Mailinglist Archive: opensuse-ja (171 mails)

< Previous Next >
Re: [suse-linux-ja] m17n(projects) にあるscim-wnnが変なのか設定ミ スなのか...。
  • From: "K.Suzuki" <knfeat@xxxxxxxxxxxxx>
  • Date: Sun, 31 Jul 2005 10:07:26 +0900
  • Message-id: <20050731100726.0a4de0d1.knfeat@xxxxxxxxxxxxx>
K.Suzukiです。

On Sun, 31 Jul 2005 01:14:20 +0900
Satoru Matsumoto <helios_reds@xxxxxxx> wrote:

> # それよりも、kitaがリビルドできなくなってしまっているのがショック!

kita の SUSE 64bit バージョンのパッチを作ってみました。
コンパイルと kita の実行確認(SUSE 9.2上で)までは一応やりました。
# 実は自分は今まで kita 使った事無いのです。
# クイックパッチなので中身はちょっと汚い..さらに SUSE 64bit版にかなり依存してます。


インストール手順は、

1."kita-0.177.0-1.src.rpm"をダウンロードしてくる。
2.$ rpm -ivh kita-0.177.0-1.src.rpm で src.rpm をインストールする。
3.以下の場所にパッチをアップロードしたのでそこからファイルをダウンロードしてくる。
  "http://49uper.com:8080/html/img-s/68912.zip";
4.ファイルを以下のように展開する。( kita.spec と kita-suse64.patch ができる)
$ unzip 68912.zip
5.kita.spec ファイルを SPEC ディレクトリ、kita-suse64.patch ファイルを
   SOURCE ディレクトリにそれぞれコピーする。
6.で、SPEC ディレクトリに移って以下の rpmbuild コマンドでパッケージを作成します。
$ rpmbuild -bb --clean --define='_prefix /opt/kde3' \
--define='_libdir /usr/lib64' --define='_datadir /opt/kde3/share' kita.spec
7.以上で、RPMS/x86_64 の中に"kita-0.177.0-1.x86_64.rpm"が作成されるはずです。


# このMLって添付ファイルや uuencode したメールもだめなのかぁ。今知った。

< Previous Next >