helps.rb:278
-msgid "<p>Select <b>Menu Section</b> to add a section that \nloads
configuration file (the list of boot sections) from a partition of the disk.
This is used for\nbooting other operating systems.</p>"
-msgstr
"<p>ディスク内のパーティションから環境設定ファイル(ブートセクションのリスト)をロードする\nセクションを追加するには、[<b>メニューセクション</b>]を選択します。\nこれは他のオペレーティングシステム(OS)をブートする際に使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Menu Section</b> to add a section that \n"
+"loads configuration file (the list of boot sections) from a partition of the
disk. This is used for\n"
+"booting other operating systems.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ディスク内のパーティションから環境設定ファイル(ブートセクションのリスト)をロードする\n"
+"セクションを追加するには、[<b>メニューセクション</b>]を選択します。\n"
+"これは他のオペレーティングシステム(OS)をブートする際に使用します。</p>"

#. part of summary, %1 is a list of hard disks device names
#: src/include/bootloader/routines/lilolike.rb:697
@@ -1110,13 +1395,21 @@

#. popup message
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:35
-msgid "This function is not available if the boot\nloader is not specified."
-msgstr "ブートローダが指定されていない場合、\nこの機能は使用できません。"
+msgid ""
+"This function is not available if the boot\n"
+"loader is not specified."
+msgstr ""
+"ブートローダが指定されていない場合、\n"
+"この機能は使用できません。"

#. yes-no popup question
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:48
-msgid "Really leave the boot loader configuration without saving?\nAll changes
will be lost.\n"
-msgstr "本当にブートローダの環境設定を保存しないまま中止しますか?\nすべての変更が無効になります。\n"
+msgid ""
+"Really leave the boot loader configuration without saving?\n"
+"All changes will be lost.\n"
+msgstr ""
+"本当にブートローダの環境設定を保存しないまま中止しますか?\n"
+"すべての変更が無効になります。\n"

#. yes-no popup question
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:59
@@ -1130,18 +1423,30 @@

#. error popup
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:74
-msgid "'Password' and 'Retype password'\ndo not match. Retype the password."
-msgstr "「パスワード」と「もう一度パスワードを入力してください。」に\n入力したパスワードが異なっています。もう一度入力してください。"
+msgid ""
+"'Password' and 'Retype password'\n"
+"do not match. Retype the password."
+msgstr ""
+"「パスワード」と「もう一度パスワードを入力してください。」に\n"
+"入力したパスワードが異なっています。もう一度入力してください。"

#. message popup, %1 is sectino label
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:88
-msgid "The disk settings have changed.\nCheck section %1 settings.\n"
-msgstr "ディスク設定が変更されました。\nセクション %1 の設定を確認してください。\n"
+msgid ""
+"The disk settings have changed.\n"
+"Check section %1 settings.\n"
+msgstr ""
+"ディスク設定が変更されました。\n"
+"セクション %1 の設定を確認してください。\n"

#. message popup
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:100
-msgid "The disk settings have changed and you edited boot
loader\nconfiguration files manually. Check the boot loader settings.\n"
-msgstr "ディスク設定が変更されたので、ブートローダ環境設定ファイルを\n手動で変更しました。ブートローダの設定を確認してください。\n"
+msgid ""
+"The disk settings have changed and you edited boot loader\n"
+"configuration files manually. Check the boot loader settings.\n"
+msgstr ""
+"ディスク設定が変更されたので、ブートローダ環境設定ファイルを\n"
+"手動で変更しました。ブートローダの設定を確認してください。\n"

#. Confirmation box with yes-no popup. %1 is reason why we need to set
#. default location. It is translated on caller side and it is complete
@@ -1167,8 +1472,14 @@

#. label
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:142
-msgid "The boot loader boot sector will be written\nto a floppy disk. Insert a
floppy disk\nand confirm with OK.\n"
-msgstr "ブートローダのブートセクタをフロッピーディスクに\n書き込みます。フロッピーディスクを入れて、\n[了解]ボタン押してください。\n"
+msgid ""
+"The boot loader boot sector will be written\n"
+"to a floppy disk. Insert a floppy disk\n"
+"and confirm with OK.\n"
+msgstr ""
+"ブートローダのブートセクタをフロッピーディスクに\n"
+"書き込みます。フロッピーディスクを入れて、\n"
+"[了解]ボタン押してください。\n"

#. checkbox
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:150
@@ -1194,13 +1505,21 @@

#. error popup
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:218
-msgid "The name selected is already used.\nUse a different one.\n"
-msgstr "選択された名前はすでに使用されています。\n別の名前を選択してください。\n"
+msgid ""
+"The name selected is already used.\n"
+"Use a different one.\n"
+msgstr ""
+"選択された名前はすでに使用されています。\n"
+"別の名前を選択してください。\n"

#. yes-no popup
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:229
-msgid "An error occurred during boot loader\ninstallation. Retry boot loader
configuration?\n"
-msgstr "ブートローダのインストール中にエラーが\n発生しました。ブートローダ環境設定をやり直しますか?\n"
+msgid ""
+"An error occurred during boot loader\n"
+"installation. Retry boot loader configuration?\n"
+msgstr ""
+"ブートローダのインストール中にエラーが\n"
+"発生しました。ブートローダ環境設定をやり直しますか?\n"

#. FIXME too generic, but was already translated
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:241
@@ -1210,8 +1529,26 @@
#. warning popup. %1 is device name, %2 is date/time in form of
#. 'date' command output
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:283
-msgid "Warning!\n\nCurrent MBR of %1 will now be rewritten with MBR\nsaved at
%2.\n\nOnly the booting code in the MBR will be rewritten.\nThe partition table
remains unchanged.\n\nContinue?\n"
-msgstr "警告!\n\n%1 の現在のMBRは、%2
に保存した\n新しいMBRで上書きされます。\n\nMBR内のブートコードのみが上書きされます。\nパーティションテーブルは変更されません。\n\n続行しますか?\n"
+msgid ""
+"Warning!\n"
+"\n"
+"Current MBR of %1 will now be rewritten with MBR\n"
+"saved at %2.\n"
+"\n"
+"Only the booting code in the MBR will be rewritten.\n"
+"The partition table remains unchanged.\n"
+"\n"
+"Continue?\n"
+msgstr ""
+"警告!\n"
+"\n"
+"%1 の現在のMBRは、%2 に保存した\n"
+"新しいMBRで上書きされます。\n"
+"\n"
+"MBR内のブートコードのみが上書きされます。\n"
+"パーティションテーブルは変更されません。\n"
+"\n"
+"続行しますか?\n"

#. PushButton
#: src/include/bootloader/routines/popups.rb:305
@@ -1245,8 +1582,12 @@
msgstr "<p><b></b>[ルートデバイス]には、カーネルにルートデバイスとして渡すデバイスを設定します。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:36
-msgid "<p><b>Initial RAM Disk</b>, if not empty, defines the initial ramdisk
to use. Either enter the path and file name\ndirectly or choose by using
<b>Browse</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>初期RAMディスク</b>。空でない場合、使用する初期RAMディスクを定義します。パスをファイル名を直接入力するか、または\n<b>[参照]</b>を使用して選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Initial RAM Disk</b>, if not empty, defines the initial ramdisk to use.
Either enter the path and file name\n"
+"directly or choose by using <b>Browse</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>初期RAMディスク</b>。空でない場合、使用する初期RAMディスクを定義します。パスをファイル名を直接入力するか、または\n"
+"<b>[参照]</b>を使用して選択します。</p>\n"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:39
msgid "<p>Select <b>Chainloader Section</b> if you want to define a section
for booting an OS other than Linux.</p>"
@@ -1265,12 +1606,20 @@
msgstr "<p>このシステムを起動するために BIOS
側で必要となる場合、[<b>起動選択時にパーティションをアクティブ化</b>]を選択することもできます。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:51
-msgid "<p><b>Block Offset for Chainloading</b> lets you specify the list of
blocks to boot. In most cases you want\nto specify <code>+1</code> here. For
specifics on blocklist notation see the grub documentation.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>[チェインロード用ブロックオフセット]</b>には、ブートするブロックのリストを指定します。多くの場合、ここで\n「<code>+1</code>」を指定します。blocklistの指定方法については、grubマニュアルを参照してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Block Offset for Chainloading</b> lets you specify the list of blocks
to boot. In most cases you want\n"
+"to specify <code>+1</code> here. For specifics on blocklist notation see the
grub documentation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>[チェインロード用ブロックオフセット]</b>には、ブートするブロックのリストを指定します。多くの場合、ここで\n"
+"「<code>+1</code>」を指定します。blocklistの指定方法については、grubマニュアルを参照してください。</p>\n"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:54
-msgid "<p>Select <b>Xen Section</b> if you want to add a new Linux kernel or
other image \nand start it in a Xen environment.</p>\n"
-msgstr
"<p>XEN環境下で起動する新しいLinuxカーネルやその他のイメージを追加するには、\n[<b>Xenセクション</b>]を選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Xen Section</b> if you want to add a new Linux kernel or other
image \n"
+"and start it in a Xen environment.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>XEN環境下で起動する新しいLinuxカーネルやその他のイメージを追加するには、\n"
+"[<b>Xenセクション</b>]を選択します。</p>\n"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:57
msgid "<p><b>Hypervisor</b> specifies the Hypervisor to use.</p>"
@@ -1297,28 +1646,55 @@
msgstr "<p><b>デバイスマップから最初のディスクにセクションを配置する</b> Windows
では通常、最初のディスク上に存在する必要があります。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:71
-msgid "<p><b>Measures</b> includes measured files with PCR. Change table is
possible via buttons: <b>Add</b> , \n<b>Edit</b> and <b>Delete</b></p>"
-msgstr "<p>[<b>計測</b>]には PCR
で計測されたファイルが含まれています。表内の変更は[<b>追加</b>]、\n[<b>編集</b>]、[<b>削除</b>]で行うことができます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Measures</b> includes measured files with PCR. Change table is possible
via buttons: <b>Add</b> , \n"
+"<b>Edit</b> and <b>Delete</b></p>"
+msgstr ""
+"<p>[<b>計測</b>]には PCR で計測されたファイルが含まれています。表内の変更は[<b>追加</b>]、\n"
+"[<b>編集</b>]、[<b>削除</b>]で行うことができます。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:74
-msgid "<p><b>Allow attempt to relocate</b>\nUsually specified in global
section</p>"
-msgstr "<p><b>再配置を試すことを許可</b>\n通常はグローバルセクションで指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Allow attempt to relocate</b>\n"
+"Usually specified in global section</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>再配置を試すことを許可</b>\n"
+"通常はグローバルセクションで指定します。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:77
-msgid "<p><b>Force root filesystem to be mounted read-only</b><br>\nUsually
specified in global section</p>"
-msgstr "<p><b>rootファイルシステムの読み取り専用でのマウントを強制</b><br>\n通常は、グローバルセクションで指定されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Force root filesystem to be mounted read-only</b><br>\n"
+"Usually specified in global section</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>rootファイルシステムの読み取り専用でのマウントを強制</b><br>\n"
+"通常は、グローバルセクションで指定されます。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:80
-msgid "<p>Select <b>Dump Section</b> to add a section that specifies how
to\ncreate a system dump either on a DASD disk partition or tape device or to
a\nfile on a SCSI disk partition.</p>"
-msgstr
"<p>DASDディスクパーティションやテープデバイス上、または\nSCSIディスクパーティション上のファイルにシステムダンプを作成する方法を指定したセクションを追加するには、\n[<b>ダンプセクション</b>]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Dump Section</b> to add a section that specifies how to\n"
+"create a system dump either on a DASD disk partition or tape device or to a\n"
+"file on a SCSI disk partition.</p>"
+msgstr ""
+"<p>DASDディスクパーティションやテープデバイス上、または\n"
+"SCSIディスクパーティション上のファイルにシステムダンプを作成する方法を指定したセクションを追加するには、\n"
+"[<b>ダンプセクション</b>]を選択します。</p>"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:85
-msgid "<p>Select <b>Menu Section</b> to add a new menu to the
configuration.\nMenu sections represent a list of tasks which are grouped
together.</p>\n"
-msgstr
"<p>設定に新しいメニューを追加するには、<b>[メニューセクション]</b>を選択します。\nメニューセクションには、グループ化されたタスクの一覧が表示されます。</p>\n\n"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Menu Section</b> to add a new menu to the configuration.\n"
+"Menu sections represent a list of tasks which are grouped together.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>設定に新しいメニューを追加するには、<b>[メニューセクション]</b>を選択します。\n"
+"メニューセクションには、グループ化されたタスクの一覧が表示されます。</p>\n"
+"\n"

#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:88
-msgid "<p>Select <b>Enable SELinux</b> to add the needed kernel boot
parameters to enable the SELinux security framework. \nPlease note that this
will also disable AppArmor.</p>"
-msgstr
"<p>SELinuxセキュリティフレームワークを有効にするため、必要なカーネルブートパラメータを追加するには、[<b>SELinuxを有効にする</b>]を選択します。\nただし、この設定によりAppArmorが無効になるので注意してください。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Enable SELinux</b> to add the needed kernel boot parameters to
enable the SELinux security framework. \n"
+"Please note that this will also disable AppArmor.</p>"
+msgstr ""
+"<p>SELinuxセキュリティフレームワークを有効にするため、必要なカーネルブートパラメータを追加するには、[<b>SELinuxを有効にする</b>]を選択します。\n"
+"ただし、この設定によりAppArmorが無効になるので注意してください。</p>"

#. radio button
#: src/include/bootloader/routines/section_helps.rb:95
@@ -1697,4 +2073,3 @@
#: src/modules/Bootloader.rb:385
msgid "Saving Boot Loader Configuration"
msgstr "ブートローダの環境設定の保存"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ca-management.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ca-management.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/ca-management.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: ca-management\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -107,8 +107,18 @@
msgstr "CAの設定"

#: src/clients/ca_mgm_auto.rb:172
-msgid "<p>\nYaST generates a default CA and certificate automatically. This CA
and certificate\nis used for communicating with the Apache server.\nHere,
change the settings of this CA and certificate or import a CA and certificate
from a file.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nYaSTでは、デフォルトのCAおよび証明書が自動的に生成されます。
このCAおよび証明書は、\nApacheサーバとの通信に使用されます。\n
ここでは、このCAおよび証明書の設定を変更したり、CAおよび証明書をファイルからインポートします。\n </p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"YaST generates a default CA and certificate automatically. This CA and
certificate\n"
+"is used for communicating with the Apache server.\n"
+"Here, change the settings of this CA and certificate or import a CA and
certificate from a file.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"YaSTでは、デフォルトのCAおよび証明書が自動的に生成されます。 このCAおよび証明書は、\n"
+"Apacheサーバとの通信に使用されます。\n"
+" ここでは、このCAおよび証明書の設定を変更したり、CAおよび証明書をファイルからインポートします。\n"
+" </p>\n"

#. Initialization dialog contents
#: src/clients/ca_mgm_auto.rb:193
@@ -377,8 +387,12 @@
msgstr "お使いのシステムの root パスワードを取得することができません。証明機関のパスワードを設定して続行してください。"

#: src/clients/ca_mgm_proposal.rb:325
-msgid "The password is too short to use for the certificates. \nEnter a valid
password for the certificates or disable certificate creation.\n"
-msgstr
"指定したパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n証明書に対して適切なパスワードを設定するか、証明書の作成を無効にしてください。\n"
+msgid ""
+"The password is too short to use for the certificates. \n"
+"Enter a valid password for the certificates or disable certificate
creation.\n"
+msgstr ""
+"指定したパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n"
+"証明書に対して適切なパスワードを設定するか、証明書の作成を無効にしてください。\n"

#: src/clients/ca_mgm_proposal.rb:351
msgid "Current default CA and certificate."
@@ -431,8 +445,12 @@
msgstr "別名: "

#: src/clients/ca_mgm_proposal.rb:406
-msgid "The root password is too short for use as the password for the
certificates.\n Enter a valid password for the certificates or disable
certificate creation.\n"
-msgstr "root
のパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n証明書に対して適切なパスワードを設定するか、証明書の作成を無効にしてください。\n"
+msgid ""
+"The root password is too short for use as the password for the
certificates.\n"
+" Enter a valid password for the certificates or disable certificate
creation.\n"
+msgstr ""
+"root のパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n"
+"証明書に対して適切なパスワードを設定するか、証明書の作成を無効にしてください。\n"

#: src/clients/ca_mgm_proposal.rb:413
msgid "Not creating a CA and certificate."
@@ -479,12 +497,28 @@
msgstr "ディスクから CA と証明書をインポート(&I)"

#: src/clients/ca_select_proposal.rb:103
-msgid "<p>\nIn this frame, select the desired installation method for
<b>CAs</b> and <b>certificates</b>\nwhile completing the installation.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nここでは、インストールを完了するための<b>CA</b>と<b>証明書</b>の\nインストール方法を選択します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"In this frame, select the desired installation method for <b>CAs</b> and
<b>certificates</b>\n"
+"while completing the installation.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ここでは、インストールを完了するための<b>CA</b>と<b>証明書</b>の\n"
+"インストール方法を選択します。\n"
+"</p>\n"

#: src/clients/ca_select_proposal.rb:112
-msgid "<p>\nYou also have the possibility of creating the default CA and
certificate in the installed system \nif you do not want to create or import it
now.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n今すぐ作成またはインポートしない場合は、\nデフォルトのCAおよび証明書をインストール済みシステムで作成することもできます。\n
</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"You also have the possibility of creating the default CA and certificate in
the installed system \n"
+"if you do not want to create or import it now.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"今すぐ作成またはインポートしない場合は、\n"
+"デフォルトのCAおよび証明書をインストール済みシステムで作成することもできます。\n"
+" </p>\n"

#. Creates Country items
#. @return a list country items formated for a UI table
@@ -575,8 +609,18 @@
#. editDefaultEntries() - changing Entries
#. @return `next,`back,`abort
#: src/clients/ca_select_proposal.rb:388
-msgid "<p>\nYaST generates a <b>default CA and certificate</b> automatically.
This CA and certificate\nis used for communicating with the <b>Apache
server</b>.\nHere, change these <b>default settings</b>.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nYaST は自動的に<b>「デフォルトの CA と証明書」</b>を生成します。\nこの CA と証明書は<b>Apache
サーバ</b>との通信に使用されます。\nここでは、<b>「デフォルトの設定」</b>を変更します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"YaST generates a <b>default CA and certificate</b> automatically. This CA and
certificate\n"
+"is used for communicating with the <b>Apache server</b>.\n"
+"Here, change these <b>default settings</b>.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"YaST は自動的に<b>「デフォルトの CA と証明書」</b>を生成します。\n"
+"この CA と証明書は<b>Apache サーバ</b>との通信に使用されます。\n"
+"ここでは、<b>「デフォルトの設定」</b>を変更します。\n"
+"</p>\n"

#: src/clients/ca_select_proposal.rb:484
msgid "&Edit Alternative Names"
@@ -638,8 +682,12 @@

#. popup text
#: src/clients/common_cert.rb:154
-msgid "<pre>Common Server Certificate not found.\nYou can import a certificate
from disk</pre>"
-msgstr "<pre>共通のサーバ証明書が見つかりません。\nディスクから証明書をインポートできます</pre>"
+msgid ""
+"<pre>Common Server Certificate not found.\n"
+"You can import a certificate from disk</pre>"
+msgstr ""
+"<pre>共通のサーバ証明書が見つかりません。\n"
+"ディスクから証明書をインポートできます</pre>"

#. popup window header
#. popup window header
@@ -669,8 +717,12 @@

#. To translators: warning popup yes/no question (2/3)
#: src/clients/common_cert.rb:211
-msgid "Please make sure, that no service use this certificate anymore.\n\n"
-msgstr "この証明書を使用しているサービスが存在しないことを確認してください。\n\n"
+msgid ""
+"Please make sure, that no service use this certificate anymore.\n"
+"\n"
+msgstr ""
+"この証明書を使用しているサービスが存在しないことを確認してください。\n"
+"\n"

#. To translators: warning popup yes/no question (3/3)
#: src/clients/common_cert.rb:215
@@ -695,8 +747,12 @@
msgstr "<p><b>%1 の説明</b></p>"

#: src/include/ca-management/ca.rb:177
-msgid "\nCA not found"
-msgstr "\nCA が見つかりません"
+msgid ""
+"\n"
+"CA not found"
+msgstr ""
+"\n"
+"CA が見つかりません"

#: src/include/ca-management/ca.rb:183
msgid "<p><b>Issued For:</b></p>"
@@ -705,50 +761,82 @@
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:187 src/include/ca-management/ca.rb:224
-msgid "\nCommon Name: "
-msgstr "\n一般名: "
+msgid ""
+"\n"
+"Common Name: "
+msgstr ""
+"\n"
+"一般名: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:192 src/include/ca-management/ca.rb:229
-msgid "\nOrganization: "
-msgstr "\n組織: "
+msgid ""
+"\n"
+"Organization: "
+msgstr ""
+"\n"
+"組織: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:197 src/include/ca-management/ca.rb:234
-msgid "\nLocation: "
-msgstr "\n所在地: "
+msgid ""
+"\n"
+"Location: "
+msgstr ""
+"\n"
+"所在地: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:202 src/include/ca-management/ca.rb:239
-msgid "\nState: "
-msgstr "\n都道府県: "
+msgid ""
+"\n"
+"State: "
+msgstr ""
+"\n"
+"都道府県: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:207 src/include/ca-management/ca.rb:244
-msgid "\nCountry: "
-msgstr "\n国: "
+msgid ""
+"\n"
+"Country: "
+msgstr ""
+"\n"
+"国: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/ca.rb:212 src/include/ca-management/ca.rb:249
-msgid "\nEMAIL: "
-msgstr "\n電子メール: "
+msgid ""
+"\n"
+"EMAIL: "
+msgstr ""
+"\n"
+"電子メール: "

#: src/include/ca-management/ca.rb:220
msgid "<p><b>Issued By:</b></p>"
msgstr "<p><b>発行者:</b></p>"

#: src/include/ca-management/ca.rb:256
-msgid "\nValid from: "
-msgstr "\n有効期間の開始: "
+msgid ""
+"\n"
+"Valid from: "
+msgstr ""
+"\n"
+"有効期間の開始: "

#: src/include/ca-management/ca.rb:260
-msgid "\nValid to: "
-msgstr "\n有効期間の終了: "
+msgid ""
+"\n"
+"Valid to: "
+msgstr ""
+"\n"
+"有効期間の終了: "

#. To translators: pushbutton label
#: src/include/ca-management/ca.rb:283
@@ -989,100 +1077,160 @@
msgstr "<p><b>説明</b></p>"

#: src/include/ca-management/certificate.rb:291
-msgid "\nCertificate not found"
-msgstr "\n証明書が見つかりません。"
+msgid ""
+"\n"
+"Certificate not found"
+msgstr ""
+"\n"
+"証明書が見つかりません。"

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:302
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:65
-msgid "\nCommon Name: "
-msgstr "\n一般名: "
+msgid ""
+"\n"
+"Common Name: "
+msgstr ""
+"\n"
+"一般名: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:307
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:80
-msgid "\nOrganization: "
-msgstr "\n組織: "
+msgid ""
+"\n"
+"Organization: "
+msgstr ""
+"\n"
+"組織: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:312
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:85
-msgid "\nLocation: "
-msgstr "\n所在地: "
+msgid ""
+"\n"
+"Location: "
+msgstr ""
+"\n"
+"所在地: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:317
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:90
-msgid "\nState: "
-msgstr "\n都道府県: "
+msgid ""
+"\n"
+"State: "
+msgstr ""
+"\n"
+"都道府県: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:322
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:95
-msgid "\nCountry: "
-msgstr "\n国: "
+msgid ""
+"\n"
+"Country: "
+msgstr ""
+"\n"
+"国: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:327
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:100
-msgid "\nEMAIL: "
-msgstr "\n電子メール: "
+msgid ""
+"\n"
+"EMAIL: "
+msgstr ""
+"\n"
+"電子メール: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:333
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:107
-msgid "\nIs CA: "
-msgstr "\nCA: "
+msgid ""
+"\n"
+"Is CA: "
+msgstr ""
+"\n"
+"CA: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:338
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:112
-msgid "\nKey Size: "
-msgstr "\n鍵のサイズ: "
+msgid ""
+"\n"
+"Key Size: "
+msgstr ""
+"\n"
+"鍵のサイズ: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:343
-msgid "\nSerialnumber: "
-msgstr "\nシリアル番号: "
+msgid ""
+"\n"
+"Serialnumber: "
+msgstr ""
+"\n"
+"シリアル番号: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:348
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:117
-msgid "\nVersion: "
-msgstr "\nバージョン: "
+msgid ""
+"\n"
+"Version: "
+msgstr ""
+"\n"
+"バージョン: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:353
-msgid "\nValid from: "
-msgstr "\n有効期間の開始: "
+msgid ""
+"\n"
+"Valid from: "
+msgstr ""
+"\n"
+"有効期間の開始: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:358
-msgid "\nValid to: "
-msgstr "\n有効期間の終了: "
+msgid ""
+"\n"
+"Valid to: "
+msgstr ""
+"\n"
+"有効期間の終了: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:363
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:122
-msgid "\nalgo. of pub. Key : "
-msgstr "\n公開鍵のアルゴリズム: "
+msgid ""
+"\n"
+"algo. of pub. Key : "
+msgstr ""
+"\n"
+"公開鍵のアルゴリズム: "

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/certificate.rb:368
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:127
-msgid "\nalgo. of signature: "
-msgstr "\n署名のアルゴリズム: "
+msgid ""
+"\n"
+"algo. of signature: "
+msgstr ""
+"\n"
+"署名のアルゴリズム: "

#. Certificate status displayed in a table (Valid, Revoked, Expired)
#. Initialize the tab of the dialog
@@ -1208,16 +1356,32 @@
msgstr "<p><b>証明書失効リスト(CRL):</b></p>"

#: src/include/ca-management/crl.rb:225
-msgid "\n\nLast Update: "
-msgstr "\n\n最終更新: "
+msgid ""
+"\n"
+"\n"
+"Last Update: "
+msgstr ""
+"\n"
+"\n"
+"最終更新: "

#: src/include/ca-management/crl.rb:229
-msgid "\nNext Update: "
-msgstr "\n次回の更新: "
+msgid ""
+"\n"
+"Next Update: "
+msgstr ""
+"\n"
+"次回の更新: "

#: src/include/ca-management/crl.rb:234
-msgid "\n\nRevoked Certificates: "
-msgstr "\n\n失効された証明書 : "
+msgid ""
+"\n"
+"\n"
+"Revoked Certificates: "
+msgstr ""
+"\n"
+"\n"
+"失効された証明書 : "

#. Dialog Tab - CRL -
#. @return [Yast::Term] for the CRL of a selected CA
@@ -1761,8 +1925,12 @@
#. Exporting to common server certificate
#: src/include/ca-management/new_cert_read_write.rb:1933
#: src/include/ca-management/new_cert_read_write.rb:2014
-msgid "The default certificate can also be created in\nthe CA Management
module.\n"
-msgstr "デフォルトの証明書は\nCA管理モジュールでも作成できます。\n"
+msgid ""
+"The default certificate can also be created in\n"
+"the CA Management module.\n"
+msgstr ""
+"デフォルトの証明書は\n"
+"CA管理モジュールでも作成できます。\n"

#. To translators: ContinueCancel Popup headline
#: src/include/ca-management/popup.rb:52
@@ -1864,13 +2032,21 @@
msgstr "現在の要求を削除しますか?"

#: src/include/ca-management/signRequest.rb:58
-msgid "\nRequest not found.\n"
-msgstr "\n要求が見つかりませんでした。\n"
+msgid ""
+"\n"
+"Request not found.\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"要求が見つかりませんでした。\n"

#. Preformated Text: take care that all translations have the same length
#: src/include/ca-management/signRequest.rb:74
-msgid "\ngeneration Time: "
-msgstr "\n生成時刻: "
+msgid ""
+"\n"
+"generation Time: "
+msgstr ""
+"\n"
+"生成時刻: "

#. Reset an accpetation of a RequestExtention
#. @param request extention
@@ -2034,8 +2210,12 @@
msgstr "パスワードの再入力(&V):"

#: src/include/ca-management/util.rb:220
-msgid "The new password is too short to use it for the certificates.\nEnter a
valid password for the certificates.\n"
-msgstr "指定したパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n証明書に対して有効なパスワードを入力してください。\n"
+msgid ""
+"The new password is too short to use it for the certificates.\n"
+"Enter a valid password for the certificates.\n"
+msgstr ""
+"指定したパスワードは、証明書のパスワードとして使用するには短すぎます。\n"
+"証明書に対して有効なパスワードを入力してください。\n"

#: src/include/ca-management/util.rb:245
msgid "CA Password changed."
@@ -2075,8 +2255,12 @@
msgstr "LDAP の初期化"

#: src/include/ca-management/util.rb:423
-msgid "LDAP must initialize for the CA management.\nEnter the required LDAP
password.\n"
-msgstr "CA の管理のため LDAP を初期化する必要があります。\n必要なパスワードを入力してください。\n"
+msgid ""
+"LDAP must initialize for the CA management.\n"
+"Enter the required LDAP password.\n"
+msgstr ""
+"CA の管理のため LDAP を初期化する必要があります。\n"
+"必要なパスワードを入力してください。\n"

#: src/include/ca-management/util.rb:428
msgid "P&assword:"
@@ -2183,8 +2367,12 @@

#. help text 1/3
#: src/include/ca-management/util.rb:1216
-msgid "<p><b><big>Importing Common Server Certificate (PKCS12 + CA Chain
Format)\n from Disk:</big></b> Select one file name and press <b>Next</b> to
continue.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>ディスクから共通証明書 (PKCS #12 + CA
チェーン形式)をインポート:</big></b>\nひとつのファイルを選択し、<b>「次へ」</b>をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Importing Common Server Certificate (PKCS12 + CA Chain Format)\n"
+" from Disk:</big></b> Select one file name and press <b>Next</b> to
continue.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ディスクから共通証明書 (PKCS #12 + CA チェーン形式)をインポート:</big></b>\n"
+"ひとつのファイルを選択し、<b>「次へ」</b>をクリックしてください。</p>\n"

#. help text 2/3
#: src/include/ca-management/util.rb:1222
@@ -2193,8 +2381,12 @@

#. help text 3/3
#: src/include/ca-management/util.rb:1230
-msgid "<p><b>Password:</b><br>\nCertificate password</p>\n"
-msgstr "<p><b>パスワード:</b><br>\n証明書のパスワードです。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Password:</b><br>\n"
+"Certificate password</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>パスワード:</b><br>\n"
+"証明書のパスワードです。</p>\n"

#: src/include/ca-management/util.rb:1236
msgid "Importing Common Certificate from Disk"
@@ -2215,12 +2407,22 @@

#. check if hostname is in Subject Alt Name
#: src/include/ca-management/util.rb:1361
-msgid "The common name of the certificate (%1) is not the name of·\nthe server
(%2).\nThis certificate might be not practical as a common server
certificate.\n"
-msgstr "証明書の共通名 (%1) とサーバ名 (%2)
が異なっています。\nこの証明書は、\n共通サーバ証明書として利用できない可能性があります。\n"
+msgid ""
+"The common name of the certificate (%1) is not the name of·\n"
+"the server (%2).\n"
+"This certificate might be not practical as a common server certificate.\n"
+msgstr ""
+"証明書の共通名 (%1) とサーバ名 (%2) が異なっています。\n"
+"この証明書は、\n"
+"共通サーバ証明書として利用できない可能性があります。\n"

#: src/include/ca-management/util.rb:1369
-msgid "The hostname of this server (command: hostname --long) have to match
\neither the common name of the certificate (CN) or on of the values in subject
alternative names."
-msgstr "このサーバのホスト名(コマンド: hostname
--long)は、証明書の共通名(CN)\nまたは代替名の値のいずれかに一致してる必要があります。"
+msgid ""
+"The hostname of this server (command: hostname --long) have to match \n"
+"either the common name of the certificate (CN) or on of the values in subject
alternative names."
+msgstr ""
+"このサーバのホスト名(コマンド: hostname --long)は、証明書の共通名(CN)\n"
+"または代替名の値のいずれかに一致してる必要があります。"

#. popup window header
#: src/include/ca-management/util.rb:1383
@@ -2286,8 +2488,12 @@

#. Error popup
#: src/include/ca-management/util.rb:1658
-msgid "Key Password is required. \nIt must be the password for the encrypted
key or a new one in case of a not encrypted key."
-msgstr
"キーのパスワードを指定する必要があります。\n既に暗号化されているキーの場合にはその暗号化パスワードを、現在暗号化されていない場合には新しく設定するパスワードでなければなりません。"
+msgid ""
+"Key Password is required. \n"
+"It must be the password for the encrypted key or a new one in case of a not
encrypted key."
+msgstr ""
+"キーのパスワードを指定する必要があります。\n"
+"既に暗号化されているキーの場合にはその暗号化パスワードを、現在暗号化されていない場合には新しく設定するパスワードでなければなりません。"

#. Error popup
#: src/include/ca-management/util.rb:1693
@@ -2885,4 +3091,3 @@
#, perl-format
msgid "Unknown value '%s' in '%s'."
msgstr "未知の値「%s」が「%s」に指定されています。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cio.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cio.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cio.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: cio\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:59+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -82,10 +82,15 @@
msgstr "入出力チャネルの禁止解除"

#: src/lib/iochannel/unban_dialog.rb:106
-msgid "List of ranges of channels to unban separated by comma.\nRange can be
channel, part of channel which will be filled to zero or range specified with
dash.\nExample value: 0.0.0001, AA00, 0.1.0100-200"
-msgstr
"禁止解除するチャネル範囲のカンマ区切りリスト。\n範囲は、チャネル、ゼロで埋めたチャネルの一部、またはダッシュで指定した範囲で指定できます。\n値の例:
0.0.0001、AA00、0.1.0100-200"
+msgid ""
+"List of ranges of channels to unban separated by comma.\n"
+"Range can be channel, part of channel which will be filled to zero or range
specified with dash.\n"
+"Example value: 0.0.0001, AA00, 0.1.0100-200"
+msgstr ""
+"禁止解除するチャネル範囲のカンマ区切りリスト。\n"
+"範囲は、チャネル、ゼロで埋めたチャネルの一部、またはダッシュで指定した範囲で指定できます。\n"
+"値の例: 0.0.0001、AA00、0.1.0100-200"

#: src/lib/iochannel/unban_dialog.rb:110
msgid "Ranges to Unban."
msgstr "禁止解除する範囲。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cluster.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cluster.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/cluster.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: cluster\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -192,8 +192,12 @@

#. BNC#879596, check the corosync.conf format
#: src/include/cluster/dialogs.rb:541
-msgid " NOTICE: Detected old corosync configuration.\n Please reconfigure the
member list and confirm all other settings."
-msgstr " 注意: 古いcorosync設定が検出されました。\nメンバーリストを再設定し、他のすべての設定を確認してください。"
+msgid ""
+" NOTICE: Detected old corosync configuration.\n"
+" Please reconfigure the member list and confirm all other settings."
+msgstr ""
+" 注意: 古いcorosync設定が検出されました。\n"
+"メンバーリストを再設定し、他のすべての設定を確認してください。"

#. Notice, current could be "nil" if the list is empty.
#: src/include/cluster/dialogs.rb:717
@@ -313,8 +317,12 @@

#. key file exist
#: src/include/cluster/dialogs.rb:1256
-msgid "Key file %1 already exist.\nDo you want to overwrite it?"
-msgstr "鍵ファイル %1 はすでに存在します。\n上書きしますか?"
+msgid ""
+"Key file %1 already exist.\n"
+"Do you want to overwrite it?"
+msgstr ""
+"鍵ファイル %1 はすでに存在します。\n"
+"上書きしますか?"

#. remove exist key file
#: src/include/cluster/dialogs.rb:1266
@@ -323,8 +331,12 @@

#. generate key file
#: src/include/cluster/dialogs.rb:1280
-msgid "Key file %1 is generated.\nClicking \"Add Suggested Files\" button adds
it to sync list."
-msgstr "鍵ファイル %1 が生成されました。\n[推奨されるファイルの追加]をクリックすると、同期リストに追加できます。"
+msgid ""
+"Key file %1 is generated.\n"
+"Clicking \"Add Suggested Files\" button adds it to sync list."
+msgstr ""
+"鍵ファイル %1 が生成されました。\n"
+"[推奨されるファイルの追加]をクリックすると、同期リストに追加できます。"

#: src/include/cluster/dialogs.rb:1287
msgid "Key generation failed."
@@ -332,8 +344,14 @@

#. SaveCsync2();
#: src/include/cluster/dialogs.rb:1349
-msgid "Conntrackd is a daemon which helps to duplicate firewall status between
cluster nodes.\nYaST can help to configure some basic aspects of
conntrackd.\nYou need to start it with the ocf:heartbeat:conntrackd."
-msgstr
"conntrackdは、クラスタノード間のファイアウォールステータスを複製できるデーモンです。\nYaSTでは、conntrackdのいくつかの基本的な部分を設定できます。\nconntrackdは、ocf:heartbeat:conntrackdで起動する必要があります。"
+msgid ""
+"Conntrackd is a daemon which helps to duplicate firewall status between
cluster nodes.\n"
+"YaST can help to configure some basic aspects of conntrackd.\n"
+"You need to start it with the ocf:heartbeat:conntrackd."
+msgstr ""
+"conntrackdは、クラスタノード間のファイアウォールステータスを複製できるデーモンです。\n"
+"YaSTでは、conntrackdのいくつかの基本的な部分を設定できます。\n"
+"conntrackdは、ocf:heartbeat:conntrackdで起動する必要があります。"

#: src/include/cluster/dialogs.rb:1360
msgid "Dedicated Interface:"
@@ -357,44 +375,114 @@

#. All helps are here
#: src/include/cluster/helps.rb:35
-msgid "<p><b><big>Bind Network Address</big></b><br>This specifies the
address which the openais executive should bind. This address should always
end in zero. If the totem traffic should be routed over 192.168.5.92,
set bindnetaddr to 192.168.5.0.<br>This may also be an IPV6 address, in which
case IPV6 networking will be used. In this case, the full address must be
specified and there is no automatic selection of the network interface
within a specific subnet as with IPv4. If IPv6 networking is used, the nodeid
field must be specified.<br></p>\n<p><b><big>Multicast
Address</big></b><br>This is the multicast address used by openais executive.
The default should work for most networks, but the network administrator
should be queried about a multicast address to use. Avoid 224.x.x.x
because this is a \"config\" multicast address.<br>This may also be an IPV6
multicast address, in which case IPV6 networking will be used. If IPv6
networking is used, the n
odeid field must be specified.</p>\n<p><b><big>Port</big></b><br>This
specifies the UDP port number. It is possible to use the same multicast
address on a network with the openais services configured for different UDP
ports.<br></p>\n<p><b><big>Member Address</big></b><br>This list specifies all
the nodes in the cluster by IP address. This could be configurable when using
udpu(Unicast). <br></p>\n<p><b><big>Node ID</big></b><br>This configuration
option is optional when using IPv4 and required when using IPv6. This is
a 32 bit value specifying the node identifier delivered to the cluster
membership service. If this is not specified with IPv4, the node id will be
determined from the 32 bit IP address the system to which the system is
bound with ring identifier of 0. The node identifier value of zero is
reserved and should not be used.<br></p>\n<p><b><big>rrp_mode</big></b><br>This
specifies the mode of redundant ring, which may be none, active, or
passive.
Active replication offers slightly lower latency from transmit to delivery
in faulty network environments but with less performance. Passive replication
may nearly double the speed of the totem protocol if the protocol doesn't
become cpu bound. The final option is none, in which case only one network
interface will be used to operate the totem protocol. If only one interface
directive is specified, none is automatically chosen. If multiple interface
directives are specified, only active or passive may be
chosen.<br></p>\n<p><b><big>Expected votes</big></b><br>Expect vote number for
voting quorum. Will be automatically calculated when the nodelist {} section
is present in corosync.conf (the list will be generated when using unicast
transport) or can be specified in the quorum {} section (Expect votes should
use the total node numble of the cluster). If Expected votes presents in
unicast transport, the value will override the one automatically
calculated.<br></p>\n
<p><b><big>Auto Generate Node ID</big></b><br>Nodeid is required when using
IPv6. Auto node ID enabled will generate nodeid automatically.<br></p>\n"
-msgstr
"<p><b></b><big>バインドネットワークアドレス</big><br>これはopenais実行ファイルのバインド先のアドレスを指定します。このアドレスは必ずゼロで終わる必要があります。totemのトラフィックを192.168.5.92でルーティングする必要がある場合、バインドネットアドレスを192.168.5.0に設定してください。<br>これはIPV6アドレスにもできます。この場合、IPV6ネットワーキングが使用されます。この場合、フルアドレスを指定する必要があります。IPv4の場合とは異なり、特定のサブネット内のネットワークインタフェースは自動選択されません。IPv6ネットワーキングを使用する場合、[ノードIDフィールド]を指定する必要があります。<br></p>\n<p><b></b><big>マルチキャストアドレス</big><br>これはopenais実行ファイルが使用するマルチキャストアドレス�

��す。デフォルトのままでほとんどのネットワークで動作しますが、使用するマルチキャストアドレスについてネットワーク管理者に問い合わせる必要があります。224.x.x.xは「config」マルチキャストアドレスであるため、使用しないでください。<br>これはIPV6マルチキャストアドレスにもできます。この場合、IPV6ネットワーキングが使用されます。IPV6ネットワーキングを使用する場合、[ノードID]フィールドを指定する必要があります。</p>\n<p><b></b><big>ポート</big><br>これはUDPポート番号を指定します。異なるUDPポート用に設定されているopenaisサービスのあるネットワークで同じマルチキャストアドレスを使用できます。<br></p>\n<p><b></b><big>メンバーアドレス</big><br>このリストは、クラスタ内のすべてのノードをIPアドレスごとに指定しま��

�。これはudpu(Unicast)を使用して設定できます。<br></p>\n<p><b></b><big>ノードID</big><br>この設定オプションはIPv4を使用する場合にはオプションで、IPv6を使用する場合には必須です。これは、クラスタメンバーシップサービスに渡すノードIDを指定する32ビット値です。IPv4で指定していない場合、ノードIDは、システムが0のリングIDでバインドされる32ビットIPアドレスによって決まります。このノードID値0は予約されていて、使用できません。<br></p>\n<p><b></b><big>rrp_mode</big><br>これは冗長リングのモードを指定します。[なし]、[アクティブ]、または[パッシブ]を指定できます。アクティブレプリケーションでは、欠陥のあるネットワーク環境の場合に送信から配信までの遅延は若干短縮されますが、パフォーマンスが低下します。パッシブ��

�プリケーションでは、プロトコルがCPUバインドにならなければtotemプロトコルの速度を約2倍にできます。最後のオプションは[なし]で、この場合、totemプロトコルの動作にネットワークインタフェースが1つだけ使用されます。インタフェースディレクティブを1つのみ指定すると、自動的に[なし]が選択されます。複数のインタフェースディレクティブを指定した場合、[アクティブ]または[パッシブ]のみを選択できます。<br></p>\n<p><b></b><big>予想票数</big><br>票クォーラムの予想票数。corosync.confにnodelist
{} セクション(リストはユニキャスト転送を使用すると生成されます)が存在する場合、自動的に計算されます。またはquorum {}
セクションで指定することもできます(予想票数はクラスタの合計ノード数を使用します)。予想票数がユ

ニキャスト転送で提示されると、その値は自動的に計算された値を上書きします。<br></p>\n<p><b></b><big>ノードIDの自動生成</big><br>IPv6を使用する場合、ノードIDが必要です。自動ノードIDを有効にすると、ノードIDが自動的に生成されます。<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Bind Network Address</big></b><br>This specifies the address
which the openais executive should bind. This address should always end in
zero. If the totem traffic should be routed over 192.168.5.92, set
bindnetaddr to 192.168.5.0.<br>This may also be an IPV6 address, in which case
IPV6 networking will be used. In this case, the full address must be
specified and there is no automatic selection of the network interface
within a specific subnet as with IPv4. If IPv6 networking is used, the nodeid
field must be specified.<br></p>\n"
+"<p><b><big>Multicast Address</big></b><br>This is the multicast address used
by openais executive. The default should work for most networks, but the
network administrator should be queried about a multicast address to use.
Avoid 224.x.x.x because this is a \"config\" multicast address.<br>This may
also be an IPV6 multicast address, in which case IPV6 networking will be used.
If IPv6 networking is used, the nodeid field must be specified.</p>\n"
+"<p><b><big>Port</big></b><br>This specifies the UDP port number. It is
possible to use the same multicast address on a network with the openais
services configured for different UDP ports.<br></p>\n"
+"<p><b><big>Member Address</big></b><br>This list specifies all the nodes in
the cluster by IP address. This could be configurable when using udpu(Unicast).
<br></p>\n"
+"<p><b><big>Node ID</big></b><br>This configuration option is optional
when using IPv4 and required when using IPv6. This is a 32 bit value
specifying the node identifier delivered to the cluster membership service. If
this is not specified with IPv4, the node id will be determined from the 32
bit IP address the system to which the system is bound with ring identifier of
0. The node identifier value of zero is reserved and should not be
used.<br></p>\n"
+"<p><b><big>rrp_mode</big></b><br>This specifies the mode of redundant ring,
which may be none, active, or passive. Active replication offers
slightly lower latency from transmit to delivery in faulty network environments
but with less performance. Passive replication may nearly double the speed of
the totem protocol if the protocol doesn't become cpu bound. The final
option is none, in which case only one network interface will be used to
operate the totem protocol. If only one interface directive is specified,
none is automatically chosen. If multiple interface directives are
specified, only active or passive may be chosen.<br></p>\n"
+"<p><b><big>Expected votes</big></b><br>Expect vote number for voting quorum.
Will be automatically calculated when the nodelist {} section is present in
corosync.conf (the list will be generated when using unicast transport) or can
be specified in the quorum {} section (Expect votes should use the total node
numble of the cluster). If Expected votes presents in unicast transport, the
value will override the one automatically calculated.<br></p>\n"
+"<p><b><big>Auto Generate Node ID</big></b><br>Nodeid is required when using
IPv6. Auto node ID enabled will generate nodeid automatically.<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b></b><big>バインドネットワークアドレス</big><br>これはopenais実行ファイルのバインド先のアドレスを指定します。このアドレスは必ずゼロで終わる必要があります。totemのトラフィックを192.168.5.92でルーティングする必要がある場合、バインドネットアドレスを192.168.5.0に設定してください。<br>これはIPV6アドレスにもできます。この場合、IPV6ネットワーキングが使用されます。この場合、フルアドレスを指定する必要があります。IPv4の場合とは異なり、特定のサブネット内のネットワークインタフェースは自動選択されません。IPv6ネットワーキングを使用する場合、[ノードIDフィールド]を指定する必要があります。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>マルチキャストアドレス</big><br>これはopenais実行ファイルが使用するマルチキャストアドレスです。デフォルトのままでほとんどのネットワークで動作しますが、使用するマルチキャストアドレスについてネットワーク管理者に問い合わせる必要があります。224.x.x.xは「config」マルチキャストアドレスであるため、使用しないでください。<br>これはIPV6マルチキャストアドレスにもできます。この場合、IPV6ネットワーキングが使用されます。IPV6ネットワーキングを使用する場合、[ノードID]フィールドを指定する必要があります。</p>\n"
+"<p><b></b><big>ポート</big><br>これはUDPポート番号を指定します。異なるUDPポート用に設定されているopenaisサービスのあるネットワークで同じマルチキャストアドレスを使用できます。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>メンバーアドレス</big><br>このリストは、クラスタ内のすべてのノードをIPアドレスごとに指定します。これはudpu(Unicast)を使用して設定できます。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>ノードID</big><br>この設定オプションはIPv4を使用する場合にはオプションで、IPv6を使用する場合には必須です。これは、クラスタメンバーシップサービスに渡すノードIDを指定する32ビット値です。IPv4で指定していない場合、ノードIDは、システムが0のリングIDでバインドされる32ビットIPアドレスによって決まります。このノードID値0は予約されていて、使用できません。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>rrp_mode</big><br>これは冗長リングのモードを指定します。[なし]、[アクティブ]、または[パッシブ]を指定できます。アクティブレプリケーションでは、欠陥のあるネットワーク環境の場合に送信から配信までの遅延は若干短縮されますが、パフォーマンスが低下します。パッシブレプリケーションでは、プロトコルがCPUバインドにならなければtotemプロトコルの速度を約2倍にできます。最後のオプションは[なし]で、この場合、totemプロトコルの動作にネットワークインタフェースが1つだけ使用されます。インタフェースディレクティブを1つのみ指定すると、自動的に[なし]が選択されます。複数のインタフェースディレクティブを指定した場合、[アクティブ]または[パッシブ]のみを選択できます。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>予想票数</big><br>票クォーラムの予想票数。corosync.confにnodelist {}
セクション(リストはユニキャスト転送を使用すると生成されます)が存在する場合、自動的に計算されます。またはquorum {}
セクションで指定することもできます(予想票数はクラスタの合計ノード数を使用します)。予想票数がユニキャスト転送で提示されると、その値は自動的に計算された値を上書きします。<br></p>\n"
+"<p><b></b><big>ノードIDの自動生成</big><br>IPv6を使用する場合、ノードIDが必要です。自動ノードIDを有効にすると、ノードIDが自動的に生成されます。<br></p>\n"

#: src/include/cluster/helps.rb:45
-msgid "\n<p><b><big>Enable Security Auth</big></b><br>This specifies that
HMAC/SHA1 authentication should be used to authenticate all messages. It
further specifies that all data should be encrypted with the sober128
encryption algorithm to protect data from eavesdropping. Enabling this option
adds a 36 byte header to every message sent by totem which reduces total
throughput. Encryption and authentication consume 75% of CPU cycles in aisexec
as measured with gprof when enabled. For 100Mbit networks with 1500 MTU
frame transmissions: A throughput of 9Mb/s is possible with 100% cpu
utilization when this option is enabled on 3GHz cpus. A throughput of 10Mb/s
is possible wth 20% cpu utilization when this option is disabled on 3GHz cpus.
For gig-e networks with large frame transmissions: A throughput of 20Mb/s is
possible when this option is enabled on 3GHz cpus. A throughput of
60Mb/s is possible when this option is disabled on 3GHz cpus. The default i
s on. <br></p>\n"
-msgstr
"\n<p><b></b><big>セキュリティ認証を有効にする</big><br>これは、HMAC/SHA1認証を使用してすべてのメッセージの認証する必要があることを指定します。さらに、すべてのデータをsober128暗号化アルゴリズムを使用して暗号化し、データを傍受から保護する必要があることも指定します。このオプションを有効にすると、totemによって送信されるすべてのメッセージに36バイトのヘッダが追加され、総スループットが低下します。暗号化および認証は、有効にすると、gprofで測定した場合にaisexecのCPUサイクルの75パーセントを消費します。1500
MTUフレーム転送を使用する100メガビットのネットワークの場合:
3GHzのCPUでは、このオプションを有効にすると、CPU使用率100パーセントで9メガビット/秒のスループットが可能です。3GHzのCPUでは、このオプ�

��ョンを無効にすると、CPU使用率20パーセントで10メガビット/秒のスループットが可能です。大きいフレーム転送を使用するギガビットイーサネットネットワークの場合:

3GHzのCPUでは、このオプションを有効にすると、20メガビット/秒のスループットが可能です。3GHzのCPUでは、このオプションを無効にすると、60メガビット/秒のスループットが可能です。デフォルトはオンです。<br></p>\n"
+msgid ""
+"\n"
+"<p><b><big>Enable Security Auth</big></b><br>This specifies that HMAC/SHA1
authentication should be used to authenticate all messages. It further
specifies that all data should be encrypted with the sober128 encryption
algorithm to protect data from eavesdropping. Enabling this option adds a 36
byte header to every message sent by totem which reduces total throughput.
Encryption and authentication consume 75% of CPU cycles in aisexec as measured
with gprof when enabled. For 100Mbit networks with 1500 MTU frame
transmissions: A throughput of 9Mb/s is possible with 100% cpu utilization when
this option is enabled on 3GHz cpus. A throughput of 10Mb/s is possible wth
20% cpu utilization when this option is disabled on 3GHz cpus. For gig-e
networks with large frame transmissions: A throughput of 20Mb/s is possible
when this option is enabled on 3GHz cpus. A throughput of 60Mb/s is
possible when this option is disabled on 3GHz cpus. The default is on. <b
r></p>\n"
+msgstr ""
+"\n"
+"<p><b></b><big>セキュリティ認証を有効にする</big><br>これは、HMAC/SHA1認証を使用してすべてのメッセージの認証する必要があることを指定します。さらに、すべてのデータをsober128暗号化アルゴリズムを使用して暗号化し、データを傍受から保護する必要があることも指定します。このオプションを有効にすると、totemによって送信されるすべてのメッセージに36バイトのヘッダが追加され、総スループットが低下します。暗号化および認証は、有効にすると、gprofで測定した場合にaisexecのCPUサイクルの75パーセントを消費します。1500
MTUフレーム転送を使用する100メガビットのネットワークの場合:
3GHzのCPUでは、このオプションを有効にすると、CPU使用率100パーセントで9メガビット/秒のスループットが可能です。3GHzのCPUでは、このオプション�

��無効にすると、CPU使用率20パーセントで10メガビット/秒のスループットが可能です。大きいフレーム転送を使用するギガビットイーサネットネットワークの場合:

3GHzのCPUでは、このオプションを有効にすると、20メガビット/秒のスループットが可能です。3GHzのCPUでは、このオプションを無効にすると、60メガビット/秒のスループットが可能です。デフォルトはオンです。<br></p>\n"

#: src/include/cluster/helps.rb:49
-msgid "\n\t\t\t<p><b><big>Booting</big></b><br>Starting corosync service
during boot or not</p>\n\t\t\t<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>Enable
the port when Firewall is enabled</p>\n\t\t\t"
-msgstr
"\n\t\t\t<p><b><big>ブート</big></b><br>ブート時にcorosyncサービスを起動するかどうか</p>\n\t\t\t<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>ファイアウォールが有効な場合、ポートを有効にします</p>\n\t\t\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t\t<p><b><big>Booting</big></b><br>Starting corosync service during boot
or not</p>\n"
+"\t\t\t<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>Enable the port when Firewall
is enabled</p>\n"
+"\t\t\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t\t<p><b><big>ブート</big></b><br>ブート時にcorosyncサービスを起動するかどうか</p>\n"
+"\t\t\t<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>ファイアウォールが有効な場合、ポートを有効にします</p>\n"
+"\t\t\t"

#: src/include/cluster/helps.rb:55
-msgid "\n\t\t<p><b><big>Sync Host</big></b><br>The hostnames used here must be
the local hostnames of the cluster nodes. That means you must use exactly the
same string as printed out by the hostname command.</p>\n\t\t<p><b><big>Sync
File</big></b><br>The full absolute filename to be
synced.</p>\n\t\t<p><b><big>Pre-Shared-Keys</big></b><br>Authentication is
performed using the IP addresses and pre-shared-keys in Csync2. The key file is
generated with csync2 -k /etc/csync2/key_hagroup. The file key_hagroup should
be copied to all members of the cluster manually after it's created.</p>\n\t"
-msgstr
"\n\t\t<p><b><big>同期ホスト</big></b><br>ここで使用するホスト名は、クラスタノード内にあるローカルのホスト名でなければなりません。つまり、hostnameコマンドで表示される文字列と全く同じホスト名を使用する必要があります。</p>\n\t\t<p><b><big>同期ファイル</big></b><br>同期対象のファイル名を完全絶対パスで指定します。</p>\n\t\t<p><b><big>事前共有鍵</big></b><br>Csync2では、IPアドレスと事前共有鍵の両方で認証を行います。鍵ファイルはcsync2
-k
/etc/csync2/key_hagroupで生成します。作成後は、クラスタのすべてのメンバーにkey_hagroupファイルを手動でコピーする必要があります。</p>\n\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t<p><b><big>Sync Host</big></b><br>The hostnames used here must be the
local hostnames of the cluster nodes. That means you must use exactly the same
string as printed out by the hostname command.</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>Sync File</big></b><br>The full absolute filename to be
synced.</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>Pre-Shared-Keys</big></b><br>Authentication is performed using
the IP addresses and pre-shared-keys in Csync2. The key file is generated with
csync2 -k /etc/csync2/key_hagroup. The file key_hagroup should be copied to all
members of the cluster manually after it's created.</p>\n"
+"\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t<p><b><big>同期ホスト</big></b><br>ここで使用するホスト名は、クラスタノード内にあるローカルのホスト名でなければなりません。つまり、hostnameコマンドで表示される文字列と全く同じホスト名を使用する必要があります。</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>同期ファイル</big></b><br>同期対象のファイル名を完全絶対パスで指定します。</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>事前共有鍵</big></b><br>Csync2では、IPアドレスと事前共有鍵の両方で認証を行います。鍵ファイルはcsync2
-k
/etc/csync2/key_hagroupで生成します。作成後は、クラスタのすべてのメンバーにkey_hagroupファイルを手動でコピーする必要があります。</p>\n"
+"\t"

#: src/include/cluster/helps.rb:62
-msgid "\n\t\t<p><b><big>Dedicated Interface</big></b><br>A dedicated network
interface for syncing. The interface must support multicast, and is UP for
using. You may have to have it pre-configured.
</p>\n\t\t<p><b><big>IP</big></b><br>The IPv4 address assigned to the dedicated
network interface. This is detected
automatically.</p>\n\t\t<p><b><big>Multicast Address</big></b><br>The multicast
address to be used for syncing.</p>\n\t\t<p><b><big>Group Number</big></b><br>A
numeric ID indicate the group for syncing.</p>\n\t"
-msgstr
"\n\t\t<p><b><big>専用インタフェース</big></b><br>同期用の専用ネットワークインタフェース。このインタフェースを使用するには、マルチキャストに対応した状態で起動しておく必要があり、事前設定が必要な場合もあります。</p>\n\t\t<p><b><big>IP</big></b><br>専用ネットワークインタフェースに割り当てられているIPv4アドレス。このアドレスは自動検出されます。</p>\n\t\t<p><b><big>マルチキャストアドレス</big></b><br>同期用に使用されるマルチキャストアドレス。</p>\n\t\t<p><b><big>グループ番号</big></b><br>同期用のグループを示す数値ID。</p>\n\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t<p><b><big>Dedicated Interface</big></b><br>A dedicated network interface
for syncing. The interface must support multicast, and is UP for using. You may
have to have it pre-configured. </p>\n"
+"\t\t<p><b><big>IP</big></b><br>The IPv4 address assigned to the dedicated
network interface. This is detected automatically.</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>Multicast Address</big></b><br>The multicast address to be
used for syncing.</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>Group Number</big></b><br>A numeric ID indicate the group for
syncing.</p>\n"
+"\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t<p><b><big>専用インタフェース</big></b><br>同期用の専用ネットワークインタフェース。このインタフェースを使用するには、マルチキャストに対応した状態で起動しておく必要があり、事前設定が必要な場合もあります。</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>IP</big></b><br>専用ネットワークインタフェースに割り当てられているIPv4アドレス。このアドレスは自動検出されます。</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>マルチキャストアドレス</big></b><br>同期用に使用されるマルチキャストアドレス。</p>\n"
+"\t\t<p><b><big>グループ番号</big></b><br>同期用のグループを示す数値ID。</p>\n"
+"\t"

#. Read dialog help 1/2
#: src/include/cluster/helps.rb:71
-msgid "<p><b><big>Initializing cluster Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>クラスタ設定を初期化しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing cluster Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>クラスタ設定を初期化しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Read dialog help 2/2
#: src/include/cluster/helps.rb:75
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n設定を安全に中止するには、ここで<b>中止</b>をクリックします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n"
+"設定を安全に中止するには、ここで<b>中止</b>をクリックします。</p>\n"

#. Write dialog help 1/2
#: src/include/cluster/helps.rb:79
-msgid "<p><b><big>Saving cluster Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>クラスタ設定を保存しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving cluster Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>クラスタ設定を保存しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Write dialog help 2/2
#: src/include/cluster/helps.rb:83
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>.\nAn additional dialog informs whether it is safe to do
so.\n</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n<b>中止</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>.\n"
+"An additional dialog informs whether it is safe to do so.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n"
+"<b>中止</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n"
+"次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n"
+"</p>\n"

#. Initialization dialog caption
#: src/include/cluster/wizards.rb:172
@@ -500,4 +588,3 @@
#: src/modules/Cluster.rb:536
msgid "Cannot write settings."
msgstr "設定が書き込めません。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control-center.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control-center.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control-center.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: control-center\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -14,27 +14,30 @@
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"

-#: src/main_window.cpp:150 src/main_window.cpp:150
+#: src/main_window.cpp:150
msgid "&Search"
msgstr "検索(&S)"

-#: src/main_window.cpp:191 src/main_window.cpp:191
+#: src/main_window.cpp:191
msgid "Ready"
msgstr "準備完了"

#. Translators: module name comes here (%1) e.g. HTTP server, Scanner,...
-#: src/main_window.cpp:321 src/main_window.cpp:321
+#: src/main_window.cpp:321
msgid "Starting configuration module \"%1\"..."
msgstr "設定モジュール「%1」を起動しています..."

-#: src/main_window.cpp:341 src/main_window.cpp:406 src/main_window.cpp:341
-#: src/main_window.cpp:406
+#: src/main_window.cpp:341 src/main_window.cpp:406
msgid "YaST Control Center"
msgstr "YaSTコントロールセンター"

-#: src/main_window.cpp:342 src/main_window.cpp:342
-msgid "YaST Control Center is not running as root.\nYou will only see modules
which do not require root privileges."
-msgstr "YaST2コントロールセンターをrootユーザで実行していません。\nそのため、root特権を必要としないモジュールだけを表示します。"
+#: src/main_window.cpp:342
+msgid ""
+"YaST Control Center is not running as root.\n"
+"You will only see modules which do not require root privileges."
+msgstr ""
+"YaST2コントロールセンターをrootユーザで実行していません。\n"
+"そのため、root特権を必要としないモジュールだけを表示します。"

#: src/yqsavelogs.cpp:73
msgid "Log files written successfully."
@@ -55,8 +58,12 @@

#. Confirm if the user wishes to overwrite a write-protected file %1
#: src/yqsavelogs.cpp:185
-msgid "%1 exists and is write-protected!\nReally overwrite?"
-msgstr "%1 は存在し、書き込み保護されています。\n本当に上書きしてもよろしいですか?"
+msgid ""
+"%1 exists and is write-protected!\n"
+"Really overwrite?"
+msgstr ""
+"%1 は存在し、書き込み保護されています。\n"
+"本当に上書きしてもよろしいですか?"

#. Window title for confirmation dialog
#: src/yqsavelogs.cpp:190
@@ -70,4 +77,3 @@
#: src/yqsavelogs.cpp:193
msgid "&Cancel"
msgstr "キャンセル(&C)"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/control.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: control\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:58+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -15,8 +15,28 @@
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"

#: control/control.SLED.glade.translations.glade:3
-msgid "\n<p>\nThe installation has completed successfully.\nYour system is
ready for use.\nClick <b>Finish</b> to log in to the system.\n</p>\n<p>\nPlease
visit us at http://www.suse.com/.\n</p>\n "
-msgstr
"\n<p>\nインストールは正常に完了しました。\nすぐにシステムを使用できます。\n[<b>終了</b>]をクリックするとシステムにログインします。\n</p>\n<p>\nhttp://www.suse.com/をご覧ください。\n</p>\n
"
+msgid ""
+"\n"
+"<p>\n"
+"The installation has completed successfully.\n"
+"Your system is ready for use.\n"
+"Click <b>Finish</b> to log in to the system.\n"
+"</p>\n"
+"<p>\n"
+"Please visit us at http://www.suse.com/.\n";
+"</p>\n"
+" "
+msgstr ""
+"\n"
+"<p>\n"
+"インストールは正常に完了しました。\n"
+"すぐにシステムを使用できます。\n"
+"[<b>終了</b>]をクリックするとシステムにログインします。\n"
+"</p>\n"
+"<p>\n"
+"http://www.suse.com/をご覧ください。\n";
+"</p>\n"
+" "

#: control/control.SLED.glade.translations.glade:15
msgid "CIM Server"
@@ -205,4 +225,3 @@
#: control/control.SLED.glade.translations.glade:112
msgid "System Configuration"
msgstr "システムの環境設定"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/country.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/country.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/country.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: country\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:59+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -66,8 +66,18 @@

#. help text for keyboard expert screen
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:52
-msgid "<p>\nHere, fine tune various settings of the keyboard module.\nThese
settings are written into the file <tt>/etc/sysconfig/keyboard</tt>.\nIf
unsure, use the default values already selected.\n</p>"
-msgstr
"<p>\nここで、キーボードモジュールの種々の設定を微調整します。\nこれらの設定は、<tt>/etc/sysconfig/keyboard</tt>
に書き込まれます。\n 確かでない場合には、すでに選択されているデフォルト値を使用してください。\n </p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Here, fine tune various settings of the keyboard module.\n"
+"These settings are written into the file <tt>/etc/sysconfig/keyboard</tt>.\n"
+"If unsure, use the default values already selected.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ここで、キーボードモジュールの種々の設定を微調整します。\n"
+"これらの設定は、<tt>/etc/sysconfig/keyboard</tt> に書き込まれます。\n"
+" 確かでない場合には、すでに選択されているデフォルト値を使用してください。\n"
+" </p>"

#. help text for keyboard expert screen cont.
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:60
@@ -139,23 +149,53 @@

#. help text for keyboard screen (header)
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:220
-msgid "\n<p><big><b>Keyboard Configuration</b></big></p>"
-msgstr "\n<p><big><b>キーボード設定</b></big></p>"
+msgid ""
+"\n"
+"<p><big><b>Keyboard Configuration</b></big></p>"
+msgstr ""
+"\n"
+"<p><big><b>キーボード設定</b></big></p>"

#. help text for keyboard screen (installation)
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:226
-msgid "<p>\nChoose the <b>Keyboard Layout</b> to use for\ninstallation and in
the installed system. \nTest the layout in <b>Test</b>.\nFor advanced options,
such as repeat rate and delay, select <b>Expert Settings</b>.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nインストール中およびインストールしたシステムで使用する\n<b>キーボード配列</b>を選択します。
\n<b>Test</b>のレイアウトをテストします。\nリピートの速さや待ち時間などの高度なオプションを設定するには、[エキスパート設定]を選択します。\n
</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Choose the <b>Keyboard Layout</b> to use for\n"
+"installation and in the installed system. \n"
+"Test the layout in <b>Test</b>.\n"
+"For advanced options, such as repeat rate and delay, select <b>Expert
Settings</b>.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"インストール中およびインストールしたシステムで使用する\n"
+"<b>キーボード配列</b>を選択します。 \n"
+"<b>Test</b>のレイアウトをテストします。\n"
+"リピートの速さや待ち時間などの高度なオプションを設定するには、[エキスパート設定]を選択します。\n"
+" </p>\n"

#. general help trailer
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:238
-msgid "<p>\nIf unsure, use the default values already selected.\n</p>"
-msgstr "<p>\n設定に詳しくない場合は、デフォルト値のままにしてください。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"If unsure, use the default values already selected.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"設定に詳しくない場合は、デフォルト値のままにしてください。\n"
+"</p>"

#. help text for keyboard screen (installation)
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:248
-msgid "<p>\nChoose the <b>Keyboard Layout</b> to use in the system.\nFor
advanced options, such as repeat rate and delay, select <b>Expert
Settings</b>.</p>\n<p>Find more options as well as more layouts in the keyboard
layout tool of your desktop environment.</p>\n"
-msgstr
"<p>\nシステムで利用するキーボードレイアウトを、[<b>キーボードレイアウト</b>]から選択します。\n表示の間隔や表示までの待ち時間など、より細かい設定は[<b>エキスパート設定</b>]にあります。</p>\n<p>他のオプションについては、お使いのデスクトップ環境のキーボードレイアウトツールを確認してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Choose the <b>Keyboard Layout</b> to use in the system.\n"
+"For advanced options, such as repeat rate and delay, select <b>Expert
Settings</b>.</p>\n"
+"<p>Find more options as well as more layouts in the keyboard layout tool of
your desktop environment.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムで利用するキーボードレイアウトを、[<b>キーボードレイアウト</b>]から選択します。\n"
+"表示の間隔や表示までの待ち時間など、より細かい設定は[<b>エキスパート設定</b>]にあります。</p>\n"
+"<p>他のオプションについては、お使いのデスクトップ環境のキーボードレイアウトツールを確認してください。</p>\n"

#. Screen title for keyboard screen
#: keyboard/src/include/keyboard/dialogs.rb:259
@@ -168,8 +208,13 @@
#. Such keyboard layout is used only for the time of the update,
#. it is not saved to the system.
#: keyboard/src/modules/Keyboard.rb:1313
-msgid "You are currently using a keyboard layout\ndifferent from the one in
the system to update.\nSelect the layout to use during update:"
-msgstr "現在、アップデートシステムで使用されているキーボードとは異なるものが使用されています。\n
アップデート中に使用するレイアウトを選択してください。"
+msgid ""
+"You are currently using a keyboard layout\n"
+"different from the one in the system to update.\n"
+"Select the layout to use during update:"
+msgstr ""
+"現在、アップデートシステムで使用されているキーボードとは異なるものが使用されています。\n"
+" アップデート中に使用するレイアウトを選択してください。"

#. Executes the command to set the keyboard in X11, reporting
#. any error to the user
@@ -333,49 +378,112 @@

#. help text (language dependent packages) - at the end of help
#: language/src/clients/select_language.rb:231
-msgid "<p>\nAdditional packages with support for the selected primary and
secondary languages will be installed. Packages no longer needed will be
removed.\n</p>"
-msgstr "<p>\n選択された第一言語と第二言語のサポートを含む追加パッケージをインストールします。 必要がないパッケージは削除されます。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Additional packages with support for the selected primary and secondary
languages will be installed. Packages no longer needed will be removed.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"選択された第一言語と第二言語のサポートを含む追加パッケージをインストールします。 必要がないパッケージは削除されます。\n"
+"</p>"

#. help text for initial (first time) language screen
#: language/src/clients/select_language.rb:239
-msgid "<p>\nChoose the <b>Language</b> to use during installation and for\nthe
installed system.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nインストール中およびインストールしたシステムで使用する<b>言語</b>を選択します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Choose the <b>Language</b> to use during installation and for\n"
+"the installed system.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"インストール中およびインストールしたシステムで使用する<b>言語</b>を選択します。\n"
+"</p>\n"

#. help text, continued
#: language/src/clients/select_language.rb:249
-msgid "<p>\nClick <b>Next</b> to proceed to the next dialog.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n[<b>次へ</b>]をクリックし、次のダイアログに進みます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Click <b>Next</b> to proceed to the next dialog.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"[<b>次へ</b>]をクリックし、次のダイアログに進みます。\n"
+"</p>\n"

#. help text, continued
#: language/src/clients/select_language.rb:259
-msgid "<p>\nNothing will happen to your computer until you confirm\nall your
settings in the last installation dialog.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n直前のインストールダイアログのすべての設定を確定しない限り、\nコンピュータには何も起こりません。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Nothing will happen to your computer until you confirm\n"
+"all your settings in the last installation dialog.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"直前のインストールダイアログのすべての設定を確定しない限り、\n"
+"コンピュータには何も起こりません。\n"
+"</p>\n"

#. help text, continued
#: language/src/clients/select_language.rb:270
-msgid "<p>\nYou can select <b>Abort</b> at any time to abort the\ninstallation
process.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n[<b>中止</b>]ボタンをクリックすることで、いつでもインストール作業を\n中止することができます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"You can select <b>Abort</b> at any time to abort the\n"
+"installation process.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"[<b>中止</b>]ボタンをクリックすることで、いつでもインストール作業を\n"
+"中止することができます。\n"
+"</p>\n"

#. different help text when called after installation
#. in an installed system
#: language/src/clients/select_language.rb:281
-msgid "<p>\nChoose the new <b>Language</b> for your system.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nシステムで使用する新しい<b>言語</b>を選択します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Choose the new <b>Language</b> for your system.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムで使用する新しい<b>言語</b>を選択します。\n"
+"</p>\n"

#. help text when "multiple languages" are suported 1/2
#: language/src/clients/select_language.rb:290
-msgid "<p>\nChoose the new <b>Primary Language</b> for your system.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nシステムで使用する新しい<b>第一言語</b>を選択します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Choose the new <b>Primary Language</b> for your system.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムで使用する新しい<b>第一言語</b>を選択します。\n"
+"</p>\n"

#. help text for 'adapt keyboard checkbox'
#: language/src/clients/select_language.rb:300
-msgid "<p>\nCheck <b>Adapt Keyboard Layout</b> to change the keyboard layout
to the primary language.\nCheck <b>Adapt Time Zone</b> to change the current
time zone according to the primary language. If the keyboard layout or time
zone is already adapted to the default language setting, the respective option
is disabled.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n[<b>キーボードレイアウトを適用する</b>]
を選択すると、キーボードのレイアウトを第一言語のものに合わせることができます。\n[<b>タイムゾーンを適用する</b>]を選択すると、タイムゾーンを第一言語のものに合わせることができます。キーボードレイアウトやタイムゾーンがすでにデフォルトの言語設定に合わせてある場合は、それぞれのオプションは無効になります。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Check <b>Adapt Keyboard Layout</b> to change the keyboard layout to the
primary language.\n"
+"Check <b>Adapt Time Zone</b> to change the current time zone according to the
primary language. If the keyboard layout or time zone is already adapted to the
default language setting, the respective option is disabled.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"[<b>キーボードレイアウトを適用する</b>] を選択すると、キーボードのレイアウトを第一言語のものに合わせることができます。\n"
+"[<b>タイムゾーンを適用する</b>]を選択すると、タイムゾーンを第一言語のものに合わせることができます。キーボードレイアウトやタイムゾーンがすでにデフォルトの言語設定に合わせてある場合は、それぞれのオプションは無効になります。\n"
+"</p>\n"

#. help text when "multiple languages" are suported 2/2
#: language/src/clients/select_language.rb:312
-msgid "<p>\n<b>Secondary Languages</b><br>\nIn the selection box, specify
additional languages to use on your system.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\n<b>第二言語</b><br>\nこの選択ボックスでは、システムで使用する追加言語を指定します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"<b>Secondary Languages</b><br>\n"
+"In the selection box, specify additional languages to use on your system.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"<b>第二言語</b><br>\n"
+"この選択ボックスでは、システムで使用する追加言語を指定します。\n"
+"</p>\n"

#. error message - package solver failed
#: language/src/clients/select_language.rb:533
@@ -384,23 +492,53 @@

#. error message
#: language/src/clients/select_language.rb:550
-msgid "There is not enough space to install all additional packages.\nRemove
some languages from the selection."
-msgstr "追加のパッケージをインストールするために必要な空き領域がありません。\n選択肢から一部の言語を削除してください。"
+msgid ""
+"There is not enough space to install all additional packages.\n"
+"Remove some languages from the selection."
+msgstr ""
+"追加のパッケージをインストールするために必要な空き領域がありません。\n"
+"選択肢から一部の言語を削除してください。"

#. help text for langauge expert screen
#: language/src/clients/select_language.rb:572
-msgid "<p>\nHere, fine-tune settings for the language handling.\nThese
settings are written into the file <tt>/etc/sysconfig/language</tt>.\nIf
unsure, use the default values already selected.\n</p>\n"
-msgstr "<p>\nここでは、さらに詳細な言語設定を行います。\nここでの設定はファイル
/etc/sysconfig/languageに書き込まれます。\nどう設定すべきか確信がない場合は、すでに選択されているデフォルト値をそのまま使用してください。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Here, fine-tune settings for the language handling.\n"
+"These settings are written into the file <tt>/etc/sysconfig/language</tt>.\n"
+"If unsure, use the default values already selected.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ここでは、さらに詳細な言語設定を行います。\n"
+"ここでの設定はファイル /etc/sysconfig/languageに書き込まれます。\n"
+"どう設定すべきか確信がない場合は、すでに選択されているデフォルト値をそのまま使用してください。\n"
+"</p>\n"

#. help text for langauge expert screen
#: language/src/clients/select_language.rb:585
-msgid "<p>\n<b>Locale Settings for User root</b>\ndetermines how the locale
variables (LC_*) are set for the root user.</p>"
-msgstr "<p>\n[rootユーザのロケール設定]では、\nルートユーザに対するロケール変数(LC_*)の設定方法を指定します</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"<b>Locale Settings for User root</b>\n"
+"determines how the locale variables (LC_*) are set for the root user.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"[rootユーザのロケール設定]では、\n"
+"ルートユーザに対するロケール変数(LC_*)の設定方法を指定します</p>"

#. help text for langauge expert screen
#: language/src/clients/select_language.rb:592
-msgid "<p><b>ctype Only</b>: root has the same LC_CTYPE as a normal user.
Other values\nare unset.<br>\n<b>Yes</b>: root has the same locale settings as
normal user.<br>\n<b>No</b>: root has all locale variables unset.\n</p>\n"
-msgstr "<p><b>ctypeのみ</b>:
rootユーザには標準のユーザと同じLC_CTYPEが設定されます。\nその他の値は設定されません。<br>\n<b>はい</b>:
rootユーザのロケール設定は標準のユーザと同じになります。<br>\n<b>いいえ</b>:
rootユーザにはどのロケール変数も設定されません。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>ctype Only</b>: root has the same LC_CTYPE as a normal user. Other
values\n"
+"are unset.<br>\n"
+"<b>Yes</b>: root has the same locale settings as normal user.<br>\n"
+"<b>No</b>: root has all locale variables unset.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>ctypeのみ</b>: rootユーザには標準のユーザと同じLC_CTYPEが設定されます。\n"
+"その他の値は設定されません。<br>\n"
+"<b>はい</b>: rootユーザのロケール設定は標準のユーザと同じになります。<br>\n"
+"<b>いいえ</b>: rootユーザにはどのロケール変数も設定されません。\n"
+"</p>\n"

#. help text for langauge expert screen
#: language/src/clients/select_language.rb:601
@@ -462,17 +600,29 @@

#. continue/cancel message
#: language/src/modules/Language.rb:1073
-msgid "Translation of the primary language is not complete.\nSome texts may be
displayed in English.\n"
-msgstr "第一言語の変換が完了していません。\n一部のテキストは英語で表示されます。\n"
+msgid ""
+"Translation of the primary language is not complete.\n"
+"Some texts may be displayed in English.\n"
+msgstr ""
+"第一言語の変換が完了していません。\n"
+"一部のテキストは英語で表示されます。\n"

#. popup message
#: language/src/modules/Language.rb:1287
-msgid "Only minimal support for the selected language is included on this
media.\nAdd the Language add-on CD as an additional repository in order to get
the appropriate support\nfor this language.\n"
-msgstr
"このメディアには選択した言語に対する最小限の対応しか含まれていません。\nこの言語によりよく対応するよう設定するには、追加のリポジトリとして[言語アドオンCD]を追加して\nください。\n"
+msgid ""
+"Only minimal support for the selected language is included on this media.\n"
+"Add the Language add-on CD as an additional repository in order to get the
appropriate support\n"
+"for this language.\n"
+msgstr ""
+"このメディアには選択した言語に対する最小限の対応しか含まれていません。\n"
+"この言語によりよく対応するよう設定するには、追加のリポジトリとして[言語アドオンCD]を追加して\n"
+"ください。\n"

#. popup message (user selected CJK language in text mode)
#: language/src/modules/Language.rb:1316
-msgid "The selected language cannot be used in text mode. English is used
for\ninstallation, but the selected language will be used for the new system."
+msgid ""
+"The selected language cannot be used in text mode. English is used for\n"
+"installation, but the selected language will be used for the new system."
msgstr "選択した言語は、テキストボードで使用できません。 英語は、インストールのために使用されますが、選択した言語が新しいシステムに使用されます。"

#. translators: command line help text for timezone module
@@ -536,8 +686,12 @@

#. error text, %1 is output of 'date' command
#: timezone/src/clients/timezone_proposal.rb:39
-msgid "Time %1 is in the past.\nSet a correct time before starting
installation."
-msgstr "時刻 %1 はすでに過ぎています。\nインストールを始める前に正しい時刻を設定してください。"
+msgid ""
+"Time %1 is in the past.\n"
+"Set a correct time before starting installation."
+msgstr ""
+"時刻 %1 はすでに過ぎています。\n"
+"インストールを始める前に正しい時刻を設定してください。"

#. summary item
#: timezone/src/clients/timezone_proposal.rb:85
@@ -552,18 +706,70 @@
#. help for time calculation basis:
#. hardware clock references local time or UTC?
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:105
-msgid "<p>\nSpecify whether your machine is set to local time or UTC in
<b>Hardware Clock Set To</b>.\nMost PCs that also have other operating systems
installed (such as Microsoft\nWindows) use local time.\nMachines that have only
Linux installed are usually\nset to Universal Time Coordinated (UTC).\nIf the
hardware clock is set to UTC, your system can switch from standard time\nto
daylight saving time and back automatically.\n</p>\n"
-msgstr
"<p>\n[<b>ハードウェアの時刻設定</b>]で、マシンが現在ローカル時間またはUTCのどちらに設定されているかを指定します。\n\n他のオペレーティングシステム(Microsoft

Windowsなど)も同時にインストールされているPCでは、そのほとんどでローカル時間が設定されています。\nLinuxのみがインストールされているマシンでは、通常\n協定世界時(UTC)が設定されています。\nハードウェアクロックがUTCに設定されていれば、システムは、標準時間と\n夏時間の切り替えを自動で行えます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Specify whether your machine is set to local time or UTC in <b>Hardware Clock
Set To</b>.\n"
+"Most PCs that also have other operating systems installed (such as
Microsoft\n"
+"Windows) use local time.\n"
+"Machines that have only Linux installed are usually\n"
+"set to Universal Time Coordinated (UTC).\n"
+"If the hardware clock is set to UTC, your system can switch from standard
time\n"
+"to daylight saving time and back automatically.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"[<b>ハードウェアの時刻設定</b>]で、マシンが現在ローカル時間またはUTCのどちらに設定されているかを指定します。\n"
+"\n"
+"他のオペレーティングシステム(Microsoft
Windowsなど)も同時にインストールされているPCでは、そのほとんどでローカル時間が設定されています。\n"
+"Linuxのみがインストールされているマシンでは、通常\n"
+"協定世界時(UTC)が設定されています。\n"
+"ハードウェアクロックがUTCに設定されていれば、システムは、標準時間と\n"
+"夏時間の切り替えを自動で行えます。\n"
+"</p>\n"

#. help text: extra note about localtime
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:118
-msgid "<p>\nNote: The internal system clock as used by the Linux kernel
must\nalways be in UTC, because this is the reference for the correct
localtime\nin user space. If you are choosing localtime for CMOS clock,\ncheck
the user manual for background information about side effects.\n</p>"
-msgstr "<p>\n注: Linux
カーネルで使用される内部のシステムクロックは、常にUTCである必要が\nあります。これはユーザ側で、正しいローカル時刻を参照するために必要な設定で\nあるためです。CMOSクロックのローカル時刻を選択する場合は、\nユーザマニュアルで、副次的影響に関する背景情報を参照してください。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Note: The internal system clock as used by the Linux kernel must\n"
+"always be in UTC, because this is the reference for the correct localtime\n"
+"in user space. If you are choosing localtime for CMOS clock,\n"
+"check the user manual for background information about side effects.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"注: Linux カーネルで使用される内部のシステムクロックは、常にUTCである必要が\n"
+"あります。これはユーザ側で、正しいローカル時刻を参照するために必要な設定で\n"
+"あるためです。CMOSクロックのローカル時刻を選択する場合は、\n"
+"ユーザマニュアルで、副次的影響に関する背景情報を参照してください。\n"
+"</p>"

#. warning popup, in case local time is selected (bnc#732769)
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:131
-msgid "\nYou selected local time, but only Linux seems to be installed on
your system.\nIn such case, it is strongly recommended to use UTC, and to click
Cancel.\n\nIf you want to keep local time, you must adjust the CMOS clock twice
the year\nbecause of Day Light Saving switches. If you miss to adjust the
clock, backups may fail,\nyour mail system may drop mail messages, etc.\n\nIf
you use UTC, Linux will adjust the time automatically.\n\nDo you want to
continue with your selection (local time)?"
-msgstr
"\nローカル時刻を選択しましたが、システムにはLinuxしかインストールされていない可能性が\nあります。このような場合は、[キャンセル]ボタンをクリックしてUTCを使用することを強くお勧めします。\n\nローカル時刻をそのまま使用する場合、夏時間(サマータイム)が適用される地域で開始時と終了時の年に2回、\nCMOSクロックを切り替える必要があります。クロックを調整し忘れると、バックアップが失敗\nする場合があるほか、電子メールシステムが電子メールを喪失する場合もあります。\n\nUTCを使用すると、時刻はLinux側で自動的に調整されます。\n\n現在の選択内容(ローカル時刻)で続行しますか?"
+msgid ""
+"\n"
+"You selected local time, but only Linux seems to be installed on your
system.\n"
+"In such case, it is strongly recommended to use UTC, and to click Cancel.\n"
+"\n"
+"If you want to keep local time, you must adjust the CMOS clock twice the
year\n"
+"because of Day Light Saving switches. If you miss to adjust the clock,
backups may fail,\n"
+"your mail system may drop mail messages, etc.\n"
+"\n"
+"If you use UTC, Linux will adjust the time automatically.\n"
+"\n"
+"Do you want to continue with your selection (local time)?"
+msgstr ""
+"\n"
+"ローカル時刻を選択しましたが、システムにはLinuxしかインストールされていない可能性が\n"
+"あります。このような場合は、[キャンセル]ボタンをクリックしてUTCを使用することを強くお勧めします。\n"
+"\n"
+"ローカル時刻をそのまま使用する場合、夏時間(サマータイム)が適用される地域で開始時と終了時の年に2回、\n"
+"CMOSクロックを切り替える必要があります。クロックを調整し忘れると、バックアップが失敗\n"
+"する場合があるほか、電子メールシステムが電子メールを喪失する場合もあります。\n"
+"\n"
+"UTCを使用すると、時刻はLinux側で自動的に調整されます。\n"
+"\n"
+"現在の選択内容(ローカル時刻)で続行しますか?"

#. help text for set time dialog
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:187
@@ -617,13 +823,21 @@

#. popup text, %1 is entered value
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:466
-msgid "Invalid time (HH:MM:SS) %1.\nEnter the correct time.\n"
-msgstr "時刻(HH:MM:SS) %1 は無効です。\n正しい時刻を入力してください。\n"
+msgid ""
+"Invalid time (HH:MM:SS) %1.\n"
+"Enter the correct time.\n"
+msgstr ""
+"時刻(HH:MM:SS) %1 は無効です。\n"
+"正しい時刻を入力してください。\n"

#. popup text, %1 is entered value
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:475
-msgid "Invalid date (DD-MM-YYYY) %1.\nEnter the correct date.\n"
-msgstr "日付(DD-MM-YYYY) %1 は無効です。\n正しい日付を入力してください。\n"
+msgid ""
+"Invalid date (DD-MM-YYYY) %1.\n"
+"Enter the correct date.\n"
+msgstr ""
+"日付(DD-MM-YYYY) %1 は無効です。\n"
+"正しい日付を入力してください。\n"

#. TRANSLATORS: Button label
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:535
@@ -668,18 +882,38 @@

#. help for timezone screen
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:797
-msgid "\n<p><b><big>Time Zone and Clock Settings</big></b></p>"
-msgstr "\n<p><b><big>タイムゾーンと時計の設定</big></b></p>"
+msgid ""
+"\n"
+"<p><b><big>Time Zone and Clock Settings</big></b></p>"
+msgstr ""
+"\n"
+"<p><b><big>タイムゾーンと時計の設定</big></b></p>"

#. help for timezone screen
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:799
-msgid "<p>\nTo select the time zone to use in your system, first select the
<b>Region</b>.\nIn <b>Time Zone</b>, then select the appropriate time zone,
country, or \nregion from those available.\n</p>\n"
-msgstr
"<p>\nシステムで使用するタイムゾーンを選択するには、まず<b>地域</b>を選択します。\n次に、[タイムゾーン]で適切なタイムゾーン、国、または地域を\n選択します。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To select the time zone to use in your system, first select the
<b>Region</b>.\n"
+"In <b>Time Zone</b>, then select the appropriate time zone, country, or \n"
+"region from those available.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"システムで使用するタイムゾーンを選択するには、まず<b>地域</b>を選択します。\n"
+"次に、[タイムゾーン]で適切なタイムゾーン、国、または地域を\n"
+"選択します。\n"
+"</p>\n"

#. general help trailer
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:816
-msgid "<p>\nIf the current time is not correct, use <b>Change</b> to adjust
it.\n</p>"
-msgstr "<p>\n現在の時刻が正しくない場合は、[<b>変更</b>]を使用して時刻を調整します。\n</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"If the current time is not correct, use <b>Change</b> to adjust it.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"現在の時刻が正しくない場合は、[<b>変更</b>]を使用して時刻を調整します。\n"
+"</p>"

#. Screen title for timezone screen
#: timezone/src/include/timezone/dialogs.rb:826
@@ -952,4 +1186,3 @@
#: keyboard/src/data/keyboard_raw.ycp:700
msgid "US International"
msgstr "米国(国際)"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dhcp-server.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dhcp-server.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dhcp-server.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: dhcp-server\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -504,8 +504,12 @@
#. TRANSLATORS: popup error, DHCP Server requires selected interface to have
#. at least minimal configuration
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:577
-msgid "One or more selected network interfaces is not configured (no assigned
IP address \nand netmask)."
-msgstr "選択した1つ以上のネットワークインタフェースが設定されていません(IPアドレス\nとネットマスクが割り当てられていません)。"
+msgid ""
+"One or more selected network interfaces is not configured (no assigned IP
address \n"
+"and netmask)."
+msgstr ""
+"選択した1つ以上のネットワークインタフェースが設定されていません(IPアドレス\n"
+"とネットマスクが割り当てられていません)。"

#. configuration will be saved in ldap?
#. check box
@@ -685,8 +689,12 @@

#. Show DNS Zone Information
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:1372
-msgid "DNS zone %1 is not a master zone.\nTherefore, you cannot change it
here.\n"
-msgstr "DNS ゾーン %1 はマスタゾーンではありません。\nそのため、ここでは変更することができません。\n"
+msgid ""
+"DNS zone %1 is not a master zone.\n"
+"Therefore, you cannot change it here.\n"
+msgstr ""
+"DNS ゾーン %1 はマスタゾーンではありません。\n"
+"そのため、ここでは変更することができません。\n"

#. A popup error text
#. A popup error text
@@ -701,8 +709,12 @@
#. %1 is the tested IP which should match network %2 and netmask %3
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:1546
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:1569
-msgid "The dynamic DHCP address range must be in the same network as the DHCP
server.\nIP %1 does not match the network %2/%3."
-msgstr "ダイナミックDHCPアドレス範囲は、DHCPサーバと同じネットワーク上にある必要があります。\nIP %1 がネットワーク %2/%3
と一致しません。"
+msgid ""
+"The dynamic DHCP address range must be in the same network as the DHCP
server.\n"
+"IP %1 does not match the network %2/%3."
+msgstr ""
+"ダイナミックDHCPアドレス範囲は、DHCPサーバと同じネットワーク上にある必要があります。\n"
+"IP %1 がネットワーク %2/%3 と一致しません。"

#. Label of the registered hosts table
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:1594
@@ -826,8 +838,24 @@

#. yes-no popup
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:2038
-msgid "If you enter the expert settings, you cannot return \nto this dialog.
You may be able to display this dialog \nby saving the changes and restarting
the module. \nIf too complex a configuration is set, the expert \nsettings
dialog is displayed when you\nstart the DHCP server module.\n\nContinue?"
-msgstr "エキスパート設定にすると、このダイアログには\n戻れなくなります。
変更内容を保存して、\nモジュールを再起動すると、このダイアログを表示できます。\n設定した環境が非常に複雑な場合は、DHCPサーバ\nモジュールを起動したときに、\nエキスパート設定ダイアログが表示されます。\n\n続行しますか?"
+msgid ""
+"If you enter the expert settings, you cannot return \n"
+"to this dialog. You may be able to display this dialog \n"
+"by saving the changes and restarting the module. \n"
+"If too complex a configuration is set, the expert \n"
+"settings dialog is displayed when you\n"
+"start the DHCP server module.\n"
+"\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"エキスパート設定にすると、このダイアログには\n"
+"戻れなくなります。 変更内容を保存して、\n"
+"モジュールを再起動すると、このダイアログを表示できます。\n"
+"設定した環境が非常に複雑な場合は、DHCPサーバ\n"
+"モジュールを起動したときに、\n"
+"エキスパート設定ダイアログが表示されます。\n"
+"\n"
+"続行しますか?"

#. remove leading '-'
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:2085
@@ -839,8 +867,22 @@
msgstr "DHCPサーバコマンドラインオプション「-%1」は引数を必要とします。"

#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:2107
-msgid "You have specified an alternate configuration file for the DHCP
server.\n\nYaST does not supported this. The DHCP server module can only read
and write\n/etc/dhcpd.conf. The new configuration from %1 will not be imported.
All\nchanges will be saved to the default configuration file.\n \nReally
continue?\n"
-msgstr "DHCPサーバの代替環境設定ファイルが指定されています。\n\nこの方式はYaSTではサポートしていません。YaST
DHCPサーバモジュールで読み書き可能なのは、\n/etc/dhcpd.confの設定のみです。%1
からの新しい設定はインポートされず、すべての変更は\nデフォルトの環境設定ファイルのみに保存されます。\n \n本当に続行しますか?\n"
+msgid ""
+"You have specified an alternate configuration file for the DHCP server.\n"
+"\n"
+"YaST does not supported this. The DHCP server module can only read and
write\n"
+"/etc/dhcpd.conf. The new configuration from %1 will not be imported. All\n"
+"changes will be saved to the default configuration file.\n"
+" \n"
+"Really continue?\n"
+msgstr ""
+"DHCPサーバの代替環境設定ファイルが指定されています。\n"
+"\n"
+"この方式はYaSTではサポートしていません。YaST DHCPサーバモジュールで読み書き可能なのは、\n"
+"/etc/dhcpd.confの設定のみです。%1 からの新しい設定はインポートされず、すべての変更は\n"
+"デフォルトの環境設定ファイルのみに保存されます。\n"
+" \n"
+"本当に続行しますか?\n"

#. dialog caption, %1 is step number
#: src/include/dhcp-server/dialogs2.rb:2179
@@ -852,90 +894,236 @@
#. and
#. DNS for Experts (editing current settings) (part 5)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:18
-msgid "<p><b><big>Adding a New Range of DNS Records</big></b><br />\n<b>First
IP Address</b> defines\nthe starting address of the range and <b>Last IP
Address</b> defines\nthe last one. <b>Hostname Base</b> is a string that
determines how hostnames\nare created (such as <tt>dhcp-%i</tt> or
<tt>e25-%i-a</tt>).\n<tt>%i</tt> is replaced with the number of the host in the
range.\nIf no <tt>%i</tt> is defined, the number is added at the end of
the\nstring. <tt>%i</tt> can be used only once in <b>Hostname
Base</b>.\n<b>Start</b> defines the first number that is used for the
first\nhostname. Hostnames are created incrementally.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNSレコードの新規範囲の追加</b></big><br
/>\n[<b>最初のIPアドレス</b>]でIPアドレス範囲の\n開始部分を定義します。[<b>最後のIPアドレス</b>]で\n終了部分を定義します。[<b>ホスト名ベース</b>]にはホスト名を作成するための\n基礎となる文字列を指定します(例:

<tt>dhcp-%i</tt>、<tt>e25-%i-a</tt>)。\n<tt>%i</tt>は範囲内のホストの数字に置き換えられます。\n<tt>%i</tt>を定義していない場合は、指定した文字列の最後に\n数字が追加されます。[<b>ホスト名ベース</b>]では<tt>%i</tt>は一度だけ定義できます。\n[<b>開始</b>]では最初のホスト名の番号を定義します。\nホスト名はその番号から1つずつ数字を足していく形で作成されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Adding a New Range of DNS Records</big></b><br />\n"
+"<b>First IP Address</b> defines\n"
+"the starting address of the range and <b>Last IP Address</b> defines\n"
+"the last one. <b>Hostname Base</b> is a string that determines how
hostnames\n"
+"are created (such as <tt>dhcp-%i</tt> or <tt>e25-%i-a</tt>).\n"
+"<tt>%i</tt> is replaced with the number of the host in the range.\n"
+"If no <tt>%i</tt> is defined, the number is added at the end of the\n"
+"string. <tt>%i</tt> can be used only once in <b>Hostname Base</b>.\n"
+"<b>Start</b> defines the first number that is used for the first\n"
+"hostname. Hostnames are created incrementally.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNSレコードの新規範囲の追加</b></big><br />\n"
+"[<b>最初のIPアドレス</b>]でIPアドレス範囲の\n"
+"開始部分を定義します。[<b>最後のIPアドレス</b>]で\n"
+"終了部分を定義します。[<b>ホスト名ベース</b>]にはホスト名を作成するための\n"
+"基礎となる文字列を指定します(例: <tt>dhcp-%i</tt>、<tt>e25-%i-a</tt>)。\n"
+"<tt>%i</tt>は範囲内のホストの数字に置き換えられます。\n"
+"<tt>%i</tt>を定義していない場合は、指定した文字列の最後に\n"
+"数字が追加されます。[<b>ホスト名ベース</b>]では<tt>%i</tt>は一度だけ定義できます。\n"
+"[<b>開始</b>]では最初のホスト名の番号を定義します。\n"
+"ホスト名はその番号から1つずつ数字を足していく形で作成されます。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 1 (part 1)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:33
-msgid "<p><b><big>DNS Wizard</big></b><br />\nIn this wizard, create a new DNS
zone\ndirectly from the DHCP server configuration. This DNS zone is
important\nif you want to identify your DHCP clients by hostname. The DNS
zone\ntranslates names to the assigned IP addresses. You can also\ncreate a
reverse zone that translates IP addresses to names.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNSウィザード</b></big><br
/>\nこのウィザードでは、DHCPサーバの設定から直接DNSゾーンを作成する\nことができます。DHCPの各クライアントをホスト名で識別する場合、このDNSゾーンが\n重要になります。このDNSゾーンによって、ホスト名を、割り当てられたIPアドレスに変換します。\nまた、このウィザードではIPアドレスをホスト名に変換する\n逆ゾーンを作成することもできます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DNS Wizard</big></b><br />\n"
+"In this wizard, create a new DNS zone\n"
+"directly from the DHCP server configuration. This DNS zone is important\n"
+"if you want to identify your DHCP clients by hostname. The DNS zone\n"
+"translates names to the assigned IP addresses. You can also\n"
+"create a reverse zone that translates IP addresses to names.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNSウィザード</b></big><br />\n"
+"このウィザードでは、DHCPサーバの設定から直接DNSゾーンを作成する\n"
+"ことができます。DHCPの各クライアントをホスト名で識別する場合、このDNSゾーンが\n"
+"重要になります。このDNSゾーンによって、ホスト名を、割り当てられたIPアドレスに変換します。\n"
+"また、このウィザードではIPアドレスをホスト名に変換する\n"
+"逆ゾーンを作成することもできます。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 1 (part 2)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:42
-msgid "<p><b>New Zone Name</b> or <b>Reverse Zone Name</b>\nare taken from
your current DHCP server and network settings and cannot be changed.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>新規ゾーン名</b>]と[<b>逆ゾーン名</b>]は、それぞれDHCP
サーバと\nネットワークの設定から取得したものであるため、変更することができません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>New Zone Name</b> or <b>Reverse Zone Name</b>\n"
+"are taken from your current DHCP server and network settings and cannot be
changed.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>新規ゾーン名</b>]と[<b>逆ゾーン名</b>]は、それぞれDHCP サーバと\n"
+"ネットワークの設定から取得したものであるため、変更することができません。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 1 (part 3)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:46
-msgid "<p>Select <b>Also Create Reverse Zone</b> to create a zone \nto contain
reverse entries of the main DNS zone.</p>\n"
-msgstr "<p>メインDNSゾーンの逆エントリを含むゾーンを\n作成するには[<b>逆ゾーンも作成する</b>]を選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Also Create Reverse Zone</b> to create a zone \n"
+"to contain reverse entries of the main DNS zone.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>メインDNSゾーンの逆エントリを含むゾーンを\n"
+"作成するには[<b>逆ゾーンも作成する</b>]を選択します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 2 (part 1)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:50
-msgid "<p><big><b>Name Servers</b></big><br />\nName servers are needed for
proper DNS server functionality.\nThey administer all the DNS zone
records.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>ネームサーバ</b></big><br />\nネームサーバは DNS
サーバの機能を実現するために必要となるものでます。\nネームサーバは DNS ゾーンと呼ばれる情報を管理します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><big><b>Name Servers</b></big><br />\n"
+"Name servers are needed for proper DNS server functionality.\n"
+"They administer all the DNS zone records.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>ネームサーバ</b></big><br />\n"
+"ネームサーバは DNS サーバの機能を実現するために必要となるものでます。\n"
+"ネームサーバは DNS ゾーンと呼ばれる情報を管理します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 2 (part 2)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:56
-msgid "<p><b><big>DNS Queries</big></b><br />\nEvery DNS query (for example
searching an IP address for a\nhostname in a DNS zone) first asks the parent
zone\n(<tt>com</tt> for <tt>example.com</tt>) for the current zone\nname
servers. Then it sends a DNS query to these name servers requesting\nthe
desired IP address.<br />\nTherefore, always specify the current DNS server
hostname as one of\nthe zone name servers.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNSクエリ</b></big><br
/>\nたとえば、あるDNSゾーン内にあるホスト名のIPアドレスを検索する場合など、\nすべてDNSクエリでは、最初に親ゾーン\n(<tt>example.com</tt>であれば<tt>com</tt>)に対して現在のゾーンのネームサーバを\n問い合わせ、その後これらのネームサーバに対してIPアドレスを問い合わせ\nます。<br
/>\nしたがって、ゾーンネームサーバの1つとして、必ず現在のDNSサーバのホスト名を指定\nしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DNS Queries</big></b><br />\n"
+"Every DNS query (for example searching an IP address for a\n"
+"hostname in a DNS zone) first asks the parent zone\n"
+"(<tt>com</tt> for <tt>example.com</tt>) for the current zone\n"
+"name servers. Then it sends a DNS query to these name servers requesting\n"
+"the desired IP address.<br />\n"
+"Therefore, always specify the current DNS server hostname as one of\n"
+"the zone name servers.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNSクエリ</b></big><br />\n"
+"たとえば、あるDNSゾーン内にあるホスト名のIPアドレスを検索する場合など、\n"
+"すべてDNSクエリでは、最初に親ゾーン\n"
+"(<tt>example.com</tt>であれば<tt>com</tt>)に対して現在のゾーンのネームサーバを\n"
+"問い合わせ、その後これらのネームサーバに対してIPアドレスを問い合わせ\n"
+"ます。<br />\n"
+"したがって、ゾーンネームサーバの1つとして、必ず現在のDNSサーバのホスト名を指定\n"
+"してください。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 2 (part 3)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:67
-msgid "<p>To add a <b>New Name Server</b>, click <b>Add</b>, complete the
form,\nthen click <b>Ok</b>. If the new name server name is included in the
current\nDNS zone, also enter its IP address. This is mandatory because it is
used\nduring the zone creation.</p>\n"
-msgstr
"<p><b>新規ネームサーバ</b>を追加するには、[<b>追加</b>]をクリックし、フォームに入力し、\n[<b>OK</b>]をクリックします。新しいネームサーバが現在の\nDNSゾーンに含まれている場合は、そのIPアドレスも入力します。ゾーン作成のときに使用されるため、\nこれは必須です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a <b>New Name Server</b>, click <b>Add</b>, complete the form,\n"
+"then click <b>Ok</b>. If the new name server name is included in the
current\n"
+"DNS zone, also enter its IP address. This is mandatory because it is used\n"
+"during the zone creation.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>新規ネームサーバ</b>を追加するには、[<b>追加</b>]をクリックし、フォームに入力し、\n"
+"[<b>OK</b>]をクリックします。新しいネームサーバが現在の\n"
+"DNSゾーンに含まれている場合は、そのIPアドレスも入力します。ゾーン作成のときに使用されるため、\n"
+"これは必須です。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 2 (part 4)
#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 3 (part 5)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:74
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:102
-msgid "<p>To edit or delete an entry, select it and click\n<b>Edit</b> or
<b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>エントリを編集または削除するには、対象となるファイルを選択し、\n[<b>編集</b>]または[<b>削除</b>]をクリックします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To edit or delete an entry, select it and click\n"
+"<b>Edit</b> or <b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>エントリを編集または削除するには、対象となるファイルを選択し、\n"
+"[<b>編集</b>]または[<b>削除</b>]をクリックします。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 3 (part 1)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:80
-msgid "<p><b><big>DNS Records</big></b><br />\nDefine DNS hostnames for all
DHCP clients. You do not need to define\nall hostnames one by one. Set simple
rules for how\nthe hostnames are created. These rules define the ranges of IP
addresses to use\nand the string from which hostnames are generated for a
range.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNSレコード</b></big><br
/>\nすべてのDHCPクライアントに対してDNSホスト名を定義します。すべてのホスト名を\n個別に指定する必要はなく、ホスト名を作成する単純なルールを設定します。\nこれらのルールで、使用するIPアドレスの範囲と、\nその範囲内で生成するホスト名の文字列を定義します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DNS Records</big></b><br />\n"
+"Define DNS hostnames for all DHCP clients. You do not need to define\n"
+"all hostnames one by one. Set simple rules for how\n"
+"the hostnames are created. These rules define the ranges of IP addresses to
use\n"
+"and the string from which hostnames are generated for a range.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNSレコード</b></big><br />\n"
+"すべてのDHCPクライアントに対してDNSホスト名を定義します。すべてのホスト名を\n"
+"個別に指定する必要はなく、ホスト名を作成する単純なルールを設定します。\n"
+"これらのルールで、使用するIPアドレスの範囲と、\n"
+"その範囲内で生成するホスト名の文字列を定義します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 3 (part 2)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:88
-msgid "<p><b><big>Range of DNS Records</big></b><br />\nFor example, create a
set of hostnames from <tt>dhcp-133-a</tt>\nto <tt>dhcp-233-a</tt> with IP
addresses from <tt>192.168.5.88</tt>\nto <tt>192.168.5.188</tt>.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNS レコードの範囲</b></big><br />\nたとえば <tt>dhcp-133-a</tt> から
<tt>dhcp-233-a</tt> までのホスト名を\n IP アドレス <tt>192.168.5.88</tt> から
<tt>192.168.5.188</tt> の範囲で\n作成することを指定します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Range of DNS Records</big></b><br />\n"
+"For example, create a set of hostnames from <tt>dhcp-133-a</tt>\n"
+"to <tt>dhcp-233-a</tt> with IP addresses from <tt>192.168.5.88</tt>\n"
+"to <tt>192.168.5.188</tt>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNS レコードの範囲</b></big><br />\n"
+"たとえば <tt>dhcp-133-a</tt> から <tt>dhcp-233-a</tt> までのホスト名を\n"
+" IP アドレス <tt>192.168.5.88</tt> から <tt>192.168.5.188</tt> の範囲で\n"
+"作成することを指定します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - step 3 (part 3)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:95
-msgid "<p>To add a new range of DNS records, click <b>Add</b>,\ncomplete the
form, then click <b>Ok</b>.</p>\n"
-msgstr "<p>DNS レコードの新しい範囲を追加するには[<b>追加</b>]を押して\n必要な項目に入力し、
[<b>OK</b>]を押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a new range of DNS records, click <b>Add</b>,\n"
+"complete the form, then click <b>Ok</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>DNS レコードの新しい範囲を追加するには[<b>追加</b>]を押して\n"
+"必要な項目に入力し、 [<b>OK</b>]を押してください。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - summary (part 1)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:107
-msgid "<p>This is a summary of all data\nentered in the configuration wizard
so far.</p>\n"
-msgstr "<p>これは今まで設定ウィザードに入力された\n全データの要約です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>This is a summary of all data\n"
+"entered in the configuration wizard so far.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>これは今まで設定ウィザードに入力された\n"
+"全データの要約です。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS Wizard - summary (part 2)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:111
-msgid "<p>Click <b>Accept</b> to save the settings for\nthe DNS server and
return to the DHCP server configuration.\nThe settings are not saved
permanently until you complete the \nDHCP server configuration.</p>\n"
-msgstr
"<p>\nDNSサーバについて[<b>受け入れる</b>]をクリックし、設定を保存し、DHCPサーバ設定に戻ります。\nこの設定は\nDHCPサーバの設定が完了するまでは、永久的に保存されません。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Click <b>Accept</b> to save the settings for\n"
+"the DNS server and return to the DHCP server configuration.\n"
+"The settings are not saved permanently until you complete the \n"
+"DHCP server configuration.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DNSサーバについて[<b>受け入れる</b>]をクリックし、設定を保存し、DHCPサーバ設定に戻ります。\n"
+"この設定は\n"
+"DHCPサーバの設定が完了するまでは、永久的に保存されません。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS for Experts (editing current settings) (part 1)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:119
-msgid "<p><b><big>DNS Synchronization</big></b><br />\nThis is an advanced
tool for editing DNS server settings to match your\nDHCP settings. Only 'A'
records--DNS records that convert hostnames to\nIP addresses--are maintained
here.</p>\n"
-msgstr "<p><big><b>DNS 同期</b></big><br />\nこれはお使いの DHCP 設定と DNS
設定を同期するための高度なツールです。\nここではホスト名を IP アドレスに変換するための 'A' レコードのみを\n管理します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DNS Synchronization</big></b><br />\n"
+"This is an advanced tool for editing DNS server settings to match your\n"
+"DHCP settings. Only 'A' records--DNS records that convert hostnames to\n"
+"IP addresses--are maintained here.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNS 同期</b></big><br />\n"
+"これはお使いの DHCP 設定と DNS 設定を同期するための高度なツールです。\n"
+"ここではホスト名を IP アドレスに変換するための 'A' レコードのみを\n"
+"管理します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS for Experts (editing current settings) (part 2)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:126
-msgid "<b>Current Subnet</b> and <b>Netmask</b> show the current network
settings.\n<b>Domain</b> is taken from the current DHCP
configuration.\n<b>First IP Address</b> and <b>Second IP Address</b> match the
current\nDynamic DHCP range.</p>\n"
-msgstr
"[<b>現在のサブネット</b>]と[<b>ネットマスク</b>]には、現在のネットワーク設定が表示されています。\n[<b>ドメイン</b>]には現在のDHCPの設定が表示されています。\n[<b>最初のIPアドレス</b>]と[<b>2番目のIPアドレス</b>]は、現在の動的なDHCP\nアドレス範囲に一致します。</p>\n"
+msgid ""
+"<b>Current Subnet</b> and <b>Netmask</b> show the current network settings.\n"
+"<b>Domain</b> is taken from the current DHCP configuration.\n"
+"<b>First IP Address</b> and <b>Second IP Address</b> match the current\n"
+"Dynamic DHCP range.</p>\n"
+msgstr ""
+"[<b>現在のサブネット</b>]と[<b>ネットマスク</b>]には、現在のネットワーク設定が表示されています。\n"
+"[<b>ドメイン</b>]には現在のDHCPの設定が表示されています。\n"
+"[<b>最初のIPアドレス</b>]と[<b>2番目のIPアドレス</b>]は、現在の動的なDHCP\n"
+"アドレス範囲に一致します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS for Experts (editing current settings) (part 3)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:133
-msgid "<p>\nTo create a DNS zone from scratch, use <b>Run Wizard</b>\nfrom
<b>Special Tasks</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>\nDNSゾーンを最初から作成するには、[<b>特殊タスク</b>]\nから[<b>ウィザードを実行</b>]を使用します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To create a DNS zone from scratch, use <b>Run Wizard</b>\n"
+"from <b>Special Tasks</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DNSゾーンを最初から作成するには、[<b>特殊タスク</b>]\n"
+"から[<b>ウィザードを実行</b>]を使用します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: DNS for Experts (editing current settings) (part 4)
#: src/include/dhcp-server/dns-helps.rb:139
-msgid "<p>\n To create or remove a single DNS record,\nclick <b>Add</b> or
<b>Delete</b>.\nTo synchronize the DNS entries with their reverse forms in the
corresponding\nreverse zone, select <b>Synchronize with Reverse Zone</b>.\nUse
<b>Remove DNS Records Matching Range</b> \nfrom <b>Special Tasks</b> to delete
any information relating to this range of IP addresses from the DNS server. To
create a new range of DNS records, select\n<b>Add New Range of DNS Records</b>
from <b>Special Tasks</b>.</p>\n"
-msgstr "<p>\n 単一のDNSレコードを作成または削除するには、\nclick
[<b>追加</b>]または[<b>削除</b>]ボタンをクリックします。\n対応する\n逆ゾーンで、DNS
エントリを逆フォームに同期させるには、[<b>逆ゾーンと同期を取る</b>]を選択します。\nDNSサーバからのIPアドレスのこの範囲に関連する情報を削除するには、[<b>特殊タスク</b>]\nから[<b>DNSレコードマッチングの削除</b>]を使用します。DNSレコードの新規範囲を作成するには、\n[<b>DNSレコードの新規範囲を追加</b>]を<b>[特殊タスク]</b>から選択します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+" To create or remove a single DNS record,\n"
+"click <b>Add</b> or <b>Delete</b>.\n"
+"To synchronize the DNS entries with their reverse forms in the
corresponding\n"
+"reverse zone, select <b>Synchronize with Reverse Zone</b>.\n"
+"Use <b>Remove DNS Records Matching Range</b> \n"
+"from <b>Special Tasks</b> to delete any information relating to this range of
IP addresses from the DNS server. To create a new range of DNS records,
select\n"
+"<b>Add New Range of DNS Records</b> from <b>Special Tasks</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+" 単一のDNSレコードを作成または削除するには、\n"
+"click [<b>追加</b>]または[<b>削除</b>]ボタンをクリックします。\n"
+"対応する\n"
+"逆ゾーンで、DNS エントリを逆フォームに同期させるには、[<b>逆ゾーンと同期を取る</b>]を選択します。\n"
+"DNSサーバからのIPアドレスのこの範囲に関連する情報を削除するには、[<b>特殊タスク</b>]\n"
+"から[<b>DNSレコードマッチングの削除</b>]を使用します。DNSレコードの新規範囲を作成するには、\n"
+"[<b>DNSレコードの新規範囲を追加</b>]を<b>[特殊タスク]</b>から選択します。</p>\n"

#. old_range: $[
#. "base" : "dhcp-%",
@@ -965,16 +1153,24 @@

#. TRANSLATORS: popup error, %1 is the first IP of the range, %2 is the last
one
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:154
-msgid "Internal error.\nCannot create IP range from %1 and %2."
-msgstr "内部エラー。\n%1 から %2 のIP範囲が作成できません。"
+msgid ""
+"Internal error.\n"
+"Cannot create IP range from %1 and %2."
+msgstr ""
+"内部エラー。\n"
+"%1 から %2 のIP範囲が作成できません。"

#. TRANSLATORS: popup error, %1 is an IP address
#. %2 is a network, %3 is a netmask
#. network bits must be the same in both IP and Network
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:179
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:195
-msgid "IP address %1 does not match\nthe current network %2/%3.\n"
-msgstr "IPアドレス %1 は、現在の\nネットワーク %2/%3 とマッチしません。\n"
+msgid ""
+"IP address %1 does not match\n"
+"the current network %2/%3.\n"
+msgstr ""
+"IPアドレス %1 は、現在の\n"
+"ネットワーク %2/%3 とマッチしません。\n"

#. TRANSLATORS: popup error
#. TRANSLATORS: popup error
@@ -989,8 +1185,14 @@
#. %2 is the first IP address of the range, %3 is the last one
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:246
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:272
-msgid "The IP address %1 is\noutside the current\ndynamic DHCP range %2-%3.\n"
-msgstr "IPアドレス %1 は、\n現在の動的DHCP範囲 %2~%3 の\n範囲外です。\n"
+msgid ""
+"The IP address %1 is\n"
+"outside the current\n"
+"dynamic DHCP range %2-%3.\n"
+msgstr ""
+"IPアドレス %1 は、\n"
+"現在の動的DHCP範囲 %2~%3 の\n"
+"範囲外です。\n"

#. TRANSLATORS: popup error '%i' is a special string, do not translate it,
please
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:422
@@ -1023,8 +1225,12 @@
#. %2 is the first IP address of the range, %3 is the last one
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:475
#: src/include/dhcp-server/dns-server-dialogs.rb:503
-msgid "IP address %1 is not in the range of allowed\nIP addresses (%2-%3)
defined in the DHCP server.\n"
-msgstr "IPアドレス %1 は、DHCPサーバで定義され、\n許容されたIPアドレス(%2 - %3)の範囲内にありません。\n"
+msgid ""
+"IP address %1 is not in the range of allowed\n"
+"IP addresses (%2-%3) defined in the DHCP server.\n"
+msgstr ""
+"IPアドレス %1 は、DHCPサーバで定義され、\n"
+"許容されたIPアドレス(%2 - %3)の範囲内にありません。\n"

#. TRANSLATORS: busy message
#: src/include/dhcp-server/dns-server-management.rb:156
@@ -1065,13 +1271,21 @@
#. TRANSLATORS: popup error, %1 is the zone name
#. please, do not translate 'master' (exact DNS definition)
#: src/include/dhcp-server/dns-server-management.rb:555
-msgid "Zone %1 is not of the type master.\nThe DNS server cannot write any
records to it.\n"
-msgstr "ゾーン %1 はマスタゾーンではありません。\nそのため、 DNS サーバはレコードに書き込むことができません。\n"
+msgid ""
+"Zone %1 is not of the type master.\n"
+"The DNS server cannot write any records to it.\n"
+msgstr ""
+"ゾーン %1 はマスタゾーンではありません。\n"
+"そのため、 DNS サーバはレコードに書き込むことができません。\n"

#. TRANSLATORS: popup question, %1 is a DNS zone name
#: src/include/dhcp-server/dns-server-management.rb:569
-msgid "Zone %1 does not yet exist in the current DNS server
configuration.\nCreate it?\n"
-msgstr "ゾーン %1 は現在のDNSサーバ設定にはまだ存在しません。\n作成しますか?\n"
+msgid ""
+"Zone %1 does not yet exist in the current DNS server configuration.\n"
+"Create it?\n"
+msgstr ""
+"ゾーン %1 は現在のDNSサーバ設定にはまだ存在しません。\n"
+"作成しますか?\n"

#. TRANSLATORS: popup error, %1 is a zone name
#. TRANSLATORS: error message, %1 is a zone name
@@ -1087,8 +1301,12 @@

#. TRANSLATORS: popup question - canceling dns synchronization with dhcp
#: src/include/dhcp-server/dns-server-management.rb:858
-msgid "If you cancel, all changes made to the DNS server will be lost.\nReally
cancel this operation?\n"
-msgstr "キャンセルするとDNSサーバに設定したすべての変更が失われます。\nこの操作をキャンセルしてもよろしいですか?\n"
+msgid ""
+"If you cancel, all changes made to the DNS server will be lost.\n"
+"Really cancel this operation?\n"
+msgstr ""
+"キャンセルするとDNSサーバに設定したすべての変更が失われます。\n"
+"この操作をキャンセルしてもよろしいですか?\n"

#. TRANSLATORS: text entry
#: src/include/dhcp-server/dns-server-management.rb:907
@@ -1157,8 +1375,12 @@

#. TRANSLATORS: Popup question
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:58
-msgid "All changes made in the wizard will be lost.\nReally abort?\n"
-msgstr "ウィザードで行われた変更はすべて失われます。\n本当に中止してもよろしいですか?\n"
+msgid ""
+"All changes made in the wizard will be lost.\n"
+"Really abort?\n"
+msgstr ""
+"ウィザードで行われた変更はすべて失われます。\n"
+"本当に中止してもよろしいですか?\n"

#. TRANSLATORS: dialog frame label
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:121
@@ -1177,8 +1399,14 @@

#. TRANSLATORS: popup question
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:234
-msgid "No IP address has been provided for a name server in the current DNS
zone.\nThis may not work because each zone needs the name and IP of its name
server defined. \nReally use the current settings?\n"
-msgstr
"現在のDNSゾーンにはネームサーバのIPアドレスが設定されていません。\n各ゾーンにはネームサーバのホスト名とIPアドレスが必要であるため、おそらくこのままでは動作しないものと思われます。\n現在の設定をそのまま使用してよろしいですか?\n"
+msgid ""
+"No IP address has been provided for a name server in the current DNS zone.\n"
+"This may not work because each zone needs the name and IP of its name server
defined. \n"
+"Really use the current settings?\n"
+msgstr ""
+"現在のDNSゾーンにはネームサーバのIPアドレスが設定されていません。\n"
+"各ゾーンにはネームサーバのホスト名とIPアドレスが必要であるため、おそらくこのままでは動作しないものと思われます。\n"
+"現在の設定をそのまま使用してよろしいですか?\n"

#. TRANSLATORS: popup error, %1 si a server name
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:255
@@ -1189,8 +1417,13 @@
#. %1 the first IP address og 'another range'
#. %2 is the last one
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:319
-msgid "This new range of DNS entries is already covered by\nanother one
(%1-%2).\nReally use the new one?\n"
-msgstr "DNSエントリの新規範囲は既に別の範囲(%1-%2)でカバーされています。\n本当に新しい範囲を使用しますか?\n"
+msgid ""
+"This new range of DNS entries is already covered by\n"
+"another one (%1-%2).\n"
+"Really use the new one?\n"
+msgstr ""
+"DNSエントリの新規範囲は既に別の範囲(%1-%2)でカバーされています。\n"
+"本当に新しい範囲を使用しますか?\n"

#. Adding new range definition
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:428
@@ -1390,8 +1623,16 @@

#. TRANSLATORS: popup question, %1 is a list of errors
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:1307
-msgid "Errors occurred during DNS zone creation:\n\n%1\nReturn to the
wizard?\n"
-msgstr "DNSゾーンを作成中にエラーが発生しました:\n\n%1\nウィザードに戻りますか?\n"
+msgid ""
+"Errors occurred during DNS zone creation:\n"
+"\n"
+"%1\n"
+"Return to the wizard?\n"
+msgstr ""
+"DNSゾーンを作成中にエラーが発生しました:\n"
+"\n"
+"%1\n"
+"ウィザードに戻りますか?\n"

#. TRANSLATORS: popup message
#: src/include/dhcp-server/dns-server-wizard.rb:1326
@@ -1400,144 +1641,325 @@

#. help text 1/1
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:16
-msgid "<p><b><big>Initializing DHCP Server Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...</p>"
-msgstr "<p><b><big>DHCPサーバ環境設定を初期化中</big></b><br>\nしばらくお待ちください...</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing DHCP Server Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DHCPサーバ環境設定を初期化中</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...</p>"

#. help text 1/1
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:20
-msgid "<p><b><big>Saving DHCP Server Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...</p>"
-msgstr "<p><b><big>DHCPサーバ環境設定を保存中</big></b><br>\nしばらくお待ちください...</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving DHCP Server Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DHCPサーバ環境設定を保存中</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...</p>"

#. help text 1/2
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:24
-msgid "<p><b><big>Network Interfaces</big></b><br>\nSelect the network
interfaces to which the DHCP server should listen from\n<b>Available
Interfaces</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>ネットワークインタフェース</big></b><br>\n[使用可能なインタフェース]からDHCPサーバが待ち受けするネットワーク\nインタフェースを選択してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Network Interfaces</big></b><br>\n"
+"Select the network interfaces to which the DHCP server should listen from\n"
+"<b>Available Interfaces</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ネットワークインタフェース</big></b><br>\n"
+"[使用可能なインタフェース]からDHCPサーバが待ち受けするネットワーク\n"
+"インタフェースを選択してください。</p>"

#. help text 2/2
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:30
-msgid "<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>\nTo open the firewall to
allow access to the service from \nremote computers through the selected
interface, set\n<b>Open Firewall for Selected Interface</b>. \nThis option is
only available if the firewall\nis enabled.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>\nファイアウォールを開いて、選択したインタフェースを介したリモートコンピュータからサービスへの\nアクセスを許可するには、\n[選択したインタフェースに対してファイアウォールを開く]を設定します。
\nこのオプションは、ファイアウォールが有効な場合にのみ\n使用できます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Firewall Settings</big></b><br>\n"
+"To open the firewall to allow access to the service from \n"
+"remote computers through the selected interface, set\n"
+"<b>Open Firewall for Selected Interface</b>. \n"
+"This option is only available if the firewall\n"
+"is enabled.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ファイアウォールの設定</big></b><br>\n"
+"ファイアウォールを開いて、選択したインタフェースを介したリモートコンピュータからサービスへの\n"
+"アクセスを許可するには、\n"
+"[選択したインタフェースに対してファイアウォールを開く]を設定します。 \n"
+"このオプションは、ファイアウォールが有効な場合にのみ\n"
+"使用できます。</p>"

#. help text 2/5
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:39
-msgid "<p>\nTo run the DHCP server in chroot jail, set\n<b>Run DHCP Server in
Chroot Jail</b>. Starting any daemon in a chroot jail\nis more secure and
strongly recommended.</p>"
-msgstr "<p>\nchroot JailでDHCPサーバを実行するには、\n[Chroot JailでDHCPサーバを実行]を設定します。
Chroot Jailでのデーモンの起動は\nより安全なので、強くお勧めします。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To run the DHCP server in chroot jail, set\n"
+"<b>Run DHCP Server in Chroot Jail</b>. Starting any daemon in a chroot jail\n"
+"is more secure and strongly recommended.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"chroot JailでDHCPサーバを実行するには、\n"
+"[Chroot JailでDHCPサーバを実行]を設定します。 Chroot Jailでのデーモンの起動は\n"
+"より安全なので、強くお勧めします。</p>"

#. help text 3/5
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:46
-msgid "<p>\nTo store the DHCP configuration in LDAP,\nenable <b>LDAP
Support</b>.</p>"
-msgstr "<p>\nDHCP環境設定をLDAPに保存するには、\n[LDAPのサポート]を有効にします。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To store the DHCP configuration in LDAP,\n"
+"enable <b>LDAP Support</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DHCP環境設定をLDAPに保存するには、\n"
+"[LDAPのサポート]を有効にします。</p>"

#. help text 4/5
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:52
-msgid "<p><b>Configured Declarations</b> shows the configuration options in
use.\nTo modify an existing declaration, select it and click <b>Edit</b>.\nTo
add a new declaration, select a declaration that should include\nthe new
declaration and click <b>Add</b>.\nTo delete a declaration, select it and click
<b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p>[設定済みの宣言]には、使用中の環境設定オプションが表示されます。\n既存の宣言を変更するには、宣言を選択し、[編集]をクリックします。\n新しい宣言を追加するには、新しい宣言を追加する宣言を選択し、\n[追加]をクリックします。\n宣言を削除するには、宣言を選択し、[削除]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Configured Declarations</b> shows the configuration options in use.\n"
+"To modify an existing declaration, select it and click <b>Edit</b>.\n"
+"To add a new declaration, select a declaration that should include\n"
+"the new declaration and click <b>Add</b>.\n"
+"To delete a declaration, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[設定済みの宣言]には、使用中の環境設定オプションが表示されます。\n"
+"既存の宣言を変更するには、宣言を選択し、[編集]をクリックします。\n"
+"新しい宣言を追加するには、新しい宣言を追加する宣言を選択し、\n"
+"[追加]をクリックします。\n"
+"宣言を削除するには、宣言を選択し、[削除]をクリックします。</p>"

#. help text 5/5
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:60
-msgid "<p><b><big>Advanced Functions</big></b><br>\nUse <b>Advanced</b> to
display the log of the DHCP server,\nchange network interfaces to which the
DHCP server listens,\nor manage TSIG keys that can be used for authentication
of \ndynamic DNS updates.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>詳細な機能</big></b><br>\n[詳細]を使用して、DHCPサーバのログを表示したり、\nDHCサーバがリッスンするネットワークインタフェースを変更したり、\nダイナミックDNSの更新の認証に使用されるTSIGキーを\n管理したりします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Advanced Functions</big></b><br>\n"
+"Use <b>Advanced</b> to display the log of the DHCP server,\n"
+"change network interfaces to which the DHCP server listens,\n"
+"or manage TSIG keys that can be used for authentication of \n"
+"dynamic DNS updates.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>詳細な機能</big></b><br>\n"
+"[詳細]を使用して、DHCPサーバのログを表示したり、\n"
+"DHCサーバがリッスンするネットワークインタフェースを変更したり、\n"
+"ダイナミックDNSの更新の認証に使用されるTSIGキーを\n"
+"管理したりします。</p>"

#. help text 1/3, alt. 1
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:68
-msgid "<p><b><big>Subnet Configuration</big></b><br>\nSet the <b>Network
Address</b> and <b>Network Mask</b> of the subnet.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>サブネットの環境設定</big></b><br>\nサブネットの[ネットワークアドレス]および[ネットワークマスク]を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Subnet Configuration</big></b><br>\n"
+"Set the <b>Network Address</b> and <b>Network Mask</b> of the subnet.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>サブネットの環境設定</big></b><br>\n"
+"サブネットの[ネットワークアドレス]および[ネットワークマスク]を設定します。</p>"

#. help text 1/3, alt. 1
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:72
-msgid "<p><b><big>Host with Fixed Address</big></b><br>\nSet the name of the
host for which to set the fixed address or other\nspecial options in
<b>Hostname</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>固定アドレスを持つホスト</big></b><br>\n固定アドレスを設定するホストまたは\n[ホスト名]でその他の特別なオプションを設定するホストの名前を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Host with Fixed Address</big></b><br>\n"
+"Set the name of the host for which to set the fixed address or other\n"
+"special options in <b>Hostname</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>固定アドレスを持つホスト</big></b><br>\n"
+"固定アドレスを設定するホストまたは\n"
+"[ホスト名]でその他の特別なオプションを設定するホストの名前を設定します。</p>"

#. help text 1/3, alt. 3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:78
-msgid "<p><b><big>Group-Specific Options</big></b><br>\nSet the name of the
group of declarations in <b>Group Name</b>. \nIt is just for your
identification.\nThe name does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
-msgstr "<p><b><big>グループ固有のオプション</big></b><br>\n[グループ名]で宣言のグループの名前を設定します。
\nこれは識別にのみ使用します。\nこの名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Group-Specific Options</big></b><br>\n"
+"Set the name of the group of declarations in <b>Group Name</b>. \n"
+"It is just for your identification.\n"
+"The name does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>グループ固有のオプション</big></b><br>\n"
+"[グループ名]で宣言のグループの名前を設定します。 \n"
+"これは識別にのみ使用します。\n"
+"この名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"

#. help text 1/3, alt. 4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:85
-msgid "<p><b><big>Pool of Addresses</big></b><br>\nSet the name of the pool of
addresses in <b>Pool Name</b>. \nIt is just for your identification.\nThe name
does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
-msgstr "<p><b><big>アドレスプール</big></b><br>\n[プール名]でアドレスプールの名前を設定します。
\nこれは識別にのみ使用します。\nこの名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Pool of Addresses</big></b><br>\n"
+"Set the name of the pool of addresses in <b>Pool Name</b>. \n"
+"It is just for your identification.\n"
+"The name does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>アドレスプール</big></b><br>\n"
+"[プール名]でアドレスプールの名前を設定します。 \n"
+"これは識別にのみ使用します。\n"
+"この名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"

#. help text 1/3, alt. 5
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:92
-msgid "<p><b><big>Shared Network</big></b><br>\nSet the name for the shared
network in <b>Shared Network Name</b>. \nIt is just for your
identification.\nThe name does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
-msgstr "<p><b><big>共有ネットワーク</big></b><br>\n[共有ネットワーク名]で共有ネットワークの名前を設定します。
\nこれは識別にのみ使用します。\nこの名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Shared Network</big></b><br>\n"
+"Set the name for the shared network in <b>Shared Network Name</b>. \n"
+"It is just for your identification.\n"
+"The name does not affect behavior of the DHCP server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>共有ネットワーク</big></b><br>\n"
+"[共有ネットワーク名]で共有ネットワークの名前を設定します。 \n"
+"これは識別にのみ使用します。\n"
+"この名前はDHCPサーバの動作には影響しません。</p>"

#. help text 1/3, alt. 6
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:99
-msgid "<p><b><big>Class</big></b><br>\nSet the name of the class of hosts in
<b>Class Name</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>クラス</big></b><br>\n[クラス名]でホストのクラスの名前を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Class</big></b><br>\n"
+"Set the name of the class of hosts in <b>Class Name</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>クラス</big></b><br>\n"
+"[クラス名]でホストのクラスの名前を設定します。</p>"

#. help text 2/3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:103
-msgid "<p>\nTo edit DHCP options, choose the appropriate\nentry of the table
then click <b>Edit</b>.\nTo add a new option, use <b>Add</b>. To remove\nan
option, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p>\nDHCPオプションを編集するには、テーブルの適切なエントリを\n選択し、[編集]をクリックします。\n新しいオプションを追加するには、[追加]を使用します。
オプションを\n削除するには、オプションを選択し、[削除]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To edit DHCP options, choose the appropriate\n"
+"entry of the table then click <b>Edit</b>.\n"
+"To add a new option, use <b>Add</b>. To remove\n"
+"an option, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DHCPオプションを編集するには、テーブルの適切なエントリを\n"
+"選択し、[編集]をクリックします。\n"
+"新しいオプションを追加するには、[追加]を使用します。 オプションを\n"
+"削除するには、オプションを選択し、[削除]をクリックします。</p>"

#. help text 3/3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:111
-msgid "<p>\nTo adjust dynamic DNS for hosts of this subnet, use <b>Dynamic
DNS</b>.</p>"
-msgstr "<p>\nこのサブネットのホストのダイナミックDNSを調整するには、[ダイナミックDNS]を使用します。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To adjust dynamic DNS for hosts of this subnet, use <b>Dynamic DNS</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"このサブネットのホストのダイナミックDNSを調整するには、[ダイナミックDNS]を使用します。</p>"

#. help text 1/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:115
-msgid "<p><b><big>Enabling Dynamic DNS</big></b><br>\nTo enable Dynamic DNS
updates for this subnet, set\n<b>Enable Dynamic DNS for This Subnet</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>ダイナミックDNSの有効化</big></b><br>\nこのサブネットでダイナミックDNSを有効にするには、\n[このサブネットでダイナミックDNSを有効にする]を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Enabling Dynamic DNS</big></b><br>\n"
+"To enable Dynamic DNS updates for this subnet, set\n"
+"<b>Enable Dynamic DNS for This Subnet</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ダイナミックDNSの有効化</big></b><br>\n"
+"このサブネットでダイナミックDNSを有効にするには、\n"
+"[このサブネットでダイナミックDNSを有効にする]を設定します。</p>"

#. help text 2/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:121
-msgid "<p><b><big>TSIG Key</big></b><br>\nTo make Dynamic DNS updates, the
authentication key must be set. Use\n<b>TSIG Key</b> to select the key to use
for authentication. The key must\nbe the same for both DHCP and DNS servers.
Specify the key for both forward\nand reverse zone.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>TSIGキー</big></b><br>\nダイナミックDNSを更新するには、認証キーを設定する必要があります。\n[TSIGキー]から認証に使用するキーを選択できます。このキーは\nDHCPサーバとDNSサーバ両方で同じでなければなりません。正引き、逆引き\n両方のゾーンのキーを指定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>TSIG Key</big></b><br>\n"
+"To make Dynamic DNS updates, the authentication key must be set. Use\n"
+"<b>TSIG Key</b> to select the key to use for authentication. The key must\n"
+"be the same for both DHCP and DNS servers. Specify the key for both forward\n"
+"and reverse zone.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>TSIGキー</big></b><br>\n"
+"ダイナミックDNSを更新するには、認証キーを設定する必要があります。\n"
+"[TSIGキー]から認証に使用するキーを選択できます。このキーは\n"
+"DHCPサーバとDNSサーバ両方で同じでなければなりません。正引き、逆引き\n"
+"両方のゾーンのキーを指定してください。</p>"

#. help text 3/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:129
-msgid "<p><b><big>Global DHCP Server Settings</big></b><br>\nGlobal settings
of DHCP server must be updated to make Dynamic\nDNS work properly. To do it
automatically, set\n<b>Update Global Dynamic DNS Settings</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>DHCPサーバのグローバル設定</big></b><br>\nダイナミックDNSが正しく動作するためには、DHCPサーバのグローバル\n設定を更新する必要があります。これを自動で行うには、\n[グローバルダイナミックDNS設定の更新]を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Global DHCP Server Settings</big></b><br>\n"
+"Global settings of DHCP server must be updated to make Dynamic\n"
+"DNS work properly. To do it automatically, set\n"
+"<b>Update Global Dynamic DNS Settings</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DHCPサーバのグローバル設定</big></b><br>\n"
+"ダイナミックDNSが正しく動作するためには、DHCPサーバのグローバル\n"
+"設定を更新する必要があります。これを自動で行うには、\n"
+"[グローバルダイナミックDNS設定の更新]を設定します。</p>"

#. help text 4/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:136
-msgid "<p><b><big>Zones to Update</big></b><br>\nSpecify forward and reverse
zones to update. For both, also specify \ntheir primary name server. If the
name server runs on the same host as the DHCP\nserver, you can leave the fields
empty.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>更新するゾーン</big></b><br>\n更新する正引きおよび逆引きのゾーンを指定します。その両方で、プライマリ\nネームサーバも指定します。ネームサーバがDHCPサーバと同じホストで稼働している\n場合は、ここを空欄にできます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Zones to Update</big></b><br>\n"
+"Specify forward and reverse zones to update. For both, also specify \n"
+"their primary name server. If the name server runs on the same host as the
DHCP\n"
+"server, you can leave the fields empty.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>更新するゾーン</big></b><br>\n"
+"更新する正引きおよび逆引きのゾーンを指定します。その両方で、プライマリ\n"
+"ネームサーバも指定します。ネームサーバがDHCPサーバと同じホストで稼働している\n"
+"場合は、ここを空欄にできます。</p>"

#. help text
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:143
-msgid "<p><b><big>DHCP Server Start-Up Arguments</big></b><br>\nHere you can
specify parameters that you want DHCP Server to be started with \n(e.g. \"-p
1234\") for a non-standard port to listen on). For all possible
options,\nconsult dhcpd manual page. If left blank, default values will be
used.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>DHCPサーバスタートアップ引数</big></b><br>\nここで、非標準のポート用にDHCPサーバを開始したいパラメータを指定できます。\n(たとえば
-p 1234)可能なすべてのオプションについては、\n
dhcpdのマニュアルページを参照してください。空白のままにしておくと、デフォルト値が使用されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>DHCP Server Start-Up Arguments</big></b><br>\n"
+"Here you can specify parameters that you want DHCP Server to be started with
\n"
+"(e.g. \"-p 1234\") for a non-standard port to listen on). For all possible
options,\n"
+"consult dhcpd manual page. If left blank, default values will be used.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DHCPサーバスタートアップ引数</big></b><br>\n"
+"ここで、非標準のポート用にDHCPサーバを開始したいパラメータを指定できます。\n"
+"(たとえば -p 1234)可能なすべてのオプションについては、\n"
+" dhcpdのマニュアルページを参照してください。空白のままにしておくと、デフォルト値が使用されます。</p>"

#. Wizard Installation - Step 1 (version for expert UI)
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:150
-msgid "<p><b><big>Network Card Selection</big></b><br>\nSelect one or more of
the listed network cards to use for the DHCP server.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>ネットワークカードの選択</big></b><br>\nDHCP サーバで使用するネットワークカードを一覧の中から 1
つ以上選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Network Card Selection</big></b><br>\n"
+"Select one or more of the listed network cards to use for the DHCP
server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ネットワークカードの選択</big></b><br>\n"
+"DHCP サーバで使用するネットワークカードを一覧の中から 1 つ以上選択してください。</p>\n"

#. Optional field - used with LDAP support
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:154
-msgid "Optionally, you can also specify <b>DHCP Server Name</b>\n(the name of
dhcpServer LDAP object), if it differs from your hostname.\n"
-msgstr "ホスト名と DHCP サーバ名が違う場合は、必要に応じて [<b> DHCP サーバ名</b>]\n(LDAP オブジェクトの
dhcpServer の名前) を指定することができます。<b></b>\n"
+msgid ""
+"Optionally, you can also specify <b>DHCP Server Name</b>\n"
+"(the name of dhcpServer LDAP object), if it differs from your hostname.\n"
+msgstr ""
+"ホスト名と DHCP サーバ名が違う場合は、必要に応じて [<b> DHCP サーバ名</b>]\n"
+"(LDAP オブジェクトの dhcpServer の名前) を指定することができます。<b></b>\n"

#. Wizard Installation - Step 2 1/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:158
-msgid "<p><b><big>Global Settings</big></b><br>\nHere, make several DHCP
settings.</p>"
-msgstr "<p><b><big>グローバル設定</big></b><br>\nここでは、DHCPをいくつか設定できます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Global Settings</big></b><br>\n"
+"Here, make several DHCP settings.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>グローバル設定</big></b><br>\n"
+"ここでは、DHCPをいくつか設定できます。</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 2/9
#. Wizard Installation - Step 2 3/9 (2 is removed)
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:165
-msgid "<p><b>Domain Name</b> sets the domain for which the DHCP server\nleases
IPs to clients.</p>"
-msgstr "<p>[ドメイン名]には、DHCPサーバがクライアントにIPをリースしている\nドメイン名を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Domain Name</b> sets the domain for which the DHCP server\n"
+"leases IPs to clients.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[ドメイン名]には、DHCPサーバがクライアントにIPをリースしている\n"
+"ドメイン名を設定します。</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 4/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:169
-msgid "<p><b>Primary Name Server IP</b> and <b>Secondary Name Server IP</b>
\noffer these name servers to the DHCP clients.\nThese values must be IP
addresses.</p>"
-msgstr
"<p><b>プライマリネームサーバIP</b>と、<b>セカンダリネームサーバIP</b>が、DHCPクライアントにネームサーバを提供します。\nこれらの値はIPアドレスである必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Primary Name Server IP</b> and <b>Secondary Name Server IP</b> \n"
+"offer these name servers to the DHCP clients.\n"
+"These values must be IP addresses.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>プライマリネームサーバIP</b>と、<b>セカンダリネームサーバIP</b>が、DHCPクライアントにネームサーバを提供します。\n"
+"これらの値はIPアドレスである必要があります。</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 5/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:175
-msgid "<p><b>Default Gateway</b> inserts this\nvalue as the default route in
the routing table of clients.</p>"
-msgstr "<p>[デフォルトゲートウェイ]は、\nクライアントのルーティングテーブルにデフォルトルートとしてこの値を挿入します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Default Gateway</b> inserts this\n"
+"value as the default route in the routing table of clients.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[デフォルトゲートウェイ]は、\n"
+"クライアントのルーティングテーブルにデフォルトルートとしてこの値を挿入します。</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 6/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:179
-msgid "<p><b>Time Server</b> tells clients to use this server\nfor time
synchronization.</p>"
-msgstr "<p>[タイムサーバ]で指定したサーバが、クライアントで\n時間の同期に使用するサーバになります。.</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Time Server</b> tells clients to use this server\n"
+"for time synchronization.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[タイムサーバ]で指定したサーバが、クライアントで\n"
+"時間の同期に使用するサーバになります。.</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 7/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:183
@@ -1546,48 +1968,106 @@

#. Wizard Installation - Step 2 8/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:187
-msgid "<p><b>WINS Server</b> offers this server as the WINS server\n(Windows
Internet Naming Service).</p>"
-msgstr "<p>[WINSサーバ]で指定したサーバが、WINS (Windows \nInternet Naming
Service)サーバになります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>WINS Server</b> offers this server as the WINS server\n"
+"(Windows Internet Naming Service).</p>"
+msgstr ""
+"<p>[WINSサーバ]で指定したサーバが、WINS (Windows \n"
+"Internet Naming Service)サーバになります。</p>"

#. Wizard Installation - Step 2 9/9
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:191
-msgid "<p><b>Default Lease Time</b> sets the time after which the leased IP
expires\nand the client must ask for an IP again.</p>"
-msgstr
"<p>[デフォルトのリースタイム]では、リースしたIPの期限が切れる時間を\n設定します。クライアントはIPを再度要求する必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Default Lease Time</b> sets the time after which the leased IP
expires\n"
+"and the client must ask for an IP again.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[デフォルトのリースタイム]では、リースしたIPの期限が切れる時間を\n"
+"設定します。クライアントはIPを再度要求する必要があります。</p>"

#. Wizard Installation - Step 3 1/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:195
-msgid "<p><b><big>Subnet Information</big></b></br>\nView information about
the current subnet, such as its address,\nnetmask, minimum and maximum IP
addresses available for the clients.\n</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>サブネット情報</big></b></br>\n現在のサブネットに関する情報を参照できます。たとえば、アドレスやネットマスク、\nクライアントに貸与するIPアドレス範囲の最大値と最小値などです。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Subnet Information</big></b></br>\n"
+"View information about the current subnet, such as its address,\n"
+"netmask, minimum and maximum IP addresses available for the clients.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>サブネット情報</big></b></br>\n"
+"現在のサブネットに関する情報を参照できます。たとえば、アドレスやネットマスク、\n"
+"クライアントに貸与するIPアドレス範囲の最大値と最小値などです。\n"
+"</p>\n"

#. Wizard Installation - Step 3 2/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:202
-msgid "<p><b><big>IP Address Range</big></b><br>\nSet the <b>First IP
Address</b> and the <b>Last IP Address</b>\nof the address range to be leased
to clients. These addresses must have the same netmask.\nFor instance,
<tt>192.168.1.1</tt> and <tt>192.168.1.64</tt>. Check the <b>\nAllow Dynamic
BOOTP</b> flag if the specified range may be dynamically\nassigned to BOOTP
clients as well as DHCP clients</p>.\n"
-msgstr
"<p><b><big>IPアドレス範囲</big></b><br>\nクライアントに貸与する[<b>最初のIPアドレス</b>]と[<b>最後のIPアドレス</b>]\nを、それぞれ設定します。これらのアドレスは同じネットマスクである必要があります。\nたとえば<tt>192.168.1.1</tt>と<tt>192.168.1.64</tt>のようになります。\n指定した範囲をBOOTPクライアントとDHCPクライアントに動的に割り当てる場合、\n[<b>動的BOOTPの許可</b>]フラグをオンにします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>IP Address Range</big></b><br>\n"
+"Set the <b>First IP Address</b> and the <b>Last IP Address</b>\n"
+"of the address range to be leased to clients. These addresses must have the
same netmask.\n"
+"For instance, <tt>192.168.1.1</tt> and <tt>192.168.1.64</tt>. Check the <b>\n"
+"Allow Dynamic BOOTP</b> flag if the specified range may be dynamically\n"
+"assigned to BOOTP clients as well as DHCP clients</p>.\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>IPアドレス範囲</big></b><br>\n"
+"クライアントに貸与する[<b>最初のIPアドレス</b>]と[<b>最後のIPアドレス</b>]\n"
+"を、それぞれ設定します。これらのアドレスは同じネットマスクである必要があります。\n"
+"たとえば<tt>192.168.1.1</tt>と<tt>192.168.1.64</tt>のようになります。\n"
+"指定した範囲をBOOTPクライアントとDHCPクライアントに動的に割り当てる場合、\n"
+"[<b>動的BOOTPの許可</b>]フラグをオンにします。</p>\n"

#. Wizard Installation - Step 3 3/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:211
-msgid "<p><b><big>Lease Time</big></b><br>\nSet the <b>Default</b> lease time
for the current IP address range,\nwhich sets the optimal IP refreshing time
for clients.<br></p>"
-msgstr
"<p><b><big>貸与時間</big></b><br>\nこのアドレス範囲での<bデフォルト</b>の貸与時間を設定してください。\nこの設定値はクライアントに対してIPアドレスの更新間隔を指定することになります。<br></p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Lease Time</big></b><br>\n"
+"Set the <b>Default</b> lease time for the current IP address range,\n"
+"which sets the optimal IP refreshing time for clients.<br></p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>貸与時間</big></b><br>\n"
+"このアドレス範囲での<bデフォルト</b>の貸与時間を設定してください。\n"
+"この設定値はクライアントに対してIPアドレスの更新間隔を指定することになります。<br></p>"

#. Wizard Installation - Step 3 4/4
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:217
-msgid "<p><b>Maximum</b> (optional value) sets the maximum time period\nfor
which this IP is blocked for the client on the DHCP server.</p>"
-msgstr "<p>[最大値](オプション)では、DHCP サーバでこのIPを他のクライアントから\nブロックする最大の時間間隔を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Maximum</b> (optional value) sets the maximum time period\n"
+"for which this IP is blocked for the client on the DHCP server.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[最大値](オプション)では、DHCP サーバでこのIPを他のクライアントから\n"
+"ブロックする最大の時間間隔を設定します。</p>"

#. Help text
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:221
-msgid "<p><b><big>Expert Configuration</big></b><br>\nTo enter the complete
configuration of the DHCP server, click\n<b>DHCP Server Expert
Configuration</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>エキスパート環境設定</big></b><br>\nDHCPサーバの完全な環境設定を入力するには、\n[DHCPサーバエキスパート環境設定]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Expert Configuration</big></b><br>\n"
+"To enter the complete configuration of the DHCP server, click\n"
+"<b>DHCP Server Expert Configuration</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>エキスパート環境設定</big></b><br>\n"
+"DHCPサーバの完全な環境設定を入力するには、\n"
+"[DHCPサーバエキスパート環境設定]をクリックします。</p>"

#. host management help 1/3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:227
-msgid "<p><b><big>Host Management</big></b><br>\nUse this dialog to edit hosts
with static address binding.</p>"
-msgstr "<p><b><big>ホスト管理</big></b><br>\nこのダイアログで静的アドレスバインドを行うホストを編集します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Host Management</big></b><br>\n"
+"Use this dialog to edit hosts with static address binding.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ホスト管理</big></b><br>\n"
+"このダイアログで静的アドレスバインドを行うホストを編集します。</p>"

#. host management help 1/3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:231
-msgid "<p>To add a new new host, set its <b>Name</b>,\n<b>Hardware
Address</b>, and <b>IP Address</b>\nthen click <b>Add</b>.</p>\n<p>To modify a
configured host, select it in the table,\nchange all values, and click
<b>Change in List</b>.</p>"
-msgstr
"<p>新しいホストを追加するには、[名前]、\n[ハードウェアアドレス]、および[IPアドレス]\nを入力し、[追加]をクリックしてください。</p>\n<p>設定したホストを変更するには、一覧からホストを選択し、\nすべての値を変更して[リストを変更]をクリックしてください。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a new new host, set its <b>Name</b>,\n"
+"<b>Hardware Address</b>, and <b>IP Address</b>\n"
+"then click <b>Add</b>.</p>\n"
+"<p>To modify a configured host, select it in the table,\n"
+"change all values, and click <b>Change in List</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>新しいホストを追加するには、[名前]、\n"
+"[ハードウェアアドレス]、および[IPアドレス]\n"
+"を入力し、[追加]をクリックしてください。</p>\n"
+"<p>設定したホストを変更するには、一覧からホストを選択し、\n"
+"すべての値を変更して[リストを変更]をクリックしてください。</p>"

#. host management help 1/3
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:239
@@ -1601,33 +2081,61 @@

#. help text 2/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:257
-msgid "<p>To add a network declaration,\nselect <b>Subnet</b>.</p>"
-msgstr "<p>ネットワーク宣言を追加するには、\n[サブネット]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a network declaration,\n"
+"select <b>Subnet</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ネットワーク宣言を追加するには、\n"
+"[サブネット]を選択します。</p>"

#. help text 3/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:264
-msgid "<p>To add a host that needs special parameters\n(usually a fixed
address), select <b>Host</b>.</p>"
-msgstr "<p>特別なパラメータ(通常は固定アドレス)を必要とするホストを追加するには、\n[ホスト]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a host that needs special parameters\n"
+"(usually a fixed address), select <b>Host</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>特別なパラメータ(通常は固定アドレス)を必要とするホストを追加するには、\n"
+"[ホスト]を選択します。</p>"

#. help text 4/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:273
-msgid "<p>To add a shared network (physical network with\nmultiple logical
networks), select <b>Shared Network</b>.</p>"
-msgstr "<p>共有ネットワーク(複数の論理ネットワークを持つ物理ネットワーク)を\n追加するには、[共有ネットワーク]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a shared network (physical network with\n"
+"multiple logical networks), select <b>Shared Network</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>共有ネットワーク(複数の論理ネットワークを持つ物理ネットワーク)を\n"
+"追加するには、[共有ネットワーク]を選択します。</p>"

#. help text 5/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:282
-msgid "<p>To add a group of other declarations (usually\nif they should share
some settings), select <b>Group</b>.</p>"
-msgstr "<p>設定を共有するなどの理由で複数の宣言をひとまとめにして\n追加するには、[グループ]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a group of other declarations (usually\n"
+"if they should share some settings), select <b>Group</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>設定を共有するなどの理由で複数の宣言をひとまとめにして\n"
+"追加するには、[グループ]を選択します。</p>"

#. help text 6/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:291
-msgid "<p>To add a pool of addresses that will be treated\ndifferently than
other address pools although they are in the same\nsubnet, select <b>Pool of
Addresses</b>.</p>"
-msgstr
"<p>サブネットは同じでも、他のアドレスプールとは\n異なる方法で処理するアドレスプールを追加するには、\n[アドレスプール]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a pool of addresses that will be treated\n"
+"differently than other address pools although they are in the same\n"
+"subnet, select <b>Pool of Addresses</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>サブネットは同じでも、他のアドレスプールとは\n"
+"異なる方法で処理するアドレスプールを追加するには、\n"
+"[アドレスプール]を選択します。</p>"

#. help text 7/7, optional
#: src/include/dhcp-server/helps.rb:302
-msgid "<p>To create a condition class that can be used for\nhandling clients
differently depending on the class to which they belong,\nselect
<b>Class</b>.</p>"
-msgstr
"<p>属しているクラスに応じて異なる方法でクライアントを処理するために\n利用できる条件クラスを作成するには、\n[クラス]を選択します。</p>"
+msgid ""
+"<p>To create a condition class that can be used for\n"
+"handling clients differently depending on the class to which they belong,\n"
+"select <b>Class</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>属しているクラスに応じて異なる方法でクライアントを処理するために\n"
+"利用できる条件クラスを作成するには、\n"
+"[クラス]を選択します。</p>"

#. selection box
#. selection box
@@ -1746,30 +2254,54 @@

#. Yes-No popup
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:191
-msgid "If you leave the DHCP server configuration without saving,\nall changes
will be lost. Really leave?"
-msgstr "DHCPサーバ環境設定を保存せずに終了すると、\n変更内容はすべて失われます。 終了しますか?"
+msgid ""
+"If you leave the DHCP server configuration without saving,\n"
+"all changes will be lost. Really leave?"
+msgstr ""
+"DHCPサーバ環境設定を保存せずに終了すると、\n"
+"変更内容はすべて失われます。 終了しますか?"

#. yes-no popup
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:311
-msgid "The port in firewall is not open. The DHCP server\nwill not be able to
serve your network.\nContinue?"
-msgstr "ファイアウォールのポートが開いていません。\nDHCPサーバがネットワークに対応できません。\n続行しますか?"
+msgid ""
+"The port in firewall is not open. The DHCP server\n"
+"will not be able to serve your network.\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"ファイアウォールのポートが開いていません。\n"
+"DHCPサーバがネットワークに対応できません。\n"
+"続行しますか?"

#. TRANSLATORS: popup error message, %1 is list of network interfaces
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:339
-msgid "The network interfaces listed below are not mentioned in any firewall
zone.\n%1\nRun the YaST firewall configuration to assign them to a zone."
-msgstr
"以下に示すネットワークインタフェースは、どのファイアウォールゾーンでも指定されていません。\n%1\nYaSTファイアウォール環境設定を実行して、それらをゾーンに割り当ててください。"
+msgid ""
+"The network interfaces listed below are not mentioned in any firewall zone.\n"
+"%1\n"
+"Run the YaST firewall configuration to assign them to a zone."
+msgstr ""
+"以下に示すネットワークインタフェースは、どのファイアウォールゾーンでも指定されていません。\n"
+"%1\n"
+"YaSTファイアウォール環境設定を実行して、それらをゾーンに割り当ててください。"

#. TRANSLATORS: popup error message, %1 a network interface name
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:354
-msgid "Network interface %1 is not mentioned in any firewall zone.\nRun the
YaST firewall configuration to assign it to a zone."
-msgstr "ネットワークインタフェース %1
は、どのファイアウォールゾーンでも指定されていません。\nYaSTファイアウォール環境設定を実行して、ゾーンに割り当ててください。"
+msgid ""
+"Network interface %1 is not mentioned in any firewall zone.\n"
+"Run the YaST firewall configuration to assign it to a zone."
+msgstr ""
+"ネットワークインタフェース %1 は、どのファイアウォールゾーンでも指定されていません。\n"
+"YaSTファイアウォール環境設定を実行して、ゾーンに割り当ててください。"

#. popup message
#. popup message
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:374
#: src/include/dhcp-server/widgets.rb:588
-msgid "This function is not available during\npreparation for
autoinstallation."
-msgstr "自動インストールの準備中には、\nこの機能は使用できません。"
+msgid ""
+"This function is not available during\n"
+"preparation for autoinstallation."
+msgstr ""
+"自動インストールの準備中には、\n"
+"この機能は使用できません。"

#. tree widget
#. tree widget
@@ -1953,18 +2485,38 @@

#. TRANSLATORS: error report popup
#: src/modules/DhcpServer.pm:1453
-msgid "This server needs at least one\nconfigured network device (besides
loopback) to\nfunction properly.\nConfigure one.\n\nAborting now."
-msgstr "このサーバが適切に機能するには、\n少なくとも1つの設定されたネットワークデバイス\n(ループバックを除く)が必要です。\n
1つ設定します。\n \n中断します。"
+msgid ""
+"This server needs at least one\n"
+"configured network device (besides loopback) to\n"
+"function properly.\n"
+"Configure one.\n"
+"\n"
+"Aborting now."
+msgstr ""
+"このサーバが適切に機能するには、\n"
+"少なくとも1つの設定されたネットワークデバイス\n"
+"(ループバックを除く)が必要です。\n"
+" 1つ設定します。\n"
+" \n"
+"中断します。"

#. error report
#: src/modules/DhcpServer.pm:1488
-msgid "Cannot determine hostname. LDAP-based configuration of \nDHCP server
will not be available."
-msgstr "ホスト名を判別することができません。 LDAP ベースの DHCP サーバ\n設定を行うことができないものと思われます。"
+msgid ""
+"Cannot determine hostname. LDAP-based configuration of \n"
+"DHCP server will not be available."
+msgstr ""
+"ホスト名を判別することができません。 LDAP ベースの DHCP サーバ\n"
+"設定を行うことができないものと思われます。"

#. yes-no popup
#: src/modules/DhcpServer.pm:1556
-msgid "The DHCP server does not seem to have been\nconfigured yet. Create a
new configuration?"
-msgstr "DHCPサーバはまだ設定されていないようです。\n新しい環境設定を作成しますか?"
+msgid ""
+"The DHCP server does not seem to have been\n"
+"configured yet. Create a new configuration?"
+msgstr ""
+"DHCPサーバはまだ設定されていないようです。\n"
+"新しい環境設定を作成しますか?"

#. Dhcp-server read dialog caption */
#: src/modules/DhcpServer.pm:1629
@@ -2074,4 +2626,3 @@
#: src/modules/DhcpServer.pm:2922
msgid "Error occurred while writing /etc/dhcpd.conf."
msgstr "/etc/dhcpd.confへの書き込み中にエラーが発生しました。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dns-server.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dns-server.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/dns-server.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: dns-server\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -722,8 +722,14 @@

#. TRANSLATORS: A warning message, %1 is replaced with the input IP, %2 with
the output IP
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:883
-msgid "Forwarding DNS queries to itself would create an infinite loop.\nIP
address %1 is currently used by this server, so it has\nbeen changed to its
local equivalent %2."
-msgstr "DNSの問い合わせを自分自身に転送すると、無限ループを生成することになってしまいます。\nIPアドレス %1
は現在のところ、このサーバで使用されているため、\nローカル側のアドレス %2 に変更されます。"
+msgid ""
+"Forwarding DNS queries to itself would create an infinite loop.\n"
+"IP address %1 is currently used by this server, so it has\n"
+"been changed to its local equivalent %2."
+msgstr ""
+"DNSの問い合わせを自分自身に転送すると、無限ループを生成することになってしまいます。\n"
+"IPアドレス %1 は現在のところ、このサーバで使用されているため、\n"
+"ローカル側のアドレス %2 に変更されます。"

#. both IPv4 and IPv6
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:911
@@ -731,7 +737,9 @@
msgstr "IPv4またはIPv6アドレスが正しくありません。"

#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:914
-msgid "A valid IPv6 address consists of letters a-f, numbers,\nand colons."
+msgid ""
+"A valid IPv6 address consists of letters a-f, numbers,\n"
+"and colons."
msgstr "正しいIPv6アドレスは、 a-fの文字、数字、およびコロン(:)から成ります。"

#. error report
@@ -775,33 +783,57 @@

#. TRANSLATORS: Popup question
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1161
-msgid "Really set this\noption without any value?\n"
-msgstr "値を指定せずに、このオプションを\n設定しますか?\n"
+msgid ""
+"Really set this\n"
+"option without any value?\n"
+msgstr ""
+"値を指定せずに、このオプションを\n"
+"設定しますか?\n"

#. TRANSLATORS: Popup question. Please, do not translate 'yes' and 'no'
strings. %1 is a name of the option, %2 is the value of the option.
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1173
-msgid "Option %1 can only have a yes or no value set.\nReally set it to %2?\n"
-msgstr "オプション %1 には、yesまたはnoの値のみ設定できます。\n%2 に設定しますか?\n"
+msgid ""
+"Option %1 can only have a yes or no value set.\n"
+"Really set it to %2?\n"
+msgstr ""
+"オプション %1 には、yesまたはnoの値のみ設定できます。\n"
+"%2 に設定しますか?\n"

#. TRANSLATORS: Popup question. %1 is a name of the option, %2 is the value of
the option.
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1190
-msgid "Option %1 can only be a number.\nReally set it to %2?\n"
-msgstr "オプション %1 には数値のみ指定できます。\n%2 に設定しますか?\n"
+msgid ""
+"Option %1 can only be a number.\n"
+"Really set it to %2?\n"
+msgstr ""
+"オプション %1 には数値のみ指定できます。\n"
+"%2 に設定しますか?\n"

#. TRANSLATORS: Popup question. %1 is the value of the option.
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1202
-msgid "Quotes are not used correctly in this option.\nReally set it to %1?\n"
-msgstr "このオプションでは引用符が正しく使用されていません。\n%1 に設定しますか?\n"
+msgid ""
+"Quotes are not used correctly in this option.\n"
+"Really set it to %1?\n"
+msgstr ""
+"このオプションでは引用符が正しく使用されていません。\n"
+"%1 に設定しますか?\n"

#. TRANSLATORS: Popup question. %1 is the value of the option.
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1214
-msgid "Brackets are not used correctly in this option.\nReally set it to %1?\n"
-msgstr "このオプションではブラケットが正しく使用されていません。\n%1 に設定しますか?\n"
+msgid ""
+"Brackets are not used correctly in this option.\n"
+"Really set it to %1?\n"
+msgstr ""
+"このオプションではブラケットが正しく使用されていません。\n"
+"%1 に設定しますか?\n"

#. Popup question, %1 is the name of the option
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1258
-msgid "Option %1 should be set only once.\nReally add another one?\n"
-msgstr "オプション %1 は一度だけ設定する必要があります。\nもう1つ追加しますか?\n"
+msgid ""
+"Option %1 should be set only once.\n"
+"Really add another one?\n"
+msgstr ""
+"オプション %1 は一度だけ設定する必要があります。\n"
+"もう1つ追加しますか?\n"

#. Table header - logging options
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1298
@@ -875,8 +907,12 @@

#. A popup question, %1 is number of zones
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1743
-msgid "This ACL is used by %1 zones.\nReally remove it?\n"
-msgstr "このACLは%1ゾーンで使用されています。\n削除しますか?\n"
+msgid ""
+"This ACL is used by %1 zones.\n"
+"Really remove it?\n"
+msgstr ""
+"このACLは%1ゾーンで使用されています。\n"
+"削除しますか?\n"

#. An error popup message
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:1830
@@ -943,8 +979,12 @@

#. Yes-No popup
#: src/include/dns-server/dialog-main.rb:2182
-msgid "All changes will be lost.\nReally leave the DNS server configuration
without saving?"
-msgstr "変更内容はすべて失われます。\n本当にDNSサーバの環境設定を保存しないまま中止しますか?"
+msgid ""
+"All changes will be lost.\n"
+"Really leave the DNS server configuration without saving?"
+msgstr ""
+"変更内容はすべて失われます。\n"
+"本当にDNSサーバの環境設定を保存しないまま中止しますか?"

#. check box
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:95
@@ -980,8 +1020,12 @@

#. popup message
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:465
-msgid "This function is not available during\npreparation for
autoinstallation.\n"
-msgstr "自動インストールの準備中には、\nこの機能は使用できません。\n"
+msgid ""
+"This function is not available during\n"
+"preparation for autoinstallation.\n"
+msgstr ""
+"自動インストールの準備中には、\n"
+"この機能は使用できません。\n"

#. error report
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:476
@@ -1129,8 +1173,16 @@

#. TRANSLATORS: A popup with question, current setting could produce errors
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1195
-msgid "The expiration time-out is higher than the time period\nof zone
refreshes. The zone will not be reachable\nfrom slave name servers all the
time.\nContinue?"
-msgstr
"期限切れタイムアウトがゾーンの更新間隔より長く\nなっています。その間はスレーブネームサーバから\nゾーンが到達不能になります。\n続行しますか?"
+msgid ""
+"The expiration time-out is higher than the time period\n"
+"of zone refreshes. The zone will not be reachable\n"
+"from slave name servers all the time.\n"
+"Continue?"
+msgstr ""
+"期限切れタイムアウトがゾーンの更新間隔より長く\n"
+"なっています。その間はスレーブネームサーバから\n"
+"ゾーンが到達不能になります。\n"
+"続行しますか?"

#. Textentry - zone settings - Record Name
#. Textentry - zone settings - Record Name
@@ -1233,8 +1285,16 @@

#. Pop-up error message, %1 is replaced with an example
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1845
-msgid "Invalid IPv6 reverse IP.\n\nIPv6 reverse records are supported either
in the full form (%1)\nor in the relative form to the current zone."
-msgstr
"正しいIPv6逆引きアドレスではありません。\n\nIPv6逆引きレコードは完全形(%1)を記入するか、\n現在のゾーンと相対的な形で記入する必要があります。"
+msgid ""
+"Invalid IPv6 reverse IP.\n"
+"\n"
+"IPv6 reverse records are supported either in the full form (%1)\n"
+"or in the relative form to the current zone."
+msgstr ""
+"正しいIPv6逆引きアドレスではありません。\n"
+"\n"
+"IPv6逆引きレコードは完全形(%1)を記入するか、\n"
+"現在のゾーンと相対的な形で記入する必要があります。"

#. (hostname or FQ)
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1883
@@ -1244,16 +1304,24 @@
#. TRANSLATORS: Error message
#. %{type} replaced with record type (TXT or SPF)
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1916
-msgid "Invalid %{type} record key. It should consist of printable US-ASCII
characters excluding '='\nand must be at least one character long."
-msgstr "無効な %{type}
レコードのキーです。このキーは「=」を除く出力可能なUS-ASCII文字で\n構成されていなければならず、少なくとも1文字の長さが必要です。"
+msgid ""
+"Invalid %{type} record key. It should consist of printable US-ASCII
characters excluding '='\n"
+"and must be at least one character long."
+msgstr ""
+"無効な %{type} レコードのキーです。このキーは「=」を除く出力可能なUS-ASCII文字で\n"
+"構成されていなければならず、少なくとも1文字の長さが必要です。"

#. TRANSLATORS: Error message
#. %{type} - replaced with record type (TXT or SPF)
#. %{max} - replaced with the maximal length
#. %{current} - replaced with the current length of a new TXT record.
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1934
-msgid "Maximal length of a %{type} record is %{max} characters.\nThis message
is %{current} characters long."
-msgstr "%{type} レコードは最大でも %{max} 文字までにする必要があります。\nこのメッセージは %{current}
文字の長さになっています。"
+msgid ""
+"Maximal length of a %{type} record is %{max} characters.\n"
+"This message is %{current} characters long."
+msgstr ""
+"%{type} レコードは最大でも %{max} 文字までにする必要があります。\n"
+"このメッセージは %{current} 文字の長さになっています。"

#. TRANSLATORS: a popup message, CNAME (link) points to itself
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:1965
@@ -1330,8 +1398,12 @@
#. Automatically Generate Records From is a feature that makes YaST to generate
#. DNS records manually from selected zone
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:2612
-msgid "Current zone records are automatically generated from %1 zone.\nTo
change records manually disable the Automatically Generate Records From
feature."
-msgstr "現在のゾーンレコードは %1
ゾーンから自動的に生成されています。\nレコードを手動で変更するには、「以下のものから自動的にレコードを生成」機能を無効にする必要があります。"
+msgid ""
+"Current zone records are automatically generated from %1 zone.\n"
+"To change records manually disable the Automatically Generate Records From
feature."
+msgstr ""
+"現在のゾーンレコードは %1 ゾーンから自動的に生成されています。\n"
+"レコードを手動で変更するには、「以下のものから自動的にレコードを生成」機能を無効にする必要があります。"

#. TRANSLATORS: Text entry
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:2717
@@ -1345,8 +1417,14 @@

#. TRANSLATORS: Popup error text
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:2783
-msgid "Every slave zone must have its master server IP defined.\nConfiguration
of a DNS server without a master server would fail.\nIf you continue, the
current zone will be removed."
-msgstr
"スレーブゾーンにはマスタサーバのIPが定義されている必要があります。\nマスタサーバの定義がなければ、DNSサーバの環境設定は失敗します。\n続行すると、現在のゾーンが削除されます。"
+msgid ""
+"Every slave zone must have its master server IP defined.\n"
+"Configuration of a DNS server without a master server would fail.\n"
+"If you continue, the current zone will be removed."
+msgstr ""
+"スレーブゾーンにはマスタサーバのIPが定義されている必要があります。\n"
+"マスタサーバの定義がなければ、DNSサーバの環境設定は失敗します。\n"
+"続行すると、現在のゾーンが削除されます。"

#. TRANSLATORS: A popup error message
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:2803
@@ -1375,13 +1453,23 @@

#. TRANSLATORS: popup question
#: src/include/dns-server/dialog-masterzone.rb:3009
-msgid "This forward zone has no forwarders defined, which means\nthat all DNS
queries for this zone are denied.\nReally deny these queries?"
-msgstr
"この転送ゾーンには、定義された転送機能がないため、\nこのゾーンのすべてのDNSクエリは否認されます。\n本当にこれらのクエリを否認しますか?"
+msgid ""
+"This forward zone has no forwarders defined, which means\n"
+"that all DNS queries for this zone are denied.\n"
+"Really deny these queries?"
+msgstr ""
+"この転送ゾーンには、定義された転送機能がないため、\n"
+"このゾーンのすべてのDNSクエリは否認されます。\n"
+"本当にこれらのクエリを否認しますか?"

#. yes-no popup
#: src/include/dns-server/dialogs.rb:34
-msgid "All changes will be lost.\nReally exit?"
-msgstr "変更内容はすべて失われます。\n終了しますか?"
+msgid ""
+"All changes will be lost.\n"
+"Really exit?"
+msgstr ""
+"変更内容はすべて失われます。\n"
+"終了しますか?"

#. message popup
#: src/include/dns-server/dialogs.rb:81
@@ -1390,172 +1478,378 @@

#. Read dialog help 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:20
-msgid "<p><b><big>Initializing DNS Server Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>"
-msgstr "<p><b><big>DNSサーバ環境設定を初期化しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing DNS Server Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSサーバ環境設定を初期化しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>"

#. Read dialog help 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:24
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>初期化を中止します</big></b><br>\n[中止]をクリックすると、環境設定ユーティリティを安全に中止できます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化を中止します</big></b><br>\n"
+"[中止]をクリックすると、環境設定ユーティリティを安全に中止できます。</p>"

#. Write dialog help 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:28
-msgid "<p><b><big>Saving DNS Server Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>"
-msgstr "<p><b><big>DNSサーバ環境設定を保存しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving DNS Server Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSサーバ環境設定を保存しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>"

#. Write dialog help 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:32
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>.\nAn additional dialog informs you whether it is safe to
do so.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>保存を中止します</big></b><br>\n[中止]をクリックすると、保存処理を中止します。\n追加のダイアログが表示され、その処理が安全かどうかが通知されます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>.\n"
+"An additional dialog informs you whether it is safe to do so.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存を中止します</big></b><br>\n"
+"[中止]をクリックすると、保存処理を中止します。\n"
+"追加のダイアログが表示され、その処理が安全かどうかが通知されます。</p>"

#. main dialog
#. help 1/4
#: src/include/dns-server/helps.rb:39
-msgid "<p><b><big>Start DNS Server</big></b><br>\nTo run the DNS server every
time your computer is started, set\n<b>Start DNS Server</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>DNSサーバの起動</big></b><br>\nコンピュータが起動するたびにDNSサーバを実行するには、\n[DNSサーバの起動]を設定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Start DNS Server</big></b><br>\n"
+"To run the DNS server every time your computer is started, set\n"
+"<b>Start DNS Server</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSサーバの起動</big></b><br>\n"
+"コンピュータが起動するたびにDNSサーバを実行するには、\n"
+"[DNSサーバの起動]を設定してください。</p>"

#. help 2/4
#: src/include/dns-server/helps.rb:45
-msgid "<p><b><big>Chroot Jail</big></b><br>\nTo run the DNS server in chroot
jail, set\n<b>Run DNS Server in Chroot Jail</b>. Starting any daemon in a
chroot jail\nis more secure and strongly recommended.</p>"
-msgstr "<p><b><big>Chroot Jail</big></b><br>\nchroot
jailの内部でDNSサーバを実行するには、\n[Chroot Jailの内部でDNSサーバを実行する]を設定します。 chroot
jail内のすべてのデーモンを起動すると\n安全性が高まるため強くお勧めします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Chroot Jail</big></b><br>\n"
+"To run the DNS server in chroot jail, set\n"
+"<b>Run DNS Server in Chroot Jail</b>. Starting any daemon in a chroot jail\n"
+"is more secure and strongly recommended.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>Chroot Jail</big></b><br>\n"
+"chroot jailの内部でDNSサーバを実行するには、\n"
+"[Chroot Jailの内部でDNSサーバを実行する]を設定します。 chroot jail内のすべてのデーモンを起動すると\n"
+"安全性が高まるため強くお勧めします。</p>"

#. help 3/4
#: src/include/dns-server/helps.rb:52
-msgid "<p><b><big>Editing DNS Zones</big></b><br>\nTo edit settings of a DNS
zone, choose the appropriate\nentry of the table and click <B>Edit</B>.\nTo add
a new DNS zone, use <B>Add</B>. To remove\na configured DNS zone, select it and
click <B>Delete</B>.</P>"
-msgstr
"<p><b><big>DNSゾーンの編集</big></b><br>\nDNSゾーンの設定を編集するには、一覧から適切なエントリを選択し、\n[編集]をクリックしてください。\n新しいDNSゾーンを追加するには、[追加]をクリックします。\n設定済みのDNSゾーンを削除するには、[削除]をクリックしてください。</P>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing DNS Zones</big></b><br>\n"
+"To edit settings of a DNS zone, choose the appropriate\n"
+"entry of the table and click <B>Edit</B>.\n"
+"To add a new DNS zone, use <B>Add</B>. To remove\n"
+"a configured DNS zone, select it and click <B>Delete</B>.</P>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSゾーンの編集</big></b><br>\n"
+"DNSゾーンの設定を編集するには、一覧から適切なエントリを選択し、\n"
+"[編集]をクリックしてください。\n"
+"新しいDNSゾーンを追加するには、[追加]をクリックします。\n"
+"設定済みのDNSゾーンを削除するには、[削除]をクリックしてください。</P>"

#. help 4/4
#: src/include/dns-server/helps.rb:60
-msgid "<p><b><big>Advanced Functions</big></b><br>\nTo edit global
options,\nadjust firewall settings,\nmanage the TSIG keys for dynamic updates
of the zones,\nor display the log of the DNS server,\nuse <b>Advanced</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>詳細機能</big></b><br>\nグローバルオプションの編集、\nファイアウォールの設定の調整、\nゾーンの動的更新のためのTSIGキーの管理、\nDNSサーバのログの表示などを行うには、\n[詳細]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Advanced Functions</big></b><br>\n"
+"To edit global options,\n"
+"adjust firewall settings,\n"
+"manage the TSIG keys for dynamic updates of the zones,\n"
+"or display the log of the DNS server,\n"
+"use <b>Advanced</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>詳細機能</big></b><br>\n"
+"グローバルオプションの編集、\n"
+"ファイアウォールの設定の調整、\n"
+"ゾーンの動的更新のためのTSIGキーの管理、\n"
+"DNSサーバのログの表示などを行うには、\n"
+"[詳細]をクリックします。</p>"

#. zone dialog
#. help 1/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:70
-msgid "<p><b><big>Zone Name</big></b><br>\nEnter the name of the zone (domain)
in <b>Zone Name</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>ゾーン名</big></b><br>\n[ゾーン名]にゾーン(ドメイン)の名前を入力してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Zone Name</big></b><br>\n"
+"Enter the name of the zone (domain) in <b>Zone Name</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ゾーン名</big></b><br>\n"
+"[ゾーン名]にゾーン(ドメイン)の名前を入力してください。</p>"

#. help 2/5, alt. 1
#: src/include/dns-server/helps.rb:74
-msgid "<p><b><big>Dynamic DNS Zone Updates</big></b><br>\nThe zone can be
updated automatically, usually because of dynamically\nassigned IP addresses by
DHCP server. To allow DDNS updates, set\n<b>Allow Dynamic Updates</b> and the
<b>TSIG Key</b>\nto use for authentication. The key must be the same for\nboth
DHCP and DNS servers.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>ダイナミックDNSゾーン更新</big></b><br>\n通常は、DHCPサーバでIPアドレスを動的に割り当てているため、\nゾーンを自動的に更新できます。DDNS更新を利用するには、\n[動的更新の許可]と認証用の[TSIGキー]\nを設定します。キーは、DHCPとDNSそれぞれのサーバで同じものを\n使用する必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Dynamic DNS Zone Updates</big></b><br>\n"
+"The zone can be updated automatically, usually because of dynamically\n"
+"assigned IP addresses by DHCP server. To allow DDNS updates, set\n"
+"<b>Allow Dynamic Updates</b> and the <b>TSIG Key</b>\n"
+"to use for authentication. The key must be the same for\n"
+"both DHCP and DNS servers.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ダイナミックDNSゾーン更新</big></b><br>\n"
+"通常は、DHCPサーバでIPアドレスを動的に割り当てているため、\n"
+"ゾーンを自動的に更新できます。DDNS更新を利用するには、\n"
+"[動的更新の許可]と認証用の[TSIGキー]\n"
+"を設定します。キーは、DHCPとDNSそれぞれのサーバで同じものを\n"
+"使用する必要があります。</p>"

#. help 3/5, only for alt. 1
#: src/include/dns-server/helps.rb:83
-msgid "<p><b><big>Editing a DNS Zone</big></b><br>\nTo edit the zone settings,
choose the appropriate\nentry of the table then click <b>Edit</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>DNSゾーンの編集</big></b><br>\nゾーンの設定を編集するには、一覧から適切なエントリを\n選択して[編集]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing a DNS Zone</big></b><br>\n"
+"To edit the zone settings, choose the appropriate\n"
+"entry of the table then click <b>Edit</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSゾーンの編集</big></b><br>\n"
+"ゾーンの設定を編集するには、一覧から適切なエントリを\n"
+"選択して[編集]をクリックします。</p>"

#. help 4/5, only for alt. 1
#: src/include/dns-server/helps.rb:89
-msgid "<p>To add a new record to the zone, click <b>Add</b>. To remove\na
record, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p>新しいレコードをゾーンに追加するには、[追加]をクリックします。\nレコードを削除するには、レコードを選択してから[削除]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a new record to the zone, click <b>Add</b>. To remove\n"
+"a record, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>新しいレコードをゾーンに追加するには、[追加]をクリックします。\n"
+"レコードを削除するには、レコードを選択してから[削除]をクリックします。</p>"

#. help 5/5, only for alt. 1
#: src/include/dns-server/helps.rb:93
-msgid "<p><b><big>SOA Record</big></b><br>\nTo edit the SOA (Start of
Authority) record of the zone, click\n<b>Edit SOA</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>SOAレコード</big></b><br>\nゾーンのSOA (Start of
Authority)レコードを編集するには、\n[SOAの編集]をクリックしてください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>SOA Record</big></b><br>\n"
+"To edit the SOA (Start of Authority) record of the zone, click\n"
+"<b>Edit SOA</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>SOAレコード</big></b><br>\n"
+"ゾーンのSOA (Start of Authority)レコードを編集するには、\n"
+"[SOAの編集]をクリックしてください。</p>"

#. help 2/5 alt. 2
#: src/include/dns-server/helps.rb:99
-msgid "<p><b><big>Master Servers</big></b><br>\nSet the IP addresses of the
master name servers for this zone. Use <b>Add</b>\nto add a new master name
server. Select an existing one then click <b>Delete</b>\nto remove an existing
one.</p>"
-msgstr "<p><b><big>マスタサーバ</big></b><br>\nこのゾーンのマスタネームサーバのIPアドレスを設定します。
新しいマスタネームサーバを追加するには、\n[追加]を使用します。
既存のマスタネームサーバを削除するには、\n既存のマスタネームサーバを選択し、[削除]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Master Servers</big></b><br>\n"
+"Set the IP addresses of the master name servers for this zone. Use
<b>Add</b>\n"
+"to add a new master name server. Select an existing one then click
<b>Delete</b>\n"
+"to remove an existing one.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>マスタサーバ</big></b><br>\n"
+"このゾーンのマスタネームサーバのIPアドレスを設定します。 新しいマスタネームサーバを追加するには、\n"
+"[追加]を使用します。 既存のマスタネームサーバを削除するには、\n"
+"既存のマスタネームサーバを選択し、[削除]をクリックします。</p>"

#. help 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:106
-msgid "<p><b><big>Zone Type</big></b><br>\nTo make this name server the
primary source of the data of the zone,\nselect <b>Master</b>. To make it the
secondary name server, select <b>Slave</b>\nor <b>Stub</b>, so the data of the
zone will be mirrored from the master\nserver.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>ゾーンタイプ</big></b><br>\nこのネームサーバをゾーンのプライマリデータソースにするには、\n[マスタ]を選択します。セカンダリネームサーバにするには、\n[スレーブ]または[スタブ]を選択し、ゾーンデータを\nマスタサーバからミラーします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Zone Type</big></b><br>\n"
+"To make this name server the primary source of the data of the zone,\n"
+"select <b>Master</b>. To make it the secondary name server, select
<b>Slave</b>\n"
+"or <b>Stub</b>, so the data of the zone will be mirrored from the master\n"
+"server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ゾーンタイプ</big></b><br>\n"
+"このネームサーバをゾーンのプライマリデータソースにするには、\n"
+"[マスタ]を選択します。セカンダリネームサーバにするには、\n"
+"[スレーブ]または[スタブ]を選択し、ゾーンデータを\n"
+"マスタサーバからミラーします。</p>"

#. help 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:114
-msgid "<p><b><big>Zone Direction</big></b><br>\nDNS is used both for
translating from domain names to IP addresses and back.\nSelect if this zone
will be used to translate from domain names to IP\naddresses (<b>Forward</b>)
or from IP addresses to domain names\n(<b>Reverse</b>).</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ゾーンの方向</big></b><br>\nDNSはドメイン名をIPアドレスに変換するだけでなく、逆にIPアドレスをホスト名に変換する場合にも使用されます。\nこのゾーンを、ドメイン名からIPアドレスに変換する目的で作成する場合は\n[<b>フォワード</b>]を、IPアドレスからドメイン名に変換する場合は\n[<b>逆</b>]をそれぞれ選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Zone Direction</big></b><br>\n"
+"DNS is used both for translating from domain names to IP addresses and
back.\n"
+"Select if this zone will be used to translate from domain names to IP\n"
+"addresses (<b>Forward</b>) or from IP addresses to domain names\n"
+"(<b>Reverse</b>).</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ゾーンの方向</big></b><br>\n"
+"DNSはドメイン名をIPアドレスに変換するだけでなく、逆にIPアドレスをホスト名に変換する場合にも使用されます。\n"
+"このゾーンを、ドメイン名からIPアドレスに変換する目的で作成する場合は\n"
+"[<b>フォワード</b>]を、IPアドレスからドメイン名に変換する場合は\n"
+"[<b>逆</b>]をそれぞれ選択してください。</p>\n"

#. firewall dialog
#. help text 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:123
-msgid "<p><b><big>Interface Classes</big></b><br>\nSelect which interface
classes should have access to the DNS server. The\ninterface classes are
defined in the firewall configuration component.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>インタフェースクラス</big></b><br>\nどのインタフェースクラスを介してDNSサーバにアクセスできるかを選択します。\nインタフェースクラスは、ファイアウォール設定コンポーネントで定義します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Interface Classes</big></b><br>\n"
+"Select which interface classes should have access to the DNS server. The\n"
+"interface classes are defined in the firewall configuration component.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>インタフェースクラス</big></b><br>\n"
+"どのインタフェースクラスを介してDNSサーバにアクセスできるかを選択します。\n"
+"インタフェースクラスは、ファイアウォール設定コンポーネントで定義します。</p>\n"

#. help text 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:129
-msgid "<p><b><big>Adapting Firewall Settings</big></b><br>\nTo adapt the
firewall settings so that the DNS server can be accessed\nvia all network
interfaces to which it listens, check\n<b>Adapt Firewall Settings</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ファイアウォール設定の調整</big></b><br>\nDNSサーバをすべてのネットワークインタフェースに対して\n公開するようファイアウォールの設定を調整するには、\n[<b>ファイアウォール設定を調整</b>]をオンにします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Adapting Firewall Settings</big></b><br>\n"
+"To adapt the firewall settings so that the DNS server can be accessed\n"
+"via all network interfaces to which it listens, check\n"
+"<b>Adapt Firewall Settings</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ファイアウォール設定の調整</big></b><br>\n"
+"DNSサーバをすべてのネットワークインタフェースに対して\n"
+"公開するようファイアウォールの設定を調整するには、\n"
+"[<b>ファイアウォール設定を調整</b>]をオンにします。</p>\n"

#. soa dialog
#. help text 1/9
#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 1/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:137 src/include/dns-server/helps.rb:386
-msgid "<p><b><big>SOA Record Configuration</big></b><br>\nSet the entries of
the SOA record.</p>"
-msgstr "<p><b><big>SOAレコードの環境設定</big></b><br>\nSOAレコードに関する情報を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>SOA Record Configuration</big></b><br>\n"
+"Set the entries of the SOA record.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>SOAレコードの環境設定</big></b><br>\n"
+"SOAレコードに関する情報を設定します。</p>"

#. help text 2/9 - TTL
#: src/include/dns-server/helps.rb:141
-msgid "<p><b>$TTL</b> specifies the time to live for all records in the\nzone
that do not have an explicit TTL.</p>"
-msgstr "<p>[$TTL]は、明示的なTTLを持たないゾーンのすべてのレコードの\n残存時間を指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>$TTL</b> specifies the time to live for all records in the\n"
+"zone that do not have an explicit TTL.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[$TTL]は、明示的なTTLを持たないゾーンのすべてのレコードの\n"
+"残存時間を指定します。</p>"

#. help text 3/9 - Primary source
#: src/include/dns-server/helps.rb:145
-msgid "<p><b>Primary Source</b> must contain the fully qualified domain
name\nof the primary name server.</p>"
-msgstr "<p>[プライマリソース]には、プライマリネームサーバの完全修飾\nドメイン名が登録されている必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Primary Source</b> must contain the fully qualified domain name\n"
+"of the primary name server.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[プライマリソース]には、プライマリネームサーバの完全修飾\n"
+"ドメイン名が登録されている必要があります。</p>"

#. help text 4/9 - Administrator's mail
#: src/include/dns-server/helps.rb:149
-msgid "<p><b>Administrator's Mail</b> must contain the e-mail address of\nthe
administrator responsible for the zone.</p>\n"
-msgstr "<p>[<b>管理者のメールアドレス</b>]には、このゾーンを担当する管理者の\n電子メールアドレスを指定する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Administrator's Mail</b> must contain the e-mail address of\n"
+"the administrator responsible for the zone.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>管理者のメールアドレス</b>]には、このゾーンを担当する管理者の\n"
+"電子メールアドレスを指定する必要があります。</p>\n"

#. help text 5/9 - Serial
#: src/include/dns-server/helps.rb:153
-msgid "<p><b>Serial</b> number is used for determining if the zone has changed
on\nthe master servers (so that slave servers do not always need to synchronize
the\nentire zone).</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>シリアル番号</b>]は、マスタサーバでゾーンを変更したかどうかを判断する情報と\nして使用します(この仕組みにより、セカンダリサーバは、必要なときに必要な部分だけゾーンを\n更新できることになります)。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Serial</b> number is used for determining if the zone has changed on\n"
+"the master servers (so that slave servers do not always need to synchronize
the\n"
+"entire zone).</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>シリアル番号</b>]は、マスタサーバでゾーンを変更したかどうかを判断する情報と\n"
+"して使用します(この仕組みにより、セカンダリサーバは、必要なときに必要な部分だけゾーンを\n"
+"更新できることになります)。</p>\n"

#. help text 6/9 - Refresh
#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 4/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:159 src/include/dns-server/helps.rb:401
-msgid "<p><b>Refresh</b> sets how often the zone should be synchronized
from\nmaster name server to slave name servers.</p>"
-msgstr "<p>[更新間隔]では、マスタネームサーバからスレーブネームサーバに対して\nゾーンの同期を取る頻度を指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Refresh</b> sets how often the zone should be synchronized from\n"
+"master name server to slave name servers.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[更新間隔]では、マスタネームサーバからスレーブネームサーバに対して\n"
+"ゾーンの同期を取る頻度を指定します。</p>"

#. help text 7/9 - Retry
#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 5/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:163 src/include/dns-server/helps.rb:405
-msgid "<p><b>Retry</b> sets how often slave servers try to synchronize\nthe
zone from the master server if synchronization fails.</p>"
-msgstr "<p>[リトライ間隔]では、同期が失敗した場合にスレーブサーバが\nマスタサーバのゾーンと同期を取る頻度を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Retry</b> sets how often slave servers try to synchronize\n"
+"the zone from the master server if synchronization fails.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[リトライ間隔]では、同期が失敗した場合にスレーブサーバが\n"
+"マスタサーバのゾーンと同期を取る頻度を設定します。</p>"

#. help text 8/9 - Expiry
#: src/include/dns-server/helps.rb:167
-msgid "<p><b>Expiry</b> means the period after which the zone expires on
slave\nservers and slave servers stop answering replies until it is
synchronized.\n</p>"
-msgstr
"<p>[有効期限]は、スレーブサーバでゾーンが期限切れになり、ゾーンが同期化\nされるまでスレーブサーバが応答を停止する期間を表します。\n</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Expiry</b> means the period after which the zone expires on slave\n"
+"servers and slave servers stop answering replies until it is synchronized.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>[有効期限]は、スレーブサーバでゾーンが期限切れになり、ゾーンが同期化\n"
+"されるまでスレーブサーバが応答を停止する期間を表します。\n"
+"</p>"

#. help text 9/9 - Minimum
#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 7/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:173 src/include/dns-server/helps.rb:415
-msgid "<p><b>Minimum</b> sets for how long the slave servers should
cache\nnegative answers (name resolution failed).</p>"
-msgstr "<p><b>[最小限]</b>では、スレーブサーバが否定応答(名前解決の失敗)をキャッシュ\nする期間を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Minimum</b> sets for how long the slave servers should cache\n"
+"negative answers (name resolution failed).</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>[最小限]</b>では、スレーブサーバが否定応答(名前解決の失敗)をキャッシュ\n"
+"する期間を設定します。</p>"

#. ddns keys dialog
#. help text 1/1
#: src/include/dns-server/helps.rb:178
-msgid "<p><b><big>TSIG Key Management</big></b><br>\nDefine TSIG keys used for
dynamic zone updates.\nTo add a new TSIG key, use the \n<b>File Name</b> text
field or the <b>Browse</b> button then click <b>Add</b>.\nTo delete an existing
TSIG key, select it in the list and click <b>Delete</b>.\n</p>"
-msgstr
"<p><b><big>TSIGキー管理</big></b><br>\n動的ゾーン更新に使用するTSIGキーを定義します。\n新しいTSIGキーを追加するには、[ファイル名]テキストフィールドに入力\nするか、[参照]ボタンで検索した後、[追加]をクリックします。\n既存のTSIGキーを削除するには、リストから選択し[削除]をクリックします。\n</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>TSIG Key Management</big></b><br>\n"
+"Define TSIG keys used for dynamic zone updates.\n"
+"To add a new TSIG key, use the \n"
+"<b>File Name</b> text field or the <b>Browse</b> button then click
<b>Add</b>.\n"
+"To delete an existing TSIG key, select it in the list and click
<b>Delete</b>.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>TSIGキー管理</big></b><br>\n"
+"動的ゾーン更新に使用するTSIGキーを定義します。\n"
+"新しいTSIGキーを追加するには、[ファイル名]テキストフィールドに入力\n"
+"するか、[参照]ボタンで検索した後、[追加]をクリックします。\n"
+"既存のTSIGキーを削除するには、リストから選択し[削除]をクリックします。\n"
+"</p>"

#. Expert Mode Configuration - Start Up 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:187
-msgid "<p><b><big>Booting</big></b><br>\nTo start the DNS server every time
your computer is booted, set\n<b>On</b>. Otherwise set <b>Off</b>.</p> "
-msgstr
"<p><b><big>ブート</big></b><br>\nコンピュータがブートするたびにDNSサーバを起動する場合は\n[オン]を、そうでない場合は[オフ]を設定します。</p>
"
+msgid ""
+"<p><b><big>Booting</big></b><br>\n"
+"To start the DNS server every time your computer is booted, set\n"
+"<b>On</b>. Otherwise set <b>Off</b>.</p> "
+msgstr ""
+"<p><b><big>ブート</big></b><br>\n"
+"コンピュータがブートするたびにDNSサーバを起動する場合は\n"
+"[オン]を、そうでない場合は[オフ]を設定します。</p> "

#. Expert Mode Configuration - Start Up 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:194
-msgid "<p><b><big>LDAP Support</big></b><br>\nTo store the DNS zones in LDAP
instead of native configuration files,\nset <b>LDAP Support Active</b>.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>LDAPのサポート</big></b><br>\nネイティブの設定ファイルではなくLDAPにDNSゾーンを保存するには、\n[LDAPサポートを有効にする]を設定してください。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>LDAP Support</big></b><br>\n"
+"To store the DNS zones in LDAP instead of native configuration files,\n"
+"set <b>LDAP Support Active</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>LDAPのサポート</big></b><br>\n"
+"ネイティブの設定ファイルではなくLDAPにDNSゾーンを保存するには、\n"
+"[LDAPサポートを有効にする]を設定してください。</p>"

#. Expert Mode Configuration - Start Up 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:201
-msgid "<p><b><big>Switch On or Off</big></b><br>\nTo start or stop the DNS
server immediately, use \n<b>Start DNS Server Now</b> or\n<b>Stop DNS Server
Now</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>起動/停止</big></b><br>\nDNSサーバを即時に起動/停止するには、\n[今すぐDNSサーバを起動]または\n[今すぐDNSサーバを停止]をクリックします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Switch On or Off</big></b><br>\n"
+"To start or stop the DNS server immediately, use \n"
+"<b>Start DNS Server Now</b> or\n"
+"<b>Stop DNS Server Now</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>起動/停止</big></b><br>\n"
+"DNSサーバを即時に起動/停止するには、\n"
+"[今すぐDNSサーバを起動]または\n"
+"[今すぐDNSサーバを停止]をクリックします。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Forwarders 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:208
-msgid "<p><b><big>Forwarders</big></b><br>\nForwarders are DNS servers to
which your DNS server should send queries\nit cannot answer.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>フォワーダ</big></b><br>\nフォワーダとは、お使いの DNS
サーバでは解決できなかった問い合わせについて、\nそれを転送する先のことを言います。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Forwarders</big></b><br>\n"
+"Forwarders are DNS servers to which your DNS server should send queries\n"
+"it cannot answer.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>フォワーダ</big></b><br>\n"
+"フォワーダとは、お使いの DNS サーバでは解決できなかった問い合わせについて、\n"
+"それを転送する先のことを言います。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Forwarders 2/3
#. _("<p>To ask forwarders during name resolution and in case of fail do full
@@ -1565,18 +1859,34 @@
#. ") +
#. Expert Mode Configuration - Forwarders 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:221
-msgid "<p>To add a new forwarder, set its <b>IP Address</b> and click
<b>Add</b>.\nTo delete a configured forwarder, select it and click
<b>Delete</b>.</p>"
-msgstr "<p>新しいフォワーダを追加するには、<b>IPアドレス</b>
を設定し、[追加]をクリックします。\n設定済みのフォワーダを削除するには、選択して[削除]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>To add a new forwarder, set its <b>IP Address</b> and click <b>Add</b>.\n"
+"To delete a configured forwarder, select it and click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>新しいフォワーダを追加するには、<b>IPアドレス</b> を設定し、[追加]をクリックします。\n"
+"設定済みのフォワーダを削除するには、選択して[削除]をクリックします。</p>"

#. Expert Mode Configuration - Basic Options 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:225
-msgid "<p><b><big>Edit DNS Server Options</big></b><br>\nUse this dialog to
edit options of the DNS server.</p>"
-msgstr
"<p><b><big>DNSサーバオプションの編集</big></b><br>\nこのダイアログでDNSサーバのオプションを編集できます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Edit DNS Server Options</big></b><br>\n"
+"Use this dialog to edit options of the DNS server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSサーバオプションの編集</big></b><br>\n"
+"このダイアログでDNSサーバのオプションを編集できます。</p>"

#. Expert Mode Configuration - Basic Options 2/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:229
-msgid "<p>To add new options, select the <b>Option</b>,\nenter its
<b>Value</b>, and click <b>Add</b>.</p>\n<p>To modify a configured option,
select it in the table,\nchange the <b>Value</b>, and click
<b>Change</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>新しいオプションを追加するには、[オプション]を選択し、\n[値]を入力して、[追加]をクリックしてください。</p>\n<p>設定済のオプションを変更するには、一覧からオプションを選択し、\n[値]を変更して、[変更]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add new options, select the <b>Option</b>,\n"
+"enter its <b>Value</b>, and click <b>Add</b>.</p>\n"
+"<p>To modify a configured option, select it in the table,\n"
+"change the <b>Value</b>, and click <b>Change</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいオプションを追加するには、[オプション]を選択し、\n"
+"[値]を入力して、[追加]をクリックしてください。</p>\n"
+"<p>設定済のオプションを変更するには、一覧からオプションを選択し、\n"
+"[値]を変更して、[変更]をクリックしてください。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Basic Options 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:236
@@ -1585,204 +1895,499 @@

#. Expert Mode Configuration - Logging 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:238
-msgid "<p><b><big>Logging</big></b><br>\nUse this dialog to define various
options of the DNS server logging.</p>"
-msgstr "<p><b><big>ログ</big></b><br>\nこのダイアログで、DNSサーバの各種ログオプションを定義します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Logging</big></b><br>\n"
+"Use this dialog to define various options of the DNS server logging.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ログ</big></b><br>\n"
+"このダイアログで、DNSサーバの各種ログオプションを定義します。</p>"

#. Expert Mode Configuration - Logging 2/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:242
-msgid "<p>\nSelect <b>Log to System Log</b> to save DNS server log messages to
the system log. \nTo save the DNS server log messages to a separate file,
select \n<b>Log to File</b> and set the <b>Filename</b> to which to save the
log and \nthe <b>Maximum Size</b> of the log file.\nThe DNS server
automatically rotates the log files. Use <b>Maximum Versions</b>\nto specify
how many log files should be saved.</p>\n"
-msgstr "<p>\nDNSサーバのログメッセージをシステムログに保存するには、[システムログにログを記録]を選択します。
\nDNSサーバのログをメッセージを個別のファイルに保存するには、\n[ファイルにログを記録]を選択し、ログを保存する[ファイル名]および\nログファイルの[最大サイズ]を設定します。\nDNSサーバは自動的にログファイルの保存先を周期的に変更します。
[最大バージョン]を使用して、\nログを保存するファイルの数を指定してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Select <b>Log to System Log</b> to save DNS server log messages to the system
log. \n"
+"To save the DNS server log messages to a separate file, select \n"
+"<b>Log to File</b> and set the <b>Filename</b> to which to save the log and
\n"
+"the <b>Maximum Size</b> of the log file.\n"
+"The DNS server automatically rotates the log files. Use <b>Maximum
Versions</b>\n"
+"to specify how many log files should be saved.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DNSサーバのログメッセージをシステムログに保存するには、[システムログにログを記録]を選択します。 \n"
+"DNSサーバのログをメッセージを個別のファイルに保存するには、\n"
+"[ファイルにログを記録]を選択し、ログを保存する[ファイル名]および\n"
+"ログファイルの[最大サイズ]を設定します。\n"
+"DNSサーバは自動的にログファイルの保存先を周期的に変更します。 [最大バージョン]を使用して、\n"
+"ログを保存するファイルの数を指定してください。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Logging 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:252
-msgid "<p>In <b>Additional Logging</b>,\nset which actions should be logged.
Common actions are always logged.\n<b>Log All DNS Queries</b> logs all queries
from clients to the DNS server.\n<b>Log Zone Updates</b> logs when DNS has been
updated.\n<b>Log Zone Transfers</b> logs when zone is completely transferred to
the \nsecondary\nname server.</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>追加ログ</b>]で、\n記録するアクションを設定します。共通アクションは常に記録されます。\n[<b>すべてのDNSクエリをログに記録</b>]は、クライアントからDNSサーバへのクエリをすべて記録します。\n[<b>ゾーン更新をログに記録</b>]は、DNSが更新されたときに記録します。\n[<b>ゾーン転送をログに記録</b>]は、ゾーンが\nセカンダリ\nネームサーバに完全に転送されたときに記録されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>In <b>Additional Logging</b>,\n"
+"set which actions should be logged. Common actions are always logged.\n"
+"<b>Log All DNS Queries</b> logs all queries from clients to the DNS server.\n"
+"<b>Log Zone Updates</b> logs when DNS has been updated.\n"
+"<b>Log Zone Transfers</b> logs when zone is completely transferred to the \n"
+"secondary\n"
+"name server.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>追加ログ</b>]で、\n"
+"記録するアクションを設定します。共通アクションは常に記録されます。\n"
+"[<b>すべてのDNSクエリをログに記録</b>]は、クライアントからDNSサーバへのクエリをすべて記録します。\n"
+"[<b>ゾーン更新をログに記録</b>]は、DNSが更新されたときに記録します。\n"
+"[<b>ゾーン転送をログに記録</b>]は、ゾーンが\n"
+"セカンダリ\n"
+"ネームサーバに完全に転送されたときに記録されます。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - ACLs 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:262
-msgid "<p><b><big>ACLs</big></b><br>\nIn this dialog, define access control
lists to control\naccess to zones.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ACL</big></b><br>\nこのダイアログでは、ゾーンへのアクセスを制御する\nアクセス制御リストを定義します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>ACLs</big></b><br>\n"
+"In this dialog, define access control lists to control\n"
+"access to zones.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ACL</big></b><br>\n"
+"このダイアログでは、ゾーンへのアクセスを制御する\n"
+"アクセス制御リストを定義します。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - ACLs 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:268
-msgid "<p>To add a new ACL entry, just enter the option's <b>Name</b>\nand
<b>Value</b> then click <b>Add</b>. To remove an \nACL entry, select it and
click <b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>新しいACLエントリを追加するには、オプションの[<b>名前</b>]および[<b>値</b>]を入力し、\n[<b>追加</b>]をクリックしてください。すでに設定されているACLエントリを削除するには、\n該当するエントリを選択して[<b>削除</b>]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a new ACL entry, just enter the option's <b>Name</b>\n"
+"and <b>Value</b> then click <b>Add</b>. To remove an \n"
+"ACL entry, select it and click <b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいACLエントリを追加するには、オプションの[<b>名前</b>]および[<b>値</b>]を入力し、\n"
+"[<b>追加</b>]をクリックしてください。すでに設定されているACLエントリを削除するには、\n"
+"該当するエントリを選択して[<b>削除</b>]をクリックしてください。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Keys 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:274
-msgid "<p><b><big>TSIG Keys</big></b><br>\nTSIG keys are used for
authentication when remotely\nchanging the configuration of the DNS server.
This is needed\nfor the dynamic updates of DNS zones (DDNS).</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>TSIGキー</big></b><br>\nTSIGキーは、DNSサーバの環境設定をリモートで\n変更するときの認証に使用されます。このキーは、\nDNSゾーンの動的更新(DDNS)に必要です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>TSIG Keys</big></b><br>\n"
+"TSIG keys are used for authentication when remotely\n"
+"changing the configuration of the DNS server. This is needed\n"
+"for the dynamic updates of DNS zones (DDNS).</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>TSIGキー</big></b><br>\n"
+"TSIGキーは、DNSサーバの環境設定をリモートで\n"
+"変更するときの認証に使用されます。このキーは、\n"
+"DNSゾーンの動的更新(DDNS)に必要です。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Keys 2/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:281
-msgid "<p>To add an already created key, set the <b>Filename</b>\n(or use the
<b>Browse</b> button to select it) and click <b>Add</b>.\nTo generate a new
key, enter the <b>Filename</b> and the <b>Key ID</b>\nthen click
<b>Generate</b>. The new key will be generated and also added.</p>\n"
-msgstr "<p>作成済みのキーを追加するには、[ファイル名]を入力\n(または[参照]ボタンでファイル選択)して、[追加]をクリックしてください。
新しいキーを生成するには、[ファイル名]および[キーID]を入力し、\n[生成]をクリックしてください。新しいキーが生成され、追加されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add an already created key, set the <b>Filename</b>\n"
+"(or use the <b>Browse</b> button to select it) and click <b>Add</b>.\n"
+"To generate a new key, enter the <b>Filename</b> and the <b>Key ID</b>\n"
+"then click <b>Generate</b>. The new key will be generated and also
added.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>作成済みのキーを追加するには、[ファイル名]を入力\n"
+"(または[参照]ボタンでファイル選択)して、[追加]をクリックしてください。 新しいキーを生成するには、[ファイル名]および[キーID]を入力し、\n"
+"[生成]をクリックしてください。新しいキーが生成され、追加されます。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Keys 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:288
-msgid "<p>To remove an existing key, select it and\nclick <b>Delete</b>.</p>"
-msgstr "<p>既存のキーを削除するには、それを選択して\n[削除]をクリックしてください。</p>"
+msgid ""
+"<p>To remove an existing key, select it and\n"
+"click <b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>既存のキーを削除するには、それを選択して\n"
+"[削除]をクリックしてください。</p>"

#. Expert Mode Configuration - Zones #1
#: src/include/dns-server/helps.rb:294
-msgid "<p><b><big>DNS Zones</big></b><br>\nUse this dialog to manage the DNS
zones.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>DNSゾーン</big></b><br>\nこのダイアログでDNSゾーンを管理します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DNS Zones</big></b><br>\n"
+"Use this dialog to manage the DNS zones.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DNSゾーン</big></b><br>\n"
+"このダイアログでDNSゾーンを管理します。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Zones #2
#: src/include/dns-server/helps.rb:298
-msgid "<p>To add a new zone, enter its <b>Zone Name</b>, select the <b>Zone
Type</b>,\nand click <b>Add</b>.</p>\n"
-msgstr "<p>新しいゾーンを追加するには、 [<b>ゾーン名</b>] に名前を入力して [<b>ゾーン種類</b>]\n を選択し、
[<b>追加</b>] を押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a new zone, enter its <b>Zone Name</b>, select the <b>Zone
Type</b>,\n"
+"and click <b>Add</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいゾーンを追加するには、 [<b>ゾーン名</b>] に名前を入力して [<b>ゾーン種類</b>]\n"
+" を選択し、 [<b>追加</b>] を押してください。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Zones #3
#: src/include/dns-server/helps.rb:302
-msgid "<p>To add a new IPv4 reverse zone, enter a part of the reverse IPv4
address followed by\n<tt>.in-addr.arpa</tt> as its <b>Zone Name</b> (for
example, zone name\n<tt>0.168.192.in-addr.arpa</tt> for network
<tt>192.168.0.0/24</tt>), select\nthe <b>Zone Type</b>, and click
<b>Add</b>.</p>\n"
-msgstr "<p>新しい IPv4
逆引きゾーンを追加するには、逆引きの対象となるアドレスを逆順に並べ、その後ろに\n<tt>.in-addr.arpa</tt> を追加した名前を
[<b>ゾーン名</b>] に入力してください (たとえば、\nゾーン名 <tt>0.168.192.in-addr.arpa</tt> はアドレス
<tt>192.168.0.0/24</tt> に対応します)。その後\n [<b>ゾーン種類</b>] を選択して [<b>追加</b>]
を押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a new IPv4 reverse zone, enter a part of the reverse IPv4 address
followed by\n"
+"<tt>.in-addr.arpa</tt> as its <b>Zone Name</b> (for example, zone name\n"
+"<tt>0.168.192.in-addr.arpa</tt> for network <tt>192.168.0.0/24</tt>),
select\n"
+"the <b>Zone Type</b>, and click <b>Add</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しい IPv4 逆引きゾーンを追加するには、逆引きの対象となるアドレスを逆順に並べ、その後ろに\n"
+"<tt>.in-addr.arpa</tt> を追加した名前を [<b>ゾーン名</b>] に入力してください (たとえば、\n"
+"ゾーン名 <tt>0.168.192.in-addr.arpa</tt> はアドレス <tt>192.168.0.0/24</tt>
に対応します)。その後\n"
+" [<b>ゾーン種類</b>] を選択して [<b>追加</b>] を押してください。</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Zones #4
#. %1, %2, %3, and %4 are replaced with examples
#: src/include/dns-server/helps.rb:311
-msgid "<p>To add a new IPv6 reverse zone, enter a part of the reverse IPv6
address followed by\n<tt>%1</tt> as its <b>Zone Name</b>. Several formats for
entering the zone name are\nsupported: Standard form: <tt>%2</tt>;\nForward
form: <tt>%3</tt>;\nForward form without netmask bits: <tt>%4</tt>\n(by default
<tt>64</tt> netmask bits are used).</p>\n"
-msgstr
"<p>新しいIPv6逆引きゾーンを追加するには、逆引きの対象となるアドレスの一部を入力し、その後ろに\n<tt>%1</tt>を追加した名前を[<b>ゾーン名</b>]に入力してください。ゾーン名の入力に際して、いくつかの書式が対応しています:\n標準の書式:
<tt>%2</tt>;\n転送書式:<tt>%3</tt>;\nネットマスク指定なしの転送書式:
<tt>%4</tt>\n(デフォルトの<tt>64</tt>ビットのネットマスクが使用されます)</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To add a new IPv6 reverse zone, enter a part of the reverse IPv6 address
followed by\n"
+"<tt>%1</tt> as its <b>Zone Name</b>. Several formats for entering the zone
name are\n"
+"supported: Standard form: <tt>%2</tt>;\n"
+"Forward form: <tt>%3</tt>;\n"
+"Forward form without netmask bits: <tt>%4</tt>\n"
+"(by default <tt>64</tt> netmask bits are used).</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>新しいIPv6逆引きゾーンを追加するには、逆引きの対象となるアドレスの一部を入力し、その後ろに\n"
+"<tt>%1</tt>を追加した名前を[<b>ゾーン名</b>]に入力してください。ゾーン名の入力に際して、いくつかの書式が対応しています:\n"
+"標準の書式: <tt>%2</tt>;\n"
+"転送書式:<tt>%3</tt>;\n"
+"ネットマスク指定なしの転送書式: <tt>%4</tt>\n"
+"(デフォルトの<tt>64</tt>ビットのネットマスクが使用されます)</p>\n"

#. Expert Mode Configuration - Zones #5
#: src/include/dns-server/helps.rb:326
-msgid "<p>To modify settings for a zone, such as zone transport and name
and\nmail servers, select it, and click <b>Edit</b>.\nTo remove a configured
zone, select it and click <b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>ゾーンの転送方法や名前、電子メールサーバなど、ゾーンの設定を\n変更するには、該当する項目を選択して[<b>編集</b>]をクリックしてください。\n設定したゾーンを削除するには、削除する項目を選択して[<b>削除</b>]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>To modify settings for a zone, such as zone transport and name and\n"
+"mail servers, select it, and click <b>Edit</b>.\n"
+"To remove a configured zone, select it and click <b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>ゾーンの転送方法や名前、電子メールサーバなど、ゾーンの設定を\n"
+"変更するには、該当する項目を選択して[<b>編集</b>]をクリックしてください。\n"
+"設定したゾーンを削除するには、削除する項目を選択して[<b>削除</b>]をクリックしてください。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Basics 1/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:334
-msgid "<p><b><big>DDNS and Zone Transport</big></b><br>\nUse this dialog to
change dynamic DNS settings of the zone and control access\nto the zone.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>DDNSとゾーントランスポート</big></b><br>\nこのダイアログでは、ゾーンのダイナミックDNSの設定変更\nおよびゾーンへのアクセスの制御を行うことができます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DDNS and Zone Transport</big></b><br>\n"
+"Use this dialog to change dynamic DNS settings of the zone and control
access\n"
+"to the zone.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DDNSとゾーントランスポート</big></b><br>\n"
+"このダイアログでは、ゾーンのダイナミックDNSの設定変更\n"
+"およびゾーンへのアクセスの制御を行うことができます。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Basics 2/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:342
-msgid "<p>\nTo allow dynamic updates of the zone, set <b>Allow Dynamic
Updates</b>\nand select the <b>TSIG Key</b>. At least one TSIG key must be
defined\nbefore the zone can be updated dynamically.</p>\n"
-msgstr "<p>\nゾーンを動的に更新できるようにするには、[動的更新の許可]を設定し、\n[TSIGキー]を選択します。
ゾーンの動的な更新を許可する前に、\n少なくともTSIGキーを1つ定義しておく必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To allow dynamic updates of the zone, set <b>Allow Dynamic Updates</b>\n"
+"and select the <b>TSIG Key</b>. At least one TSIG key must be defined\n"
+"before the zone can be updated dynamically.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ゾーンを動的に更新できるようにするには、[動的更新の許可]を設定し、\n"
+"[TSIGキー]を選択します。 ゾーンの動的な更新を許可する前に、\n"
+"少なくともTSIGキーを1つ定義しておく必要があります。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Basics 3/3
#: src/include/dns-server/helps.rb:350
-msgid "<p>\nTo allow transports of the zone, set <b>Enable Zone
Transport</b>\nand select the <b>ACLs</b> to check when a remote host\nattempts
to transfer the zone. At least one ACL must be defined\nto allow zone
transports.</p>"
-msgstr
"<p>\nゾーンの転送を許可するには、[ゾーン転送を有効にする]を選択し、\nリモートホストでゾーンを転送するときに有効にされる[ACL]を\n選択してください。
ゾーンの転送を許可する前に、\n少なくとも1つACLを定義しておく必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To allow transports of the zone, set <b>Enable Zone Transport</b>\n"
+"and select the <b>ACLs</b> to check when a remote host\n"
+"attempts to transfer the zone. At least one ACL must be defined\n"
+"to allow zone transports.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"ゾーンの転送を許可するには、[ゾーン転送を有効にする]を選択し、\n"
+"リモートホストでゾーンを転送するときに有効にされる[ACL]を\n"
+"選択してください。 ゾーンの転送を許可する前に、\n"
+"少なくとも1つACLを定義しておく必要があります。</p>"

#. Zone Editor - Help
#: src/include/dns-server/helps.rb:358
-msgid "<p>\nReverse zone records can be generated from another master
zone.\nSelect the <b>Automatically Generate Records From</b>\ncheck-box and
choose the zone to generate the records from.</p>\n"
-msgstr
"<p>\n逆引きゾーンのレコードは、他のマスタゾーンから生成することができます。\nこれを行うには、[<b>以下のものから自動的にレコードを生成</b>]チェックボックスをオンにし、\nどのゾーンから生成するかを選択してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Reverse zone records can be generated from another master zone.\n"
+"Select the <b>Automatically Generate Records From</b>\n"
+"check-box and choose the zone to generate the records from.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"逆引きゾーンのレコードは、他のマスタゾーンから生成することができます。\n"
+"これを行うには、[<b>以下のものから自動的にレコードを生成</b>]チェックボックスをオンにし、\n"
+"どのゾーンから生成するかを選択してください。</p>\n"

#. Zone Editor - Help
#: src/include/dns-server/helps.rb:365
-msgid "<p>\nIf this is not a reverse zone, you can see which zones are
generated\nfrom the current on in the <b>Connected Reverse Zones</b> field.</p>"
-msgstr "<p>\nこのゾーンが逆引きゾーンでない場合は、現在のゾーンから作成されたゾーンが何であるかを\n<b>接続済み逆引きゾーン</b>
の項目から知ることができます。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"If this is not a reverse zone, you can see which zones are generated\n"
+"from the current on in the <b>Connected Reverse Zones</b> field.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"このゾーンが逆引きゾーンでない場合は、現在のゾーンから作成されたゾーンが何であるかを\n"
+"<b>接続済み逆引きゾーン</b> の項目から知ることができます。</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Name Servers
#: src/include/dns-server/helps.rb:371
-msgid "<p><b><big>NS Records</big></b><br>\nTo add a new name server, enter
the name server address and click <b>Add</b>.\nTo remove one of the listed name
servers, select it and click\n<b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>NSレコード</big></b><br>\n新しいネームサーバを追加するには、ネームサーバのアドレスを入力し、[追加]をクリックしてください。\n示されたネームサーバのいずれかを削除するには、リストから選択して\n[削除]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>NS Records</big></b><br>\n"
+"To add a new name server, enter the name server address and click
<b>Add</b>.\n"
+"To remove one of the listed name servers, select it and click\n"
+"<b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>NSレコード</big></b><br>\n"
+"新しいネームサーバを追加するには、ネームサーバのアドレスを入力し、[追加]をクリックしてください。\n"
+"示されたネームサーバのいずれかを削除するには、リストから選択して\n"
+"[削除]をクリックしてください。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Mail Servers
#: src/include/dns-server/helps.rb:378
-msgid "<p><b><big>MX Records</big></b><br>\nTo add a new mail server, enter
the <b>Address</b> and <b>Priority</b>\nand click <b>Add</b>.\nTo remove one of
the listed mail servers, select it and click\n<b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>MXレコード</big></b><br>\n新しいメールサーバを追加するには、メールサーバの[アドレス]と[優先度]を入力し、\n[追加]をクリックしてください。\n示されたメールサーバのいずれかを削除するには、リストから選択して\n[削除]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>MX Records</big></b><br>\n"
+"To add a new mail server, enter the <b>Address</b> and <b>Priority</b>\n"
+"and click <b>Add</b>.\n"
+"To remove one of the listed mail servers, select it and click\n"
+"<b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>MXレコード</big></b><br>\n"
+"新しいメールサーバを追加するには、メールサーバの[アドレス]と[優先度]を入力し、\n"
+"[追加]をクリックしてください。\n"
+"示されたメールサーバのいずれかを削除するには、リストから選択して\n"
+"[削除]をクリックしてください。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 2/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:390
-msgid "<p><b>Serial</b> is the number used for determining if the zone has
\nchanged on\nthe master servers (then slave servers do not always need to
synchronize the\nentire zone).</p>\n"
-msgstr
"<p>[<b>シリアル番号</b>]はマスタサーバでゾーンを変更したかどうかを\n判断する情報と\nして使用します(この仕組みにより、セカンダリサーバは必要なときに必要な部分だけゾーンを\n更新できることになります)。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>Serial</b> is the number used for determining if the zone has \n"
+"changed on\n"
+"the master servers (then slave servers do not always need to synchronize
the\n"
+"entire zone).</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>[<b>シリアル番号</b>]はマスタサーバでゾーンを変更したかどうかを\n"
+"判断する情報と\n"
+"して使用します(この仕組みにより、セカンダリサーバは必要なときに必要な部分だけゾーンを\n"
+"更新できることになります)。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 3/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:397
-msgid "<p><b>TTL</b> specifies the time to live for all records in the\nzone
that do not have an explicit TTL.</p>"
-msgstr "<p>[TTL]は、明示的なTTLを持たないゾーンのすべてのレコードの\n残存時間を指定します。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>TTL</b> specifies the time to live for all records in the\n"
+"zone that do not have an explicit TTL.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[TTL]は、明示的なTTLを持たないゾーンのすべてのレコードの\n"
+"残存時間を指定します。</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Zone (SOA) 6/7
#: src/include/dns-server/helps.rb:409
-msgid "<p><b>Expiration</b> means the period after which the zone expires on
slave\nservers and slave servers stop answering replies until it is
synchronized.\n</p>"
-msgstr
"<p>[有効期限]は、スレーブサーバでゾーンが期限切れになり、ゾーンが\n同期化されるまでスレーブサーバが応答を停止する期間を表します。\n</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Expiration</b> means the period after which the zone expires on slave\n"
+"servers and slave servers stop answering replies until it is synchronized.\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p>[有効期限]は、スレーブサーバでゾーンが期限切れになり、ゾーンが\n"
+"同期化されるまでスレーブサーバが応答を停止する期間を表します。\n"
+"</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 1/7 or 1/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:419
-msgid "<p><b><big>Records</big></b><br>\nIn this dialog, edit the resource
records of the zone. To add new resource\nrecords, set the <b>Record Key</b>,
<b>Type</b>, and <b>Value</b> then\nclick <b>Add</b>.</p>"
-msgstr "<p><b><big>レコード</big></b><br>\nこのダイアログでは、ゾーンのリソースレコードを編集します。
新しいリソースレコードを\n追加するには、[レコードキー]、[タイプ]、および[値]を設定し、\n[追加]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Records</big></b><br>\n"
+"In this dialog, edit the resource records of the zone. To add new resource\n"
+"records, set the <b>Record Key</b>, <b>Type</b>, and <b>Value</b> then\n"
+"click <b>Add</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>レコード</big></b><br>\n"
+"このダイアログでは、ゾーンのリソースレコードを編集します。 新しいリソースレコードを\n"
+"追加するには、[レコードキー]、[タイプ]、および[値]を設定し、\n"
+"[追加]をクリックします。</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 2/7 or 2/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:426
-msgid "<p>To change an existing record, select it, modify the desired
entries,\nand click <b>Change</b>. To delete a record, select it and
click\n<b>Delete</b>.</p>"
-msgstr
"<p>既存のレコードを変更するには、変更するレコードを選択し、\n必要なエントリを修正し、<b>変更</b>をクリックします。レコードを削除するには、削除するレコードを選択し、\n[<b>削除</b>]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>To change an existing record, select it, modify the desired entries,\n"
+"and click <b>Change</b>. To delete a record, select it and click\n"
+"<b>Delete</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>既存のレコードを変更するには、変更するレコードを選択し、\n"
+"必要なエントリを修正し、<b>変更</b>をクリックします。レコードを削除するには、削除するレコードを選択し、\n"
+"[<b>削除</b>]をクリックします。</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 3/7 or 3/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:432
-msgid "<p>\nEach type of record has its own syntax defined in the RFC.</p>\n"
-msgstr "<p>\nレコードの各タイプは、RFC内に定義された独自の構文があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Each type of record has its own syntax defined in the RFC.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"レコードの各タイプは、RFC内に定義された独自の構文があります。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 4/7 (alt. 1)
#: src/include/dns-server/helps.rb:436
-msgid "<p><b>A: Domain Name Translation</b>:\n<b>Record Key</b> is a hostname
without domain or a fully qualified \nhostname followed by a dot.\n
<b>Value</b> is an IP address.</p>"
-msgstr "<p><b>A:
ドメイン名変換</b>:\n[レコードキー]は、ドメインのないホスト名、またはその後に「.」を追加した\n完全修飾ホスト名です。\n
[値]はIPアドレスです。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>A: Domain Name Translation</b>:\n"
+"<b>Record Key</b> is a hostname without domain or a fully qualified \n"
+"hostname followed by a dot.\n"
+" <b>Value</b> is an IP address.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b>A: ドメイン名変換</b>:\n"
+"[レコードキー]は、ドメインのないホスト名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"完全修飾ホスト名です。\n"
+" [値]はIPアドレスです。</p>"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 5/7 (alt. 1)
#: src/include/dns-server/helps.rb:443
-msgid "<p><b>CNAME: Alias for Domain Name</b>:\n<b>Record Key</b> is a
hostname relative to the current zone or a fully\nqualified hostname followed
by a dot.\n<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or a
fully\nqualified hostname followed by a dot. It must be represented by\nan A
record.</p>\n"
-msgstr "<p><b>CNAME:
ドメイン名の別名</b>:\n[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n完全修飾ホスト名です。\n[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n完全修飾ホスト名です。
この値は、Aレコードで定義されている\n必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>CNAME: Alias for Domain Name</b>:\n"
+"<b>Record Key</b> is a hostname relative to the current zone or a fully\n"
+"qualified hostname followed by a dot.\n"
+"<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or a fully\n"
+"qualified hostname followed by a dot. It must be represented by\n"
+"an A record.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>CNAME: ドメイン名の別名</b>:\n"
+"[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"完全修飾ホスト名です。\n"
+"[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"完全修飾ホスト名です。 この値は、Aレコードで定義されている\n"
+"必要があります。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 6/7 (alt. 1)
#. Zone Editor - Help for tab - Records 5/5 (alt. 2)
#: src/include/dns-server/helps.rb:452 src/include/dns-server/helps.rb:479
-msgid "<p><b>NS: Name Server</b>:\n<b>Record Key</b> is a zone name relative
to the current zone or an absolute\ndomain name followed by a
dot.\n<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or fully
qualified\nhostname followed by a dot. It must be represented by an A
record.</p>\n"
-msgstr "<p><b>NS:
ネームサーバ</b>:\n[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するゾーン名、またはその後に「.」を追加した\n絶対的なドメイン名です。\n[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n完全修飾ホスト名です。
この値は、Aレコードで定義されている必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>NS: Name Server</b>:\n"
+"<b>Record Key</b> is a zone name relative to the current zone or an
absolute\n"
+"domain name followed by a dot.\n"
+"<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or fully qualified\n"
+"hostname followed by a dot. It must be represented by an A record.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>NS: ネームサーバ</b>:\n"
+"[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するゾーン名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"絶対的なドメイン名です。\n"
+"[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"完全修飾ホスト名です。 この値は、Aレコードで定義されている必要があります。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 7/7 (alt. 1)
#: src/include/dns-server/helps.rb:460
-msgid "<p><b>MX: Mail Relay</b>:\n<b>Record Key</b> is a hostname or zone name
relative to the current zone\nor an absolute hostname or zone name followed by
a dot.\n<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or fully
qualified\nhostname followed by a dot. It must be represented by an A
record.</p>\n"
-msgstr "<p><b>MX:
メールリレー</b>:\n[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するホスト名またはゾーン名、\nあるいはその後に「.」を追加した絶対的なホスト名またはゾーン名です。\n[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n完全修飾ホスト名です。
この値は、Aレコードで定義されている必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>MX: Mail Relay</b>:\n"
+"<b>Record Key</b> is a hostname or zone name relative to the current zone\n"
+"or an absolute hostname or zone name followed by a dot.\n"
+"<b>Value</b> is a hostname relative to the current zone or fully qualified\n"
+"hostname followed by a dot. It must be represented by an A record.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>MX: メールリレー</b>:\n"
+"[レコードキー]は、現在のゾーンに関連するホスト名またはゾーン名、\n"
+"あるいはその後に「.」を追加した絶対的なホスト名またはゾーン名です。\n"
+"[値]は、現在のゾーンに関連するホスト名、またはその後に「.」を追加した\n"
+"完全修飾ホスト名です。 この値は、Aレコードで定義されている必要があります。</p>\n"

#. Zone Editor - Help for tab - Records 4/5 (alt. 2)
#: src/include/dns-server/helps.rb:468
-msgid "<p><b>PTR: Reverse Translation</b>:\n<b>Record Key</b> is a full
reverse zone name (derived from the IP address)\nfollowed by a dot\n(such as
<tt>1.0.168.192.in-addr.arpa.</tt> for IP address <tt>192.168.0.1</tt>)\n or a
part of reverse zone name relative to the current zone\n(such as <tt>1</tt> for
IP address <tt>192.168.0.1</tt> in
zone\n<tt>0.168.192.in-addr.arpa.</tt>).\n<b>Value</b> is a fully qualified
hostname followed by a dot.</p>\n"
-msgstr "<p><b>PTR:
逆変換</b>:\n[レコードキー]は、IPアドレスから導出され、\nその後に「.」が追加された完全な逆引きゾーン名です\n(例:
IPアドレス<tt>192.168.0.1</tt>の場合は<tt>1.0.168.192.in-addr.arpa.</tt>)。\nまたは現在のゾーンに関連した逆引きゾーン名の一部です\n(例:

ゾーン<tt>0.168.192.in-addr.arpa.</tt>の\nIPアドレス<tt>192.168.0.1</tt>は<tt>1</tt>)。\n[値]は、その後に「.」が追加された完全修飾ホスト名です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b>PTR: Reverse Translation</b>:\n"
+"<b>Record Key</b> is a full reverse zone name (derived from the IP address)\n"
+"followed by a dot\n"
+"(such as <tt>1.0.168.192.in-addr.arpa.</tt> for IP address
<tt>192.168.0.1</tt>)\n"
+" or a part of reverse zone name relative to the current zone\n"
+"(such as <tt>1</tt> for IP address <tt>192.168.0.1</tt> in zone\n"
+"<tt>0.168.192.in-addr.arpa.</tt>).\n"
+"<b>Value</b> is a fully qualified hostname followed by a dot.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b>PTR: 逆変換</b>:\n"
+"[レコードキー]は、IPアドレスから導出され、\n"
+"その後に「.」が追加された完全な逆引きゾーン名です\n"
+"(例: IPアドレス<tt>192.168.0.1</tt>の場合は<tt>1.0.168.192.in-addr.arpa.</tt>)。\n"
+"または現在のゾーンに関連した逆引きゾーン名の一部です\n"
+"(例: ゾーン<tt>0.168.192.in-addr.arpa.</tt>の\n"
+"IPアドレス<tt>192.168.0.1</tt>は<tt>1</tt>)。\n"
+"[値]は、その後に「.」が追加された完全修飾ホスト名です。</p>\n"

#. Final step of the installation wizard - 1/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:487
-msgid "<p><b><big>Finishing the Configuration</big></b></p>\n<p>Check the
entered settings before finishing the configuration.</p> \n"
-msgstr "<p><b><big>設定を終了する</big></b></p>\n<p>設定を終了する前に、入力された設定を確認してください。</p>
\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Finishing the Configuration</big></b></p>\n"
+"<p>Check the entered settings before finishing the configuration.</p> \n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>設定を終了する</big></b></p>\n"
+"<p>設定を終了する前に、入力された設定を確認してください。</p> \n"

#. Final step of the installation wizard - 2/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:491
-msgid "<p>Select <b>Open Port in Firewall</b> to adapt the\nSuSEfirewall2
settings to allow all connections to your DNS server.</p>"
-msgstr
"<p>[ファイアウォールのポートを開く]を選択し、\nSuSEfirewall2設定がDNSサーバに対するすべての接続を許可するように設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Select <b>Open Port in Firewall</b> to adapt the\n"
+"SuSEfirewall2 settings to allow all connections to your DNS server.</p>"
+msgstr ""
+"<p>[ファイアウォールのポートを開く]を選択し、\n"
+"SuSEfirewall2設定がDNSサーバに対するすべての接続を許可するように設定します。</p>"

#. Final step of the installation wizard - 3/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:495
-msgid "<p>\nTo start the DNS server every time your computer is booted, set
the \nstart-up behavior to <b>On</b>. Otherwise set it to <b>Off</b>.</p> \n"
-msgstr
"<p>\nコンピュータをブートする際にDNSサーバを起動するには、[起動時の動作]を\n[<b>オン</b>]に、そうでない場合は[<b>オフ</b>]に設定します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To start the DNS server every time your computer is booted, set the \n"
+"start-up behavior to <b>On</b>. Otherwise set it to <b>Off</b>.</p> \n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"コンピュータをブートする際にDNSサーバを起動するには、[起動時の動作]を\n"
+"[<b>オン</b>]に、そうでない場合は[<b>オフ</b>]に設定します。</p>\n"

#. Final step of the installation wizard - 4/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:502
-msgid "<p>\nTo store the DNS zones in LDAP instead of native configuration
files,\nset <b>LDAP Support Active</b>.</p>"
-msgstr
"<p>\nDNSゾーンをネイティブな環境設定ファイルではなく、LDAPに保存するには、\n[LDAPサポートを有効にする]を設定します。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To store the DNS zones in LDAP instead of native configuration files,\n"
+"set <b>LDAP Support Active</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DNSゾーンをネイティブな環境設定ファイルではなく、LDAPに保存するには、\n"
+"[LDAPサポートを有効にする]を設定します。</p>"

#. Final step of the installation wizard - 5/5
#: src/include/dns-server/helps.rb:509
-msgid "<p>\nTo enter the expert mode of the DNS server configuration,
click\n<b>DNS Server Expert Configuration</b>.</p>"
-msgstr "<p>\nDNSサーバの環境設定をエキスパートモードにするには、\n[DNSサーバのエキスパート環境設定]をクリックします。</p>"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"To enter the expert mode of the DNS server configuration, click\n"
+"<b>DNS Server Expert Configuration</b>.</p>"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"DNSサーバの環境設定をエキスパートモードにするには、\n"
+"[DNSサーバのエキスパート環境設定]をクリックします。</p>"

#. slave zone help text 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:515
-msgid "<p><big><b>Slave DNS Zone</b></big><br>\nEach slave zone must have the
master name server defined. Use\n<b>Master DNS Server IP</b> to define the
master name server.</p>"
-msgstr "<p><big><b>スレーブDNSゾーン</b></big><br>\n各スレーブゾーンにマスタネームサーバを定義する必要があります。
\nマスタネームサーバは[マスタDNSサーバのIP]で定義します。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Slave DNS Zone</b></big><br>\n"
+"Each slave zone must have the master name server defined. Use\n"
+"<b>Master DNS Server IP</b> to define the master name server.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>スレーブDNSゾーン</b></big><br>\n"
+"各スレーブゾーンにマスタネームサーバを定義する必要があります。 \n"
+"マスタネームサーバは[マスタDNSサーバのIP]で定義します。</p>"

#. slave zone help text 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:521
-msgid "<p><big><b>Zone Transport</b></big><br>\nTo allow transports of the
zone, set <b>Enable Zone Transport</b>\nand select the <b>ACLs</b> to check
when a remote host\nattempts to transfer the zone. At least one ACL must be
defined\nto allow zone transports.</p>"
-msgstr
"<p><big><b>ゾーン転送</b></big><br>\nゾーンの転送を許可するには、[ゾーン転送を有効にする]を選択し、\nリモートホストでゾーンを転送するときに有効にされる[ACL]を\n選択してください。
ゾーンの転送を許可する前に、\n少なくとも1つACLを定義しておく必要があります。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Zone Transport</b></big><br>\n"
+"To allow transports of the zone, set <b>Enable Zone Transport</b>\n"
+"and select the <b>ACLs</b> to check when a remote host\n"
+"attempts to transfer the zone. At least one ACL must be defined\n"
+"to allow zone transports.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>ゾーン転送</b></big><br>\n"
+"ゾーンの転送を許可するには、[ゾーン転送を有効にする]を選択し、\n"
+"リモートホストでゾーンを転送するときに有効にされる[ACL]を\n"
+"選択してください。 ゾーンの転送を許可する前に、\n"
+"少なくとも1つACLを定義しておく必要があります。</p>"

#. forward zone help text 1/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:529
-msgid "<p><big><b>Forward DNS Zone</b></big><br>\nThis type of DNS zone only
forwards DNS queries to forwarders\ndefined in it.</p>"
-msgstr
"<p><big><b>DNSゾーンの転送</b></big><br>\nこのタイプのDNSゾーンは、ゾーン内で定義された転送機能に、DNSクエリを転送するだけです。</p>"
+msgid ""
+"<p><big><b>Forward DNS Zone</b></big><br>\n"
+"This type of DNS zone only forwards DNS queries to forwarders\n"
+"defined in it.</p>"
+msgstr ""
+"<p><big><b>DNSゾーンの転送</b></big><br>\n"
+"このタイプのDNSゾーンは、ゾーン内で定義された転送機能に、DNSクエリを転送するだけです。</p>"

#. forward zone help text 2/2
#: src/include/dns-server/helps.rb:535
-msgid "<p>If there are no forwarders defined, all DNS queries\nfor the
respective zone are denied, because there is no DNS\nserver to which that query
should be forwarded.</p>"
+msgid ""
+"<p>If there are no forwarders defined, all DNS queries\n"
+"for the respective zone are denied, because there is no DNS\n"
+"server to which that query should be forwarded.</p>"
msgstr "<p>転送機能が定義されていない場合、クエリが転送されるべき先のDNSサーバがないため、各ゾーンのDNSクエリはすべて否認されます。</p>"

#. %1 is usually an IP address
@@ -1931,8 +2536,12 @@
msgstr "完了"

#: src/modules/DnsServer.pm:1266
-msgid "Error occurred while calling netconfig.\nError: "
-msgstr "netconfig を呼び出す際にエラーが発生しました。\nエラー: "
+msgid ""
+"Error occurred while calling netconfig.\n"
+"Error: "
+msgstr ""
+"netconfig を呼び出す際にエラーが発生しました。\n"
+"エラー: "

#. DNS server read dialog caption
#: src/modules/DnsServer.pm:1333
@@ -2001,8 +2610,12 @@

#. Cannot start service 'named', because of error that follows Error:. Do not
translate named.
#: src/modules/DnsServer.pm:1538
-msgid "Error occurred while starting service named.\n\n"
-msgstr "指定のサービスの開始中にエラーが発生しました。\n\n"
+msgid ""
+"Error occurred while starting service named.\n"
+"\n"
+msgstr ""
+"指定のサービスの開始中にエラーが発生しました。\n"
+"\n"

#. type of zone to be used in summary
#: src/modules/DnsServer.pm:1662
@@ -2042,8 +2655,12 @@

#. error popup
#: src/modules/DnsServer.pm:1890
-msgid "Installation of required packages failed.\nLDAP support will not be
active."
-msgstr "必要なパッケージのインストールに失敗しました。\nLDAP サポートは無効です。"
+msgid ""
+"Installation of required packages failed.\n"
+"LDAP support will not be active."
+msgstr ""
+"必要なパッケージのインストールに失敗しました。\n"
+"LDAP サポートは無効です。"

#. BNC #679960
#: src/modules/DnsServer.pm:1949
@@ -2069,4 +2686,3 @@
#: src/modules/DnsServer.pm:2082
msgid "Error occurred while creating %1. Not using LDAP."
msgstr "%1 の作成中にエラーが発生しました。LDAPを使用していません。"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/drbd.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/drbd.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/drbd.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: drbd\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -108,8 +108,14 @@
msgstr "警告: YaST2 DRBDモジュールにより、\n"

#: src/include/drbd/dialogs.rb:52
-msgid "included files for DRBD into a supported schema.\n\nDo you want to
continue?"
-msgstr "DRBD用に組み込まれたファイルはすべて、サポートされているスキーマに名前変更されます。\n\n続行しますか?"
+msgid ""
+"included files for DRBD into a supported schema.\n"
+"\n"
+"Do you want to continue?"
+msgstr ""
+"DRBD用に組み込まれたファイルはすべて、サポートされているスキーマに名前変更されます。\n"
+"\n"
+"続行しますか?"

#: src/include/drbd/dialogs.rb:69
msgid "Failed to read DRBD configuration file:\n"
@@ -154,23 +160,43 @@

#. Read dialog help 1/2
#: src/include/drbd/helps.rb:36
-msgid "<p><b><big>Initializing DRBD Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>DRBD設定を初期化しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing DRBD Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBD設定を初期化しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Read dialog help 2/2
#: src/include/drbd/helps.rb:40
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n<b>[中止]</b>をクリックすると、設定ユーティリティを安全に中止することができます</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n"
+"<b>[中止]</b>をクリックすると、設定ユーティリティを安全に中止することができます</p>\n"

#. Write dialog help 1/2
#: src/include/drbd/helps.rb:44
-msgid "<p><b><big>Saving DRBD Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>DRBD設定を保存しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving DRBD Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBD設定を保存しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Write dialog help 2/2
#: src/include/drbd/helps.rb:48
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>.\nAn additional dialog informs whether it is safe to do
so.\n</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n<b>[中止]</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>.\n"
+"An additional dialog informs whether it is safe to do so.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n"
+"<b>[中止]</b>をクリックすると、保存を中止できます。\n"
+"次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n"
+"</p>\n"

#: src/include/drbd/helps.rb:54
msgid "Start to configure DRBD."
@@ -181,8 +207,20 @@
msgstr "<p><b><big>DRBDの起動設定</big></b></p>"

#: src/include/drbd/helps.rb:58
-msgid "<p><b>Booting:</b></p>\n\t\t\t<p>checking \"On\" to start DRBD server
Now and when booting</p>\n\t\t\t<p>checking \"Off\", DRBD server only starts
manually</p>\n\t\t<p><b>Switch On and Off:</b></p>\n\t\t\t<p>Starting or
Stopping DRBD Server right now</p>\n\t\t"
-msgstr
"<p><b>ブート:</b></p>\n\t\t\t<p>DRBDサーバを今すぐ起動する場合、およびブート時に起動する場合、[オン]を選択します。</p>\n\t\t\t<p>[オフ]を選択すると、DRBDサーバは手動でのみ起動します。</p>\n\t\t<p><b>起動/停止:</b></p>\n\t\t\t<p>DRBDサーバを今すぐ起動または停止します。</p>\n\t\t"
+msgid ""
+"<p><b>Booting:</b></p>\n"
+"\t\t\t<p>checking \"On\" to start DRBD server Now and when booting</p>\n"
+"\t\t\t<p>checking \"Off\", DRBD server only starts manually</p>\n"
+"\t\t<p><b>Switch On and Off:</b></p>\n"
+"\t\t\t<p>Starting or Stopping DRBD Server right now</p>\n"
+"\t\t"
+msgstr ""
+"<p><b>ブート:</b></p>\n"
+"\t\t\t<p>DRBDサーバを今すぐ起動する場合、およびブート時に起動する場合、[オン]を選択します。</p>\n"
+"\t\t\t<p>[オフ]を選択すると、DRBDサーバは手動でのみ起動します。</p>\n"
+"\t\t<p><b>起動/停止:</b></p>\n"
+"\t\t\t<p>DRBDサーバを今すぐ起動または停止します。</p>\n"
+"\t\t"

#: src/include/drbd/helps.rb:66 src/include/drbd/helps.rb:72
#: src/include/drbd/helps.rb:86
@@ -190,24 +228,114 @@
msgstr "<p><b><big>DRBDのリソース設定</big></b></p>"

#: src/include/drbd/helps.rb:69
-msgid "<p>Clicking \"Add\", \"Edit\", \"Delete\" button to add, edit or delete
a resource</p>\n\t\t"
-msgstr "<p>リソースを追加、編集、または削除するには、[追加]、[編集]、または[削除]ボタンをそれぞれクリックします</p>\n\t\t"
+msgid ""
+"<p>Clicking \"Add\", \"Edit\", \"Delete\" button to add, edit or delete a
resource</p>\n"
+"\t\t"
+msgstr ""
+"<p>リソースを追加、編集、または削除するには、[追加]、[編集]、または[削除]ボタンをそれぞれクリックします</p>\n"
+"\t\t"

#: src/include/drbd/helps.rb:75
-msgid "\n\t\t<p>\"Name\" is mandatory and must match the Linux host name
(uname -n) of one of the nodes. Should not include \".\" in
hostname.</p>\n\t\t<p>\"Address:Port\": A resource needs one IP address per
device, which is used to wait for incoming connections from the partner device
to reach the device. Each DRBD resource needs a TCP port which is used to
connect to the node's partner device.</p>\n\t\t<p>\"Device\": The name of the
block device node of the resource being described. You must use this device
with your application (file system) and you must not use the low level block
device which is specified with the disk parameter,following its minor number.
Otherwise, you may omit the name, or the word minor and its number. If you omit
the name a default of /dev/drbd'minor number' will be used.\n\t\tLike:
'/dev/drbd{service} minor {minor drbd number [0...255]}' or '/dev/drbd{minor
drbd number [0...255]}'</p>\n\t\t<p>\"Disk\": DRBD uses this block device to
actually store and r
etrieve the data. Never access such a device while DRBD is running on top of
it.</p>\n\t\t<p>\"Meta-disk\": internal. Internal means that the last part of
the backing device is used to store the meta-data.</p>\n\t\t<p>\"Node-id\":
Node id is an internal value for drbd, will be generated by yast automatically.
A host can have different \"node-id\" in different resources.</p>\n\t\t"
-msgstr "\n\t\t<p>[名前]は必須で、いずれかのノードのLinuxホスト名(uname
-n)と一致する必要があります。ホスト名に「.」を含めないでください。</p>\n\t\t<p>[アドレス:ポート]:
リソースにはデバイスごとに1つのIPアドレスが必要です。これは、デバイスに接続するためにパートナーデバイスからの受信接続を待機するのに使用されます。各DRBDリソースには、ノードのパートナデバイスへの接続に使用するTCPポートが必要です。</p>\n\t\t<p>[デバイス]:

記述するリソースのブロックデバイスノードの名前。お使いのアプリケーション(ファイルシステム)ではこのデバイスを使用する必要があります。ディスクのマイナー番号に続くディスクパラメータで指定した低レベルのブロックデバイスは使用しないでください。それ以外の場合、名前、ま
たはminorという単語とその番号は省略できます。名前を省略すると、デフォルトの/dev/drbd「minor
number」が使用されます。\n\t\t例: 「/dev/drbd{service} minor
{マイナーdrbd番号[0...255]}」または「/dev/drbd{マイナーdrbd番号[0...255]}」</p>\n\t\t<p>[ディスク]:
DRBDはこのブロックデバイスを使用して、データを実際に保存および取得します。デバイス上でDRBDが実行中にこのようなデバイスにアクセスしないでください。</p>\n\t\t<p>[メタディスク]:
内部。内部とは、バッキングデバイスの最後の部分がメタデータの保存に使用されることを意味します。</p>\n\t\t<p>[ノードID]:
ノードIDは、drbdの内部値であり、yastによって自動的に生成されます。ホストは、リソースごとに異なる「ノードID」を指定できます。</p>\n\t\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t<p>\"Name\" is mandatory and must match the Linux host name (uname -n) of
one of the nodes. Should not include \".\" in hostname.</p>\n"
+"\t\t<p>\"Address:Port\": A resource needs one IP address per device, which is
used to wait for incoming connections from the partner device to reach the
device. Each DRBD resource needs a TCP port which is used to connect to the
node's partner device.</p>\n"
+"\t\t<p>\"Device\": The name of the block device node of the resource being
described. You must use this device with your application (file system) and you
must not use the low level block device which is specified with the disk
parameter,following its minor number. Otherwise, you may omit the name, or the
word minor and its number. If you omit the name a default of /dev/drbd'minor
number' will be used.\n"
+"\t\tLike: '/dev/drbd{service} minor {minor drbd number [0...255]}' or
'/dev/drbd{minor drbd number [0...255]}'</p>\n"
+"\t\t<p>\"Disk\": DRBD uses this block device to actually store and retrieve
the data. Never access such a device while DRBD is running on top of
it.</p>\n"
+"\t\t<p>\"Meta-disk\": internal. Internal means that the last part of the
backing device is used to store the meta-data.</p>\n"
+"\t\t<p>\"Node-id\": Node id is an internal value for drbd, will be generated
by yast automatically. A host can have different \"node-id\" in different
resources.</p>\n"
+"\t\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t<p>[名前]は必須で、いずれかのノードのLinuxホスト名(uname
-n)と一致する必要があります。ホスト名に「.」を含めないでください。</p>\n"
+"\t\t<p>[アドレス:ポート]:
リソースにはデバイスごとに1つのIPアドレスが必要です。これは、デバイスに接続するためにパートナーデバイスからの受信接続を待機するのに使用されます。各DRBDリソースには、ノードのパートナデバイスへの接続に使用するTCPポートが必要です。</p>\n"
+"\t\t<p>[デバイス]:
記述するリソースのブロックデバイスノードの名前。お使いのアプリケーション(ファイルシステム)ではこのデバイスを使用する必要があります。ディスクのマイナー番号に続くディスクパラメータで指定した低レベルのブロックデバイスは使用しないでください。それ以外の場合、名前、またはminorという単語とその番号は省略できます。名前を省略すると、デフォルトの/dev/drbd「minor
number」が使用されます。\n"
+"\t\t例: 「/dev/drbd{service} minor
{マイナーdrbd番号[0...255]}」または「/dev/drbd{マイナーdrbd番号[0...255]}」</p>\n"
+"\t\t<p>[ディスク]:
DRBDはこのブロックデバイスを使用して、データを実際に保存および取得します。デバイス上でDRBDが実行中にこのようなデバイスにアクセスしないでください。</p>\n"
+"\t\t<p>[メタディスク]: 内部。内部とは、バッキングデバイスの最後の部分がメタデータの保存に使用されることを意味します。</p>\n"
+"\t\t<p>[ノードID]:
ノードIDは、drbdの内部値であり、yastによって自動的に生成されます。ホストは、リソースごとに異なる「ノードID」を指定できます。</p>\n"
+"\t\t"

#: src/include/drbd/helps.rb:89
-msgid "\n\t\t<p><b>Protocol</b></p>\n\t\t<p>Protocol A: write IO is reported
as completed, if it has reached local disk and local TCP send
buffer.</p>\n\t\t<p>Protocol B: write IO is reported as completed, if it has
reached local disk and remote buffer cache.</p>\n\t\t<p>Protocol C: write IO is
reported as completed, if it has reached both local and remote
disk.</p>\n\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n\t\t<p><b>wfc-timeout</b>: Wait for
connection timeout</p>\n\t\t<p><b>degr-wfc-timeout</b>: Wait for connection
timeout, if this node was a degraded cluster</p>\n\n\t\t<p><b>on-io-error</b>:
What to do when the lower level device reports io-error to the upper
layers</p>\n\t\t<p><b>sndbuf-size</b>: The size of the TCP socket send
buffer</p>\n\t\t<p><b>max-buffers</b>: Maximum number of requests to be
allocated by DRBD</p>\n\n\t\t<p><b>timeout</b>: If the partner node fails to
send an expected response packet within time 10ths of a second, the partner
node is considered dead and therefore the TCP/
IP connection is abandoned. This must be lower than connect-int and ping-int.
The default value is 60 = 6 seconds, the unit 0.1
seconds.</p>\n\t\t<p><b>connect-int</b>: The time the peer has time to answer
to a keep-alive packet. In case the peer's reply is not received within this
time period, it is considered as dead. The default value is 500ms, the default
unit is 100ms</p>\n\t\t<p><b>ping-int</b>: The time the peer has time to answer
to a keep-alive packet</p>\n\n\t\t<p><b>max-epoch-size</b>: The highest number
of data blocks between two write barriers</p>\n\t\t<p><b>ko-count</b>: the
secondary node fails to complete a single write request for count times the
timeout, it is expelled from the cluster. The default value is 0, which
disables this feature.</p>\n\t\t<p><b>rate</b>: To ensure a smooth operation
of the application on top of DRBD, it is possible to limit the bandwidth which
may be used by background synchronizations. The default is 250 KB/sec, the
default unit is KB/se
c.</p>\n\t\t<p><b>al-extents</b>: parameter you control how big the hot area
(= active set) can get. The default number of extents is 127. (Minimum: 7,
Maximum: 3843)</p>\n\t\t"
-msgstr "\n\t\t<p><b>プロトコル</b></p>\n\t\t<p>プロトコルA:
書き込みIOは、ローカルディスクとローカルTCP送信バッファに到達した場合に完了と報告されます。</p>\n\t\t<p>プロトコルB:
書き込みIOは、ローカルディスクとリモートバッファキャッシュに到達した場合に完了と報告されます。</p>\n\t\t<p>プロトコルC:
書き込みIOは、ローカルディスクとリモートディスクの両方に到達した場合に完了と報告されます。</p>\n\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t
\n\t\t<p><b>wfc-timeout</b>:
接続タイムアウトまで待機します。</p>\n\t\t<p><b>degr-wfc-timeout</b>:
このノードが機能低下クラスタだった場合、接続タイムアウトまで待機します。</p>\n\n\t\t<p><b>on-io-error</b>:
より低レベルのデバイスから上の層にio-errorが報告された場合の動作。</p>\n\t\t<p><b>sndbuf-size</b>:
TCPソケット送信バッファのサイ�
��。</p>\n\t\t<p><b>max-buffers</b>:
DRBDによって割り当てられる要求の最大数。</p>\n\n\t\t<p><b>timeout</b>:
パートナーノードが1/10秒以内に予期された応答パケットを送信できない場合、パートナーノードは停止状態とみなされ、TCP/IP接続は破棄されます。これはconnect-intおよびping-intより低くする必要があります。デフォルト値は60
(6秒)で、単位は0.1秒です。</p>\n\t\t<p><b>connect-int</b>:
ピアがキープアライブパケットに応答するまでの時間。この時間内にピアの応答を受信しなかった場合、ピアは停止状態とみなされます。デフォルト値は500msで、デフォルトの単位は100msです。</p>\n\t\t<p><b>ping-int</b>:
ピアがキープアライブパケットに応答するまでの時間。</p>\n\n\t\t<p><b>max-epoch-size</b>:
書き込みバリア間のデータブロックの最大数。</p>\n\t\t<p><b>ko-count</b>: タ�

��ムアウトのカウント回数、2番目のノードが1つの書き込み要求を完了できない場合、そのノードはクラスタから除外されます。デフォルト値は0で、この機能を無効にします。</p>\n\t\t<p><b>rate</b>:

DRBD上でアプリケーションが円滑に動作するよう、バックグラウンド同期処理で使用可能な帯域幅を制限できます。デフォルトは250KB/秒で、デフォルトの単位はKB/秒です。</p>\n\t\t<p><b>al-extents</b>:
ホット領域(=アクティブセット)が取得可能なサイズを制御するパラメータ。デフォルトのエクステント数は127です(最小: 7、最大:
3843)。</p>\n\t\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t<p><b>Protocol</b></p>\n"
+"\t\t<p>Protocol A: write IO is reported as completed, if it has reached local
disk and local TCP send buffer.</p>\n"
+"\t\t<p>Protocol B: write IO is reported as completed, if it has reached local
disk and remote buffer cache.</p>\n"
+"\t\t<p>Protocol C: write IO is reported as completed, if it has reached both
local and remote disk.</p>\n"
+"\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n"
+"\t\t<p><b>wfc-timeout</b>: Wait for connection timeout</p>\n"
+"\t\t<p><b>degr-wfc-timeout</b>: Wait for connection timeout, if this node was
a degraded cluster</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>on-io-error</b>: What to do when the lower level device reports
io-error to the upper layers</p>\n"
+"\t\t<p><b>sndbuf-size</b>: The size of the TCP socket send buffer</p>\n"
+"\t\t<p><b>max-buffers</b>: Maximum number of requests to be allocated by
DRBD</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>timeout</b>: If the partner node fails to send an expected response
packet within time 10ths of a second, the partner node is considered dead and
therefore the TCP/IP connection is abandoned. This must be lower than
connect-int and ping-int. The default value is 60 = 6 seconds, the unit 0.1
seconds.</p>\n"
+"\t\t<p><b>connect-int</b>: The time the peer has time to answer to a
keep-alive packet. In case the peer's reply is not received within this time
period, it is considered as dead. The default value is 500ms, the default unit
is 100ms</p>\n"
+"\t\t<p><b>ping-int</b>: The time the peer has time to answer to a keep-alive
packet</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>max-epoch-size</b>: The highest number of data blocks between two
write barriers</p>\n"
+"\t\t<p><b>ko-count</b>: the secondary node fails to complete a single write
request for count times the timeout, it is expelled from the cluster. The
default value is 0, which disables this feature.</p>\n"
+"\t\t<p><b>rate</b>: To ensure a smooth operation of the application on top
of DRBD, it is possible to limit the bandwidth which may be used by background
synchronizations. The default is 250 KB/sec, the default unit is KB/sec.</p>\n"
+"\t\t<p><b>al-extents</b>: parameter you control how big the hot area (=
active set) can get. The default number of extents is 127. (Minimum: 7,
Maximum: 3843)</p>\n"
+"\t\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t<p><b>プロトコル</b></p>\n"
+"\t\t<p>プロトコルA: 書き込みIOは、ローカルディスクとローカルTCP送信バッファに到達した場合に完了と報告されます。</p>\n"
+"\t\t<p>プロトコルB: 書き込みIOは、ローカルディスクとリモートバッファキャッシュに到達した場合に完了と報告されます。</p>\n"
+"\t\t<p>プロトコルC: 書き込みIOは、ローカルディスクとリモートディスクの両方に到達した場合に完了と報告されます。</p>\n"
+"\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n"
+"\t\t<p><b>wfc-timeout</b>: 接続タイムアウトまで待機します。</p>\n"
+"\t\t<p><b>degr-wfc-timeout</b>: このノードが機能低下クラスタだった場合、接続タイムアウトまで待機します。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>on-io-error</b>: より低レベルのデバイスから上の層にio-errorが報告された場合の動作。</p>\n"
+"\t\t<p><b>sndbuf-size</b>: TCPソケット送信バッファのサイズ。</p>\n"
+"\t\t<p><b>max-buffers</b>: DRBDによって割り当てられる要求の最大数。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>timeout</b>:
パートナーノードが1/10秒以内に予期された応答パケットを送信できない場合、パートナーノードは停止状態とみなされ、TCP/IP接続は破棄されます。これはconnect-intおよびping-intより低くする必要があります。デフォルト値は60
(6秒)で、単位は0.1秒です。</p>\n"
+"\t\t<p><b>connect-int</b>:
ピアがキープアライブパケットに応答するまでの時間。この時間内にピアの応答を受信しなかった場合、ピアは停止状態とみなされます。デフォルト値は500msで、デフォルトの単位は100msです。</p>\n"
+"\t\t<p><b>ping-int</b>: ピアがキープアライブパケットに応答するまでの時間。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>max-epoch-size</b>: 書き込みバリア間のデータブロックの最大数。</p>\n"
+"\t\t<p><b>ko-count</b>:
タイムアウトのカウント回数、2番目のノードが1つの書き込み要求を完了できない場合、そのノードはクラスタから除外されます。デフォルト値は0で、この機能を無効にします。</p>\n"
+"\t\t<p><b>rate</b>:
DRBD上でアプリケーションが円滑に動作するよう、バックグラウンド同期処理で使用可能な帯域幅を制限できます。デフォルトは250KB/秒で、デフォルトの単位はKB/秒です。</p>\n"
+"\t\t<p><b>al-extents</b>:
ホット領域(=アクティブセット)が取得可能なサイズを制御するパラメータ。デフォルトのエクステント数は127です(最小: 7、最大: 3843)。</p>\n"
+"\t\t"

#: src/include/drbd/helps.rb:113
msgid "<p><b><big>LVM Configuration</big></b></p>"
msgstr "<p><b></b><big>LVM設定</big></p>"

#: src/include/drbd/helps.rb:116
-msgid "\n\t\t<p><b>LVM configuration file /etc/lvm/lvm.conf</b></p>\n\t\t<p>To
use LVM with DRBD, it is necessary to change some options in the LVM
configuration file and to remove stale cache entries on the
nodes.</p>\t\t<p>Refer to 'man lvm.conf' for further information including the
file layout.</p>\n\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n\t\t<p><b>Device Filter</b>: This
masks the underlying block device from the list of devices LVM scans for
Physical Volume signatures. This way, LVM is instructed to read Physical Volume
signatures from DRBD devices, rather than from the underlying backing block
devices.</p>\t\t<p><b>AutoFilter</b>: According to the configuration of drbd,
LVM filter will always be changed automatically. To change it manually, disable
the checkbox of AutoFilter.</p>\n\t\t<p>The filter consists of an array of
regular expressions. These expressions can be delimited by a character of your
choice, and prefixed with either an 'a' (for accept) or 'r' (for
reject).</p>\t\t<p>For examp
le, setting filter as [\"r|/dev/sda.*|\"]</p>\n\n\t\t<p><b>LVM cache</b>:
Enable/turn on writing the LVM cache is default. Should disable the LVM cache
when combined drbd with LVM.</p>\n\n\t\t<p><b>LVMetad</b>: When lvmetad is
enabled, the volume group metadata and PV state flags are obtained from the
lvmetad instance and no scanning is done by the individual commands. Because
lvmetad's cache cannot be synchronized between nodes, users are advised to
disable lvmetad in cluster environments.</p>\n\n\t\t"
-msgstr
"\n\t\t<p><b></b>LVM設定ファイル/etc/lvm/lvm.conf</p>\n\t\t<p>LVMをDRBDで使用するには、LVM設定ファイルの一部のオプションを変更し、ノード上の古いキャッシュエントリを削除する必要があります。</p>\t\t<p>ファイルのレイアウトなどの詳細については、「man
lvm.conf」を参照してください。</p>\n\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n\t\t<p><b></b>デバイスフィルタ:
これは、物理ボリューム署名を得るためにLVMがスキャンするデバイスのリストから基礎ブロックデバイスをマスクします。こうすることによって、基礎バッキングブロックデバイスからではなくDRBDデバイスから物理ボリューム署名を読み込むようにLVMに指示します。</p>\t\t<p><b></b>自動フィルタ:
drbdの設定に従って、LVMフィルタは常に自動的に変更されます。これを手動で変更するには、[自動フィルタ]��

�チェックボックスをオフにします。</p>\n\t\t<p>このフィルタは、一連の正規表現から構成されます。これらの表現は、好きな文字で区切ることができ、「a」(受け入れ)または「r」(拒否)を接頭辞として付けることができます。</p>\t\t<p>たとえば、[「r|/dev/sda.*|」]のようにフィルタを設定します。</p>\n\n\t\t<p><b></b>LVMキャッシュ:

LVMキャッシュの書き込みは有効/オンがデフォルトです。drbdをLVMに組み合わせるときは、LVMキャッシュを無効にしてください。</p>\n\n\t\t<p><b></b>LVMetad:

lvmetadを有効にすると、ボリュームグループのメタデータおよびPVステートフラグは、lvmetadインスタンスから取得され、個々のコマンドによってスキャンが実行されることはありません。
lvmetadのキャッシュをノード間で同期することはできないため、ユーザはクラスタ
環境ではlvmetadを無効にすることをお勧めします。</p>\n\n\t\t"
+msgid ""
+"\n"
+"\t\t<p><b>LVM configuration file /etc/lvm/lvm.conf</b></p>\n"
+"\t\t<p>To use LVM with DRBD, it is necessary to change some options in the
LVM configuration file and to remove stale cache entries on the
nodes.</p>\t\t<p>Refer to 'man lvm.conf' for further information including the
file layout.</p>\n"
+"\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n"
+"\t\t<p><b>Device Filter</b>: This masks the underlying block device from the
list of devices LVM scans for Physical Volume signatures. This way, LVM is
instructed to read Physical Volume signatures from DRBD devices, rather than
from the underlying backing block devices.</p>\t\t<p><b>AutoFilter</b>:
According to the configuration of drbd, LVM filter will always be changed
automatically. To change it manually, disable the checkbox of AutoFilter.</p>\n"
+"\t\t<p>The filter consists of an array of regular expressions. These
expressions can be delimited by a character of your choice, and prefixed with
either an 'a' (for accept) or 'r' (for reject).</p>\t\t<p>For example, setting
filter as [\"r|/dev/sda.*|\"]</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>LVM cache</b>: Enable/turn on writing the LVM cache is default.
Should disable the LVM cache when combined drbd with LVM.</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b>LVMetad</b>: When lvmetad is enabled, the volume group metadata and
PV state flags are obtained from the lvmetad instance and no scanning is done
by the individual commands. Because lvmetad's cache cannot be synchronized
between nodes, users are advised to disable lvmetad in cluster
environments.</p>\n"
+"\n"
+"\t\t"
+msgstr ""
+"\n"
+"\t\t<p><b></b>LVM設定ファイル/etc/lvm/lvm.conf</p>\n"
+"\t\t<p>LVMをDRBDで使用するには、LVM設定ファイルの一部のオプションを変更し、ノード上の古いキャッシュエントリを削除する必要があります。</p>\t\t<p>ファイルのレイアウトなどの詳細については、「man
lvm.conf」を参照してください。</p>\n"
+"\t\t\t\t\t\t\t\t\t\t \n"
+"\t\t<p><b></b>デバイスフィルタ:
これは、物理ボリューム署名を得るためにLVMがスキャンするデバイスのリストから基礎ブロックデバイスをマスクします。こうすることによって、基礎バッキングブロックデバイスからではなくDRBDデバイスから物理ボリューム署名を読み込むようにLVMに指示します。</p>\t\t<p><b></b>自動フィルタ:
drbdの設定に従って、LVMフィルタは常に自動的に変更されます。これを手動で変更するには、[自動フィルタ]のチェックボックスをオフにします。</p>\n"
+"\t\t<p>このフィルタは、一連の正規表現から構成されます。これらの表現は、好きな文字で区切ることができ、「a」(受け入れ)または「r」(拒否)を接頭辞として付けることができます。</p>\t\t<p>たとえば、[「r|/dev/sda.*|」]のようにフィルタを設定します。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b></b>LVMキャッシュ:
LVMキャッシュの書き込みは有効/オンがデフォルトです。drbdをLVMに組み合わせるときは、LVMキャッシュを無効にしてください。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t<p><b></b>LVMetad:
lvmetadを有効にすると、ボリュームグループのメタデータおよびPVステートフラグは、lvmetadインスタンスから取得され、個々のコマンドによってスキャンが実行されることはありません。
lvmetadのキャッシュをノード間で同期することはできないため、ユーザはクラスタ環境ではlvmetadを無効にすることをお勧めします。</p>\n"
+"\n"
+"\t\t"

#: src/include/drbd/helps.rb:133
msgid "<p><b><big>Global Configuration of DRBD</big></b></p>"
@@ -218,58 +346,131 @@
msgstr "<p>drbdadm の正常性確認の 1 つを無効にするには、 [<b>IP 検証の無効化</b>] を選択してください。</p>"

#: src/include/drbd/helps.rb:139
-msgid "<p><b>Dialog Refresh:</b> The user dialog counts and displays the
seconds it waited so\n far. You might want to disable this if
you have the console\n of your server connected to a serial
terminal server with\n limited logging capacity.\n
The Dialog will print the count each 'dialog-refresh' seconds,\n
set it to 0 to disable redrawing completely. </p>"
-msgstr "<p><b>ダイアログ更新:</b> ユーザダイアログが表示されると、そこでは開いた時点からの秒がカウントされ\n
表示されます。シリアル端末で出力が制限されているコンソールに接続している場合、\n これを無効化することができます。\n
\n ダイアログは 'ダイアログ更新' で設定した秒数ごとにカウントするほか、\n
0 に設定することで再描画を停止させることもできます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Dialog Refresh:</b> The user dialog counts and displays the seconds it
waited so\n"
+" far. You might want to disable this if you have the console\n"
+" of your server connected to a serial terminal server with\n"
+" limited logging capacity.\n"
+" The Dialog will print the count each 'dialog-refresh'
seconds,\n"
+" set it to 0 to disable redrawing completely. </p>"
+msgstr ""
+"<p><b>ダイアログ更新:</b> ユーザダイアログが表示されると、そこでは開いた時点からの秒がカウントされ\n"
+" 表示されます。シリアル端末で出力が制限されているコンソールに接続している場合、\n"
+" これを無効化することができます。\n"
+" \n"
+" ダイアログは 'ダイアログ更新' で設定した秒数ごとにカウントするほか、\n"
+" 0 に設定することで再描画を停止させることもできます。</p>"

#: src/include/drbd/helps.rb:147
-msgid "<p><b>Minor Count:</b>\n use this if you want to define more
resources later\n without reloading the module.\n by
default we load the module with exactly as many devices\n as
configured mentioned in this file. </p>"
-msgstr "<p><b>マイナーカウント:</b>\n
モジュールの再読み込みを行わずにより多くの資源を定義したい場合に使用します。\n \n
デフォルトでは、このファイルに記載されたデバイス数と同じだけの\n モジュールを読み込みます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b>Minor Count:</b>\n"
+" use this if you want to define more resources later\n"
+" without reloading the module.\n"
+" by default we load the module with exactly as many devices\n"
+" as configured mentioned in this file. </p>"
+msgstr ""
+"<p><b>マイナーカウント:</b>\n"
+" モジュールの再読み込みを行わずにより多くの資源を定義したい場合に使用します。\n"
+" \n"
+" デフォルトでは、このファイルに記載されたデバイス数と同じだけの\n"
+" モジュールを読み込みます。</p>"

#. Summary dialog help 1/3
#: src/include/drbd/helps.rb:155
-msgid "<p><b><big>DRBD Configuration</big></b><br>\nConfigure drbd
here.<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>DRBD設定</big></b><br>\nここでDRBDを設定します。<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DRBD Configuration</big></b><br>\n"
+"Configure drbd here.<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBD設定</big></b><br>\n"
+"ここでDRBDを設定します。<br></p>\n"

#. Summary dialog help 2/3
#: src/include/drbd/helps.rb:159
-msgid "<p><b><big>Adding a drbd:</big></b><br>\nChoose an drbd from the list
of detected drbds.\nIf your drbd was not detected, use <b>Other (not
detected)</b>.\nThen press <b>Configure</b>.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>DRBD の追加:</big></b><br>\n検出された DRBD の一覧の中から選択してください。\nKdump
が検出されない場合は、 [<b>その他 (未検出)</b>] を選んで\n[<b>設定</b>] を押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Adding a drbd:</big></b><br>\n"
+"Choose an drbd from the list of detected drbds.\n"
+"If your drbd was not detected, use <b>Other (not detected)</b>.\n"
+"Then press <b>Configure</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBD の追加:</big></b><br>\n"
+"検出された DRBD の一覧の中から選択してください。\n"
+"Kdump が検出されない場合は、 [<b>その他 (未検出)</b>] を選んで\n"
+"[<b>設定</b>] を押してください。</p>\n"

#. Summary dialog help 3/3
#: src/include/drbd/helps.rb:166
-msgid "<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\nIf you press
<b>Edit</b>, an additional dialog in which to change\nthe configuration
opens.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>変更:</big></b><br>\n<b>[編集]</b>をクリックすると、設定を変更するためのダイアログが表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\n"
+"If you press <b>Edit</b>, an additional dialog in which to change\n"
+"the configuration opens.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>変更:</big></b><br>\n"
+"<b>[編集]</b>をクリックすると、設定を変更するためのダイアログが表示されます。</p>\n"

#. Ovreview dialog help 1/3
#: src/include/drbd/helps.rb:172
-msgid "<p><b><big>DRBD Configuration Overview</big></b><br>\nObtain an
overview of installed drbds. Additionally\nedit their configurations.<br></p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>DRBDの設定概要</big></b><br>\nインストール済みDRBDの概要が表示されます。\n設定を編集することもできます。<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>DRBD Configuration Overview</big></b><br>\n"
+"Obtain an overview of installed drbds. Additionally\n"
+"edit their configurations.<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBDの設定概要</big></b><br>\n"
+"インストール済みDRBDの概要が表示されます。\n"
+"設定を編集することもできます。<br></p>\n"

#. Ovreview dialog help 2/3
#: src/include/drbd/helps.rb:178
-msgid "<p><b><big>Adding a drbd:</big></b><br>\nPress <b>Add</b> to configure
a drbd.</p>"
-msgstr "<p><b><big>DRBD の追加:</big></b><br>\n[<b>追加</b>] ボタンを押すと DRBD
を設定することができます。</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Adding a drbd:</big></b><br>\n"
+"Press <b>Add</b> to configure a drbd.</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>DRBD の追加:</big></b><br>\n"
+"[<b>追加</b>] ボタンを押すと DRBD を設定することができます。</p>"

#. Ovreview dialog help 3/3
#: src/include/drbd/helps.rb:182
-msgid "<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\nChoose a drbd to change
or remove.\nThen press <b>Edit</b> or <b>Delete</b> as desired.</p>\n"
-msgstr "<p><b><big>編集/削除:</big></b><br>\n編集または削除する DRBD を選び、\n[<b>編集</b>] または
[<b>削除</b>]を押してください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\n"
+"Choose a drbd to change or remove.\n"
+"Then press <b>Edit</b> or <b>Delete</b> as desired.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>編集/削除:</big></b><br>\n"
+"編集または削除する DRBD を選び、\n"
+"[<b>編集</b>] または [<b>削除</b>]を押してください。</p>\n"

#. Configure1 dialog help 1/2
#: src/include/drbd/helps.rb:188
-msgid "<p><b><big>Configuration Part One</big></b><br>\nPress <b>Next</b> to
continue.\n<br></p>"
-msgstr "<p><b><big>環境設定1</big></b><br>\n[<b>次へ</b>]をクリックして続行します。\n <br></p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Configuration Part One</big></b><br>\n"
+"Press <b>Next</b> to continue.\n"
+"<br></p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>環境設定1</big></b><br>\n"
+"[<b>次へ</b>]をクリックして続行します。\n"
+" <br></p>"

#. Configure1 dialog help 2/2
#. Configure2 dialog help 2/2
#: src/include/drbd/helps.rb:194 src/include/drbd/helps.rb:206
-msgid "<p><b><big>Selecting Something</big></b><br>\nIt is not possible. You
must code it first. :-)\n</p>"
-msgstr "<p><b><big>選択中</big></b><br>\n選択できません。 先にコード化する必要があります。 :-)\n </p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Selecting Something</big></b><br>\n"
+"It is not possible. You must code it first. :-)\n"
+"</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>選択中</big></b><br>\n"
+"選択できません。 先にコード化する必要があります。 :-)\n"
+" </p>"

#. Configure2 dialog help 1/2
#: src/include/drbd/helps.rb:200
-msgid "<p><b><big>Configuration Part Two</big></b><br>\nPress <b>Next</b> to
continue.\n<br></p>\n"
-msgstr "<p><b><big>環境設定2</big></b><br>\n<b>[次へ]</b>をクリックして続行します。\n<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Configuration Part Two</big></b><br>\n"
+"Press <b>Next</b> to continue.\n"
+"<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>環境設定2</big></b><br>\n"
+"<b>[次へ]</b>をクリックして続行します。\n"
+"<br></p>\n"

#. Default is always true (auto)
#: src/include/drbd/lvm_conf.rb:44
@@ -412,8 +613,12 @@
msgstr "設定を適用する"

#: src/include/drbd/startup_conf.rb:96
-msgid "To propagate this configuration ,\ncopy the configuration file
'/etc/drbd.conf' to the rest of nodes manually."
-msgstr "この設定を伝達するには、\n設定ファイル '/etc/drbd.conf' を残りのノードに手動でコピーしてください。"
+msgid ""
+"To propagate this configuration ,\n"
+"copy the configuration file '/etc/drbd.conf' to the rest of nodes manually."
+msgstr ""
+"この設定を伝達するには、\n"
+"設定ファイル '/etc/drbd.conf' を残りのノードに手動でコピーしてください。"

#. }
#: src/include/drbd/startup_conf.rb:141
@@ -536,8 +741,12 @@
msgstr "drbdadmのテスト用にdrbd.confをクリーンアップできませんでした"

#: src/modules/Drbd.rb:548
-msgid "Invalid configuration of resource %1\n%2"
-msgstr "リソース %1 の無効な設定\n%2"
+msgid ""
+"Invalid configuration of resource %1\n"
+"%2"
+msgstr ""
+"リソース %1 の無効な設定\n"
+"%2"

#: src/modules/Drbd.rb:567
msgid "Failed to bring drbd.conf back"
@@ -595,4 +804,3 @@
#: src/modules/Drbd.rb:672
msgid "Failed to make directory /etc/drbd.d"
msgstr "ディレクトリ/etc/drbd.dを作成できませんでした"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/fcoe-client.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/fcoe-client.ja.po 2016-07-04
08:44:31 UTC (rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/fcoe-client.ja.po 2016-07-04
08:44:36 UTC (rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: fcoe-client\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -46,8 +46,12 @@

#. text of an error popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:102
-msgid "Cannot remove the FCoE interface.\nCommand %1 failed."
-msgstr "FCoEインタフェースを削除できません。\nコマンド %1 が失敗しました。"
+msgid ""
+"Cannot remove the FCoE interface.\n"
+"Command %1 failed."
+msgstr ""
+"FCoEインタフェースを削除できません。\n"
+"コマンド %1 が失敗しました。"

#. FCoE is not available on the interface
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:195
@@ -81,13 +85,25 @@

#. text of an error popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:368
-msgid "Cannot start FCoE on VLAN interface %1\nbecause FCoE is already
configured on\nnetwork interface %2 itself."
-msgstr "FCoEはすでにネットワークインタフェース %2 自身で\n設定済みのため、\nVLANインタフェース %1 上のFCoEを開始できません。"
+msgid ""
+"Cannot start FCoE on VLAN interface %1\n"
+"because FCoE is already configured on\n"
+"network interface %2 itself."
+msgstr ""
+"FCoEはすでにネットワークインタフェース %2 自身で\n"
+"設定済みのため、\n"
+"VLANインタフェース %1 上のFCoEを開始できません。"

#. text of an error popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:383
-msgid "Cannot start FCoE on network interface %1 itself\nbecause FCoE is
already configured on\nVLAN interface(s) %2."
-msgstr "FCoEはVLAN ンタフェース %2 上で設定済みのため、\nネットワークインタフェース %1 自身でFCoEを開始\nできません。"
+msgid ""
+"Cannot start FCoE on network interface %1 itself\n"
+"because FCoE is already configured on\n"
+"VLAN interface(s) %2."
+msgstr ""
+"FCoEはVLAN ンタフェース %2 上で設定済みのため、\n"
+"ネットワークインタフェース %1 自身でFCoEを開始\n"
+"できません。"

#. headline of a popup: creating and starting Fibre Channel over Ethernet
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:417
@@ -96,8 +112,14 @@

#. question to the user: really create and start FCoE
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:420
-msgid "Do you really want to create a FCoE network\ninterface for discovered
VLAN interface %1\non %2 and start the FCoE initiator?"
-msgstr "%2 上で検出されたVLANインタフェース %1
に対して\nFCoEネットワークを作成し、FCoEイニシエータ\nを起動してよろしいですか?"
+msgid ""
+"Do you really want to create a FCoE network\n"
+"interface for discovered VLAN interface %1\n"
+"on %2 and start the FCoE initiator?"
+msgstr ""
+"%2 上で検出されたVLANインタフェース %1 に対して\n"
+"FCoEネットワークを作成し、FCoEイニシエータ\n"
+"を起動してよろしいですか?"

#. text of an error popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:443
@@ -110,8 +132,12 @@
msgstr "%2 に対する「%1」コマンドの実行に失敗しました。"

#: src/include/fcoe-client/complex.rb:488
-msgid "Creating FCoE interface failed.\nContinue because running in test mode"
-msgstr "FCoEインタフェースの作成に失敗しました。\nテストモードで実行中であるため続行します"
+msgid ""
+"Creating FCoE interface failed.\n"
+"Continue because running in test mode"
+msgstr ""
+"FCoEインタフェースの作成に失敗しました。\n"
+"テストモードで実行中であるため続行します"

#. popup text: really remove FCoE VLAN interface
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:583
@@ -120,13 +146,23 @@

#. popup text continues
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:591
-msgid "Attention:\nMake sure the interface is not essential for a used
device.\nRemoving it may result in an unusable system."
-msgstr
"注:\n使用中のデバイスで必須のインタフェースでないことを確認してください。\n必須のインタフェースを削除してしまうと、システムが使用できなくなります。"
+msgid ""
+"Attention:\n"
+"Make sure the interface is not essential for a used device.\n"
+"Removing it may result in an unusable system."
+msgstr ""
+"注:\n"
+"使用中のデバイスで必須のインタフェースでないことを確認してください。\n"
+"必須のインタフェースを削除してしまうと、システムが使用できなくなります。"

#. popup text continues
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:601
-msgid "Don't remove the interface if it's related\nto an already activated
multipath device."
-msgstr "すでに有効化されているマルチパスデバイスに\n関連するインタフェースは削除しないでください。"
+msgid ""
+"Don't remove the interface if it's related\n"
+"to an already activated multipath device."
+msgstr ""
+"すでに有効化されているマルチパスデバイスに\n"
+"関連するインタフェースは削除しないでください。"

#. replace values in table
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:750
@@ -139,13 +175,21 @@

#. text of a warning popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:794
-msgid "DCB Required is set to \"yes\" but the\ninterface isn't DCB capable."
-msgstr "[DCBを必要とする]が[はい]に\n設定されていますが、インタフェースがDCBに対応していません。"
+msgid ""
+"DCB Required is set to \"yes\" but the\n"
+"interface isn't DCB capable."
+msgstr ""
+"[DCBを必要とする]が[はい]に\n"
+"設定されていますが、インタフェースがDCBに対応していません。"

#. text of an information (notify) popup
#: src/include/fcoe-client/complex.rb:831
-msgid "Service 'fcoe' requires enabled service 'lldpad'.\nEnabling start on
boot of service 'lldpad'."
-msgstr
"サービス「fcoe」を利用するには、サービス「lldpad」を\n有効にする必要があります。サービス「lldpad」を、ブート時に起動するように設定します。"
+msgid ""
+"Service 'fcoe' requires enabled service 'lldpad'.\n"
+"Enabling start on boot of service 'lldpad'."
+msgstr ""
+"サービス「fcoe」を利用するには、サービス「lldpad」を\n"
+"有効にする必要があります。サービス「lldpad」を、ブート時に起動するように設定します。"

#. radio button: start service on boot
#. radio button: start service on boot
@@ -287,38 +331,75 @@

#. Read dialog help 1/2
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:35
-msgid "<p><b><big>Initializing fcoe-client Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>fcoe-clientの環境設定を準備しています</big></b><br>\nしばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Initializing fcoe-client Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>fcoe-clientの環境設定を準備しています</big></b><br>\n"
+"しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Read dialog help 2/2
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:39
-msgid "<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\nSafely abort the
configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n[<b>中止</b>]をクリックして、環境設定ユーティリティを安全に中止することができます</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Initialization:</big></b><br>\n"
+"Safely abort the configuration utility by pressing <b>Abort</b> now.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>初期化の中止:</big></b><br>\n"
+"[<b>中止</b>]をクリックして、環境設定ユーティリティを安全に中止することができます</p>\n"

#. Write dialog help 1/2
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:43
-msgid "<p><b><big>Saving fcoe-client Configuration</big></b><br>\nPlease
wait...<br></p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>fcoe-client環境設定の保存中です。</big></b>\n<br>しばらくお待ちください...<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving fcoe-client Configuration</big></b><br>\n"
+"Please wait...<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>fcoe-client環境設定の保存中です。</big></b>\n"
+"<br>しばらくお待ちください...<br></p>\n"

#. Write dialog help 2/2
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:47
-msgid "<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\nAbort the save procedure by
pressing <b>Abort</b>.\nAn additional dialog informs whether it is safe to do
so.\n</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n[<b>中止</b>]をクリックすると、保存を中止できます。\n次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Aborting Saving:</big></b><br>\n"
+"Abort the save procedure by pressing <b>Abort</b>.\n"
+"An additional dialog informs whether it is safe to do so.\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>保存を中止する:</big></b><br>\n"
+"[<b>中止</b>]をクリックすると、保存を中止できます。\n"
+"次のダイアログで、中止することが安全か否かが表示されます。\n"
+"</p>\n"

#. Summary dialog help 1/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:54
-msgid "<p><b><big>FcoeClient Configuration</big></b><br>\nConfigure
fcoe-client here.<br></p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>FCoEクライアントの環境設定</big></b><br>\nFCoEクライアントはここで設定してください。<br></p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>FcoeClient Configuration</big></b><br>\n"
+"Configure fcoe-client here.<br></p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>FCoEクライアントの環境設定</big></b><br>\n"
+"FCoEクライアントはここで設定してください。<br></p>\n"

#. Summary dialog help 2/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:58
-msgid "<p><b><big>Adding a fcoe-client:</big></b><br>\nChoose a fcoe-client
from the list of detected fcoe-clients.\nIf your fcoe-client was not detected,
use <b>Other (not detected)</b>.\nThen press <b>Configure</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>FCoEクライアントの追加:</big></b><br>\n検出されたFCoEクライアントのリストからFCoEクライアントを選択してください。\nFCoEクライアントが検出されなかった場合は、[<b>その他(検出されない)</b>]を選択し、\n[<b>設定</b>]をクリックしてください。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Adding a fcoe-client:</big></b><br>\n"
+"Choose a fcoe-client from the list of detected fcoe-clients.\n"
+"If your fcoe-client was not detected, use <b>Other (not detected)</b>.\n"
+"Then press <b>Configure</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>FCoEクライアントの追加:</big></b><br>\n"
+"検出されたFCoEクライアントのリストからFCoEクライアントを選択してください。\n"
+"FCoEクライアントが検出されなかった場合は、[<b>その他(検出されない)</b>]を選択し、\n"
+"[<b>設定</b>]をクリックしてください。</p>\n"

#. Summary dialog help 3/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:65
-msgid "<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\nIf you press
<b>Edit</b>, an additional dialog in which to change\nthe configuration
opens.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>変更:</big></b><br>\n[<b>編集</b>]をクリックすると、環境設定を変更するためのダイアログが表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Editing or Deleting:</big></b><br>\n"
+"If you press <b>Edit</b>, an additional dialog in which to change\n"
+"the configuration opens.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>変更:</big></b><br>\n"
+"[<b>編集</b>]をクリックすると、環境設定を変更するためのダイアログが表示されます。</p>\n"

#. Services dialog help 1/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:71
@@ -372,8 +453,12 @@

#. Configuration dialog help 3/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:125
-msgid "<p>The values are:<br>\n<b>Debug</b>: <i>yes</i> or <i>no</i><br>This
is used to enable or disable debugging messages from the fcoe service script
and <i>fcoemon</i>.<br><b>Use syslog</b>: <i>yes</i> or <i>no</i><br>Messages
are sent to the system log if set to <i>yes</i> (data are logged to
/var/log/messages).</p>"
-msgstr "<p>値は次のとおりです。<br>\n<b>デバッグ</b>:
<i>はい</i>または<i>いいえ</i><br>fcoeサービススクリプトと<i>fcoemon</i>のデバッグメッセージを有効/無効にするために使用します。<br><b>syslogの使用</b>:

<i>はい</i>または<i>いいえ</i><br><i>はい</i>に設定すると、メッセージがシステムログに送信されます(データは/var/log/messagesログに記録される)。</p>"
+msgid ""
+"<p>The values are:<br>\n"
+"<b>Debug</b>: <i>yes</i> or <i>no</i><br>This is used to enable or disable
debugging messages from the fcoe service script and <i>fcoemon</i>.<br><b>Use
syslog</b>: <i>yes</i> or <i>no</i><br>Messages are sent to the system log if
set to <i>yes</i> (data are logged to /var/log/messages).</p>"
+msgstr ""
+"<p>値は次のとおりです。<br>\n"
+"<b>デバッグ</b>:
<i>はい</i>または<i>いいえ</i><br>fcoeサービススクリプトと<i>fcoemon</i>のデバッグメッセージを有効/無効にするために使用します。<br><b>syslogの使用</b>:

<i>はい</i>または<i>いいえ</i><br><i>はい</i>に設定すると、メッセージがシステムログに送信されます(データは/var/log/messagesログに記録される)。</p>"

#. edit dialog help 1/3
#: src/include/fcoe-client/helps.rb:133
@@ -467,8 +552,14 @@

#. warning if no valid configuration found
#: src/modules/FcoeClient.rb:1101
-msgid "Cannot read config file for %1.\nYou may edit the settings and recreate
the FCoE\nVLAN interface to get a valid configuration."
-msgstr "%1 の環境設定ファイルを読み込めません。\n設定を編集してFCoE VLANインタフェースを\n再作成すると、有効な設定を取得できます。"
+msgid ""
+"Cannot read config file for %1.\n"
+"You may edit the settings and recreate the FCoE\n"
+"VLAN interface to get a valid configuration."
+msgstr ""
+"%1 の環境設定ファイルを読み込めません。\n"
+"設定を編集してFCoE VLANインタフェースを\n"
+"再作成すると、有効な設定を取得できます。"

#. FcoeClient read dialog caption
#: src/modules/FcoeClient.rb:1466
@@ -577,8 +668,12 @@
msgstr "/etc/fcoe/configに設定を書き込めません。"

#: src/modules/FcoeClient.rb:1617
-msgid "Cannot write settings for FCoE interfaces.\nFor details, see
/var/log/YaST2/y2log."
-msgstr "FCoEインタフェースの設定を書き込めません。\n詳細については、/var/log/YaST2/y2logを参照してください。"
+msgid ""
+"Cannot write settings for FCoE interfaces.\n"
+"For details, see /var/log/YaST2/y2log."
+msgstr ""
+"FCoEインタフェースの設定を書き込めません。\n"
+"詳細については、/var/log/YaST2/y2logを参照してください。"

#. Error message
#: src/modules/FcoeClient.rb:1629
@@ -620,4 +715,3 @@
#: src/modules/FcoeClient.rb:1734 src/modules/FcoeClient.rb:1744
msgid "disabled"
msgstr "無効"
-

Modified: branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/firewall.ja.po
===================================================================
--- branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/firewall.ja.po 2016-07-04 08:44:31 UTC
(rev 95946)
+++ branches/plus-SLE12-SP2/yast/ja/po/firewall.ja.po 2016-07-04 08:44:36 UTC
(rev 95947)
@@ -6,7 +6,7 @@
"Project-Id-Version: firewall\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-06 16:57+0200\n"
-"PO-Revision-Date: 2016-06-01 12:23\n"
+"PO-Revision-Date: 2016-06-29 12:13\n"
"Last-Translator: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language-Team: Novell language <language@xxxxxxxxxx>\n"
"Language: \n"
@@ -16,8 +16,12 @@

#. TRANSLATORS: message popup
#: src/clients/firewall_proposal.rb:113
-msgid "Firewall configuration cannot be changed.\nThe SuSEfirewall2 package is
not installed."
-msgstr "ファイアウォールの設定を変更できません。\nSuSEfirewall2 パッケージがインストールされていません。"
+msgid ""
+"Firewall configuration cannot be changed.\n"
+"The SuSEfirewall2 package is not installed."
+msgstr ""
+"ファイアウォールの設定を変更できません。\n"
+"SuSEfirewall2 パッケージがインストールされていません。"

#. RichText label
#: src/clients/firewall_proposal.rb:233
@@ -36,8 +40,18 @@

#. TRANSLATORS: Popup text
#: src/include/firewall/complex.rb:68
-msgid "Another kind of firewall is active in your system.\nIf you continue,
SuSEfirewall2 may produce undefined errors.\nIt would be better to remove the
other firewall before\nconfiguring SuSEfirewall2.\nContinue with
configuration?\n"
-msgstr
"システムで別の種類のファイアウォールが有効になっています。\n続行すると、SuSEfirewall2によって定義されていないエラーが発生する場合があります。\n他のファイアウォールを削除してから\nSuSEfirewall2を設定することをお勧めします。\n設定を続行しますか?\n"
+msgid ""
+"Another kind of firewall is active in your system.\n"
+"If you continue, SuSEfirewall2 may produce undefined errors.\n"
+"It would be better to remove the other firewall before\n"
+"configuring SuSEfirewall2.\n"
+"Continue with configuration?\n"
+msgstr ""
+"システムで別の種類のファイアウォールが有効になっています。\n"
+"続行すると、SuSEfirewall2によって定義されていないエラーが発生する場合があります。\n"
+"他のファイアウォールを削除してから\n"
+"SuSEfirewall2を設定することをお勧めします。\n"
+"設定を続行しますか?\n"

#. TRANSLATORS: popup headline
#: src/include/firewall/complex.rb:108
@@ -46,8 +60,12 @@

#. TRANSLATORS: popup message
#: src/include/firewall/complex.rb:110
-msgid "All changes would be lost.\nReally abort configuration?\n"
-msgstr "すべての変更が失われます。\n環境設定を中止しますか?\n"
+msgid ""
+"All changes would be lost.\n"
+"Really abort configuration?\n"
+msgstr ""
+"すべての変更が失われます。\n"
+"環境設定を中止しますか?\n"

#. TRANSLATORS: Radio selection, See #h1
#: src/include/firewall/dialogs.rb:65
@@ -180,18 +198,46 @@

#. TRANSLATORS: Read dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:42
-msgid "<p><b><big>Reading Firewall Configuration</big></b>\n<br>Please
wait...</p>"
-msgstr "<p><b><big>ファイアウォールの環境設定を読み込んでいます</big></b>\n<br>しばらくお待ちください...</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Reading Firewall Configuration</big></b>\n"
+"<br>Please wait...</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ファイアウォールの環境設定を読み込んでいます</big></b>\n"
+"<br>しばらくお待ちください...</p>"

#. TRANSLATORS: Write dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:46
-msgid "<p><b><big>Saving Firewall Configuration</big></b>\n<br>Please
wait...</p>"
-msgstr "<p><b><big>ファイアウォール設定を保存しています</big></b>\n<br>しばらくお待ちください...</p>"
+msgid ""
+"<p><b><big>Saving Firewall Configuration</big></b>\n"
+"<br>Please wait...</p>"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ファイアウォール設定を保存しています</big></b>\n"
+"<br>しばらくお待ちください...</p>"

#. TRANSLATORS: Firewall interfaces dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:50
-msgid "<p><b><big>Interfaces</big></b>\n<br>Here, assign your network devices
into firewall zones\nby selecting the device in the table and clicking
<b>Change</b>.</p>\n\n<p>Enter special strings, like <tt>any</tt>, using
\n<b>Custom</b>. You can also enter interfaces not yet configured here.\nIf you
need masquerading, the string <tt>any</tt> is not allowed.</p>\n\n<p>Every
network device should be assigned to a firewall zone.\nNetwork traffic through
any unassigned interface is blocked.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>インタフェース</big></b>\n<br>ここでは、テーブルでデバイスを選択し、[変更]をクリックして、\nネットワークデバイスをファイアウォールゾーンに割り当てます。</p>\n\n<p>[カスタム]を使用して、特別な文字列を「<tt>any</tt>」のように\n入力します。

ここで設定されていないインタフェースを入力することもできます。\nマスカレードが必要な場合は、文字列「<tt>any</tt>」は使用できません。</p>\n\n<p>すべてのネットワークデバイスをファイアウォールゾーンに割り当てる必要があります。\n未割り当てのインタフェースを介したネットワークトラフィックはブロックされます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Interfaces</big></b>\n"
+"<br>Here, assign your network devices into firewall zones\n"
+"by selecting the device in the table and clicking <b>Change</b>.</p>\n"
+"\n"
+"<p>Enter special strings, like <tt>any</tt>, using \n"
+"<b>Custom</b>. You can also enter interfaces not yet configured here.\n"
+"If you need masquerading, the string <tt>any</tt> is not allowed.</p>\n"
+"\n"
+"<p>Every network device should be assigned to a firewall zone.\n"
+"Network traffic through any unassigned interface is blocked.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>インタフェース</big></b>\n"
+"<br>ここでは、テーブルでデバイスを選択し、[変更]をクリックして、\n"
+"ネットワークデバイスをファイアウォールゾーンに割り当てます。</p>\n"
+"\n"
+"<p>[カスタム]を使用して、特別な文字列を「<tt>any</tt>」のように\n"
+"入力します。 ここで設定されていないインタフェースを入力することもできます。\n"
+"マスカレードが必要な場合は、文字列「<tt>any</tt>」は使用できません。</p>\n"
+"\n"
+"<p>すべてのネットワークデバイスをファイアウォールゾーンに割り当てる必要があります。\n"
+"未割り当てのインタフェースを介したネットワークトラフィックはブロックされます。</p>\n"

#. Network Manager
#. (NetworkService::IsManaged() ?
@@ -206,115 +252,350 @@
#. ),
#. TRANSLATORS: Allowed services dialog help 1/2
#: src/include/firewall/helps.rb:75
-msgid "<p><b><big>Allowed Services</big></b>\n<br>Specify services or ports
that should be accessible from the network.\nNetworks are divided into firewall
zones.</p>\n\n<p>To allow a service, select the <b>Zone</b> and the\n<b>Service
to Allow</b> then press <b>Add</b>.\nTo remove an allowed service, select the
<b>Zone</b> and the <b>Allowed Service</b> then press
<b>Delete</b>.</p>\n\n<p>By deselecting <b>Protect Firewall from Internal
Zone</b>, you remove\nprotection from the zone. All services and ports in your
internal network will\nbe unprotected.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>許可されるサービス</big></b>\n<br>ここでは、ネットワークからアクセス可能にするサービスやポートを指定します。\nネットワークは複数のファイアウォールゾーンに分かれています。</p>\n\n<p>サービスを許可するには、[<b>ゾーン</b>]と\n[<b>許可するサービス</b>]を選択して[<b>追加</b>]をクリックします。\n許可したサービスを削除するには、[<b>ゾーン</b>]と[<b>許可するサービス</b>]を選択して[<b>削除</b>]をクリックします。</p>\n\n<p>[<b>ファイアウォールを内部ゾーンから保護する</b>]を選択解除すると、\n内部ゾーンは保護されなくなります。したがって、内部ネットワークの\nすべてのサービスとポートの保護が解除されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Allowed Services</big></b>\n"
+"<br>Specify services or ports that should be accessible from the network.\n"
+"Networks are divided into firewall zones.</p>\n"
+"\n"
+"<p>To allow a service, select the <b>Zone</b> and the\n"
+"<b>Service to Allow</b> then press <b>Add</b>.\n"
+"To remove an allowed service, select the <b>Zone</b> and the <b>Allowed
Service</b> then press <b>Delete</b>.</p>\n"
+"\n"
+"<p>By deselecting <b>Protect Firewall from Internal Zone</b>, you remove\n"
+"protection from the zone. All services and ports in your internal network
will\n"
+"be unprotected.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>許可されるサービス</big></b>\n"
+"<br>ここでは、ネットワークからアクセス可能にするサービスやポートを指定します。\n"
+"ネットワークは複数のファイアウォールゾーンに分かれています。</p>\n"
+"\n"
+"<p>サービスを許可するには、[<b>ゾーン</b>]と\n"
+"[<b>許可するサービス</b>]を選択して[<b>追加</b>]をクリックします。\n"
+"許可したサービスを削除するには、[<b>ゾーン</b>]と[<b>許可するサービス</b>]を選択して[<b>削除</b>]をクリックします。</p>\n"
+"\n"
+"<p>[<b>ファイアウォールを内部ゾーンから保護する</b>]を選択解除すると、\n"
+"内部ゾーンは保護されなくなります。したがって、内部ネットワークの\n"
+"すべてのサービスとポートの保護が解除されます。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Allowed services dialog help 2/2
#: src/include/firewall/helps.rb:89
-msgid "<p>Additional settings can be configured using
<b>Advanced</b>.\nEntries must be separated by a space. There you can allow
TCP, UDP, and RPC ports and\nIP protocols.</p>\n<p>TCP and UDP ports can be
entered as port names (<tt>ftp-data</tt>),\nport numbers (<tt>3128</tt>), and
port ranges (<tt>8000:8520</tt>).\nRPC ports must be entered as service names
(<tt>portmap</tt> or <tt>nlockmgr</tt>).\nEnter IP protocols as the protocol
name (<tt>esp</tt>).\n</p>\n"
-msgstr "<p>追加設定は、[詳細設定]を使用して設定できます。\nエントリはスペースで区切ってください。
TCP、UDP、およびRPCポート、\nさらにIPプロトコルを使用できます。</p>\n<p>TCPおよびUDPポートをポート名(<tt>ftp-data</tt>)、\nポート番号(<tt>3128</tt>)、およびポート範囲(<tt>8000:8520</tt>)として入力できます。\nRPCポートはサービス名(<tt>portmap</tt>または<tt>nlockmgr</tt>)として入力してください。\nIPプロトコルはプロトコル名(<tt>esp</tt>)として入力してください。\n
</p>\n"
+msgid ""
+"<p>Additional settings can be configured using <b>Advanced</b>.\n"
+"Entries must be separated by a space. There you can allow TCP, UDP, and RPC
ports and\n"
+"IP protocols.</p>\n"
+"<p>TCP and UDP ports can be entered as port names (<tt>ftp-data</tt>),\n"
+"port numbers (<tt>3128</tt>), and port ranges (<tt>8000:8520</tt>).\n"
+"RPC ports must be entered as service names (<tt>portmap</tt> or
<tt>nlockmgr</tt>).\n"
+"Enter IP protocols as the protocol name (<tt>esp</tt>).\n"
+"</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>追加設定は、[詳細設定]を使用して設定できます。\n"
+"エントリはスペースで区切ってください。 TCP、UDP、およびRPCポート、\n"
+"さらにIPプロトコルを使用できます。</p>\n"
+"<p>TCPおよびUDPポートをポート名(<tt>ftp-data</tt>)、\n"
+"ポート番号(<tt>3128</tt>)、およびポート範囲(<tt>8000:8520</tt>)として入力できます。\n"
+"RPCポートはサービス名(<tt>portmap</tt>または<tt>nlockmgr</tt>)として入力してください。\n"
+"IPプロトコルはプロトコル名(<tt>esp</tt>)として入力してください。\n"
+" </p>\n"

#. TRANSLATORS: Base masquerade dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:100
-msgid "<p><b><big>Masquerading</big></b>\n<br>Masquerading is a function that
hides your internal network behind your firewall and allows\nyour internal
network to access the external network, such as the Internet, transparently.
Requests\nfrom the external network to the internal one are blocked.\nSelect
<b>Masquerade Networks</b> to masquerade your networks\nto the external
network.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>マスカレード</big></b>\n<br>マスカレードは、内部ネットワークをファイアウォールの背後に隠したり、内部ネットワークから外部ネットワーク\n(インターネットなど)への透過的なアクセスを可能にする機能です。

外部ネットワーク\nから内部ネットワークへの要求はブロックされます。\nネットワークを外部ネットワークにマスカレードするには、\n[ネットワークをマスカレードする]をオンにします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Masquerading</big></b>\n"
+"<br>Masquerading is a function that hides your internal network behind your
firewall and allows\n"
+"your internal network to access the external network, such as the Internet,
transparently. Requests\n"
+"from the external network to the internal one are blocked.\n"
+"Select <b>Masquerade Networks</b> to masquerade your networks\n"
+"to the external network.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>マスカレード</big></b>\n"
+"<br>マスカレードは、内部ネットワークをファイアウォールの背後に隠したり、内部ネットワークから外部ネットワーク\n"
+"(インターネットなど)への透過的なアクセスを可能にする機能です。 外部ネットワーク\n"
+"から内部ネットワークへの要求はブロックされます。\n"
+"ネットワークを外部ネットワークにマスカレードするには、\n"
+"[ネットワークをマスカレードする]をオンにします。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Redirect-masquerade table dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:109
-msgid "<p>\nAlthough requests from the external network cannot reach your
internal network, it is possible to\ntransparently redirect any requested ports
on your firewall to any internal IP. \nTo add a new redirect rule, press
<b>Add</b> and complete the redirect form.</p>\n\n<p>To removed any redirect
rule, select it in the table and press <b>Delete</b>.</p>\n"
-msgstr
"<p>\n外部ネットワークから内部ネットワークへのアクセスはすべてブロックされますが、例外的に外部ネットワークからの\n特定ポートへのアクセスを内部ネットワークに転送するよう設定することができます。\n新しい転送ルールを追加するには、
[<b>追加</b>] を押して転送設定の項目を入力してください。</p>\n\n<p>転送ルールを削除するには、表内から項目を選んで
[<b>削除</b>] を押します。</p>\n"
+msgid ""
+"<p>\n"
+"Although requests from the external network cannot reach your internal
network, it is possible to\n"
+"transparently redirect any requested ports on your firewall to any internal
IP. \n"
+"To add a new redirect rule, press <b>Add</b> and complete the redirect
form.</p>\n"
+"\n"
+"<p>To removed any redirect rule, select it in the table and press
<b>Delete</b>.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p>\n"
+"外部ネットワークから内部ネットワークへのアクセスはすべてブロックされますが、例外的に外部ネットワークからの\n"
+"特定ポートへのアクセスを内部ネットワークに転送するよう設定することができます。\n"
+"新しい転送ルールを追加するには、 [<b>追加</b>] を押して転送設定の項目を入力してください。</p>\n"
+"\n"
+"<p>転送ルールを削除するには、表内から項目を選んで [<b>削除</b>] を押します。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Simple broadcast configuration dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:118
-msgid "<p><b><big>Broadcast Configuration</big></b>\n<br>Broadcast packets are
special UDP packets sent to the whole network to find \nneighboring computers
or send information to each computer in the network.\nFor example, CUPS servers
provide information about their printing queues using broadcast
packets.</p>\n\n<p>SuSEfirewall2 services selected in allowed interfaces
automatically add needed broadcast\nports here. To remove any or add any
others, edit lists of space-separated ports for\nparticular
zones.</p>\n\n<p>Other dropped broadcast packets are logged. It could be quite
a lot of packets in wider networks.\nTo suppress logging of these packets,
deselect <b>Log Not Accepted Broadcast Packets</b>\nfor the desired
zones.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ブロードキャストの環境設定</big></b>\n<br>ブロードキャストパケットは、隣接コンピュータを探したりネットワーク内の各コンピュータに情報を送信\nするためにネットワーク全体に送信される特別なUDPパケットです。\nたとえば、CUPSサーバは、ブロードキャストパケットを使用して印刷キューに関する情報を送信します。</p>\n\n<p>許可されるインタフェースで選択されたSuSEfirewall2サービスによって、必要なブロードキャストポートが\nここに自動的に追加されます。

ポートを削除したり追加するには、特定のゾーンに関するスペースで区切られたポートの\nリストを編集します。</p>\n\n<p>他のドロップされたブロードキャストパケットはログに記録されます。
広範なネットワークには、大量のパケットが存在する可能性があり�
��す。\nこれらのパケットの記録を抑制するには、目的のゾーンの[受信しなかったブロードキャストパケットをログに記録する]\nをオフにします。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Broadcast Configuration</big></b>\n"
+"<br>Broadcast packets are special UDP packets sent to the whole network to
find \n"
+"neighboring computers or send information to each computer in the network.\n"
+"For example, CUPS servers provide information about their printing queues
using broadcast packets.</p>\n"
+"\n"
+"<p>SuSEfirewall2 services selected in allowed interfaces automatically add
needed broadcast\n"
+"ports here. To remove any or add any others, edit lists of space-separated
ports for\n"
+"particular zones.</p>\n"
+"\n"
+"<p>Other dropped broadcast packets are logged. It could be quite a lot of
packets in wider networks.\n"
+"To suppress logging of these packets, deselect <b>Log Not Accepted Broadcast
Packets</b>\n"
+"for the desired zones.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ブロードキャストの環境設定</big></b>\n"
+"<br>ブロードキャストパケットは、隣接コンピュータを探したりネットワーク内の各コンピュータに情報を送信\n"
+"するためにネットワーク全体に送信される特別なUDPパケットです。\n"
+"たとえば、CUPSサーバは、ブロードキャストパケットを使用して印刷キューに関する情報を送信します。</p>\n"
+"\n"
+"<p>許可されるインタフェースで選択されたSuSEfirewall2サービスによって、必要なブロードキャストポートが\n"
+"ここに自動的に追加されます。 ポートを削除したり追加するには、特定のゾーンに関するスペースで区切られたポートの\n"
+"リストを編集します。</p>\n"
+"\n"
+"<p>他のドロップされたブロードキャストパケットはログに記録されます。 広範なネットワークには、大量のパケットが存在する可能性があります。\n"
+"これらのパケットの記録を抑制するには、目的のゾーンの[受信しなかったブロードキャストパケットをログに記録する]\n"
+"をオフにします。</p>\n"

#: src/include/firewall/helps.rb:132
-msgid "<p><b><big>Broadcast Reply</big></b><br>\nFirewall usually drops
packets that are sent by another machines as their reply\nto broadcast packets
sent by your system, e.g., Samba browsing or SLP browsing.</p>\n\n<p>Here you
can configure which packets are allowed to pass through the firewall. Use
<b>Add</b>\nbutton to add a new rule. You will have to choose the firewall zone
and also choose from\nsome already defined services or set your rule completely
manually.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ブロードキャストへの応答</big></b><br>\nファイアウォールでは通常、マシンから送信されたブロードキャストパケットに対する\n応答は、パケットを削除してソフトウェアが読み込まないようにします。これらのブロードキャストには、Sambaのコンピュータ参照やSLPの参照などがあります。</p>\n\n<p>ここでは、ファイアウォールを通してどのパケットを通過させるべきかを設定できます。\n新しいルールを追加するには[<b>追加</b>]をクリックします。その後の手順でファイアウォールのゾーンを選択する必要\nがあります。すでに定義済みのサービスから選択するか、完全に手動でルールを設定する必要があります。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Broadcast Reply</big></b><br>\n"
+"Firewall usually drops packets that are sent by another machines as their
reply\n"
+"to broadcast packets sent by your system, e.g., Samba browsing or SLP
browsing.</p>\n"
+"\n"
+"<p>Here you can configure which packets are allowed to pass through the
firewall. Use <b>Add</b>\n"
+"button to add a new rule. You will have to choose the firewall zone and also
choose from\n"
+"some already defined services or set your rule completely manually.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ブロードキャストへの応答</big></b><br>\n"
+"ファイアウォールでは通常、マシンから送信されたブロードキャストパケットに対する\n"
+"応答は、パケットを削除してソフトウェアが読み込まないようにします。これらのブロードキャストには、Sambaのコンピュータ参照やSLPの参照などがあります。</p>\n"
+"\n"
+"<p>ここでは、ファイアウォールを通してどのパケットを通過させるべきかを設定できます。\n"
+"新しいルールを追加するには[<b>追加</b>]をクリックします。その後の手順でファイアウォールのゾーンを選択する必要\n"
+"があります。すでに定義済みのサービスから選択するか、完全に手動でルールを設定する必要があります。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Base IPsec configuration dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:142
-msgid "<p><b><big>IPsec Support</big></b>\n<br>IPsec is an encrypted
communication between trusted hosts or networks through untrusted networks,
such as\nthe Internet. This dialog opens IPsec for an external zone
using\n<b>Enabled</b>.</p>\n\n<p><b>Details</b> configures how to handle
successfully decrypted\nIPsec packets. For example, they could be handled as
if they were from the internal zone.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>IPsecサポート</big></b>\n<br>IPsecは、信頼されたホストまたはネットワーク間の、インターネットなどの信頼されていないネットワークを介した暗号化通信です。

このダイアログでは、[有効]を使用して外部ゾーンのIPsecを\n開きます。</p>\n\n<p>[詳細]では、複合化に成功したIPsecパケットの処理方法を\n設定します。
たとえば、内部ゾーンから送信されたパケットのように処理できます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>IPsec Support</big></b>\n"
+"<br>IPsec is an encrypted communication between trusted hosts or networks
through untrusted networks, such as\n"
+"the Internet. This dialog opens IPsec for an external zone using\n"
+"<b>Enabled</b>.</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>Details</b> configures how to handle successfully decrypted\n"
+"IPsec packets. For example, they could be handled as if they were from the
internal zone.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>IPsecサポート</big></b>\n"
+"<br>IPsecは、信頼されたホストまたはネットワーク間の、インターネットなどの信頼されていないネットワークを介した暗号化通信です。
このダイアログでは、[有効]を使用して外部ゾーンのIPsecを\n"
+"開きます。</p>\n"
+"\n"
+"<p>[詳細]では、複合化に成功したIPsecパケットの処理方法を\n"
+"設定します。 たとえば、内部ゾーンから送信されたパケットのように処理できます。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Base Logging configuration dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:152
-msgid "<p><b><big>Logging Level</big></b>\n<br>This is a base configuration
dialog for IP packet logging settings. Here,\nconfigure logging for incoming
connection packets. Outgoing ones are not logged at all.</p>\n\n<p>There are
two groups of logged IP packets: <b>Accepted Packets</b> and <b>Not Accepted
Packets</b>.\nYou can choose from three levels of logging for each group:
<b>Log All</b> for logging every\npacket, <b>Log Only Critical</b> for logging
only interesting ones, or <b>Do Not Log Any</b>\nfor no logging. You should log
at least critical accepted packets.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>ログ記録レベル</big></b>\n<br>これはIPパケットログ記録設定の基本設定ダイアログです。ここでは、\n受信接続パケットのログ記録を設定します。
送信パケットはまったくログ記録されません。</p>\n\n<p>ログ記録されたIPパケットには2つのグループがあります。
<b>受信パケット</b>および<b>受信拒否パケット</b>です。\n各グループについて、3つのレベルのログ記録から選択できます。
すべてのパケットをログに記録する<b>[すべてログに記録する]</b>、\n関心のあるパケットだけをログに記録する<b>[重要なパケットのみログに記録する]</b>、\nそして一切記録しない<b>[ログに何も記録しない]</b>です。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Logging Level</big></b>\n"
+"<br>This is a base configuration dialog for IP packet logging settings.
Here,\n"
+"configure logging for incoming connection packets. Outgoing ones are not
logged at all.</p>\n"
+"\n"
+"<p>There are two groups of logged IP packets: <b>Accepted Packets</b> and
<b>Not Accepted Packets</b>.\n"
+"You can choose from three levels of logging for each group: <b>Log All</b>
for logging every\n"
+"packet, <b>Log Only Critical</b> for logging only interesting ones, or <b>Do
Not Log Any</b>\n"
+"for no logging. You should log at least critical accepted packets.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>ログ記録レベル</big></b>\n"
+"<br>これはIPパケットログ記録設定の基本設定ダイアログです。ここでは、\n"
+"受信接続パケットのログ記録を設定します。 送信パケットはまったくログ記録されません。</p>\n"
+"\n"
+"<p>ログ記録されたIPパケットには2つのグループがあります。 <b>受信パケット</b>および<b>受信拒否パケット</b>です。\n"
+"各グループについて、3つのレベルのログ記録から選択できます。 すべてのパケットをログに記録する<b>[すべてログに記録する]</b>、\n"
+"関心のあるパケットだけをログに記録する<b>[重要なパケットのみログに記録する]</b>、\n"
+"そして一切記録しない<b>[ログに何も記録しない]</b>です。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Base Summary dialog help
#: src/include/firewall/helps.rb:163
-msgid "<p><b><big>Summary</big></b>\n<br>Here, find a summary of your
configuration settings.\nThis summary is divided into general configuration and
parts for each firewall zone.\nEvery existing zone is summarized
here.</p>\n\n<p><b>Firewall Starting</b> shows whether the firewall is started
in the\n<b>boot process</b> or only <b>manually</b>.</p>\n\n<p>Firewall zones
must have a network interface assigned to list the following items in the
summary:</p>\n\n<p><b>Interfaces</b>: All interfaces are listed using their
configuration name and device name.</p>\n\n<p><b>Open Services, Ports, and
Protocols</b>: This lists all allowed network services, additional\nTCP
(Transmission Control Protocol), UDP (User Datagram Protocol), and RPC (Remote
Procedure Call)\nports, and IP (Internet Protocol) protocols.</p>\n"
-msgstr
"<p><b><big>概要</big></b>\n<br>ここでは、環境設定の概要を確認します。\nこの概要は、一般的な環境設定と各ファイアウォールゾーンの環境設定に分かれています。\nすべての既存ゾーンの概要が表示されます。</p>\n\n<p>[ファイアウォールの起動]には、ファイアウォールが「ブートプロセス」\nで起動されるか、または「手動」でのみ起動されるかが表示されます。</p>\n\n<p>概要に次の項目を表示するには、ファイアウォールゾーンにネットワークインタフェースが割り当てられている必要があります。</p>\n\n<p><b>インタフェース</b>:
すべてのインタフェースは、環境設定名とデバイス名でリストに表示されます。</p>\n\n<p><b>開いているサービス、ポート、プロトコル</b>:
すべての許可されるネットワークサービス、TCP(Transmission\nControl Prot
ocol)、UDP(User Datagram
Protocol)、およびRPC(リモートプロシージャコール)の追加ポートと、\nIP(インターネットプロトコル)プロトコルのリストが表示されます。</p>\n"
+msgid ""
+"<p><b><big>Summary</big></b>\n"
+"<br>Here, find a summary of your configuration settings.\n"
+"This summary is divided into general configuration and parts for each
firewall zone.\n"
+"Every existing zone is summarized here.</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>Firewall Starting</b> shows whether the firewall is started in the\n"
+"<b>boot process</b> or only <b>manually</b>.</p>\n"
+"\n"
+"<p>Firewall zones must have a network interface assigned to list the
following items in the summary:</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>Interfaces</b>: All interfaces are listed using their configuration
name and device name.</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>Open Services, Ports, and Protocols</b>: This lists all allowed network
services, additional\n"
+"TCP (Transmission Control Protocol), UDP (User Datagram Protocol), and RPC
(Remote Procedure Call)\n"
+"ports, and IP (Internet Protocol) protocols.</p>\n"
+msgstr ""
+"<p><b><big>概要</big></b>\n"
+"<br>ここでは、環境設定の概要を確認します。\n"
+"この概要は、一般的な環境設定と各ファイアウォールゾーンの環境設定に分かれています。\n"
+"すべての既存ゾーンの概要が表示されます。</p>\n"
+"\n"
+"<p>[ファイアウォールの起動]には、ファイアウォールが「ブートプロセス」\n"
+"で起動されるか、または「手動」でのみ起動されるかが表示されます。</p>\n"
+"\n"
+"<p>概要に次の項目を表示するには、ファイアウォールゾーンにネットワークインタフェースが割り当てられている必要があります。</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>インタフェース</b>: すべてのインタフェースは、環境設定名とデバイス名でリストに表示されます。</p>\n"
+"\n"
+"<p><b>開いているサービス、ポート、プロトコル</b>: すべての許可されるネットワークサービス、TCP(Transmission\n"
+"Control Protocol)、UDP(User Datagram Protocol)、およびRPC(リモートプロシージャコール)の追加ポートと、\n"
+"IP(インターネットプロトコル)プロトコルのリストが表示されます。</p>\n"

#. TRANSLATORS: Additional Services dialog help 1/6
#: src/include/firewall/helps.rb:181
-msgid "<p>Here, enter additional\nports or protocols to enable in the firewall
zone.</p>"
-msgstr "<p>ここでは、ファイアウォールゾーンで有効にする、追加の\nポートまたはプロトコルを入力します。</p>"
+msgid ""
+"<p>Here, enter additional\n"
+"ports or protocols to enable in the firewall zone.</p>"
+msgstr ""
+"<p>ここでは、ファイアウ