Mailinglist Archive: opensuse-ja (115 mails)

< Previous Next >
[opensuse-ja] IBus のその後の状況
武山です

11月リリースの13.1に向けての懸念事項である、IBus 1.5 の現在の状況です。
M4 では IBus 1.5.3 になりました。

(1) 初回起動時の変換エンジン
IBus の Issue tracker で feature request したところ、
Fedora 用の git リポジトリにコードがあることを教えてもらいました。

mainstream への統合待ちですが、いつになるかは分かりません

試しに作ったパッケージは
obs://home:ftake:ibus-fedora/openSUSE_12.3
にあります。

一応、ちゃんと動いています。
Ubuntu 13.10 にも大きなパッチが入っていました。


(2) 直接入力(英数字入力)の方法
IBus 1.5.0〜1.5.2 までは、「Japanse Keyboard」というエンジンに
Ctrl + Space で切り替えることで行っていました。

今後は、Anthy や Mozc が持つ英数字モードで直接入力を行うことを
検討しているそうです。Mozc と Anthy は今のままで「全角/半角」を
使って切り替えられるかと思います。

他の言語のユーザーからは反対意見も出ています。
(直接入力を各エンジンで実装するのはコードの無駄だなど…)

1つ問題なのが、IBus 1.5 になって、一目で現在の入力モードが
分からないことです。
# Mozc であることが分かっても、「あ」なのか「A」なのか分からない


Win+Space は Mozc や Anthy を切り替えるために使います。
「Japanese Keyboard」は何に使うんですかね…
# アラビア語キーボード・英語キーボードのようなものは、
# 必要なんだそうです。(fcitx の @CSSlayer によると


(3) GNOME 側での IBus の統合
少し前までの Factory では、まだ有効になっていないので、
GNOME チームの人に頼まないといけなさそうです。

Fedora が持つパッチが無いと動かない可能性もありますが。

--
Fuminobu TAKEYAMA
--
To unsubscribe, e-mail: opensuse-ja+unsubscribe@xxxxxxxxxxxx
To contact the owner, e-mail: opensuse-ja+owner@xxxxxxxxxxxx

< Previous Next >